このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年05月16日

日本の雇用システムの再構築:総論

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。


独立行政法人経済産業研究所
は、平成31年4月12日に、ポリシー・ディスカッション・ペーパー(日本語)として、日本の雇用システムの再構築:総論を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、「概要」の抜粋)*****

本稿は、まず、日本の雇用システムの3つの特徴と指摘されてきた長期雇用、後払い賃金、遅い昇進の変遷をサーベイした後、その根幹にある問題点を無限定正社員システムと捉えた上で、ジョブ型正社員システムのデフォルト化に向けたビッグバン・アプローチを提唱する。
次に、企業で急速に進みつつある働き方改革と生産性向上を両立するための具体的な方策を論じる。
さらに、雇用システムの「矛盾」、「きしみ」が露わになっている、
その「入口」(新卒一括採用)と「出口」(高齢者雇用)のあり方を検討した上で、雇用終了、特に、解雇無効時における金銭救済制度について論じる。
最後に、AI時代における雇用、求められるスキル、ビジネスはどう変わるかを展望し、日本の雇用システムの再構築に向けた指針を提示する。

*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:44| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

地方創生のために必要なこと〜人口は地方創生にとって決定的要素ではないかもしれない〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地位経済活性化に関する情報をお届けします。

参議院は、調査室資料経済のプリズム第176号(令和元年5月)として、
地方創生のために必要なこと〜人口は地方創生にとって決定的要素ではないかもしれない〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

ただ、ここで、回帰式のxの係数に注目したい。
xの係数は 1955〜1970 年度には3.16、1975〜1990 年度も 2.09 と1を超えており、これは、就業者の増加が効果的に実質県内総生産の増加へと結び付いていたことを示している(言い換えれば、就業者1人当たりの生産という意味での労働生産性の上昇率も高かったということである)。
ところが、2001〜2015 年度は係数が 0.55 と1を下回り、就業者が1%増加しても県内総生産は 0.5%程度しか増加しない、つまり、就業者が増えても県内総生産は大して増えない結果となっている。
しかも、回帰式の決定係数R2は 0.25 と、それより前の時代に比べて小さくなっており、就業者の増加と県内総生産の増加の関係性も統計的に見れば弱まっている。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。












posted by 佐々木 経司 at 05:17| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

令和時代の消費活性化策ー女性の消費力への期待、若者の経済基盤安定化、シェア経済との共存

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、令和元年5月10日に、基礎研REPORT(冊子版)5月号[vol.266]として、
令和時代の消費活性化策ー女性の消費力への期待、若者の経済基盤安定化、シェア経済との共存を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

若者の価値観も変わった。
かつて若者は消費意欲が旺盛で、流行を牽引する存在だった。
しかし、長らく続いた景気低迷を経て、若者は堅実な消費者へと姿を変えた。
バブル期に消費を謳歌した世代は、今の若者に哀れみの目を向けるのかもしれない。
しかし、実は若者の生活満足度は高い。
20代以下の満足度は8割を超え、50〜60代を1割以上も上回る。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

『地域おこし協力隊に関するアンケート調査』

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人移住・交流推進機構は、調査レポートとして、『地域おこし協力隊に関するアンケート調査』を公表しております。
概要版(PDFファイル)
本文(PDFファイル)

*****(以下、「概要版」の一部抜粋)*****

今後に向けた提言

⚫着任前後の理想と現実のギャップ・ミスマッチ等をできる限り避けるため、隊員の自立性、活動意向を尊重しつつ、期待するミッションや役割についての共通理解、任期終了後の姿の具体的目標の共有など、行政と隊員とのコミュニケーションのさらなる強化が必要(例:ミーティング、隊員マネジメント方法等の事例やガイドライン等の作成・提示等)

⚫行政職員以外の人材の効果的な活用策についても検討が必要。特に、他地域の隊員や隊員OB・OGなどとのネットワークの充実・活用について具体的な方策や体制の確立が必要(例:隊員ネットワークの形成)

⚫円滑な定住につなげるため、就職、継業も含めた、多様な選択肢の提示、キャリアマネジメント等の支援の充実が必要(例:各種研修の拡充)

⚫任期終了後の起業・事業化をより意識する傾向になってきている中で、隊員の起業・事業化に向けた各種課題や不安に対応した、多様な研修の実施が必要(例:段階別、事業分野別の起業・事業化研修、実践的研修等の企画・実施

*****(以上、「概要版」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

企業パフォーマンスにおける仕入先、販売先の非対称性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年5月8日に、ノンテクニカルサマリーとして、企業パフォーマンスにおける仕入先、販売先の非対称性を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

シンプルな中間財を使う企業のモデルを考えると、仕入先数、販売先数共に売上や利益に正の影響を与えるが、その経路は異なる。
仕入先数の増加は企業の限界費用を下げ(生産性が上がる)、その結果需要弾力性が1より大きければ売上は増加する。
一方販売先の増加は生産性は変化させず、売上だけ上昇する。
理論的に販売先数の売上に対する弾力性は一定なのに対し、仕入先数の弾力性は規模が大きくなるにつれて上昇する。
このような理論インプリケーションをデータを使って検証した。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

4〜11歳の習いごとは、水泳(スイミング)が24.7%で最多子どものスポーツ活動は低年齢化。「一緒に遊ぶ」指導転換を。

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていたただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人笹川スポーツ財団は、平成31年5月7日に、4〜11歳の習いごとは、水泳(スイミング)が24.7%で最多子どものスポーツ活動は低年齢化。「一緒に遊ぶ」指導転換を。を公表しました。


*****(以下、「主な調査結果」の抜粋)*****

4〜11歳の子どものうち、72%が習いごとをしている。習いごとの内容は、水泳(スイミング)が24.7%と最も多く、スポーツ系の種目は人気が高い。

未就学児のスポーツクラブ加入率は2015年の32.8%から2017の40.1%と、過去2年間で7.3ポイント増加しており、子どものスポーツ活動が低年齢化していることがうかがえる。

*****(以上、「主な調査結果」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。

posted by 佐々木 経司 at 05:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

地方銀行経営の現状と今後の課題

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

農林中金総合研究所は、平成31年4月25日に、経済・金融として、地方銀行経営の現状と今後の課題を公表しました。
全文PDF

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

地域社会に対して責任ある事業性評価の取組みや預かり資産業務を遂行していくためには相応のコストがかかるとともに、現行の金融環境のもとで早期の対策を求めるのであれば、@顧客本位とは必ずしも相容れない経営行動を取る、Aコスト削減のため、地方における金融インフラを切り捨て、金融サービスの地域格差が拡大する、というひずみが生じることは十分に考えられる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
















posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

「第2回地域ブランド認知度アンケート調査」結果について

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

ジェトロは、平成31年4月24日に、「第2回地域ブランド認知度アンケート調査」結果についてを公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「結果のポイント」の一部抜粋)*****

2. 産地・地域ブランドを意識する割合は前回調査から減少。米国では意識しないが意識するを上回る

「産地名・地域ブランドを意識するか」という特定の質問に対しては、前回調査(2013年)と比較して、「産地名、地域ブランドを意識する」と回答した割合が香港では92.4%から83.6%、シンガポールでは86.0%から66.0%と減少した。また、本調査で初めて対象国となった米国は、「産地名、地域ブランドを意識しない」が52.4%であり、「意識する」の47.6%を上回った。【p.4】

*****(以上、「結果のポイント」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

スポーツ産業の活性化

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人アジア太平洋研究所は、平成31年4月23日に、研究成果として、スポーツ産業の活性化を公表しました。
全文PDF

*****(以下、「概要(エグゼクティブ・サマリー)」の抜粋)*****

日本では特定種目を対象にしたスポーツクラブが多く、1997年から国は多世代、多種目、多志向という特徴を持つ総合型地域スポーツクラブ(以下「総合型クラブ」と略す)の育成を開始した。
その数は2018年度で3,500以上にものぼるが、多くは財源基盤が確立できず過度に行政やボランティアに依存し、更には任意団体が多いため、未だ自主的・主体的な運営が見込めない。

そこで、持続的で品質の担保されたスポーツクラブ運営は、ビジネスとしての運営が可能となるような地域連携システムを構築して初めて実現されるのではないか、という仮説に基づき、それが実現できる条件を明らかにすることとした。
このため、「スポーツ、特に生涯スポーツの担い手(行政、企業、地域)の現状・課題」に関して各種面談、調査を行い、総合型クラブの典型的な課題を抽出、その解決の糸口をみつけることで、持続的で品質の担保されたスポーツクラブ運営を実現する条件とモデルを検討した。

その結果、持続的で品質の担保されたスポ―ツクラブ運営には経営や指導者の専門化と、スポーツ実施環境の改善に向けた次のような地域連携システムが構築されて初めて実現されると考えられる、との結論に至った。

*****(以上、「概要(エグゼクティブ・サマリー)」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

課題を抱える日本企業の採用

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成31年4月19日に、コラムとして、課題を抱える日本企業の採用を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

筆者は、長年日米のビジネススクールで教鞭をとった経験があるが、日米の社会人学生が採用に関する見方が大きく異なることに気が付いた。
例えば、1000万円の価値を確実に生み出す候補者A(堅実な人材)と、50%の確率でそれぞれ2000万円とゼロの価値を生み出す候補者B(リスキー人材)のどちらを採用するか問うと、米国のMBA学生は約8割がリスキーなBを選ぶ。
ところが日本のMBA学生は約8割が堅実なAを選択する。何故か?

この違いを体系的に捉えるため、表2を見て頂きたい。
意思決定には常に2種類の正しい決定と間違いがある。
例えば、Aさんを採用すべきか採用しない方が良いかという問題を考えよう。
事前には分からないが、現実は、Aさんは採用されたら会社に貢献するか貢献しないかの2つの可能性がある。
この時、会社に貢献する人を採用し、会社に貢献出来ない人を採用しないというのが正しい意思決定である。
間違いにも同様に、会社に貢献しない人を採用するという間違いと(第1種の間違いと呼ぶ)、会社に貢献する人を採用しないという間違いがある(第2種の間違いと呼ぶ)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 18:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

人口減少が経済に与える影響の分析

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人アジア太平洋研究所は、平成31年4月16日に、研究成果として、人口減少が経済に与える影響の分析を公表しました。
全文PDF

*****(以下、「アブストラクト」の抜粋)*****

本報告書は、アジア太平洋研究所の人口減少に関する研究会による2018年度の研究成果をまとめたものである。
第1に、若年世代の人口が減った場合に、当該世代の賃金は他の世代の賃金よりも上昇するのか否かについて分析し、世代サイズの減少は当該世代の賃金を引き上げることを明らかにした。
第2に、高齢者の雇用を義務付けると他の年齢層に対する労働需要はどのような影響を受けるのかについて分析し、64歳の労働者は20−30代の若年労働者と代替的関係にあった一方で、50代の労働者とは補完的な関係にあったことを示唆する結果を得た。
第3に、派遣労働の規制緩和は資本投資にどのような影響を与えるのかについて分析し、資本投資を促進する可能性を示した。
第4に、健康経営は労働者の行動を変え企業業績を向上させるのかについて検討した。
その結果、健康経営により企業業績が向上する可能性があること、メッセージを行動経済学的に工夫することで従業員の健康行動を促進できることを明らかにした。

*****(以上、「アブストラクト」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オープンイノベーションを活性化するための体制や環境整備に関する調査研究報告書

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

特許庁は、平成31年4月15日に、資料・統計刊行物・報告書多国間の調査、研究外国知的財産制度に関する調査研究報告として、オープンイノベーションを活性化するための体制や環境整備に関する調査研究報告書(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要約」の一部抜粋)*****

調査を通じて、先進的な企業においては、価値共創に向け、多様性を涵養するための組織の土壌づくりや、資源(人材・知財等)を共創の「場」に開くための制度整備が進められていた。
また、共創の「場」に関しては、北欧諸国等を中心に、企業や自治体などが、共通の目的・課題を提示し、その下に多様な人材・知財が組織の枠を超えて結集することで、新しい価値の創出に向けた活動が社会において実質化、活発化していることが明らかとなった。

*****(以上、「要約」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

東京一極集中と地方への移住促進

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。


独立行政法人経済産業研究所
は、平成31年4月12日に、ポリシー・ディスカッション・ペーパー(日本語)として、東京一極集中と地方への移住促進を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、「概要」の抜粋)*****

本研究では、人々の地域間の移住決定を効用最大化の観点から分析する。
間接効用が実質所得と移住費用によって構成される場合、実質所得の地域差だけでなく、金銭的および非金銭的要因から生じる移住費用も移住決定に影響を与える。
そこで本研究では、移住にかかる総費用を構造推定によって推計し、少なくとも移住先で得られる実質所得がどの程度高くなければ移住が行われないのかを定量的な観点から議論する。
特に、地方創生の一環として東京一極集中の是正のための移住補助金政策が実施されているが、東京から地方への移住促進に必要な移住費用を個人のライフステージ毎の違いを考慮しながら数値シミュレーションにより推計することで政策の事前評価を行う。

*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

平成を振り返る:若手イノベーターの台頭―各種調査結果からはみえない新たな潮流―

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化についてお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成31年4月12日に、経済・政策レポート経済分析・政策提言ビューポイントとして、
平成を振り返る:若手イノベーターの台頭―各種調査結果からはみえない新たな潮流―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要点」の一部抜粋)*****

メインストリームの優秀な若者がスタートアップを立ち上げるようになった要因としては主に、@日本経済の長期停滞が彼らの自立心、向上心を促した、A経済停滞のなかで既存秩序が崩れた、B人材の流動性が高まった、の3点が指摘できる。

若手イノベーターのなかには、日本を飛び出して海外でスタートアップを立ち上げる者も、数は少ないながら出てきている。
とりわけ平成期に目立つようになったのが、新興国での立ち上げである。
@新興国での経済発展、A新興国のデジタル化、B日本企業のグローバル化、などが背景にある。

*****(以上、「要点」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 18:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

地域銀行に対する「経営者保証に関するガイドライン」のアンケート調査の結果について

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

金融庁は、平成31年4月11日に、地域銀行に対する「経営者保証に関するガイドライン」のアンケート調査の結果についてを公表しました。
本文PDF
集計結果PDF

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

◆多くの地域銀行が、ガイドラインの活用促進は顧客との信頼関係の強化に繋がり、職員の目利き力の向上にも繋がったと回答。
◆また、ガイドラインの活用促進が他行との差別化やブランド力強化に繋がると回答した地域銀行も少なくない。
◆ガイドラインの活用促進は、顧客との信頼関係の強化や職員の目利き能力の向上といった取引のベースとなる側面で影響を与えているものと考えられる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。










posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

平成を振り返る:効果が見えない地方活性化策―人口流出、都市のスプロール、市町村合併―

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化についてお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成31年4月11日に、経済・政策レポート経済分析・政策提言ビューポイントとして、
平成を振り返る:効果が見えない地方活性化策―人口流出、都市のスプロール、市町村合併―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要点」の一部抜粋)*****

大半の自治体は、すでに人口減少期に入り、今後増加に転じることは期待薄である。
鳴り物入りの都市政策も、中心市街地の衰退と都市のスプロール(郊外化)を食い止めることができず、一部の政策変更は、都市のスプロールを助長すらした。
市町村合併が半ば強制的に進められ、自治体の数は半減したが、その効果は明白ではなく、大規模な市と合併した中山間地域の町村には、「切り捨て」との不満が残る。

*****(以上、「要点」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:05| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

社外連携を成功させる人・組織とは:オープン・イノベーションに関する実態調査

みなさま、こんばんんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域活性化に関する情報をお届けします。

株式会社リクルートマネジメントソリューションズは、平成31年4月8日に、調査・研究として、社外連携を成功させる人・組織とは:オープン・イノベーションに関する実態調査を公表しました。
人・組織の視点から見る、社外連携を成功させるポイント

*****(以下、「調査結果サマリー」の抜粋)*****

●イノベーションの創出数と営業利益成長率との関係
・業界水準より高い営業利益成長率を維持できている企業は、業界水準を超えるイノベーションを生み出してきた回答者群では71.3%を占める。業界水準と同程度以下の群では24.9%(業界水準未満の回答群に絞るとわずか7.4%)。

*****(以上、「調査結果サマリー」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:48| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

『じゃらん』2019年のGW 国内旅行の人気旅行先とトレンドを発表 人気旅行先ランキング 福岡が3ランクUP!

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

リクルートライフスタイルは、平成31年4月4日に、『じゃらん』2019年のGW 国内旅行の人気旅行先とトレンドを発表 人気旅行先ランキング 福岡が3ランクUP!を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

『じゃらん』の調査によると、今年のGWに関しておでかけの計画に変化があったかを聞いたところ「例年は日帰りだが、今年は宿泊旅行をする」と回答した人が17.4%で2番目に多い回答となりました。
今年は国内でも、日帰りでは楽しみづらいエリアへの宿泊旅行が人気の傾向です。
一方で、同じ調査で1番多かった回答は「近場へのおでかけの回数を増やす」の38.5%でした。
宿泊旅行をする人はせっかくならと遠くへ、行かない人は近くで数回とトレンドが2極化しそうです。

*****(以上、【本文の一部抜粋)*****



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

旅行・観光市場にみる変化の兆し

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域活性化に関する情報をお届けします。

大和総研グループは、平成31年4月3日に、レポート・コラムコラムとして、旅行・観光市場にみる変化の兆しを公表しました。

*****(以下、本文の抜粋)*****

17年から18年の国内旅行の変化を世代別にみると、20〜40代を中心に日帰り旅行が大きく減少している。
これらの世代では、「出張・業務」や「帰省・知人訪問等」を主な目的とする旅行に減少が目立つ。
わざわざ足を運ばなくても、ネットワークを介して情報をやり取りし、顔を見ながら会話することもできれば、会議や商談、時候の挨拶などのために、時間や費用をかけて旅行する機会が減ることは想像に難くない。
科学技術の発達や経済・社会の動きに伴って、人々の働き方や暮らし方、学び方や遊び方などが大きく変化すれば、旅行する目的や目的地、旅行方法などもさらに変わってくる可能性がある。

*****(以下、本文の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

地方創生と結びつく老舗のグローバル化

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

世界経済評論IMPACTは、平成31年4月1日に、国際ビジネスとして、地方創生と結びつく老舗のグローバル化を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

ところで,地方創生が声高に叫ばれている。
老舗の研究を続けてきた研究者としては,地方で活躍している老舗という地域資産を活用することの可能性を模索している。
実際,日本生産性本部の地方創生カレッジで,実践的な試みにも挑戦している。
地方で地域活性化に貢献している老舗企業を取り上げ,その魅力をビディオで情報発信するプロジェクトである。
同様のプロジェクトは東京商工会議所中央支部の老舗企業塾でも挑戦している。
共通しているのは,老舗企業の魅力を地域の魅力と連動させ,それをより分かりやすい映像に編集すること,若い学生の視点でその魅力を伝えること,さらには英語の字幕を使いインバウンド市場への発信を試みるということである。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする