このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年03月13日

組織のレジリエンスを高める

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社富士通総研は、平成30年3月12日に、オピニオンとして、組織のレジリエンスを高めるを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

名門製造業企業の品質問題、弾道ミサイルの落下、大規模地震や記録的集中豪雨、高病原性鳥インフルエンザの蔓延可能性増大、身代金ウイルス等の手口により拡大するサイバー攻撃、こうした様々な危機事象が我々を取り巻いている。
経営者は、企業経営・組織運営を脅かす急激な環境変化をもたらすかもしれない危機事象に備えて、被害を最小化する効果的な対策を実施するのはもちろん、想定外の危機的状況が発生しても迅速な行動ができるように準備することに取り組まれ続けている。

本稿では、危機事象の種類によらず臨機応変に対応する能力を高め、お客様との長期的な信頼関係を維持・強化するために、組織のレジリエンスを高める要諦について述べる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

北陸の金融経済月報(2018年3月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成30年3月12日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2018年3月)(PDFファイル)

*****(以下、概況の抜粋)*****

北陸の景気は、拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、大雪による下押しの影響がみられるものの、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。
設備投資、公共投資は増加している。

当地製造業の生産は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
業種別にみると、電子部品・デバイス、化学、はん用・生産用・業務用機械は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、個人向け、法人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、概況の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。





posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

東日本大震災から7年が経過しました。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

金曜日か土曜日に、息子が、「日曜日に大きい地震起きるんよ」って言っていました。
恐らく、幼稚園で東日本大震災の話しになったのでしょう。
「起きるんよ」ではなく、「起きたんよ」なんですけどね。

あの日のあの時、中能登町で仕事をしており、その時に地震には気が付きませんでした。
のと里山海道(当時は能登有料道路)の運転中にただならぬラジオ放送を聞きながら事務所に戻ったことや、津波が引いた町や火事が起きている港をテレビで見ていたことを今でもはっきり覚えています。
あの時の感情は今でも忘れていません。

7年経過した現在で、行方不明者が約2,500名いらっしゃるとテレビで知りました。

震災はまだまだ継続中です。


posted by 佐々木 経司 at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

人手不足は生産性を上げる好機となるか

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成30年3月9日に、日本経済 日本経済中期予測として、日本経済中期予測(2018年2月)解説資料を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、「サマリー」の一部抜粋)*****

D地域経済の見通し
地方の賃上げにも、各地域の労働生産性の引き上げは最重要課題。西日本では医療,福祉が労働生産性の伸び率のマイナス要因に。
同一産業内でも事業規模による地域間格差が大きい。
地方で多い建設業や卸売業,小売業は労働生産性の低い小・中規模事業所へ人材が滞留しやすい。
比較優位分野を強化しつつ、地方でも競争やM&Aを促すビジネス環境、高度人材の地域間交流や地域の大学と企業・自治体との連携、人口を集積させる政策などが重要だ。

*****(以上、「サマリー」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

どうすればカイシャの閉塞感は打開できるか?

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

学校法人産業能率大学総合研究所は、平成30年3月8日に、コラムとして、
どうすればカイシャの閉塞感は打開できるか?を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

しかし、業界問わず多くのビジネスパーソンは、「職場が疲弊している」「明るい未来が見えない」「仕事がサイロ化(タコツボ化)して情報の共有ができない」と言います。
また、トップ層は「なぜ、方針が末端まで下りないのか」「今までの意識を変えて取り組め」と言い、ミドル層は「上の言っていることがバラバラ」「部下が主体的に行動しない」と言い、ボトム層は「若手が入らず人手が足りない」「何をやっても評価されない」と言います。

なぜ、そのような集団になるのでしょうか。
なぜ、そのような相互不信感、閉塞感があるのでしょうか。なぜ、打開できないのでしょうか。
そこには急激な変化に対応できない長年培われた組織の風土が強く影響しています。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:45| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

景気ウォッチャー(平成30年2月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成30年3月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成30年1月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「天候要因等により一服感がみられるものの、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から1.8ポイントの悪化となりました(全国平均は1.3ポイントとの悪化)。

現状判断DI(各分野計):47.4(前回から1.8ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):53.4(前回から1.4ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

声がガラガラ・・・。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

先週末からの寒暖差に喉をやられてしましました。
声がガラガラで咳が多いです。
数年に一度声が出なくなるんだよなー


posted by 佐々木 経司 at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

「妻の就業」×「家事・育児分担」男性の意識47都道府県マトリクス分析−未婚少子化データ考−男性の本音にみるエリア特性

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、平成30年3月5日に、レポート暮らしとして、「妻の就業」×「家事・育児分担」男性の意識47都道府県マトリクス分析−未婚少子化データ考−男性の本音にみるエリア特性を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

(1) 女性の社会進出に多元的に肯定的な「リベラル男性系エリア」が20エリアを占め、4グループ中、最多となった

(2) 女性の社会進出には肯定的とはいえない「家庭は女性任せ男性系」エリアが2番目に多く、15エリアとなっている。

(3) エリア数的には多くはないが、家事育児は女性のものとは思わないものの、妻に家庭にいて欲しい「家事育児はあくまでサブ希望系エリア」(お手伝い希望エリア)は全国に点在し、地理上の特徴よりも大阪府や神奈川県といった若い男女に人気の大都市圏エリア占有率が高い。

(4) 「リベラル男性系エリア」は出生率で2を達成し若い人口も流入している、人口の自然増・社会増ともに多い、「人口勝ち組」の沖縄県ならびに東北エリアが多く、地理的特徴がみられる。

(5) 「家庭は女性任せ男性系エリア」は西日本に集中しており、近畿・中部・中国・瀬戸内海沿岸エリアに多いという地理的な特徴がみられる。

(6) 「スーパーウーマン期待男性系エリア」には若い男女に全国一番の人口を誇る東京都が入っており、エリアとしては関東比率が高い。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

戦略コミュニケーションの向上

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、平成30年3月5日に、知的資産創造として、戦略コミュニケーションの向上(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

従業員との戦略コミュニケーションで生じている問題として、戦略に対する従業員の納得感が十分に醸成されていないことが挙げられる。
過去の延長線上にある戦略を推進していく分には、戦略を伝えていくことは難しくない。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

息子に悪いことしたなぁ〜

みなさま、こんばんは
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は息子に悪いことしたなぁって反省してます。
午後から家族で、ドラえもんの映画のテレビ放映の録画を観てから公園に遊びに行ったのですが、ちょっと疲れが溜まっていて、一人で遊んでもらいました。

「おいかけっこする?」
「ごめん。ひとりで遊べる?」
「が〜ん」

家に帰ってからも、ラキューの誘いをはじめは断ってソファの上に転がってしまいました。
一休みしてから、ラキューの手伝いをしましたが、息子に対する済まない気持ちはぬぐえませんでした。

ごめんね


posted by 佐々木 経司 at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする