このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年07月18日

地方ブロック圏域における地域イノベーションの成果と課題

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

科学技術・学術政策研究所は、平成30年7月17日に、調査研究成果公表として、地方ブロック圏域における地域イノベーションの成果と課題[DISCUSSION PAPER No.159]を公表しました。
報告書全文(PDFファイル)

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)*****

北陸地方における主要企業調査では、企業内での技術軌道の転換がみられたケースと、国の地域イノベーション施策が関わって技術軌道の転換がみられたケースとに分けられる。
前者の事例としては、大手企業の分工場の場合が多いのに対し、地域に本社を有する大手企業、中小企業の場合は、地域の大学や公設試験研究機関との連携が強く、地域イノベーションを進める素地があったといえる。

今後、地域経済へのインパクトの大きな地域イノベーションを惹起していくためには、地域本社企業の技術軌道をおさえつつ、その軌道の改善や転換を促すような施策を戦略的に展開していくことが重要といえる。
また、公設試験研究機関の広域連携を促し、広域的な観点から国際競争力のある拠点整備を進めていくことが重要といえよう。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

息子の自主練から考える…

みなさまこんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今朝は息子がタイミングよく早めに目覚めたので、朝練を1時間しました。
息子への負荷を考慮すると毎日1時間は難しいですが、1時間あると色んな練習ができるのになぁって思ってます。

さて、今の自主練は、繰り返しが必要な基本動作の練習と、それの応用でスクールのミニゲームで活用できる練習の2本柱で考えてます。
しかも、短期的に成果に繋がりやすくて、息子の自身に繋がりやすいものを、素人ながら選択しているつもりです。

これって教育訓練と一緒ですよね。
会社で実施する教育訓練(onJTとoffJTの両方)でも、会社での実務(息子でいうスクールでのミニゲーム)で活かせる技術(息子でいう基本動作の応用)のための基礎知識・動作(息子でいう基本動作の繰り返し)という関係性が必要です。
また、重要度にもよりますが、成果が出やすいものから取り組んだ方が継続性も高まります。

う〜ん、日常にもヒントが転がっている…。



posted by 佐々木 経司 at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

連休最終日…

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

連休最終日は、事務所で内勤です。

土曜の半日と日曜のほぼ一日は家族と過ごしました。
おうちプールとサッカーです!

今季初のおうちプールは、午前午後と2部制でした。
サッカーの練習も、朝と夕方の2部制でした。

昨日は、宝達志水町のu-8の大会を見学に行きました。
目的は、息子が見てみたいと言ってたことと、親も息子の位置を確認したかったことです。

その後は、中能登町の不動滝に行って散策とお弁当。
マイナスイオンを浴びながらのお弁当を美味しかった〜。
ちょぼちょぼと観光客や地元の方がきてました。

帰りに羽咋の道の駅よってジェラートを食べて帰宅。
まだ、14時だったので、おうちプールにしました。
お隣さんもおうちプールをしはじめたので、くっつけて遊ばせました。
16時から30分間だけセントラルパークで練習して、遊具で遊んで、一日を満喫しました。


さぁ、今日は、仕事を頑張ります。


posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

本田圭佑選手が第二の故郷へ恩返し 金沢大学がスポーツで地域活性化

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域活性化に関する情報をお届けします。

産学官の道しるべは、平成30年7月15日に、産学官連携ジャーナル2018年7月号として、本田圭佑選手が第二の故郷へ恩返し 金沢大学がスポーツで地域活性化を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

金沢の星稜高校サッカー部OBで、メキシコ1部リーグ・パチューカで活躍した本田圭佑選手が「地元金沢に恩返しをしたい」と、自身のマネジメント会社を通じて金沢大学のスポーツ施設を整備。
双方の思いが一致し、スポーツを通じた地域の活性化事業が動き出した。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 19:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

「地方分権・広域行政・道州制に関する意見〜地域の自立と繁栄の多極化に向けて〜」の取りまとめについて

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益社団法人関西経済連合会は、平成30年7月13日に、
「地方分権・広域行政・道州制に関する意見〜地域の自立と繁栄の多極化に向けて〜」の取りまとめについて(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

これまでの地方創生政策は、人口減少への自治体の危機感を高め、地方の活性化が政策課題となったことや、人材や情報など多岐に渡る支援が継続して実施されていることは評価できる。
しかし、国の号令のもと、すべての市町村に策定が求められる地方創生総合戦略や、国が各自治体に提案させて国が交付先を選定する地方創生推進交付金など、推進の手法はむしろ中央集権的であるとの声がある。
地方の側も、採択された他地域の事業を参考にしながら申請事業を考えるようになっており、真の意味で創意工夫や独自性を活かすための政策
としては限界がある。
真の地方創生、繁栄の多極化を実現するには、計画策定の時期や手法も含め、各地域が主体的に戦略を描いて実行していくという地方分権の考え方に基づくアプローチが必要である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:37| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

日本経済中長期展望、3メガトレンドと3課題達成で1%成長に

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

みずほ総合研究所株式会社は、平成30年7月13日に、リサーチTODAYとして、
日本経済中長期展望、3メガトレンドと3課題達成で1%成長に(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

このなかで、通説的かつ悲観的な見方に対し、「3つのメガトレンドと3課題克服で日本は1%成長」という議論を展開している。
下記の図表にまとめたのは、日本経済を取り巻く3つのメガトレンドである。
国際情勢は米中の覇権争いの複雑な様相を抱えるが、日本にとって最もサポートになるのが、アジアの人口ボーナスを中心とした中間層の発展が日本の産業に追い風に働くことだ。
また、経済・金融環境としては「低賃金・低インフレ・低金利」が続き、企業の一人勝ち状況になりやすい。
2020年代の日本を巡る内外の状況は人々が一般的に認識するよりも良く、2020年代は日本にとって最後の改革のチャンスであり、この恵まれた環境をいかに活用できるかが日本経済の持続的成長のカギとなる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

北陸の金融経済月報(2018年7月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成30年7月12日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2018年7月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、拡大している。
企業の業況感は、製造業、非製造業ともに改善している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。
設備投資、公共投資は増加している。

当地製造業の生産は緩やかに増加している。
業種別にみると、電子部品・デバイスは増加している。
化学は緩やかに増加している。
はん用・生産用・業務用機械は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。

貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

漁協と商工会の連携によるハモのブランド化

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社農林中金総合研究所は、平成30年7月10日に、農中総研 調査と情報2018年07月号第67号に、漁協と商工会の連携によるハモのブランド化を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

このようなスムーズな連携の実現は、杵築市が漁協と商工会の双方の調整・ファシリテーター役をし、補助金などのアドバイザー役として機能していることが大きな一因として挙げられる。
ほかにも県が漁協と商工会の橋渡しをしたことや、漁協と商工会の双方の目標が「ハモの販売」という方向で一致していたこと等もある。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

景気ウォッチャー(平成30年6月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成30年7月9日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成30年6月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。
先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から0.8ポイントの改善となりました(全国平均は1.0ポイントとの改善)。

現状判断DI(各分野計):47.8(前回から0.8ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):49.6(前回から0.2ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

合宿の準備、着々と

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

息子の大冒険である合宿の準備を着々と進めています。

スクールでの練習は週1回だったので、練習着も1セットだけでした。
合宿では洗濯無しのようですので、3セットが必要とチラシに書かれてました。
内履きも必要で、現在持っているシューズをにらめっこして、体育館用のサッカーシューズを買うこととしました。
最近大活躍のメ○○リで購入です。

夏合宿だけでなく、7月中旬に幼稚園のイベントでツエーゲンのサッカー教室があること、夏休み中に半日の強化練習があること、秋の大会をひとつの区切りとしていること等から、朝練をパワーアップさせるために、マーカーコーンを買いました。

息子は、公文を通じて地道な練習の重要性を実感しているものの、実践(今のとことスクールでのミニゲーム)ですぐ使えそうな練習の方が楽しいようです。

がんばれ、息子よ。


posted by 佐々木 経司 at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする