このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年09月14日

「新潟におけるインバウンド推進に向けて〜インバウンド獲得の3C戦略〜−(Come again:再訪日客)×(Collaboration:他地域との協働)×(Concept tour:コンセプトツアー)−」

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

日本政策投資銀行は、令和元年6月6日に、調査研究レポート拠点レポート新潟として、
「新潟におけるインバウンド推進に向けて〜インバウンド獲得の3C戦略〜−(Come again:再訪日客)×(Collaboration:他地域との協働)×(Concept tour:コンセプトツアー)−」>を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「今回調査のポイント」の一部抜粋)*****

新潟、佐渡のインバウンド観光客獲得にあたっては、再訪日層をターゲットに据えて、富士山や東京、東北、北関東といった周遊エリアと協働しながら、インバウンド客の関心が高く、新潟としても強みを有する自然体験のコト消費(桜・紅葉・雪景色鑑賞など)をテーマに、各地を周遊するコンセプトツアーの企画・提案が、誘客増に繋がるだろう。

*****(以上、「今回調査のポイント」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

マクロ経済状況が施設系介護事業所で働く介護労働者の供給に与える影響

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年9月13日に、ノンテクニカルサマリーとして、マクロ経済状況が施設系介護事業所で働く介護労働者の供給に与える影響を公表しました。
全文PDFファイル(英語)

*****(以下、日本語版の一部の抜粋)*****

なぜ、失業率が高まると、施設入所者あたり介護福祉士数が増加するのであろうか。
考えうるメカニズムは以下のとおりである(ここでの議論は、鈴木(2011)およびAntwi and Bowblis (2018)を参考にしたものである)。
介護職員の給与の源泉である介護報酬は3年間固定されている。
景気後退期に他産業で失業、労働時間や時給の低下に直面した労働者は、景気の影響を受けづらい介護職で職探しをすることが予想される。
この時に介護福祉士の資格は有利に働くことが予想される。
結果として失業率が高い時に相対的に介護技術の高い介護福祉士有資格者の供給が増加すると考えられる。

本稿の政策的インプリケーションは以下のとおりである。
景気が悪化すると老人保健施設での死亡率が低下する傾向の背景には、介護福祉士の動向が影響を与えている可能性がある。
介護サービスの質の高さに応じた介護サービス価格を設定できれば、景気変動による介護福祉士の流出入をある程度抑制でき、介護サービスの質の改善に寄与する可能性が示唆される。

*****(以上、日本語版の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

北陸の金融経済月報(2019年月)

みなさま、おはようございます

石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和元年9月11日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2019年9月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、緩やかに拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資、公共投資は、増加している。
設備投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。

当地製造業の生産は、高水準ながら弱めの動きとなっている。
業種別にみると、化学は、緩やかに増加している。
生産用機械は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品は、横ばい圏内の動きとなっている。
電子部品・デバイス、繊維は、弱めの動きとなっている。

雇用・所得環境は、着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、個人向け、法人向けを中心に増加している。 貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

組織の変革に向けた「当事者意識」の醸成

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

PWC Japanは、令和元年9月10日に、ナレッジコラム・対談として、組織の変革に向けた「当事者意識」の醸成を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

例えば、第2ステージの「認知」の意識状態にある従業員に対して、具体的な変革の手順の周知のみを実施し、その取り組みの本質的な意義や目的を十分に伝えていない場合、従業員はどのように考えるでしょうか。
会社の一方的な決定と認識する可能性が高いと言えます。
この場合は、本人に本質的に何が起こるのかの理解を促す、より高次のステージである「支持」、「適応」に向けた視点が欠けており、従業員の意識変革のアプローチとして十分ではありません。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

「地方創生」下の地域経済

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人JA共済総合研究所は、令和元年9月9日に、共済総合研究Vol.79(2019.9)として、「地方創生」下の地域経済(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「アブストラクト」の抜粋)*****

安倍政権が政策スローガンとして掲げる「地方創生」は今年で5年目に入り、政策効果の検証を行うとともに、次期5か年計画を策定するタイミングに差し掛かっている。
本稿では、政府の「地方創生」をめぐる動向を概観するとともに、「地方創生は地域経済を活性化したか?」という問題意識のもと、最近の地域経済のパフォーマンスを確認してみた。
あわせて、政府が重要課題としている「東京一極集中の是正」との関連から、最近の国内人口移動の状況についての分析・考察も行った。

*****(以上、「アブストラクト」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:08| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

景気ウォッチャー(令和元年8月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和元年9月9日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和元年8月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「このところ回復に弱い動きがみられる。先行きについては、消費税率引上げや海外情勢等に対する懸念がみられる。」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から0.9ポイントの改善となりました(全国平均は1.6ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):43.5(前回から0.9ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):33.0(前回から9.5ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

息子の8人制サッカーのデビュー戦でした

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

この土日は息子のサッカーの大会でした。
8人制サッカーのデビュー戦です。

u10のカップ戦にお誘い頂いて、熱中症や怪我無く終えることができました。

土日共に暑く、
土曜日の夕食は満足に食べられませんでしたが、
慣れたせいか、土曜日より1試合少なかったせいか、
日曜日は普段通りに夕食を食べていました。

今後もどんどん頑張って欲しいです。



posted by 佐々木 経司 at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

企業の外国人雇用に関する分析 −取組と課題について−

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいていおります中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

内閣府は、令和元年9月6日に、政策課題分析シリーズとして、企業の外国人雇用に関する分析 −取組と課題について−(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「主な分析結果」の抜粋)*****

多様な企業を適切に比較するため、企業の主要な属性(営業収益の増加率、人手不足感、企業規模、産業)を調整した上で、外国人雇用と様々な働き手の活用等との関係を分析した(2018 年)。
その結果、外国人材を積極的に活用する企業で、従業員数の増加、女性正社員や正社員中途採用や非正社員・派遣労働者の積極的活用、AIの活用がみられた。

*****(以上、「主な分析結果」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 20:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

2017年組合員モニター調査からみえる女性のワークライフバランスの満足度

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人生協総合研究所は、令和元年9月5日に、研究活動分析レポートアーカイブとして、
2017年組合員モニター調査からみえる女性のワークライフバランスの満足度(PDFファイル)を公表しました。


*****(以下、「概要」の抜粋)*****

今回は当研究所のワークライフバランス研究会立ち上げの準備に向けて2017年に実施した「あなたの働き方と、生協職員に関するアンケート」から組合員の働き方について紹介する。
この調査は日本生協連の組合員モニター4664名を対象に2017年4月に実施した。
回収は3722件で回収率は79.8%となっている。
組合員のライフワークバランスの状況、生協組合員からみた生協職員の働き方についてのイメージなどを調査した。
調査から得られた主な知見は下記の2点である。

1)現状のワークライフバランスの状況に「満足している」が割合としては最も大きく、回答者全体の46.3%を占める。
ただし、正規雇用、準正規雇用の回答者では「満足している」の割合が低いなど、労働条件によって、ワークライフバランスの満足度には大きな違いがある。

2)理想の労働時間として最も回答が多かったのは1日当たり「4時間」であった。
ただし、フルタイムで就労している回答者は7〜8時間を理想の労働時間として挙げる割合が大きいなど、労働時間の希望は回答者によって大きく異なる。

*****(以上、「概要」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

価格競争・質の競争と企業特性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年9月2日に、ノンテクニカルサマリーとして、価格競争・質の競争と企業特性を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「要旨」の抜粋)*****

日本企業は価格競争ではなく財・サービスの差別化を図るべきと の議論がある。
本稿は、独自の企業サーベイに基づき、価格競争/質の競争の実態、質の競争を重視する企業の特性、競争のタイプと収益性・生産性の関係についての事実を提示する。
分析結果によれば、第一に、価格競争よりも質の競争を重視する企業の方が多く、サービス産業でその傾向が強い。
第二に、質の競争を重視する企業は、従業員の学歴が高く、研究開発をはじめとする無形資産投資が活発で、プロダクト・イノベーション実施確率が高い。
第三に、質の競争を重視する企業は価格競争を重視する企業に比べて利益率が高いが、生産性の違いは明瞭でない。

*****(以上、「要旨」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする