このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2023年02月01日

東京一極集中、女性主導で復活へ−2022年・東京都は男性の1.6倍の女性増、男女減少格差27倍のエリアも

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、令和5年1月31日に、暮らし人口動態として、東京一極集中、女性主導で復活へ−2022年・東京都は男性の1.6倍の女性増、男女減少格差27倍のエリアもを公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

広島県の9207人の純減を筆頭に、36道府県が「転出数>転入数」となる社会減の状況となった。
移動による人口純減となったエリアのうち30エリアで男性よりも女性の方が多く転出超過となり、平均で男性の1.3倍の女性がエリアから消えゆく結果となった。
社会減エリアの8割超において、男性よりも女性の移動によるエリアからの人口減少問題がより深刻であることが示された。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。






posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月31日

マスク着用が周りの人の感情に与える影響−ポジティブな感情の伝染を弱める可能性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域活性化に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、令和5年1月30日に、医療・介護・健康・ヘルスケア健康・ヘルスケアとして、マスク着用が周りの人の感情に与える影響−ポジティブな感情の伝染を弱める可能性を公表しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

本稿で得られた結果を先取りしてお伝えすると、以下の通りである。
 
●子どもの笑顔は、周りの人のポジティブな感情が高める傾向見られる。
 
●子どもの笑顔は、周りの人のポジティブな感情を高めるが、マスクをした子どもの笑顔の場合は、周りの人のポジティブな感情を高める効果は小さくなる傾向がある。
特に周りの大人に比べて、周りの子どものポジティブな感情を高める効果は小さくなる可能性がある。
 
●マスクの着用は、人々に笑顔を認識させにくくすることで、それを見た人々のポジティブな感情を高めにくくさせている可能性がある。
 
●マスクの着用は、周りの人のガティブな感情を下げる効果を小さくする可能性がある。


*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。






posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月30日

日本型職務給は構造的賃上げを後押しするか

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、令和5年1月27日に、ナレッジ・インサイトコラムとして、
日本型職務給は構造的賃上げを後押しするかを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

年金制度改革と同じように、給与改革についても、世代間の不公平感が高まりやすいのである。
それが大きな混乱をもたらす可能性に配慮すれば、「職務給」への切り替えは、希望者を中心に段階的に進めていくことが現実的だろう。

また、「成果給」と「年齢給」を併存させ、「職能給」と「職務給」の折衷的なものに給与制度を変えていき、両者の割合を各自が選べるようにすることなども、過渡的な形態としては現実的かもしれない。

岸田首相が話す「日本型の職務給」の「日本型」の意味はまだ明らかではないが、米国流のジョブ型を一気に導入するのでは、との懸念が国民の間に広がることを避ける狙いがあるのではないか。
さらにこの「日本型」には、漸進的な制度の見直し、との意味合いもあるかもしれない。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月25日

Z世代を1000文字くらいで語りたい(5)−JC・JK流行語大賞からみるコロナ禍以降の消費者意識

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、令和5年1月24日に、暮らし若年層市場・マーケットとして、Z世代を1000文字くらいで語りたい(5)−JC・JK流行語大賞からみるコロナ禍以降の消費者意識を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

筆者自身、若者に限らず流行やトレンドに関する助言を様々なメディアで行っているのだが、2021年は「いかにステイホームを充実させるか」、2022年は「日常が戻りつつある中での心身のリカバリー」がキーワードだったと考えている。
その流れを踏まえ2023年は「Re消費」がキーワードになると筆者は考える。
Reとは再びという意味を表し、要するにコロナ以前の消費行動に少しずつ戻っていこうという意識が、企業発信のみならず、消費者の意識においても生まれていくと考えるのだ。
若者に関してもそれは同じで、長らく中止されていた東京ディズニーリゾートのキャンパスデーパスポートと呼ばれる学生限定の優待チケットが2022年の1月から再販され、多くの学生が学生時代の思い出を作るために足を運んでいる。
また、卒業旅行で海外旅行を選ぶ若者も少しずつだが、増えており、移動が増えることでファッションやフードにおいても特定の場所発で、特定のモノが流行していくような消費文化が再燃するのではないかと筆者は考える。
「JC・JK流行語大賞2022」は、そのような兆しが見え始めたと実感できる結果であった。


*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。






posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月24日

地域共創:産官学の連携を実現し多様で複雑な地域の課題解決に挑む

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

PWC Japanは、令和5年1月23日に、インサイトトピック解説/コラム/対談として、地域共創:産官学の連携を実現し多様で複雑な地域の課題解決に挑むを公表しました。
前編
後編

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

地域活性化の成果を出すためには、その活動のキーパーソンを見極めることも重要です。
せっかく活動をスタートしても、その取り組みにキーパーソンが入っていなければ成果には結び付かず、活動そのものが頓挫してしまう可能性があります。
それを防ぐために、課題解決に向けて「どのようなスキルが必要なのか」「どのような力を持ったステークホルダーが必要なのか」を把握し、足りないピースがある場合にしっかりキーパーソンを巻き込んでいくことが大事です。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

観光地におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に向けて 〜「観光DX 推進のあり方に関する検討会」の中間取りまとめ

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

観光庁は、令和5年1月20日に、
観光地におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に向けて 〜「観光DX 推進のあり方に関する検討会」の中間取りまとめを公表します〜を公表しました。

*****(以下、「中間とりまとめの概要」の一部抜粋)*****

ウェブサイトやSNS等のオンライン上に多くの情報が流通し、人々の趣味・嗜好が多様化している現代では、旅行形態も旧来型の団体旅行・パック旅行からFIT(個人旅行)・SIT(特定の興味や目的に絞った旅行)へと変化してきていますが、旅行者の期待に応えるサービスを提供できている事例は少なく、観光地・観光産業においては、労働集約的な業態から他産業と比較して生産性が低く、デジタル技術やデータを経営に活用し、データに基づいた経営戦略の策定、マーケティング、効果検証等の取組が遅れている状況です。

このような状況を鑑みて、各地域・各事業者の個別最適の流れから、観光地・観光産業全体の最適化への転換を図り、観光地・観光産業におけるDXの推進していくために、本検討会では[1]旅行者の利便性向上・周遊促進、[2]観光地経営の高度化、[3]観光産業の生産性向上、[4]観光デジタル人材の育成・活用の4つの柱ごとに検討を行ってまいりました。

本中間取りまとめは、これまでの検討を踏まえ、4つの柱ごとに、将来ビジョンを設定し、それぞれ現状や課題を整理し、解決に寄与するデジタルツールや導入時・活用時における阻害要因、課題解決の方向性について取りまとめたものです。

*****(以上、「中間とりまとめの概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月19日

地域創生と大学の地元密着を考えた

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていたただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人笹川スポーツ財団は、令和5年1月18日に、SPORT POLICY INCUBATOR―スポーツ政策の『卵』 ―として、地域創生と大学の地元密着を考えたを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

スポーツ庁は「スポーツによる地域活性化推進事業」のスキームに大学を織り込む。
各省庁が推進する地域振興にも大学は組み入れられて、「大学の知」を新しい産業の創出や地域課題の解決に活用する試みが進む。
それが確かな地域資産となれば心強い。
何より、若い人たちが通う大学の存在そのものが地域に活力を生むのだ。

大学の活用に不可欠なポイントとして大学間のネットワーク構築を指摘しておきたい。
地域の規模、背後の産業、自然条件等の似ている大学どうしの連携、連帯が進めば研究成果の共有が期待できる。
また学部間の垣根を超えた連携、例えば医学、理工学系学部とスポーツ関係学部との連携とそこに経済、文化領域の学部の融合があれば、省庁の縦割り行政に“横ぐし”を刺す事も可能ではないか。
いわゆる「学際産業」の派生も期待できる。
なかでも近隣地域の大学、学部間ネットワーク促進は地域活性化に不可欠と言ってよい。

近年、地方の国公立大学を中心に地域創生学部、学科が増えている。
地域資源の活用と地域に密着した大学を目指す姿勢の現れであり、学際を意識した取り組みである。
一方、地方大学の多くは大都市圏の大学に比べて置かれている環境は厳しい。
私の故郷では、地場産業と関係の深い国立大学の芸術工学系学部が存在感を示す一方、私立の法科系単科大学は経営に苦労している。

*****(以上、本文一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。



posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月17日

地域金融機関の総合サービス化戦略 〜金融事業の拡大・非金融事業への進出に関する考察〜

みなさま、こんんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

アビームコンサルティング株式会社は、令和5年1月16日に、インサイト/ホワイトペーパーとして、
地域金融機関の総合サービス化戦略 〜金融事業の拡大・非金融事業への進出に関する考察〜を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

1つ目の“人材紹介事業”では、企業の人材不足や後継者難の課題を背景に約9割3の地域金融機関が厚生労働省の有料職業紹介事業の許可を取得して事業参入し、人材サービス事業者との提携を行うなど法人顧客や地域の活性化に向け「ヒト」の側面から注力している。

2つ目の“DX支援事業”ではFinTech(フィンテック)などスタートアップ企業と連携して主に法人顧客のDX支援や自社グループのデジタル化を推進している。
法人顧客へのDX支援では、チャットツールやオンライン請求システム導入、DX支援ポータルサービスの提供などの事例にみられるように異業種との連携によるサービス提供を行う一方、自行グループ内のみで外部にサービス提供をしている割合は1割程度4に留まっており、事業に必要なケイパビリティ(組織能力)を外部とのアライアンスによって補完している現状がうかがえる。

3つ目は“地方創生関連事業”である地域商社やDMO(観光振興)事業である。
なかでも地域商社は地方活性化の担い手の中核と位置づけられており期待が高まっている分野である。
ただし、近年地域商社の設立事例が増えているものの、地域商社に求められる機能は一義的に定義できるものではなく、成功事例として確立したと言えるビジネスモデルは未だ存在しない。
事業としてスケールさせ、収益事業化させるためには人材や商品の目利き、値付け7などハードルは高いと言わざるを得ず、銀行経営にはない事業の難しさが各地から聞こえ始めている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月11日

観光地域づくりの新しい地平

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいおります中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人日本交通公社は、令和5年1月5日に、コラムとして
観光地域づくりの新しい地平を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

コミュニケーション領域が拡がれば、それだけ我々は世界を広く、深く、長く知ることが出来るようになる。
従来であれば、存在すら知らなかった地域、体験を知ることが出来るし、その場を訪れる前でも後でも、関係する人々とやり取りすることもできる。
必然的に、人々の「旅行」意識は高まり、その観光対象は多様化することになる。
特にデジタル・ネイティブと言われるZ世代においては、その動きは顕著となるだろう。

過去、産業革命が中産階級を生み出し、交通機関を発達させたことで地方から都市への人口移動が起きたように、ネットの進展によるコミュニケーション領域の拡大は、我々の生活に関するパラダイム(常識の枠組み)、具体的には住む場所、働き方、暮らし方を大きく変化させて行くことになるだろう。
この変化は、人類がまだ見たことのない世界を現出していくことになるが「観光」は、その変化をリードする存在になると筆者は考えている。

なぜなら、認知領域が拡がったデジタル・ネイティブ世代が目指す世界は、自身のライフスタイルを優先する世界だと思うからだ。
おそらく、彼らは、「それ以前の世代」では超えられなかった壁をヤスヤスと飛び超え、自分にとって心地の良いところ、自分が楽しいと思えるところにドンドンと出かけ、滞在することになるだろう。
そして、彼らが集まっていく地域が、社会を動かしていくことになるだろう。
産業革命以降、都市が社会の中心となったように、人々が集まる地域は、新しい中心性を持つからだ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月08日

人材マッチングによる中小企業の活性化に向けて

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、令和5年1月6日に、ニュース&トピックスとして、
人材マッチングによる中小企業の活性化に向けてA(PDFファイル)を公表しました。
人材マッチングによる中小企業の活性化に向けて@(PDFファイル)

*****(以下、ポイントの抜粋)*****

人材マッチングプラットフォームは、採用企業と求職者とを結びつけるシステムである。
システムであるが故に、人材マッチングプラットフォームを活用すれば、人材採用にかかる作業負担や手間を軽減できる。
また、ハローワーク等では求人の難しかったプロフェッショナルな人材を採用できる可能性が高まる。
さらに、採用企業において「必要な人材」が明確であれば、人材を確保できる機会も増えるだろう。

多様な人材マッチングプラットフォームが提供されている中、中小企業は、採用後に採用前のニーズとのギャップが生じないよう、真に必要とする人材を確保するため、まずは必要とする人材像を明確にすることが求められよう。

*****(以上、ポイントの抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月07日

地方銀行はなぜ、広告事業に参入しなくてはいけないのか

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、令和5年1月5日に、金融ITフォーカスの2023年1月号として、
地方銀行はなぜ、広告事業に参入しなくてはいけないのかを公表しました。
PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

令和3年の銀行法改正を受け、銀行による広告事業への参入が可能になった。
本業とは遠く思える領域だが、広告メディアとしてのアドバンテージも高く、新しい収益源としても十分期待できる。
加えて、地方創生・地方活性に密接する事業であり、まさしく地域の企業を支援する銀行の本質をとらえた活動である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月20日

真の地域創生に地域金融機関はどう取り組むべきか〜広域でのインフラ整備支援のススメ〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社NTTデータ経営研究所は、令和4年12月19日に、『情報未来』No.70(2022年12月号)として、真の地域創生に地域金融機関はどう取り組むべきか〜広域でのインフラ整備支援のススメ〜を公表しました。


*****(以下、本文の一部抜粋)*****

地域金融機関は、少子高齢化が進展する厳しい地域部を営業基盤とするが、「地域の雄」として地元自治体や顧客からの地域活性化支援への期待は一層高まりつつある。
本稿では、地域事情に精通した地域金融機関だからこそ可能となる地域貢献のあるべき姿を、地域の代表的な課題を取り上げ、整理してみたい。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月18日

47 都道府県別 生活意識調査2022

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

ソニー生命保険株式会社は、令和4年12月15日に調査レポートとして、
47 都道府県別 生活意識調査2022(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

各都道府県民のマネータイプを探るため、全回答者(4,700 名)に、マネー関連の意識や状況について聞き、マネー関連の意識や状況としてあてはまると回答した割合から、都道府県ランキングを作成しました。
【自分は倹約家だと思う】では、1 位「岐阜県」(61.0%)、2 位「奈良県」「宮崎県」(同率60.0%)、【自分は浪費家だと思う】では、1 位「秋田県」(46.0%)、2 位「岩手県」「福島県」「愛知県」(同率45.0%)となりました。 (図32)(図33)

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月14日

信用金庫の新しいビジネスモデル策定@ − 経営戦略プランニング研修(2022年度)の概要 −

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、令和4年12月14日に、金融調査情報として、
信用金庫の新しいビジネスモデル策定@ − 経営戦略プランニング研修(2022年度)の概要 −(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「視点」の抜粋)*****

2022年度に入り信用金庫の間でウィズコロナ時代を見据えた新しいビジネスモデル(経営戦略)の策定機運が高まっている。
信用金庫の抱える経営諸課題を確認すると、短期的にはゼロゼロ融資の返済などに伴う収益減少への備えが急務とされる。
また人口高齢化・減少に起因する急速な内外環境の変化に適応したビジネスモデルへの転換が求められている。
こうしたなか信用金庫は、これまで推し進めてきたビジネスモデルを軌道修正し、持続可能な収益構造に再構築していくことが不可欠と言えよう。

本稿は、信金中央金庫 地域・中小企業研究所が2022年8月から12月まで開催の信用金庫役職員向け「経営戦略プランニング研修(2022年度)」の概要を紹介するとともに、当研修のディスカッションなどで得た様々な知見や、新しいビジネスモデル策定時の検討ポイントなどを取り上げるものである。


*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月13日

中小企業に対する伴走支援についての一考察

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人商工総合研究所は、令和4年12月12日に、商工金融の2022年12月号として、
中小企業に対する伴走支援についての一考察(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

どんなベテラン経営指導員、経営コンサルタントの方でも、経営者や両者の関係性によって支援に差が出てくるのは事実です。
また、これから支援経験を積んでいこうとされている方は、上記の課題設定手法の理解を深めたとしても、フレームワークありきの姿勢では、
円滑なコミュニケーションはとれません。

プロセス・コンサルテーションが、「正式の手順やルール、あるいは標準化された指針やチェックリストではなく、むしろ即興劇やジャズバンドに似ている。」Hと言われるように、組織開発関連の支援手法を活用していくためには、何か特定のことだけわかればできるというものではなく、多くの事例にあたるなど継続的なトレーニングが必要になります。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月07日

「全国旅行支援」による観光需要喚起効果

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、令和4年12月7日に、「全国旅行支援」による観光需要喚起効果(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「ポイント」の一部抜粋)*****

22 年10 月11 日に開始された「全国旅行支援」の効果で、10 月の日本人延べ宿泊者数は、19 年同月比5.8%増とコロナ禍前の水準を上回った。
「GoTo トラベル」や「県民割」などが旅行需要の回復に貢献したことを踏まえると、11 月以降も国内旅行者数の堅調な推移が見込まれる。

22 年10 月に水際対策が大幅に緩和され、同月の外国人延べ宿泊者数は、前月比2.7 倍となった。
19 年同月比では2割程度の水準だが、円安も追い風となり、持直しが続くとみられる。
コロナ禍前に外国人観光客の約3割を占めていた中国は、「ゼロコロナ政策」の影響で回復が遅れている。

*****(以上、「ポイント」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月30日

地域におけるスポーツ医・科学支援の在り方に関する検討会議提言

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

スポーツ庁は、令和4年11月29日に、地域におけるスポーツ医・科学支援の在り方に関する検討会議提言を公表しました。
概要PDF
本文PDF

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

〇 国立スポーツ科学センター(以下「JISS」という。)4がトップアスリートに対して実施する支援機能としては、アセスメント系の@フィジカル・フィットネスチェック、Aメディカルチェック及びサポート系のB栄養サポート、C心理サポート、Dフィジカルトレーニングサポート、E映像・ITサポート、F動作分析、Gレース・ゲーム分析の合計8分野がある。

〇 スポーツ医・科学支援を行う都道府県は9割に達しているが、JISSで行われている8分野すべての項目を実施している都道府県はわずかであり、取組を実施する都道府県間の支援内容には差が生じている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月23日

社会潮流への洞察:イノベーション普及のための戦略的コミュニケーション 〜社会 / 一般生活者それぞれの心理的メカニズムに基づいた設計〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社オズマアピールは、令和4年11月21日に、コラムとして、社会潮流への洞察:イノベーション普及のための戦略的コミュニケーション 〜社会 / 一般生活者それぞれの心理的メカニズムに基づいた設計〜を公表しました。


*****(以下、「コラム要旨」の抜粋)*****

・個人の意思決定に当たっては、社会的利益よりも個人的利益が優先されがちである
・多くの社会的利益を有するイノベーションであったとしても個人的利益の設計が重要になる
・イノベーションの推進者は、イノベーションの社会的属性や人々の意識を的確に把握した上で適切な利益/コミュニケーション設計を行うことが必要となる

*****(以上、「コラム要旨」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月22日

SDGs に対する生活者の意識と旅行についての調査〜国内編〜(2022)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社JTB総合研究所は、令和4年11月21日に、研究レポートとして、SDGs に対する生活者の意識と旅行についての調査〜国内編〜(2022)を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、「結果概要」の一部抜粋)*****

日常生活で実践している SDGs に配慮した行動が、旅行中はあまり実践できていない。が、昨年より改善

・旅行中との差が大きかった行動は、「テレビ照明のまめな消灯」「エアコン、ヒーター等の温度調節、利用制限」
・できない理由は「旅行中は考えたくない/面倒くさい」が大半。「あらかじめ用意されているから」も割合が高い

今後旅行中に実践したい行動は「被災地など応援したい地域の選択」、「レンタカーを EV やハイブリッドに」
・SDGS への取り組みを重視した旅行商品やツアーで、値段が高くとも購入したい場合とは、「訪問地の産品の使用(地産地消)」「環境に配慮している施設の利用」「地域の伝統文化や伝統芸能の鑑賞・体験」

*****(以上、「結果概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月18日

「お得な日本」〜インバウンド消費拡大の可能性を観光産業の高付加価値化にどうつなげるか〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、令和4年11月17日に、ナレッジ・インサイトコラムとして、
「お得な日本」〜インバウンド消費拡大の可能性を観光産業の高付加価値化にどうつなげるか〜を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

既に述べた様に、日本の観光はある意味大バーゲンセール状態であり、現在行われている入国規制を撤廃すれば、訪問客数は大幅に増加することが予想される。
ともすれば、日本各地で、観光地としての質を維持できないほどの多くの訪問客であふれかねない事態も発生しうる。

新型コロナウイルスの感染拡大前には、特定の観光地に海外からの訪問客が殺到することで、地域との軋轢などを生むと共にその地域にあるさまざまな観光資源の魅力をもそぐ、いわゆる「オーバーツーリズム」の弊害も指摘されてきた。
海外からの来訪が再開するに際して、その対策を十分に取らなければまた同じ混乱が生じかねない。
また日本の観光地としての魅力が単に「割安である」のみにとどまり、観光地としての付加価値向上を怠れば、今後為替が円高に進んだ際に一気に観光需要が冷え込むリスクがある。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする