このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年11月10日

日本初・“社会課題解決を仕事にしたい人”を対象とした理想の働き方調査 ソーシャル・ワークスタイル レポートvol.1

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

パーソルキャリア株式会社は、令和元年11月8日に、日本初・“社会課題解決を仕事にしたい人”を対象とした理想の働き方調査 ソーシャル・ワークスタイル レポートvol.1を公表しました。

*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

事前のスクリーング調査では、8,449人中、約3割がソーシャルセクターや一般企業のCSR部門などで社会課題解決を主目的に働いている、または働くことを希望しており、特に約4人に1人がソーシャルセクターで勤務する意向をもつという結果に。
また、社会課題解決を仕事にしたい意向はあるものの、まだソーシャルセクターに勤務していない15.1%の人の中から性年代別に抽出した1,051人を対象に、ソーシャルセクターでの理想的な働き方の調査を実施したところ、多くのビジネスパーソンが、生きがいや社会の役に立ちたいという理由でソーシャルセクターでの勤務を希望しながらも収入面での不安を抱えており、正社員だけではなく副業やボランティア、さらにはリモートワークといった、多様化する働き方にあわせた勤務形態を望んでいる実態が明らかとなりました。
本調査に加え、社会課題の解決に取り組むソーシャルセクター23団体によるイベント「ソーシャル・ワークスタイル フォーラム2019 by doda」を2019年11月16日(土)に開催し、ソーシャルセクターで働く人のリアルなイメージを皆さんにお届けする予定です。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 21:07| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

多様な地域公共交通サービスの導入状況に関する調査研究

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

国土交通政策研究所は、令和元年11月8日に、研究成果調査研究成果報告書(年度別) として、多様な地域公共交通サービスの導入状況に関する調査研究を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「要旨」の抜粋)*****

公共交通に関する計画を策定しデマンド交通やコミュニティバス等といった地域公共交通を導入した自治体では、地域に適した形態をさらに模索していくための見直しを行い、これから新しく計画策定を検討する地域では、これまで蓄積された事例を参考にしながら、効果的な計画・導入を図っていくことが重要になると考えられる。

本調査研究では、既往の地域公共交通に関するマニュアル・手引き及び、特色のある導入事例をもとに、行政の職員が現場で直面する課題へ対処する上で想定される論点を抽出し、全国の市区町村における取組状況を把握することを目的に実施した。
その結果、デマンド交通とコミュニティバスといった運行形態の別及び、目標達成等の効果発現及び不明の別において、取組内容に差がある項目を抽出した。

*****(以上、「要旨」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 20:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

コンビニ24時間営業の是非ー高齢化する来店客、持ち回りの深夜営業でインフラ機能を維持してはー

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、令和元年11月8日に、消費者行動として、コンビニ24時間営業の是非ー高齢化する来店客、持ち回りの深夜営業でインフラ機能を維持してはーを公表しました。


*****(以下、本文の一部抜粋)*****

24時間営業をやめれば利便性が低下すると言う意見もある。しかし、今は、注文後に数時間で商品が届くネット通販等の代替手段もある。コンビニだけが24時間営業に固執して疲弊する必要はない。

一方でコンビニはインフラ機能としての存在意義も大きい。特に高齢単身世帯の多い地方部では、24時間営業の店舗が全く無いと、緊急時の不安は高まる。

そこで提案だが、地域の診療体制のように、コンビニ各社が持ち回りで24時間営業を担ってはどうか。24時間営業をする店舗が1つでもあればインフラ機能を維持できる。また、減っているとはいえゼロではない深夜需要を捉えることで、コンビニ側の売上げも担保できる。

なお、コンビニは24時間営業を前提としたビジネスモデルだ。よって、営業時間を変えれば、製造や物流、店舗運営などの全てのシステムを見直す必要がある。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

地方創生第2期〜社員「回遊」で「関係人口」拡大を

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する除法をお届けします。

リコー経済研究所は、令和元年11月6日に、地域再生として、地方創生第2期〜社員「回遊」で「関係人口」拡大をを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

また、安倍政権が第1期総合戦略で取り組んできた「東京一極集中」も、是正どころか逆に悪化している。
政府の検証によると、東京圏と地方の間の人口移動では東京圏の転入超過が続き、その超過幅は2014年の10.9万人から2018年には13.6万人へ拡大した。
このため、第1期総合戦略に盛り込まれた基本目標KPI(主要成果指標)の一つ、「2020年に地方・東京圏の転出入均衡」は達成できそうにない。

そもそも範を示すべき政府による中央省庁の地方移転が、文化庁の京都移転や消費者庁の徳島への一部移転にとどまる。
永田町・霞が関が相変わらずの「総論賛成、各論反対」では、東京一極集中の是正に取り組む本気度に疑問符を付けられても致し方あるまい。

このように、安倍政権が掲げた2060年に人口1億人確保という野心的な長期的なビジョンは、第1期総合戦略の結果をみる限り、実現に向けて順調に進んでいるとは言い難い。
「絵に描いた餅」に過ぎないのではないか―。
政権が地方創生の長期ビジョンと第1期総合戦略を決定した5年前に抱いた疑念を、筆者は払拭できず逆に深めている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:36| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

「住んでよし 訪れてよしの国づくり」〜オーバーツーリズムの視点〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和元年11月1日に、第一生命経済研レポート2019年11月号として、「住んでよし 訪れてよしの国づくり」〜オーバーツーリズムの視点〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

しかし、既に鎌倉市では、アニメの聖地巡礼に伴うオーバーツーリズムが問題となっており、本年GWには江ノ電沿線の住民の優先入場を実施した。
現状、オーバーツーリズムが深刻化しているのは一部の観光地ではあるものの、今後を見越して先手を打って対応していく必要がある。

例えば、観光庁の「持続可能な観光の実現に向けた先進事例集」によれば、京都市は混雑緩和策として、分散化をキーワードに、@繁閑差を縮小する「季節分散」、A朝観光・夜観光による「時間分散」B地方送客(デジタル情報を活用した広域的な分散)などの対策を講じ、公共交通機関の混雑緩和としては、手ぶら観光の推進や路線バスへの「前乗り後降り方式」の導入などを進めている。レンタサイクル活用など交通渋滞の緩和やマナー違反対策、自然環境保護などとともに、様々な工夫をこらして対策を講じることが求められよう。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

行動経済学からみた 「決めない」消費

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社博報堂生活総研は、令和元年10月30日に、テーマ調査の2019消費対流として、行動経済学からみた「決めない」消費を発表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

今回のキーワードになっている「決めない」。この言葉には、いろいろな意味が込められているように感じます。

ひとつには「判断の先送り」。
この先の状況がどうなるかわからない時代的な不安定さがあるなかで、「今決断をしたくない」という意識や、何かを所有すると決めることがリスクにつながると感じる気持ちが高まっているのではないかということです。
これは言い換えれば「決めたくない」という意識だといえます。

そしてもうひとつは「決められない」という意識。
買うものや物事を決めようとしても、判断の元になる情報の量がとにかく多すぎて選べない状況が生じているということです。
今は企業側が発信する情報以外にも様々なメディアやユーザ発の情報など多様な情報を参照できます。
特に若者はスマホを使って検索してすぐにたくさんの情報に辿り着く。
とはいえ、人間は選択肢が多すぎると選べなくなってしまうことを示した「ジャムの実験」からもわかるように、情報が多様になったことの弊害が出てきているようにも感じます。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:46| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

地域銀行の経営統合をめぐる論点

みさなま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化についてお届けします。

国立国会図書館は、令和元年10月29日に調査と情報-Issue Brief-2019年刊行分として、
地域銀行の経営統合をめぐる論点(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、概要の抜粋)*****

● 人口及び企業数の減少による地域経済の衰退、マイナス金利政策を始めとする金融緩和政策による貸出利ざやの縮小等により、地域銀行の経営環境が悪化している。
地域銀行の生き残り策の一つとして他行との経営統合が挙げられる中、政府は、「骨太方針2019」において、地域銀行と乗合バスの2業界に限定して、企業結合審査における独占禁止法の適用除外を認める方針を打ち出した。

● 地域銀行の経営統合について、独占禁止法の適用除外を認めるに当たり、金融庁と公正取引委員会との役割分担やそれぞれの判断の具体的内容が問題となる。

● 再編促進は、地域銀行の経営基盤を安定化させるための一つの方策に過ぎないため、他の施策も並行して進める必要があろう。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、佐々木が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

中小企業支援ポリシーミックスにおける補助金の役割:サポーティング・インダストリーをケースとして

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年10月25日に、ディスカッションペーパーとして、中小企業支援ポリシーミックスにおける補助金の役割:サポーティング・インダストリーをケースとしてを公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、要旨の抜粋)*****

近年、同一の政策目標に向けた複数の政策ツールをパッケージ化した“ポリシーミックス”の導入が見られるようになってきた。
しかし、そのようなポリシーミックスの効果に関しては、いまだ十分に理解されているとは言い難い。
本研究では、新世代の中小企業支援ポリシーミックスである、経済産業省の「サポーティング・インダストリー(通称:サポイン)」プログラムを取り上げた。
研究の目的は、補助金そのものの効果のみならず、ポリシーミックスを構成する補助金以外の「ソフト支援(マッチングや仲介、コンサルティングなど)」の効果を検証することである。
分析対象としたのは、サポイン補助金を受給した企業に加えて、補助金を申請したものの獲得することができなかった企業、そして補助金を申請していないがこれらの企業と非常に特性が近い企業(コントロール)である。
効果を測る指標としては、売上や従業員数、特許出願数を用いた。
分析結果が示しているのは、補助金交付前後の比較ではほとんど効果が見られないが、補助金獲得を目指して申請を行うことにより技術開発が刺激されるというものであった。
以上の結果を踏まえ、補助金の役割は「コンテストへの参加を促すための呼び水」としての意義が大きいことを論じた。

*****(以上、要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

日本における高齢者就業の制度的抑制要因

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年10月21日に、ノンテクニカルサマリーとして、日本における高齢者就業の制度的抑制要因を公表しました。
全文PDFファイル(英語)

*****(以下、日本語版の一部の抜粋)*****

以上の試算が示唆するように、高齢者就業の促進策としては公的年金の支給開始年齢の引き上げが大きな効果を持つ。
「全世代型社会保障」の実現を目指して、具体的な統計データと定量的な分析に基づいたさらなる政策論議が求められるところである。

*****(以上、日本語版の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:02| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

地域ブランド調査2019〜地方創生から5年、市区町村の魅力度が36%上昇〜

みなさま、こんばんは。
石川県で域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域経済活性化にかんする情報をお届けします。

株式会社ブランド総合研究所は、令和元年10月17日に地域ブランド調査2019
〜地方創生から5年、市区町村の魅力度が36%上昇〜
を公表しました。
地域ブランド調査2019


*****(以下、本文の一部抜粋)*****

近年の傾向として、市区町村の魅力度が全体的に上昇しています。
地方創生への取り組みが本格化し始めた2015年の魅力度平均点は6.6点でしたが、以降平均点は上昇。2019年は9.0点と、調査対象に町村区を加えた2007年以降最も平均点が高くなっています。
特に下位の上昇率が高く、調査対象全体の魅力度上昇が明らかになりました。
その他には、令和ゆかりの地・太宰府市の各項目で点数が上昇、2015年以降魅力度が低下していた箱根町の魅力度が再度上昇するなどしています。

*****(以上、本文抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

事業再生実務家協会がシンポジウムを開催、金融機関の企業への関わり方を広く議論

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済に関する情報をお届けします。

株式会社東京商工リサーチは、令和元年10月16日に、データを読むとして、事業再生実務家協会がシンポジウムを開催、金融機関の企業への関わり方を広く議論を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

基調講演は、金融庁監督局地域金融企画室長の日下智晴氏が務めた。

人口減少や産業構造が変化する中、地域金融機関を取り巻く環境は厳しさを増している。
日下室長は、「金融システムの健全性維持は、(個別金融機関の)自己資本比率が高いかどうかではない。
ビジネスモデルが持続可能かどうかだ。
これは事業再生の最前線での経験が豊富な皆さんが一番わかっていることだ」と述べ、地域金融機関の変革を改めて促した。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:46| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

人口移動と企業規模 〜中小企業の再編が地方創生の鍵〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域活性化に関する情報をお届けします。

大和総研グループは、令和元年10月9日に、レポート・コラムコンサルティングレポートとして、人口移動と企業規模 〜中小企業の再編が地方創生の鍵〜を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「サマリー」の抜粋)*****

◆人口の社会増減(転入・転出による人口増減)は、大卒者等の就職期に当たる20〜24歳の年齢階級で大きい。
この年齢階級において、転入者数より転出者数が多い人口流出状態にある地域は、その後の25歳以上の生産人口や人口再生能力の減少に繋がり、地域経済社会の維持が懸念される。

◆20〜24歳の人口流出と企業規模は強い相関関係を有し、地域企業の平均的な規模が小さいほど人口流出に繋がる。
背景の一つに、50%を超える大学進学率があり、多くの中小企業は、大卒者等の求める職業や就労条件を満たしていないと考えられる。

◆中小企業では、大手企業以上に人手不足の問題に直面しており、この問題の解決が急務である。
特に大卒者等の採用には企業規模の拡大が求められる。
地方圏では、地方創生に向けて様々な中小企業支援に取り組んでいるが、地域のリソースは限られており、地域の企業規模拡大に向けた中小企業の再編に注力することが望ましい。

*****(以下、「サマリー」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

人口減少下の都市システムと地域経済の安定的発展に向けた課題

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年10月8日に、ポリシー・ディスカッション・ペーパー(日本語)として、人口減少下の都市システムと地域経済の安定的発展に向けた課題を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、「概要」の抜粋)*****

超高齢化社会と少子化により今後長期間人口減少から逃れられない日本にとり、都市・地域が安定的に発展することは、国の経済が持続的に成長するための根幹である。
地方都市では郊外開発を規制して、中心市街地に再集積を促す地理的エリアを対象にした政策が実施されているが、事業者の立地決定要因に働きかけて結果として生じる集積の効果に期待する政策を検討する余地がある。
人口流入があり日本経済をけん引する大都市では長時間通勤を緩和する住宅、都市交通、テレワークなどの働き方に関する政策や、農地の宅地転用を促す土地税制の変更などで広義の都市に居住するコストを引き下げて、国際的都市間競争力を高める必要がある。
今後は外国人居住にも対応しなければならない。
また、特に地方離れが著しい若者が地方圏でも良い雇用を得られるように、イノベーションと有効な自然資源の利活用で生産性を上昇させる必要がある。
知識創造社会では同質的な知識の集積の大きさよりも固有知識の多様性が大きくなり、局所的および大域的なネットワークを使い分けてイノベーションを活発にすべきで、この意味では人口減少は重要な経済成長を抑制する要因にならない。
第4次産業革命がもたらす技術革新は地方の生産性上昇に貢献するのみならず、人口減少により自治体だけでは困難になっている社会サービスの提供や、遊休化する資源・資本と他地域の潜在的ユーザーのマッチング、エビデンスに基づく政策決定などを可能にし、さまざまな社会問題の解決にも役立つであろう。

*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:23| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

経済成長はなぜ必要か 〜 マクロ経済と少子高齢化

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年10月8日に、ポリシー・ディスカッション・ペーパー(日本語)として、経済成長はなぜ必要か 〜 マクロ経済と少子高齢化を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、「概要」の抜粋)*****

現在の経済政策が直面する四つの課題を整理し、それぞれについて「マクロ経済と少子高齢化」の研究プログラムでどのような研究が行われてきたかを論じる。

第一の課題は、拡張的な金融政策及び財政政策の下で、長期的にデフレが続くという「デフレ均衡」の問題である。
標準的な経済学ではデフレ均衡の継続は十分に説明できず、新しい理論的な革新が必要である。
ここで紹介する試論的モデルでは、中央銀行がインフレの実現を目標として掲げ、ゼロ金利にコミットすると、意図に反して、デフレが永続し、長期的に債務比率(政府債務のGDPに対する比率)が膨張し続ける均衡になる可能性が示される。

第二の課題は、少子化・高齢化による人口減少などの問題が引き起こす長期停滞の可能性である。
長期停滞に対しては、サプライサイドの成長戦略、デマンドサイドの少子化対策、さらに財政破綻のテールリスクの軽減などが重要と考えられる。

第三の課題は、世代を超えた影響を持つ政策決定をどのような手続きで行うべきかという規範的な問題である。
現在世代の人々が将来世代の人間になりきるロールプレイングゲームで、人間の将来への志向性を変えようとするフューチャー・デザインの取り組みにヒントを探る。

最後に、そもそもなぜ経済成長は現代社会の目標なのかという政治哲学的な問題がある。
資源や環境の制約のある物質的な経済成長は永続できない。
知の蓄積による非物質的な経済成長に目標を変えるべき時期ではないか、その際、知の蓄積を永続させる存在として、人工知能は重要な役割を果たす可能性があることを論じる。

*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:20| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

第二期地方創生の課題:地域経済の中心都市振興の重要性

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社みずほ総合研究所は、令和元年10月2日に、調査リポートみずほリポートとして、第二期地方創生の課題:地域経済の中心都市振興の重要性(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

骨太方針における地方創生の変遷をみると、国は個性を生かした地域戦略の策定と都市機能の集約・自治体間の連携における短期的な成果が見込みにくいため、東京圏への転入抑制や地方圏での海外活力の活用に力点を移すとともに、中長期の政策効果に期待する「現実路線」に変わりつつあるように思われる。

まず、女性のサービス業への就業志向や職住遊近接志向を考えると、若い女性を中心にサービス業が発展している地域経済の中心都市への人口集中は今後も続く可能性が高い。
製造業、建設業においても女性が働きやすい職場作りを進める必要があるが、世界に冠たる製造業を抱える名古屋圏でさえ若い女性の流出が進んでいることなどを考えると、こうした業種の振興で人口増加を図ることはかなり難しそうだ。

また、地方創生の枠組みを基礎自治体から経済圏単位に変更することも容易ではない。
経済圏単位でも多くで人口減少が進む中、近隣の自治体間で人口獲得競争が本格化しているため、人口集中が進む地域経済の中心都市とその周辺都市がwin-winの関係を築くことは簡単ではないからだ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

地方にも広がる外国人材ニーズ

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

ジェトロは、令和元年9月27日に、地域・分析レポート特集 外国人材と働くとして、地方にも広がる外国人材ニーズを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

国内在住外国人の採用で最も広く使われている手段は、全国ほぼ一様に「日本本社の募集」だ。特に採用対象者が留学生の場合は、「大学などの紹介」がこれに続いている(図8参照)。これを地域別にみると、地方では、大都市圏以上に、大学などの存在が大きいことが分かる。外国人留学生の採用に当たって大学などからの紹介を受けた企業の比率は、北海道(57.1%)、東北(53.6%)、北陸(50.0%)をはじめとして、主に地方で高かった(図9参照)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 19:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

地域経済からみる景気変調の兆し

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

住友商事グローバルリサーチ株式会社は、令和元年9月25日に、レポート・コラム調査レポートとして、
地域経済からみる景気変調の兆しを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

例えば、近畿といえば、大阪を中心に訪日観光客が増えており、その恩恵が広がりつつあり地域経済の下支えになると期待される。
中国からの訪日観光客が多いため、人民元安・ドル高傾向が続くことでクロス円の円高になり、中国からの観光客にとって日本観光が割高になる恐れがある。
また、九州を訪れる外国人観光客の大半を韓国が占めるため、現状を踏まえれば、当面厳しい状況が続く恐れがある。
1人当たり消費額がそれほど多くはないものの、人数が多いため、人目に付きやすく、地域経済の活気が失われているという印象を残しやすい点も懸念される。

また、10月の消費税率引き上げの影響も懸念材料だ。
賃金上昇率が低い現状では、その痛みは小さくない。
8%から10%への消費税率引き上げで、軽減税率などの効果を踏まえれば、1%程度物価を押し上げる計算になる。
2019年上半期の名目賃金上昇率(厚生労働省『毎月勤労統計調査』)のトレンドはマイナス成長、共通事業所ベースでみてもゼロ%台半ばであるので、1%程度の物価上昇の痛みを吸収するには時間がかかる。
このため、内閣府の『地域経済動向』で個人消費の底堅さを理由に上方修正された地域では、消費減速によって景況感が低下する恐れがある。

また、米中貿易戦争も一段と激化しているため、その悪影響もさらに広がる可能性がある。世界経済も減速しつつあり、設備投資需要の伸び悩みから輸出がさらに減速する恐れがある。
もちろん、米中の代替先として、中部からの自動車輸出のように増加する可能性もあることは事実だ。

このように、足元にかけて緩やかな回復を維持している景気も、地域によって違いがみられ、転換の兆しもみえつつある。
こうした時期だからこそ、地域経済を観察することの重要性がますます高まっていると考えられる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

信用金庫における製造業への支援方法−支援体制の強化−

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、令和元年9月25日に、金融調査情報として、
信用金庫における製造業への支援方法−支援体制の強化−(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

創業支援では、融資額の大小だけで重要性を判断せず、今後金庫を支えてくれる顧客として手厚い支援を続けていくことが必要である。
その際、地域によって成長産業は様々であり、行政の支援体制も異なることから、行政・信用金庫との間で認識を合わせ、一体となって地域の発展に寄与する必要がある。
そのためには、双方向での業務出向や人材交流を実施するなど、継続した関係性を構築する仕組みを作ることが重要である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

地元の祭りへの入込客数が増加中!!

みなさま、おはようございます。
秋田県は土崎出身の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

日本銀行仙台支店は、令和元年9月20日に、特別調査として、
東北の主要夏祭りの動向(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

東北の主要夏祭りの入込客数は、2011年に東日本大震災の影響から大きく落ち込んだものの、その後は、東北絆まつりの開催など官民連携によるPR活動の強化や、2016年におけるユネスコ無形文化遺産への登録による知名度向上、交通インフラの整備も進んだことで、国内客は持ち直しの傾向が継続している。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****

故郷で開催されている土崎港曳山まつりへの入込客数は、近年増加傾向にあります。
2019年の入込客数は300千人で、2010年と比較すると71千人増加しています。
2019年の対2010年増加率は176.5%で、16ある東北夏祭りのうち1位です。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:29| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

トップスポーツ組織の地域振興活動に関する調査 −トップスポーツによる地域活性化とスポーツ振興を目指して−

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団は、令和元年9月20日に、調査研究として、
トップスポーツ組織の地域振興活動に関する調査 −トップスポーツによる地域活性化とスポーツ振興を目指して−を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「サマリー」の一部抜粋)*****

トップスポーツ組織が重視するステークホルダーはクラブの事業基盤安定化に関係する回答が目立った。
トップスポーツ組織では運営形態に関わらず『ファンクラブ』や『観客』などが上位になるが、企業系クラブでは『母体企業関係者』が上位、大学系クラブでは『大学関係者』が上位になる。

*****(以上、「サマリ」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする