このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2020年01月26日

成長しているなぁ〜。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。


今日は息子のサッカーの試合観戦にいってきました。
冬なので厳密に言うとフットサルです。

今回は、u10のカテゴリーです。

3つ上のカテゴリーなので体の大きさ、足の長さがちがってその感覚がつかめず、ドリブルやパスは良いとこ無しでした。
一方、ディフェンスでは結構ガンガンボールを獲りに行けていました。

体をぶつけて獲り切れることは数回でしたが、
相手のドリブルの隙をついてボールをかさらったり、
プレッシャーをかけにいってパスミスを誘ったり、
出来ることを一所懸命にがんばっていました。

体大きい選手にも物怖じせずにぶつかっていけるって、成長したなぁ〜と感じました。


引き続き頑張って欲しいです。

posted by 佐々木 経司 at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

自動車産業に破壊的イノベーションは起きるのか?

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

特定非営利法人グローバルビジネスリサーチセンターは、令和2年1月23日に、赤門マネジメント・レビュー早期公開論文として、自動車産業に破壊的イノベーションは起きるのか?(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文一部の抜粋)*****

以上のような状況をみると、自動車産業において、既存の完成車メーカーがIT産業からの参入企業にとって代わられるという破壊的イノベーションは、従来考えられてきた経営学のメカニズムでは発生しにくいと考える。
むろん、自動車産業はIT産業に比べて変化のスピードは緩慢で、完成車メーカーの経営陣もIT産業の教訓を十分に学んできたということも関係するだろう。
したがって、現在、自動車産業が直面している変化を、「Auto vs IT」という破壊的イノベーションの構造で捉えることは適切ではないと考える。
ただし、参入企業を払いのけて、既存の完成車メーカーだけでこうした変化を乗り越えられるかといえば、それは難しい。
なぜなら、新たなモビリティ・エコシステムでは中核的な技術となるAI (人工知能) や通信の技術は、自動車産業だけに固有の技術ではなく、産業横断的な技術だからである。
そのため、規模の経済の観点からも、完成車メーカーが内製することは効率的ではない。

*****(以上、本文一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

「自然災害に対する中小企業の備えと地域金融機関による支援についての調査」の結果と考察

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和2年1月23日に、ディスカッション・ペーパー(日本語)として、「自然災害に対する中小企業の備えと地域金融機関による支援についての調査」の結果と考察を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、「概要」の抜粋)*****

頻発する自然災害に備えることは中小企業の経営の持続性を高めるために必要であり、2019年に成立した中小企業強靱化法では、中小企業のBCP策定を進めることが目指され、中小企業を支援する様々な組織・機関の連携の核として地域金融機関への期待が高まっている。
一方、地域金融機関は事業性評価の取り組みを強化しており、BCP策定支援は事業性評価に基づく支援の一環だととらえることができる。
しかし、地域金融機関によるBCP策定支援の取り組み状況について十分な調査は行われていない。
そこで、我々の研究チームでは、2019年5月に地域金融機関の支店長7,000人に対してアンケート調査を実施し、2,623人からの回答を得ることができた。

本稿は、その調査結果を紹介することを目的としている。
主な結果は次のとおりであった。
@取引先企業のBCP策定状況をしっかり把握できている金融機関は少ない、
A取引先企業にBCP策定を働きかけたことのある金融機関も少ない、
BBCPに関連する信用保証制度や復興支援ファンドなどについても金融機関の認識は乏しい、
C地元自治体のBCP支援策への理解も乏しい。
他方、D事業性評価全般への取り組みは進展しており、職員の能力も向上している、
Eそのための人事評価の仕組みなどでも大きな改革が行われている、
F信用保証協会、日本政策金融公庫や税理士等の外部機関との連携も一定の進展が見られる。

今後、これまでに進展してきた事業性評価に基づく取り組みの中に、BCP策定などの自然災害に対する経営強靱化という観点をいかに組み込んでいくかが課題である。

*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

全国小企業月次動向調査(2019年12月実績、2020年1月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和2年1月23日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2019年12月実績、2020年1月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小 〜1月もマイナス幅が縮小する見通し〜

12月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、11月(▲16.4)からマイナス幅が1.5ポイント縮小し、▲14.9となりました。
1月は、▲12.5とマイナス幅が縮小する見通しです。

12月の採算DIは、11月(▲1.0)から1.3ポイント上昇し、▲0.3になりました。
1月は、▲3.0と低下する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

地域資源のストーリー化に求められる「聖地創生」の視点

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に役立つ情報をお届けします。

公益財団法人日本印刷技術協会は、令和2年1月21日に、地域資源のストーリー化に求められる「聖地創生」の視点を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

では、実際に聖地となった場所ではどのように作品が展開されていくのだろうか? 
よくあるのが、作品に登場する場所をまとめた観光MAPの配布。
地域限定グッズの販売などである。

鷲宮神社の場合も、イベント開催やポストカードやストラップなど鷲宮限定のグッズの販売などをするようになった。
一時の流行では終わらせず、作品を地域の活力へと繋げるためには地域の協力が不可欠である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:07| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

地方創生に役立つ「ビジネス支援図書館」の新たな展開

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和2年1月20日に、シンポジウムとしてとして、
地方創生に役立つ「ビジネス支援図書館」の新たな展開を公表しました。
資料@
資料A



*****(以下、「概要」の一部抜粋)*****

しかし、日本における図書館とビジネスサービスの本格的な活動のスタートは、すぐ間近で始まっていた。「地域経済を活性化させる」という新たな公共図書館の役割に日本も触発され、変革の時代の図書館像を模索するサムライ司書たちが、RIETI創設前年の2000年末に通産研の一室に集まり、ビジネス支援図書館推進協議会を立ち上げた。RIETI創設とともに「未来をつくる図書館」(岩波新書)の著者でジャーナリストの菅谷明子氏が研究員に着任し、ITリテラシー研究とともに、「ビジネス支援図書館」に関する大規模シンポジウムを2度開催した。

*****(以上「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:02| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

久しぶりの焼肉

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日の昼に、久しぶりに家族で焼肉に行きました。

最近、息子が肉肉言い始めてます。
我が家は魚と野菜がメインなのですが、いつ肉肉言うかなぁと楽しみにしていました。

私はご飯を抑えて肉だけにしたので、お腹がはちきれるような状態にはなりませんでした(笑)


妻が誕生日月だったので、お店からのサービスもあり、満足なお昼でした。
posted by 佐々木 経司 at 05:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

班長としての仕事もそろそろ終わりです。

みなさま、こはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今年は町会の班長をさせて頂いております。
色々な仕事がありましたが、今日の役員・班長会議で終わりが見えてきました。

班長の仕事として、そこまで煩わしい仕事はなく、その割には町会の色んなことを知ることが出来たので良かったです。

3月は会議が多いですが、
総会に向けた準備と総会で1年間の仕事も終わりです。
posted by 佐々木 経司 at 06:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

産業構成のサービス化とわれわれの課題

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成31年4月19日に、コラム新春特別コラム:2020年の日本経済を読むとして、
産業構成のサービス化とわれわれの課題を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

金利が非常に低い状態である上に、インフレ期待を促し実質金利を引き下げようとしているにもかかわらず借り手が伸びないことは、第一に、資金需要が乏しいことを理由として考えられる。
資金需要の減退は、所得の低迷による消費の引き下げと産業構成のサービス化の影響が考えられる(注9)。
直接他者に働きかける点に労働過程の主な特徴をもつサービス産業は、素材系の産業や製造業などと比べれば固定資本が比較的少額で済む。あるいは次のように表現した方が理解を得やすいかもしれない。
すなわち、1955年から1973年にかけての高度成長期、1974年から1985年あるいは1990年代前半にかけての安定成長期と比較すれば、産業構成のサービス化によって資金需要が強い時代ではなくなってきた可能性が考慮できる。
そのため金融政策を介して設備投資を伴うような高い成長率が実現する効果がなかなか発揮されないのではないだろうかというものである。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

新たなイノベーションエコシステムの構築の実現に向けて

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

経済産業省は、令和2年1月16日に、第15回 産業構造審議会 産業技術環境分科会 研究開発・イノベーション小委員会の資料として、
新たなイノベーションエコシステムの構築の実現に向けて(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

日本が目指すべきイノベーションエコシステムとは、
@事業会社とベンチャーによる価値共創によって新たな付加価値を創出。
Aさらに、大学・国研の【知】が産学「融合」によってシームレスかつ迅速に市場へと繋がる。
Bこれらの結果、グローバルに通用するサービスを創出。その利益や人材を還流。これらがシームレスに繋がり、自律的かつ連続的にイノベーションが生み出されるシステムのこと。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:10| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする