このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年10月06日

真夏の様な運動会

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、息子の幼稚園最後の運動会でした。

最高気温が32度になる真夏の様な天気のもと、みんな頑張ってました。

年長が参加した競技は
徒競走、
リレー
組体操
鼓隊によるパフォーマンス(YMCA)
綱引きです。

徒競走ではクラスで1位!
リレーはアンカーとして出場して6チーム中3位でした!
1位に慣れて両親ビックリ!!

組体操は、話に聞く限り練習中は成功したり失敗したりの繰り返しだったらしいですが、
本番は大成功でした!
ちょっと、うるっときました。

鼓隊では、小太鼓をたんとう。
暑さでちょっとだれてきたかなと思える中、よく頑張りました。

綱引きは年長が紅組白組に分かれての対決。
紅組でした。
最初は圧倒的に負けましたが、2回目は接戦の末勝利。
1勝1敗で終わりました。

天気の様子をみながら、プログラムの変更が何度かあり、バタバタした感じはありましたが、
楽しい運動会でした!

明日は一日休養日で、月曜日は、幼稚園最後のサッカー大会です!




posted by 佐々木 経司 at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

国内銀行111行(2018年3月期決算)「地方公共団体・中小企業等向け貸出金残高」調査

みなさま、おはようございます。

石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済に関する情報をお届けします。

株式会社東京商工リサーチは、平成30年10月4日に、データを読むとして、国内銀行111行(2018年3月期決算)「地方公共団体・中小企業等向け貸出金残高」調査を更新しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

国内銀行111行の2018年3月期の中小企業等向け貸出金残高は、310兆4,235億円(前年比2.9%増)だった。
3月期では2012年3月期以降、7年連続で伸びている。
総貸出金に占める中小企業等向け貸出金の構成比は69.69%で、2012年3月期以来、6年ぶりに69%台に回復した。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

猛暑や台風等の影響を受け、停滞気味の小規模企業景況(8月期調査結果)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、平成30年10月3日に、小規模企業景気動向調査[平成30年8月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】一部業種が活況も、原材料高・人手不足が足を引っ張る製造業
【建設業】地域によって明暗が分かれるも、原材料高・職人不足が影をさす建設業
【小売業】天候の影響により客足が伸びず、厳しい状況の小売業
【サービス業】夏休み・お盆の需要を取り込むものの、食材高騰の影響を受けるサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

リハビリが必要だなんて言ってられない

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

9月上旬に某アカデミックな会で、
一昨年度から取り組んできたことの一部を発表する予定でしたが、
諸事情により無くなりました。

その時の諸々のショックから立ち直るために一か月弱費やしてしまいました。
そして今日、久しぶりにアカデミックな山籠もりをしてきましたが、なかなか上手く回りません。
早くそちらを通常運転にしないと、今月締切の別の会の発表の準備が…。

う〜ん、がんばるぞー!!

ってたまに、こんなブログも上げてみました。


posted by 佐々木 経司 at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

伸び悩む消費が歩んだ30年

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

住友商事グローバルリサーチ株式会社は、平成30年10月2日に、調査レポートとして、シリーズ「平成をふりかえる」@ 伸び悩む消費が歩んだ30年
全文(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「概要」の一部抜粋)*****

終わりを告げようとしている平成について、「消費」という視点から振り返ってみる。
はじまりはバブル絶頂期で力強さを見せていた平成の消費は、次から次へと新しい商品が登場していたにもかかわらず、次第に「伸び悩む」という枕詞がついて回るようになった。
度重なる経済危機や自然災害などもあって、先行きが見通しづらく、将来的に所得が増えていくという右肩上がりの期待が失われてしまったようだった。

*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

天災が多い一年です。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今年は、天災が例年より多い気がします。

1月2月の豪雪にはじまり、
4月の島根県西部地震、6月の大阪府北部地震、9月の北海道胆振東部地震、
7月の西日本を中心とした豪雨とその後の台風。

北陸における台風24号の被害は、予想より小さいものでしたが、似たようなルートで25号がやってくる可能性もあります。

心配事が多い一年です。


posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

サッカーの大会は延期、法事に出席してきました。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

台風の影響で昨日中に息子のサッカーの大会延期が決定しておりました。
土曜日の朝練も大会前提のメニューにして、気合をちょっと入れていたので、何か抜けた感じがありました。

けど、お盆に他界された方の49日・納骨に出席できたので良かったです。
納骨時には、雨風無く、晴れた空が頭上に広がっておりました。

今週末に、運動会、サッカーの大会です。


posted by 佐々木 経司 at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

台風は白山が守ってくれる…。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

みなさまご存知の通り、台風24号が日本を縦断する予定です。
「石川は白山に守られてる」という言葉をたまに聞きます。

今回の台風も被害が少ないといいのですが…。
posted by 佐々木 経司 at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

LOBO調査2018年9月結果

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成30年9月28日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2018年9月結果(PDFファイル)

業況DIは、「足踏み。先行きは台風や北海道地震の影響もあり、横ばい圏内」です。

*****(以下、ポイントの一部抜粋)*****

9月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲1.2ポイントの悪化。
台風21号や北海道胆振東部地震、全国的な異常気象の影響が大きく、宿泊業や飲食業を中心とするサービス業や小売業、卸売業を中心に業況が悪化した。
建設業や産業用機械、自動車、電子部品関連は堅調なものの、燃料費・原材料費の上昇や深刻な人手不足、根強い消費者の節約志向を指摘する声は依然として多く、業況改善に向けた動きには足踏み状況がみられる。

*****(以上、ポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:24| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

30歳代の住宅ローンが急増したのはなぜか

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていたただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成30年9月27日に、経済・政策レポートとして、30歳代の住宅ローンが急増したのはなぜか(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要点」の一部抜粋)*****

30歳代世帯(二人以上)の住宅ローン残高が増加傾向にある。
こうした動きは、伸び悩んでいる家計の所得・消費水準の動きからみて特筆すべき動きである。
本稿では、住宅ローン残高が増加している背景と、わが国経済に与える影響について分析する。

住宅ローン残高が増加した背景として、以下の2点を指摘できる。
第1に、30歳代の持家率の上昇である。
住宅ローン税制の拡充や金融機関の貸出積極化などが若年層による住宅取得を可能にし、持家取得のタイミングを早期化させた。
第2に、1世帯当たり住宅ローン借入額の増加である。
金利低下により借入可能額が増加したため、家計はマンション価格の上昇に応じて、借入を拡大させることができた。

*****(以上、「要点」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする