このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年10月16日

副業・兼業の広がりの可能性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

みずほ総合研究所株式会社は、平成30年10月15日に、みずほインサイトとして、
副業・兼業の広がりの可能性(PDFファイル)を公表しました。


*****(以下、冒頭の抜粋)*****

○副業をしている就業者数は270万人(就業者数全体に占める割合は4%)。
一方で、収入補てんや新たなスキル・人脈獲得等の目的から副業を希望する就業者数は2,200万人程度と試算

○副業希望者が副業を実施した場合、短期的効果として賃金が1〜2兆円増加し、GDPを0.1%程度押し上げる計算。
副業・兼業を容認する企業が増加すればさらに大きな効果も

○副業・兼業は、デジタル化時代に必要なスキルの習得・実践が期待でき、キャリア形成の選択肢の一つ。
労働時間管理等の制度が整備されれば、副業・兼業に前向きな企業が増加する可能性も

*****(以上、冒頭の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

柔軟な働き方と地域経済のデザイン

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人日本都市センターは、平成30年10月9日に、機関紙『都市とガバナンス』30号として、柔軟な働き方と地域経済のデザイン(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、冒頭の抜粋)*****

こ最近、時間や場所に捉われない柔軟な働き方が浸透しはじめている。
企業や組織に雇われる雇用だけでなく、自営業やフリーランス、ボランティア、副業なども含めて、働くということそのものを根本から捉えなおす機運が高まっている。
人口減少時代、経済が成熟していくにしたがい、労働、働き方はどうなっていくのか。
イギリスのケインズ研究者の言説を紹介し、日本の状況と合わせながら考えたい。
自治体が産業支援をデザインしていく際、生産性に捉われすぎないよう、柔軟な働き方の後押し、「空き」の活用、「継ぐ」支援の必要性についてまとめた。

*****(以上、冒頭の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

地域企業の人材問題とその克服

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成30年10月12日に、コラムとして、地域企業の人材問題とその克服を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

こうした人材マッチング機能をより効果的に働かせるには、次に挙げる2つの障害を回避しなければならない。
その1つは、雇う側の中小企業の立場に立ってみれば、いくら大企業で活躍して経験を積んだ人材といっても、大企業と中小企業とでは直面する経営課題も異なることから、自社の経営に役立つ人材であることを見極めた上でなければ採用にはなかなか踏み切れない。
他方で、応募する人材側からすれば、世の中に多数存在する中小企業のなかから事業意欲の高い企業を選んで、自分の人生の第二、第三局面を託すにはあまりにも情報不足なのだ。ここでも、両者の情報の非対称性の問題が深刻な状況である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 19:44| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

「味の地域差に関する調査2018」結果報告

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本能率協会総合研究所は、平成30年10月4日に、調査レポートとして、「味の地域差に関する調査2018」結果報告を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

特に地方で好みの多様化が進行、地域独自の味は薄れゆく傾向

Point!
◆『和風の家庭料理』好きは8割半で地域差なし、変化なし。
◆『店で食べる手軽な洋食』『ファミリーレストランの料理』『ファーストフード店の料理』を好きな人が、05年→18年で10ポイント以上増加。特に北海道、北陸・新潟、四国、九州で増加が目立ち、和風の家庭料理以外の外食など嗜好が広がる。
◆『洋風の家庭料理』『店で食べる手軽な和食』『店で食べる手軽な中華料理』も5ポイント以上増加し、好みの多様化が進む。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。






posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

買い物と食事に関する意識・意向調査

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

農林水産省は、統計情報意識・意向調査として、買い物と食事に関する意識・意向調査(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

食生活に関する状況について、「当てはまる」又は「やや当てはまる」と回答した割合は、「健康に良い食品をよく食べる」が86.8%と最も高く、次いで「栄養のバランスには気をつけている」(84.5%)、「カロリー、塩分、脂質をひかえるようにしている」(74.0%)であった。
「あまり当てはまらない」の割合が最も高かったのは、「外食先で地元産の食材をよく食べる」(46.0%)であった。
「当てはまらない」の割合が最も高かったのは、「忙しいので食事を準備する時間がない」(38.9%)であった。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 23:43| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

国内銀行111行(2018年3月期決算)「地方公共団体・中小企業等向け貸出金残高」調査

みなさま、おはようございます。

石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済に関する情報をお届けします。

株式会社東京商工リサーチは、平成30年10月4日に、データを読むとして、国内銀行111行(2018年3月期決算)「地方公共団体・中小企業等向け貸出金残高」調査を更新しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

国内銀行111行の2018年3月期の中小企業等向け貸出金残高は、310兆4,235億円(前年比2.9%増)だった。
3月期では2012年3月期以降、7年連続で伸びている。
総貸出金に占める中小企業等向け貸出金の構成比は69.69%で、2012年3月期以来、6年ぶりに69%台に回復した。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

日本におけるアドベンチャーツーリズムの可能性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社JTB総合研究所は、平成30年9月21日にコラムとして、日本におけるアドベンチャーツーリズムの可能性を更新しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

アドベンチャーツーリズムという言葉で、みなさんはどんな光景を連想するだろうか。
北海道でのカヌー体験、関東近郊でのラフティングやバンジージャンプといった自然の中で楽しむスポーツアクティビティやキャンプといったアウトドア体験を思い起こす人が多いのではないかと思う。
実は今、海外では、日本によくある数時間で数千円のオプショナルツアー的なプログラムではなく、終日〜数日間かけて、カヌー、トレッキング、グランピングなどのアクティビティを本格的に楽しむプログラムが多数あり、富裕な欧米人に支持され、高額だが付加価値の高いタイプのアドベンチャーツーリズムとしてマーケットが確立している。
当社は、国内ではあまり知られていないこういったスタイルのアドベンチャーツーリズムが日本の観光政策や地域活性化を進めるうえで、「質の向上」に大きな貢献を果たすと考え、関係者と日本アドベンチャーツーリズム協議会を設立することとした。
本文では、筆者は設立準備に携わるメンバーの一人として、日本におけるアドベンチャーツーリズムの可能性について考察したい。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

経済圏別の地域金融機関シェアの試算

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成30年9月7日に、レポート・コラム金融ビジネス・金融ITとして、経済圏別の地域金融機関シェアの試算を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「要約」の一部抜粋)*****

そこで経済圏(都市雇用圏)別に地域金融機関の店舗数シェアを調査した。
当初、都道府県で最大規模の地方銀行が経済圏別でもトップの地位を占めると思われたが、経済圏別にみると信用金庫が多かった。
経済圏の規模が小さいほどそうしたケースが多かった。
ネットワークは拠点網の密度が高いほど価値も高まる。
比較的狭い経済圏に経営資源を集中することで存在意義を高める戦略がうかがえる。

*****(以上、「要約」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。






posted by 佐々木 経司 at 05:27| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

幸福感と自己決定―日本における実証研究

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成30年9月12日に、ディスカッションペーパー(日本語)として、
幸福感と自己決定―日本における実証研究を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、概要の一部抜粋)*****

1970年代以降、幸福度研究では、「主観的幸福感が所得水準と必ずしも相関しない」ことが重要なテーマの1つになってきた。
本研究では、2万人の日本人の調査を行い、様々な質問をすることで、所得、学歴、健康、人間関係、自己決定を説明変数とする分析を行った。
その結果、年齢との関係では、幸福感が中年期で落ち込む「U字型曲線」を描き、所得との関係では、所得の増加ほどには主観的幸福感は増加しないことが分かった。
また、幸福感を決定する、健康、人間関係に次ぐ要因としては、所得、学歴よりも自己決定が強い影響を与えている。

*****(以上、概要の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 22:50| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

最近の地域経済の動向 ―都市部・地方間の人口移動とその背景要因を中心に

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人JA共済総合研究所は、平成30年9月11日に、共済総合研究Vol.77(2018.9)として、最近の地域経済の動向 ―都市部・地方間の人口移動とその背景要因を中心に(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「アブストラクト」の一部抜粋)*****

こうした状況を踏まえ、人口移動の背景要因について分析したところ、自治体の財政支出の多寡が一定の影響を与えている可能性を示唆する結果が得られた。
もっとも、マクロの人口移動のトレンドを変化させるほどの力はなく、人為的な政策誘導で東京圏・地方間の人口移動を均衡させようとする「地方創生」の目標設定が適切か否かについては慎重な検討が必要と思われる。

*****(以上、「アブストラクト」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

イノベーション経営の実現に関する調査研究

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

経済産業省は、平成30年9月6日に、平成29年度 委託調査報告書(PDFファイル)として、イノベーション経営の実現に関する調査研究(PDFファイル)を公表しました。

今後取りえる政策として、以下の4つに類型されていました。

1.イノベーションを担う人材の育成・活用の推進
2.イノベーションマネジメントに係る評価・対話の促進
3.PoC推進のための実証・特区制度等
4.イノベーション活動の価値の見える化


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

金融機関による事業性評価の定着に向けた採算化にかかる分析・考察

みなさま、こんばんは
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

金融研究センターは、平成30年9月6日に、ディスカッションペーパーとして、金融機関による事業性評価の定着に向けた採算化にかかる分析・考察(PDFファイル)

*****(以下、「概要」の一部抜粋)*****

そのため、本稿では、複数の地域金融機関の協力の下、銀行経営における事業性評価の位置付け/狙いによって、どのようなビジネスモデルが存在するかを明らかにすると共に、各ビジネスモデルの定量・定性的な効果を分析している。
また、事業性評価の取組みを実現する為の必要条件の把握を通じ、事業性評価の要諦と水平展開可能性を調査した。

調査の結果、事業性評価を徹底している地域金融機関では定量面・定性面ともに一定の効果が見受けられた。
一方、効果実現に向けては、事業性評価の位置付け/狙いの明確化や経営トップ主導での改革の徹底、中長期的な取組み等が必要であることも示唆された。

*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:38| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

高まる日本の相対的貧困率と食品ロス〜架け橋の一つとしてその役割が期待されるフードバンク、子ども食堂〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人百十四経済研究所は、9月5日に高まる日本の相対的貧困率と食品ロス〜架け橋の一つとしてその役割が期待されるフードバンク、子ども食堂〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

これは、およそ 6 人に 1 人の子供が平均的な生活水準の半分以下の暮らしをしていることを意味し、こうした環境下の子供達は、食事、医療、教育、進学など多くの面でハンディキャップを負わされることになり、経済格差のみならず健康や寿命にまで影響するとの米国の報告もある。
また、貧困線(所得中央値の50%水準)の推移を併せて見ると、平成 9 年をピークに貧困線が低下基調を示しており、所得水準全体が低下する中で相対的貧困率が上昇しており、状況はより深刻だと考えられる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

地域の「稼ぐ力」を高める仕組みづくり

みなさま、こんにちは
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていたただいております、中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域経済活性化に関する情報をお届けします。

大阪産業経済リサーチセンター orcieは、平成30年9月1日に、寄稿として、地域の「稼ぐ力」を高める仕組みづくり(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

分たちの地域と他地域の違いをみるとき、「あなたでなければ」「ここでなければ」「今でなければ」の3点について整理すると、そこにし
かない価値が見えてきます。
これらは、「人」「場所」「時間」という価値軸を表しています。
便利で手頃な商品やサービスが溢れる現代において、これらの価値観は人々の心を惹きつける質的な要素です。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。












posted by 佐々木 経司 at 14:48| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

対処療法型の観光振興で本当に良いか? まちづくりと観光事業の間にある壁H

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいおります中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人日本交通公社は、平成30年8月24日に、コラムとして、まちづくりと観光事業の間にある壁H:対処療法型の観光振興で本当に良いか?を公表しました。
まちづくりと観光事業の間にある壁@
まちづくりと観光事業の間にある壁A
まちづくりと観光事業の間にある壁B
まちづくりと観光事業の間にある壁C
まちづくりと観光事業の間にある壁D
まちづくりと観光事業の間にある壁E
まちづくりと観光事業の間にある壁F
まちづくりと観光事業の間にある壁G

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

コラムでは、時事的な話題を扱うというよりは、地域のまちづくりや観光振興にこれまで携わってきた経験や体験などを通して、少し長い目で見たときに大切なことは何か、私自身が得た気づきなどを伝えたいと思っている。
どちらかというと、観光の盛衰や注目の話題、流行などに左右されないテーマを扱うことを心がけている。

 そうした中で、少し気になる観光の話題と言えば、「オーバーツーリズム」かもしれない。正直この新たな用語を自信を持って説明もできないが、各地での状況を見て聞くたびに、一部の現象を除いては、かつてから観光地で生じていた問題ではないかと思うことも少なくない。

 今日起きている現象を詳らかに把握し、問題の要因特定に努めることは勿論大切と考えるが、それをもとに対処法を検討していくだけで本当に望ましい地域の暮らしと観光振興は両立し得るだろうか。

 以下、これまでも取り上げた近江八幡の事例から、一緒に考えていきたい主な事項をほんの少しだけ触れて今回のコラムを終えることとしたい。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

日本企業の競争力強化に向けた戦略的な調査分析機能と外部知識吸収のあり方:コンペティティブ・インテリジェンスに関するインタビュー調査

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。


独立行政法人経済産業研究所
は、平成30年8月23日に、ポリシー・ディスカッション・ペーパー(日本語)として、日本企業の競争力強化に向けた戦略的な調査分析機能と外部知識吸収のあり方:コンペティティブ・インテリジェンスに関するインタビュー調査を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、「概要」の一部抜粋)*****

本稿では、日本企業他9社へのインタビュー調査によって明らかとなった日本企業におけるCIの現状や課題について述べる。
具体的には、
@日本企業でも勝ち組企業ではCIとは認識せずにCI的な調査分析活動を行っている、
A他方、そのような企業は例外的な存在で、多くの日本企業は欧米企業に比べて「先読み」能力などの重要な点で劣っている、
B日本企業もその企業特性に合ったCI手法を導入することは有意義であるなどである。

*****(以上、「概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

地方創生に向けた地域金融の役割―経営者教育の持つ可能性―

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人ゆうちょ財団は、平成30年8月23日に、季刊 個人金融 2018年夏号として、地方創生に向けた地域金融の役割―経営者教育の持つ可能性―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)*****

小企業経営者に対するアンケート調査から、自己資本比率を把握していたり、経営計画を策定していたりする経営者の企業は、そうでない企業と比べて、2 期連続黒字の割合が高く、2 期連続赤字の割合が低いことがわかった。
また事前に創業希望者向けのセミナーを受講していた経営者は自己資本比率を把握し、経営計画を策定する傾向が認められた。さらに金沢信用金庫による「きんしん経営塾」の事例調査から、経営者教育が中小企業の経営改善や、地域における雇用の質の向上、中小企業の成長促進などに寄与する可能性が示唆された。
これらの調査結果は地域金融機関による経営者教育の有用性を示唆している。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

イノベーションの社会的重要性−人口減少下の「先進国型経済成長モデル」の提案

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、平成30年8月15日に、レポート経済として、イノベーションの社会的重要性−人口減少下の「先進国型経済成長モデル」の提案を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

今後イノベーションを通じて経済成長を図るためには、産学官が一致結束して、「世界を良くしたい」という社会的ミッションに高い志を持って取り組み、強い使命感・気概・情熱を持ってそれを成し遂げることが何よりも重要だ。
筆者は、前述のTFP向上と資本蓄積をクルマの両輪とする「先進国型経済成長モデル」を実際に起動させるためには、「社会的ミッション実現(社会的価値創出)をやり抜く高い志・熱い思い」という魂を吹き込むことが必要である、と考える(図表2)。
他国に先駆けて人口減少時代に入り課題先進国と言われる我が国が、産学官を挙げて、いち早くこのモデルを取り入れ、その実効性を示すことが期待される。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

「共働き世帯」と「所得の割に伸びない消費」の意外な関係

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成30年8月36日に、コラムとして、「共働き世帯」と「所得の割に伸びない消費」の意外な関係を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

しかし、足下で起こっていることはもう少し複雑である。
共働き世帯の分布を夫の仕事からの収入階層別に見ると、夫の収入が400万円以上の世帯で共働き世帯の割合が上昇している(図表)。
つまり、相対的に高所得な世帯で共働き化が進んだのである。
先ほども述べた通り、所得が高ければ高いほど消費性向は低下するため、高所得層で共働き化が進めば、全体で見た消費性向は低下する。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:42| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

地方創生の事例とその評価 〜成功事例と失敗事例を判別する4つの要件〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人日本経済研究所は、平成30年8月1日に、地域政策の研究・提言、情報発信、アドバイザー活動として、
地方創生の事例とその評価 〜成功事例と失敗事例を判別する4つの要件〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

先行研究(前述)での知見をもとに、地方創生の政策的評価に資する“成功事例と失敗事例を判別する4つの要件”として、キーパーソンを支える仕組みとして示された9つのキーワード(各項の〈 〉内)を「事業主体、事業内容、事業手法」の側面から「自立性、着眼性、開放性」の3つの要件に再整理した。
さらに、時間軸として「長期性」を加えている(図表3)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:28| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする