このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年07月02日

商工会議所LOBO(早期景気観測)平成29年6月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成29年6月30日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
商工会議所LOBO(早期景気観測)−2017年6月調査結果−(PDFファイル)

業況DIは、「4カ月連続改善。先行きは慎重な見方が残り、横ばいを見込む」です。

*****(以下、結果のポイントの一部抜粋)*****

6月の全産業合計の業況DIは、▲14.5と、前月から+1.7ポイントの改善。
電子部品、自動車関連の生産・輸出や、建設・設備投資の堅調な動きが続いているほか、それらの関連商品を中心に卸売業の業況感が改善した。
また、インバウンドを含め好調な観光需要を取り込んだ小売業に持ち直しの動きがみられた。
他方、消費者の節約志向や人手不足の影響拡大、原材料費・運送費の上昇を指摘する声が多く聞かれるなど、中小企業のマインドには依然として鈍さがみられる。

*****(以上、結果のポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

IoTによる中堅・中小企業の競争力強化 in 第4次産業革命

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成29年6月30日に、ポリシー・ディスカッション・ペーパー(日本語)として、IoTによる中堅・中小企業の競争力強化 in 第4次産業革命を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、「概要」の一部抜粋)*****

日本の中堅・中小企業の生産現場に新たに本格的なIoTシステムを全面的に導入したという事例は極めて少ない。
ドイツも同様である。
中堅・中小企業にIoTがほとんど導入されていない要因は、「よくわからない」の一言に尽きる。
「よくわからない」には2通りの意味があり、1つ目は「技術が難しくてよくわからない」、2つ目は「自分の会社にどのようなメリットがあるのかよくわからない」という意味である。

だが、その壁を乗り越えないと、我が国におけるIoTは、99.7%の中小企業の生産性を高めることなく、大企業だけを潤して終わってしまう。
IoTによる恩恵は、全国津々浦々にまで広がらなければならない。


*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

「創造型ソリューション営業」の強化に向けた教育事例 ―「ワークショップセミナー」による営業教育事例―

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

学校法人産業能率大学総合研究所は、平成29年6月29日に、
コラムとして、
「創造型ソリューション営業」の強化に向けた教育のあり方 〜ワークショップセミナーを通じて個人力と組織力を向上させる〜【第2回】を公表しました。

*****(以下、第2回の本文の一部抜粋)*****

第1回目でもお話しましたが、最も顧客に近い存在である営業担当者の行動の一つひとつがお客様に対する「その企業の価値」を決めています。

先ほどご紹介したワークショップのような営業変革のための教育的活動の成果は「顧客の変化」で測定すべきだと考えています。
つまり、実際に学んだことを活用し、営業活動を展開していった結果として、顧客の反応にどのような変化が見られたのかを重要視します。

*****(以上、第2回の本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

平成 28 年度製造基盤技術実態等調査 (ものづくりベンチャーと製造業の連携等に関する調査) 報告書

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

経済産業省は、平成29年6月28日に、委託調査報告書 平成28年度 委託調査報告書 HP掲載一覧(PDFファイル)として、平成28年度製造基盤技術実態等調査(ものづくりベンチャーと製造業の連携等に関する調査)報告書(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「調査目的・概要」の一部抜粋)*****

■「メイカーズ」、「3Dプリンタ」のブームが起こった2012年以降、モノづくりで起業する、いわゆる「ハードウェア・スタートアップ」の存在が注目されるようになった。
それらのブームの後押しや、様々な事業環境の変化が影響し、今では個人や少人数のチームで製品開発に取り組む人々は着実に増加しており、そこから起業して事業化に成功した事例も少なからず登場している。

■これら「ハードウェア・スタートアップ」は、大胆なアイデアや先鋭的な技術を、スピード感を持って事業化するポテンシャルを有しており、ものづくりの分野における「イノベーション」の重要な担い手、ひいては、わが国経済の牽引役になり得るとして期待されている。

■一方で、個別のハードウェア・スタートアップの状況に目を移すと、彼らを取り巻く環境は決して易しいものではない。
資金、技術、設備、人材など、あらゆる要素が不足しており、事業化にたどり着けず失敗に終わるケースは後を絶たない。
また、日本以外の国々において、強力なハードウェア・スタートアップが次々に登場しており、手をこまねいていると日本がハードウェア・スタートアップの世界的な潮流から取り残され、大きなビジネスチャンスを失うという事態も起こりかねない。

*****(以上、「調査目的・概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

4ヶ月連続で改善を示すも、回復のペースが緩やかな小規模企業景況(5月期調査結果)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、平成29年6月27日に、小規模企業景気動向調査[平成29年5月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】一部の製造業で好調であるものの、原材料高と人手不足により利益が圧迫される製造業
【建設業】仕事量は安定するも、仕入価格上昇や工事単価の改善が見られず収益確保が難しい建設業
【小売業】一部商品で改善傾向が見られたが、人手不足等により先行き不安な小売業
【サービス業】GW特需の恩恵を受ける業種があるも、業界全体の回復は程遠いサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

組織風土はどのように作られるのか −“伝染”から考える組織ー

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社JTBコミュニケーションデザインは、平成29年6月27日に、組織風土はどのように作られるのか −“伝染”から考える組織ーを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

様々な実験で、目標の伝染が実証されています。主人公が人助けをする動画を見た人は、その後、ボランティア活動に応募する率が高まります。
金儲けを意図して行動している人を見た後、ゲームをすると、金儲けに走る確率が高くなります。
「人助け」「金儲け」という目標が伝染するのです。

人は、まわりにいる人が、一体何を目的として行動しているのかを、想像以上に敏感に察知しているのです。
そして、その目標を、自分の目標として取り入れます。
この「目標伝播」は、本人が意識しなくても起こります。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

「限定された選択肢(自由)」の中の政策選択〜国家戦略特区・地方創生政策の留意点〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をと届します。

新・自治体フォーラムは、平成29年6月25日に、新・地方自治ニュースとして、国家戦略特区・地方創生政策の留意点 2017/6/25 【2017 No.6】(PDFファイル)を公表しまいた。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

創生政策関係は、形式上、地方自治体が自主的な計画を作成し、それに国が規制改革、予算・税等の面で支援するボトムアップ型を形成している。
しかし、国と地方自治体の行政相互間は当然のこと、国民との関係でも政府の裁量権が実質的に広範に展開可能であり、財源・権限を国に留保する中で地方自治体においては、実質的に「限定された選択肢(自由)」の中の政策選択にならざるを得ない側面を持っている。
このため、創生政策全体において自治体間で類似政策が展開され重複投資や過度な競争が発生し、意図した活性化が生ぜず逆に相互の活力を相殺し合う「逆機能」を生じさせる危険性があることが指摘される一方で、特区政策においてはその選定手続き等の透明化がとくに求められる。
こうした「限定された選択肢(自由)」の中で国の実質的裁量権が広範なだけに、政策の選定、実行と成果に対する地方自治体だけでなく国の説明責任は、極めて高く求められていることになる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

折り紙博物館!!

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、折り紙博物館に行ってきました。
最近折り紙にはまってる息子は大興奮!

帰りにエグゼイドの折り紙をねだられましたが、
折り紙の本に切り替えさせました(笑)
動物がいっぱい載った本なので、これで夏休みの工作に取り組みたいと思います。



posted by 佐々木 経司 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

5月の中小企業月次景況調査(平成29年5月末現在)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成29年6月21日に
5月の中小企業月次景況調査(平成29年5月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

5月のDIは、9指標中5指標が上昇し、主要3指標に関しても、景況ならびに売上高の各DIはともに前月比+1.6ポイントで好転する結果となった。  
地政学リスク低減と中国市場の復調に伴い、輸出関連の好調が継続していることに加えて、原材料・製品価格の値上げ動向等も売上高を上昇させたが、内外の過当競争や人手不足にも一層の拍車が掛かっており、経営コスト上昇と供給力の減退が非常に逼迫していることから、中小企業の先行きは依然として注視していく必要がある。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

月例経済報告 平成29年6月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成29年6月22日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成29年6月)(PDFファイル)

今月の判断は、「緩やかな回復基調が続いている。」です。
景気判断が半年ぶりに上方修正されました。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待されています。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする