このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年06月02日

スポーツ関連新事業創出支援事業において実施した新たなスポーツビジネス等の創出に向けた市場動向調査の成果報告書の公表

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

スポーツ庁は、平成30年5月31日に、スポーツ関連新事業創出支援事業において実施した新たなスポーツビジネス等の創出に向けた市場動向調査の成果報告書の公表についてを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

<スポーツが新たな価値を生み出す時代へ>
●従来の概念にとらわれず、「スポーツで稼ぎ、その収益をスポーツに還元する」システムを実現する。
●負担(コストセンター)から収益(プロフィットセンター)へ。
●人々のニーズにこたえる付加価値あるサービスを提供し、カスタマー・エクスペリエンスを高めるスポーツ産業の振興を促す。
●スポーツ産業の潜在成長力を顕在化させ、我が国の基幹産業へ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

LOBO調査2018年5月結果

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成30年5月31日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2018年5月結果(PDFファイル)

業況DIは、「緩やかな回復基調続くも、足元で一服。先行きは横ばい続く」です。

*****(以下、ポイントの一部抜粋)*****

5月の全産業合計の業況DIは、▲13.6と、前月から▲2.1ポイントの悪化。
ただし、「好転」から「不変」への変化が主因であり実体はほぼ横ばい。
燃料費・原材料費の上昇が広く業況の押し下げ要因となったほか、深刻な人手不足や、食料品・日用品に対する消費者の低価格志向を指摘する声が多く聞かれた。
他方、堅調な電子部品や産業用機械関連に加え、インバウンドを含めた観光需要は底堅く推移している。
中小企業の景況感は、総じて緩やかな回復基調が続いているものの、足元で一服感がみられる。

*****(以上、ポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

地方から日本の成長戦略を問う

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成30年5月30日に、経済・政策レポートとして、地方から日本の成長戦略を問うを公表しました。

*****(以下、第1回の本文の一部抜粋)*****

若い世代の減少が止まらない日本で考えなければならないことは、若い世代の生み出す付加価値や所得を高める取り組みであり、
決して少数派となりつつある若い世代を奪い合うことではない。
中長期的な視野に立ち、国全体の経済成長や地方の活力を高めることが求められている。

*****(以上、第1回の本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。













posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

ソーシャル・インパクト・ボンドの普及に向けた課題と展望 〜全国自治体アンケート調査の結果を踏まえて〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成30年5月22日に、オピニオンとして、ソーシャル・インパクト・ボンドの普及に向けた課題と展望〜全国自治体アンケート調査の結果を踏まえて〜を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

SIBとは、社会・地域の課題解決に向けた民間投資スキームの一つであり、1)社会課題解決のための事業を民間資金で実施し、2)(事業実施によって)実際に社会課題が解決につながったと判断された時点で自治体が資金提供者に支払を行う成果報酬型契約の仕組みである。

政府も新たな官民連携事業としてSIBに注目しており、未来投資会議等でも積極的な議論や研究を進めている。
実際に政府では、保健福祉分野においてSIBなどの社会的インパクト投資を広げていくとする内容を平成29年6月に閣議決定するなど具体的な施策が始まりつつあり、今後はさらに様々な領域でSIBが広がることが予想される。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

北陸経済調査(平成30年5月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成30年5月28日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(平成30年5月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「回復している」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、回復している。
●住宅建設は、一進一退の状況にある。
●生産は、緩やかに拡大している。
●雇用情勢は、着実に改善しており、人手不足感が強まっている。

個別判断の全てが前回判断を据え置かれております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

午前と午後が対照的な日曜日

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日の午前は小難しい本を読んで頭から煙が出て、午後は農作業で汗をかくという、午前と午後で体調的な一日でした。

午前は早朝から出勤。
仕事少ししてから、とある専門書(社会学の訳書)を読んでて、プスプス…

午後から妻の実家で農作業のお手伝い。

稲の苗を育ててたハウスの解体と、畑に藁をひくお手伝い。

寝かせてた藁の中には、蛇が( ; ゜Д゜)
私の指2本分ちょい位の直径で、なかなかの太さ!
いなくなったんで、藁を軽トラに乗せて畑にゴー
藁をまいてたら、再び登場( ; ゜Д゜)

最終的には、棒で引っかけられて空高く舞って草むらへ、、、、

美味しいご飯をいただいてからは、恒例のウノ大会!
今回は3回戦迄でした。


今週もがんばりましょー
posted by 佐々木 経司 at 05:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

「デザイン経営」宣言

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

経済産業省は、平成30年5月23日に、「産業競争力とデザインを考える研究会」の報告書を取りまとめましたを公表しました。

*****(以下、「背景」の抜粋)*****

製品の同質化(コモディティ化)が急速に進む今日、機能や品質のみで、他者製品を凌駕するだけの差別化が困難な時代を迎えています。
事実、我が国製品は、機能等で優れた製品を上市しても、直ちに新興国企業がこれに追随し、販売価格の下落を招き、競争優位を確保しがたい状況に直面しています。

米アップル社や英ダイソン社をはじめとする欧米企業は、明確な企業理念に裏打ちされた自社独自の強みや技術、イメージをブランド・アイデンティティとしてデザインによって表現し、製品の価値を高め、世界的な市場拡大に結び付けています。

他方、我が国企業の多くは、その経営層も含め、デザインに対する自信と意識がいまだ低いとの報告もあり、製品の同質化が一層進む中、我が国企業の国際競争力は一層低下するのではないかと危惧されます。

この状況を受けて、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行うため、平成29年7月に、著名デザイナー、デザイン担当役員、知的財産担当、経営コンサルタント、学者からなる「産業競争力とデザインを考える研究会」(座長:鷲田祐一一橋大学大学院商学研究科教授)を立ち上げ、議論を進めてまいりました。

*****(以上、「背景」の抜粋)*****



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:40| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

「経営革新と『稼ぐ力』の向上に向けた仕事とキャリアの管理に関する調査研究」

みなさま、おはようございます。
石川県で企業系家のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

一般財団法人企業活力研究所は、平成30年5月24日に、「経営革新と『稼ぐ力』の向上に向けた仕事とキャリアの管理に関する調査研究」を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

企業においては、「稼ぐ力」の向上を実現する基盤は人材であり、人材育成やその適正配置を通じて企業の収益性の向上に結び付けることが可能となるが、そのための従来型の仕事とキャリアの管理システム(新卒採用、長期継続雇用、職務の無限定性、転勤制度等)が、現在の社会経済環境の中で、果たして合理的か、弊害がないかについて改めて精査が行われる必要があると考えられる。

一方、労働者の側から見ても、「人生100年時代」にあって、人生の組み立て方の変化を迫られるなか、自らの仕事やキャリアについて、企業側の事情のみでなく、自ら主体的に管理し、能力発揮の機会を開拓して行くことが望まれているが、そのためには、例えば「雇用の流動化」や「学びの機会の提供」といった対応が、企業あるいは社会全体に求められると考えられる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

民泊ビジネスの解禁をめぐる企業と自治体の動き〜期待される効果と問題点〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成30年5月24日に、経済・政策レポートとして、
民泊ビジネスの解禁をめぐる企業と自治体の動き〜期待される効果と問題点〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要点」の一部抜粋)*****

住宅宿泊事業法は、民泊の監督・取り締まりに当たる自治体に対し、生活環境を保全する目的で規制を上乗せすることを認めている。
このため、営業可能な地域や時期、住民への事前説明など開業の要件、罰則など幅広い項目にわたり、地域ごとの規制が行われる見通しである。
こうした上乗せ規制が認められた背景には、民泊を受け入れる地域社会、住民への配慮がある。

*****(以上、「要点」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:45| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

地方で輝くベンチャー企業〜地方都市のベンチャー生態系作り〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、平成30年5月23日に、企業経営・産業政策として、地方で輝くベンチャー企業〜地方都市のベンチャー生態系作り〜(PDFファイル)を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

地方都市は、一般に大都市と比べるとヒト・モノ・カネが集まりづらく、生態系(エコシステム)に厚みを持たせるには一層の工夫が必要である。
鶴岡市の事例では地方自治体や、地元の企業や金融機関の取組みも当然大きかったが、慶応義塾大学や、上述のバイオベンチャーの創業期から成長を支えた域外のベンチャー・キャピタル等、外部の力をうまく活用し取り込めたことも忘れてはならない。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする