このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年08月06日

ロイヤリティマーケティングへの転換期

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けしまします。

株式会社野村総合研究所は、令和元年7月20日に、ITソリューションフロンティアとして、ロイヤリティマーケティングへの転換期を公表しました。
全文PDF

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

手応えがない理由は、「打っている手が適切ではない」「効果の正しい検証ができていない」「本質的な課題が見えていない」「危機感が薄く抜本的な手が打たれていない」「そもそもビジョンが描けていない」など、大小さまざまなものが考えられる。
よく分析すると、こうした根本原因の多くを解決できる環境はすでに整っており、課題意識を持つ企業はすぐにでも行動を起こすべきタイミングに来ている。
しかし多くの場合、マーケティングや顧客マネジメントに関する過去の成功体験や既存手法への依存が、マーケティングの進化を妨げる強いブレーキとなっている。
特に問題なのは、マーケティングは広告宣伝や販促部門の仕事、システムは情報システム部門の仕事というように、役割と責任範囲が分断されてしまっていることだ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

事例に見るSDGsエスディージーズ(持続可能な開発目標)による中小企業の経営力強化

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、令和元年8月5日に、産業企業情報として、事例に見るSDGsエスディージーズ(持続可能な開発目標)による中小企業の経営力強化(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要旨」の抜粋)*****

SDGsは中小企業の事業継続に大きなヒントになる。
対応しないリスクもある事を理解のうえ事業の機会発見・再構築などに生かし、事業継続力を高めることが肝要である。

中小企業事例として、食品ロスを発酵技術で養豚用液状飼料とし持続可能な食品リサイクルを実現した株式会社日本フードエコロジーセンター、環境負荷や健康に配慮した紙・インキ、再生可能エネルギーの利用など環境印刷で全社員参加のSDGsを本業に実装する株式会社大川印刷、来年は創業400年を迎える和菓子の老舗で、本業を通じて和菓子や地域の文化伝承、画期的な新商品開発・地域資源活用、高齢者活用等のダイバーシティ経営など経営革新につながるCSREシーエスアールA・SDGs活動を行う株式会社虎屋本舗の3社を紹介する。

上記3 事例では、SDGsへの対応を本業に取り込み、経済・環境・社会のバランスを取った「稼ぐ力」と「社会課題解決」の両立で事業継続力を向上させている。

*****(以上、「要旨」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:42| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

ツエーゲンの試合を観戦してきました。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、ツーゲン金沢 vs 栃木SCの試合を観戦してきました。

1-1で迎えた終盤に、2〜3度決定的なチャンスがありましたが得点に至らず、ツーゲン側のスタンドには失意の叫びが一斉に上がることがありました。
負けたとは言え、ああいう一体感というか、ああいうワクワク感を強く実感できるスポーツって良いですよね。



posted by 佐々木 経司 at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

公園に遊びに来てる子が、ぐ〜っと減りました。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

土曜の夕方は、息子と二人で公園に行くことが多いです。

昨日も行ってきましたが、私たち親子以外は誰もいませんでした。
ちょっと前までは10人くらいいたのですが、暑さのせいか…。

息子はだんだん、黒さが増しています(笑)


posted by 佐々木 経司 at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

梅雨明け後は熱中症にご注意!

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今週に入ってから暑い日が続いています。
どうやら、梅雨明け後は熱中症に罹りやすくなるようです。

体が暑さに慣れてないことが原因だとか…。

息子は暑いにも関わらず、サッカーやプールを満喫しています…。





posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

雇用調整助成金の帰結

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年7月31日に、ノンテクニカルサマリーとして、雇用調整助成金の帰結を公表しました。
DP全文PDF

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

このように、雇調金が企業業績にプラスに働くことは、雇調金の解雇抑制効果、それに伴う企業特殊的人的資本の喪失を防ぐ効果、あるいは解雇による職場のモラル低下を抑制する効果、又は、雇調金受給時期の教育訓練が時間差を持って効果が現れることで説明できる。
さらには、雇調金の利用は、危機感の共有、つまり会社の危機感を社員と共有し、同僚や企業に対する一体感・コミットメントを強化し、チームワークを高め、企業が進める業績向上のためのさまざまな改革により協力的になるという仮説も考えられる。
追加的な分析結果は、この危機感の共有仮説と特に整合的である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

[まちづくり]地方都市の人口と活力を保つヒント

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社三菱総合研究所は、令和元年7月30日に、MRIマンスリーレビュー2019年8月号として、
[まちづくり]地方都市の人口と活力を保つヒントを公表しました。

*****(以下、「ポイント」の一部抜粋)*****

●子育て世代にとって短い通勤時間は重要な要件。
●これは福岡市の人口が一貫して増え続けている背景でもある。
●大都市の活力を保つ鍵は表面からは見えにくい。

*****(以下、「ポイント」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。












posted by 佐々木 経司 at 23:45| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

北陸経済調査(令和元年7月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和元年7月30日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(令和元年7月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「緩やかに拡大しつつある」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、緩やかに拡大しつつある。
●住宅建設は、持ち直している。
●生産は、拡大の動きに一服感が見られる。
●雇用情勢は、着実に改善しており、人手不足感が強まっている。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

地域の持続的発展に向けたスポーツチームと地域金融機関の関わり方 ~スポーツチームとの連携が地域金融機関の1つの生き残り策となる可能性〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社NTTデータ経営研究所は、令和元年7月29日に、経営研レポートとして、地域の持続的発展に向けたスポーツチームと地域金融機関の関わり方 ~スポーツチームとの連携が地域金融機関の1つの生き残り策となる可能性〜を公表しました。


*****(以下、本文の一部抜粋)*****

地域課題解決には、課題を整理しながら、様々な関係者を有機的に結びつけられる役割が必要である。
そこで地域でのネットワークや経営管理ノウハウなどを有する地域金融機関に、そのハブ機能の役割が期待できる。
その理由として、筆者はこれまでベンチャー企業の支援や地域企業の新事業展開支援に数多く携わってきたが、成功しているケースの多くは、経営や事業化のノウハウを有する社内外の人材が、新しい技術やアイディアを持った会社や人材をサポートできていた点が挙げられる。
同様にイノベーション創出などにより社会課題を解決する際も、地域金融機関の金融支援や経営管理ノウハウを活かす体制が課題解決の近道となるのではないかと考えられる。

具体的な体制としては、地域金融機関が組織責任者となり、地域プロモーター組織を設立(下図)。
地域金融機関は、@地域課題の整理、A課題に応じた関係者との共創体制の構築、Bイノベーション創出に必要となる資金の供給、CFintechなどのテクノジーの活用などの役割を担いながら、地域課題解決に向けたイノベーション創出などを実施する。
その際に社会貢献活動を数多く実施しており、感動や夢などを届けることのできるスポーツチームと連携することで、地域の一体感が生まれ、課題解決に向けたスピードの加速や課題解決可能性を高めることができるのではないかと考えられる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

めづらしく疲れている息子です。

こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日、息子は妻とふたりで、健民海浜公園のプールに行ってきました。

幼稚園の時に一緒で別の小学校にいった仲良し君と再会したらしく、むっちゃ楽しかったようです。
最後の方は、なぜか、首位までの深さのプールでおもいきいり走りまくったそうです(笑)

そのせいか、昨晩は終始眠そうにしてました。


夏休みを満喫してます!
posted by 佐々木 経司 at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする