このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2009年11月21日

農商工等連携マッチング

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

北陸農政局は平成21年11月20日に
北陸農政局「農商工等連携ウェブマッチング」の構築についてを発表しました。
北陸農政局「農商工等連携ウェブマッチング」

「ウェブマッチング」は、農林漁業者が連携を希望する農林水産物等を北陸農政局ホームページ上に掲示し、それを閲覧した事業者からの照会を農林漁業者に仲介することにより、事業化に向けた両者の「出会いの場」を提供しようとするものです。

石川県では既に8事業者が掲載されています。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。




2009年10月09日

石川の農林漁業まつり

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

石川の農林漁業まつり実行委員会は、平成21年10月17、18日に
第31回石川の農林漁業まつりを開催します。
第31回石川の農林漁業まつり(PDF)

「みんなが主役!育てよう石川の農林漁業」というテーマのもと、
会場には、いしかわの実りが勢ぞろいし、とれたて安心の野菜や
魚の即売会があり、体験コーナーも充実しているため、石川県の地域資源を見直す場になると思います。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。



2009年09月29日

磨こう 伸ばそう 石川の技能

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

石川県は平成21年9月28日に
第37回石川の技能まつりの開催についてを発表しました。
第37回石川の技能まつり

これは、県民に技能尊重の気運を浸透させ、技能者の地位の向上を目指し、かつ、技術水準の向上を図ることにより、石川県の産業振興に寄与することを目的とした技能の祭典です。

石川県のものづくり産業は基盤が堅く、地域間競争を勝ち抜くための石川県の強みとなっております。
ものづくりを支えるのは技能です。
今回の祭典では、様々な技能に触れることができます。

石川県産業の根幹であり、地域資源ともいえる技能の伝承は地域活性化における重要な課題です。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧下さい。


2009年09月28日

住民満足度NO1の地域は・・・?

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

博報堂生活総合研究所は平成21年9月24日に
全国47都道府県「スケール・ジャパン」調査結果“現在住んでいる地域への満足度”について(PDFファイル)を発表しました。
博報堂生活総合研究所


現在居住している地域に対する住民の満足度は、北陸3県が全国10地域で一番でした。

特に、評価が高かった項目としては、北陸で「水・空気のおいしさ」(88.5%)、「自然の豊かさ」(86.3%)、「温和で
柔らかい雰囲気」、「街の静かさ」(ともに、84.9%)、「治安のよさ」(82.0%)でした。

住みやすい環境も地域資源のひとつです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧下さい。


2009年09月26日

食材の生産者と消費者をつなぐ「マルシェ・ジャパン」

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

農林水産省の平成21年度補助事業として全国の政令指定都市などで実施する、仮設型直売システム普及事業「マルシェ・ジャポン」が9月19日からスタートしました。
マルシェ・ジャポン

この事業は、都市生活者と生産者を直接結びつけることで、生産者の所得と意欲向上、都市に新たな文化と潤いの空間を創造し、地域コミュニティの活性化などをテーマにしております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。



2009年09月25日

最も魅力的な市町村は函館市!〜「地域ブランド調査2009」調査結果〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域ブランドに関する情報をお届けします。

ブランド総合研究所は、平成21年9月10日に
「地域ブランド調査2009」調査結果を発表しました。
「地域ブランド調査2009」調査結果

結果は、函館市が初の1位に輝きました。
北海道からはランキングのトップ10に函館市(1位)、札幌市(2位)、小樽市(6位)、富良野市(8位)と4市がランクインしています。

石川県でトップ10入りしたのは金沢市で前回の9位からワンランクアップさせました。
なお、石川県は47都道府県中17位です。

この調査は、今年7月にインターネットを通じて、全国の消費者3万2124人から回答を集めて実施したもので、魅力度、認知度、情報接触度、各市区町村のイメージ(「歴史・文化のまち」など13項目)、情報経路別の接触度(「旅番組」など15項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など15項目)など調査項目は全63項目にも及びます。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。

2009年09月23日

第4回B-1グランプリのゴールドグランプリは・・・。

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをしている秋田県出身の中小企業診断士の佐々木経司です。

9月20、21日に秋田県横手市で開催された、第4回B-1グランプリのゴールドグランプリに開催地横手市が誇る「横手やきそば」が選ばれました。
B-1グランプリ
B-1グランプリ in 横手


北陸からの出展はありませんでした。

B級グルメの定義は難しいですが、「庶民の味」「質より量」といったイメージがあります。
石川県を代表するB級グルメはハントンライスや金沢カレーでしょうか。

地域資源といったら、農林水産や工芸品などどちらかというと高級志向、付加価値を高めた商品といった感じがありますが、B級グルメも地域で育まれてきた料理という点では地域資源になるのかと思います。

能登や加賀のB級グルメって・・・??



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。


2009年09月07日

中心市街地の活性化には・・・!?

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、中心市街地の活性化に関する情報をお届けしたいと思います。

日本政策金融公庫は日本政策金融公庫論集8月号で
中心市街地活性化の課題を掲載しています。
日本政策金融公庫論集

この論文では、郊外化や旧まちづくり3法の問題点と改正点を論じたうえで、中心市街地活性化のポイントを以下のように述べています。

@首長の決断・リーダーシップ
A商業者の自助努力
B商工会議所や地元百貨店などの協力
C市民の理解
D改正まちづくり三法の実効性を確保すること
E郊外部の市町村に対する産業振興支援

お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


2009年09月03日

「地域資源を活かした新たな事業展開」を支える諸条件

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域資源や地域ブランドに等に関する情報をお届けします。

日本政策金融公庫総合研究所は日本政策金融公庫論集8月号で
「地域資源を活かした新たな事業展開」を支える諸条件―地域資源活用に取り組む中小企業の実例に基づく検討―(PDF)を掲載しています。
日本政策金融公庫論集

これには、中小企業による地域資源を活かした新たな事業展開を支える諸条件を以下のように述べています。

@地域資源の有用性への気づき、
A商品等の企画段階の取り組み、
B販売先の確保、
C他企業等との連携
D地域資源に固定観念を持っていないプレーヤーの存在等、
E新たな事業展開に向けた取引関係等の基盤となる当事者間の合
意が形成されていること、
Fそうした合意の実現性を高めるための当事者間の利害調整を図るためのルールが確立されていること

日本各地には良いものがたくさんあります。
それらを地域資源として活用して事業を展開するためには、
資源そのものの良さだけでなく、持続的に事業を展開できる条件も必要になってきます。
その条件の代表的なものが、上記7つと考えられ、私もその通りと思います。

地域資源を活用した事業をお考えの方は、上記7つの条件についてもご検討ください。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



2009年08月23日

平成21年度地域産品販路拡大のための販売スペース設置事業に係る出品事業者募集について

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

中小企業庁は平成21年8月21日に
平成21年度地域産品販路拡大のための販売スペース設置事業に係る出品事業者募集についてを発表しました。

この事業は、全国10ヶ所以上の百貨店、大型商業施設に設置する特別販売スペース(3ヶ月から6ヶ月間)を活用し、地域産品の販路拡大を支援するものです。
本事業に参加する中小企業の方々には、自社商品を全国の百貨店や大型商業施設等での販売する際の通常の商習慣を実体験できます。
この経験は、中小企業者自らが販路開拓する際の貴重なノウハウとなることが期待できます。

●出品カテゴリー
食加工品(畜産加工品、水産加工品、農産加工品、穀物・麺類、飲料・酒、調理品、菓子類(冷蔵・冷凍も可能)、但し、生鮮食品は除きます。)及び工芸品(工芸品、繊維類、生活用品、雑貨・玩具)となります。

●出品予定店舗
大丸札幌店 (11月上旬〜3月中旬、8階エントランス)
三越仙台店 (9月下旬〜2月下旬、場所は調整中)
高島屋日本橋店 (9月2日〜12月1日、地下1階食品売り場、)
三越銀座店 (9月29日〜12月31日、地下3階催事場)
高島屋横浜店 (9月2日〜12月1日、8階催事場)
松坂屋名古屋店 (9月3日〜12月1日、地下1階食品売り場)
高島屋大阪店 (9月2日〜12月1日、7階催事場)
そごう神戸店 (9月中旬〜11月下旬、地下1階食品売り場、)
そごう広島店 (9月中旬〜2月下旬、地下1階食品売り場、)
三越高松店 (平成22年1月3日〜3月22日、地下1階食品売り場、)
三越福岡店 (9月下旬〜2月下旬、地下2階食品売り場)
ららぽーとTokyo-Bay(10月1日〜12月下旬、北館フードコード)

詳細は下記データをご覧ください。
SOCO COCOチラシ(PDFファイル)
募集要綱(PDFファイル)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


2009年08月04日

地域資源活用売れる商品づくり支援事業の採択事業決定について

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

中部経済産業局は平成21年7月31日に
平成21年度新事業活動促進支援補助金 地域資源活用新事業展開支援事業(地域資源活用売れる商品づくり支援事業)採択事業決定について(PDF)を発表しました。

今回石川県から採択されたのは以下の5件です。

●九谷焼とグラスを強固に接合した「九谷和グラス」の製品開発事業・販路開拓事業及びブランディング確立事業
【金沢市/伝統的工芸品(九谷焼)(鉱工業品)/清峰堂株式会社】

●輪島塗の沈金技術、金箔、あかり等を用いた装飾素材の販売と、インテリア商品等への応用
【輪島市/伝統的工芸品(輪島塗)(鉱工業品)/アトリMITANI】

●珪藻土を活用した草の生えない土「はえん土」の商品改良と販路拡大
【金沢市/珪藻土(鉱工業品)/エコジャパン株式会社】

●独自技術で開発した起毛糸を使用した衣料品等の商品開発と販路開拓
【加賀市/ねん糸・かさ高加工糸(鉱工業品)/角出合繊株式会社】

●女性用インナーウェアー向けのデザインストラップ等の商品開発と販路拡大
【かほく市/細幅織物(鉱工業品)/株式会社万喜】


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



2009年07月29日

石川産品展示・商談会開催事業に係る出展者の募集について

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

石川県産業創出支援機構は平成21年7月24日に
石川産品展示・商談会開催事業に係る出展者の募集を開始しました。

この事業は、石川県内の中小企業が開発した新製品・新商品等について首都圏での販路開拓を支援するためのものです。
日本最大のパーソナルギフトの国際見本市「東京インターナショナルギフト・ショー」に石川県コーナーを配置し、石川産品の販路開拓を支援します。

●対象   :原則として過去2年以内に開発した生活用品
●募集数  :15社程度    
●参加要件 :開催期間の4日間を通して説明員を派遣できる企業
●開催日  :平成22年2月2日(火)〜5日(金)の4日間
●会場   :東京国際展示場「東京ビッグサイト」
●展示面積 :1社あたり1/2小間程度
●選定   :審査を経て決定(結果は9月中に通知いたします)
●締切   :平成21年8月25日(火)
●参加費  :7万円(小間代及び基本装飾費として)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


2009年07月21日

能登ふるさと博開催中!!

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

平成21年7月3日から10月31日まで、能登半島の4市5町にて能登ふるさと博が開催されております。
能登ふるさと博

この博覧会は既存の祭り等の地域資源を活用するため、特別なパビリオンはありません。
地域の祭りやイベント、また、海の幸や山の幸、輪島塗に代表される伝統的工芸品、和倉温泉等に加えて、何よりも「客人信仰」といわれる能登の人々の旅人を持てなす「おもてなしの心」など、一つひとつの魅力ある資源を持つ能登地域全域がパビリオンとなります。


私からもパビリオン(?)をひとつ紹介させていただきます。

nishiyama-1.jpg

能登有料道路の西山PA(金沢方面)にある名物干物製造機です。

最近、奥能登へ仕事に行った際に見つけました。
カレイを洗濯バサミで挟んでクルクル回してます。
回している理由をお店の方に尋ねたら、
「回ってると虫が付かないから、衛生的なんですよ」
と答えてくれました。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


2009年07月17日

地域・産業活性化事例データベース

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域活性化に関する情報をお届けします。

財団法人広域関東圏産業活性化センターは、地域・産業活性化事例データベースをインターネット上で公表しています。
GIAC地域・産業活性化事例データベース
財団法人広域関東圏産業活性化センター

このサイトは、全国各地で取組んでいる地域・産業活性化の事例を紹介しており、地域・事例の種類・キーワードの切り口で情報を検索できます。

石川県の事例として、21世紀美術館が紹介されています。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



2009年07月07日

農商工連携研究会報告書の公表について

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域資源や地域ブランド等に関する情報についてお届けします。

経済産業省は平成21年7月3日に
農商工連携研究会報告書の公表についてを発表しました。
農商工連携研究会報告書の概要(PDFファイル)
農商工連携研究会報告書(PDFファイル)

今回の報告書は、地域経済を活性化する農商工連携のあり方について研究会において展開した議論を網羅的に取りまとめることで、農商工連携に関心を持つ全ての関連事業者や関連機関の方々の今後の取組に活かして頂くことを目的としています。

報告書では農商工連携の課題と方向性として、
a)マーケティング力の強化
b)経営力の強化
c)地域力の強化
を取り上げています。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




2009年06月26日

地域を元気に!応援しよう地域ブランド

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

経済産業省は平成21年6月24日に
「地域団体商標2009」の発刊について〜地域を元気に!応援しよう地域ブランド〜を発表しました。
「地域団体商標2009」の発刊について〜地域を元気に!応援しよう地域ブランド〜(PDFファイル)

地域団体商標制度は、地域ブランドの保護・振興のため、平成18年4月に導入されました。
この度、この制度の一層の普及と活用を促進するため、登録された地域団体商標について、その商標が使用されている商品・サービスの特徴写真、権利取得前後の活用事例等を掲載した冊子「地域団体商2009」が特許庁から発刊されます。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




2009年06月25日

地域資源が変更になりました!?

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

中小企業庁は平成21年6月24日に
中小企業地域資源活用促進法における基本構想の変更についてを発表しました。

今回の変更により特定される地域資源の数は11,732となりました。

認定基本構想(都道府県別)は中小企業庁のページにリンクされています。
認定基本構想(都道府県別)


石川県では下記の地域資源が増えました。
農林水産物:能登のぶどう、タラ、マグロ、あわび
鉱工業品又は鉱工業の生産に係る技術:乳製品、いしり、竹粉・竹チップ
文化財、自然の風景地、温泉その他の地域の観光資源:定置網漁、のとじま水族館


おまけです。
今朝は清々しく朝日が綺麗でした。
早期に不況が明けるのを願って一枚掲載します。
asahi-1.jpg


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


2009年06月24日

インターネットショッピングモール上に「農商工連携・地域資源活用・新連携」特設ページを開設

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

中小企業庁は平成21年6月22日に
インターネットショッピングモール上に「農商工連携・地域資源活用・新連携」特設ページを開設します。〜「出会う、ふれあう、地域の魅力」キャンペーン〜
を発表しました。

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、中小企業が開発した商品をマーケットにつなげるため、地域資源パートナー企業(以下「パートナー」という。)とともに販路開拓支援に取り組んでいます。
そこで、パートナーである楽天株式会社との連携により、3事業(農商工等連携事業、地域資源活用事業、新連携事業)の認定事業者の商品を対象とし、電子商取引市場である楽天市場内に特設ページを開設することとなりました。

地域の逸品発掘プロジェクト!


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



2009年06月05日

地域ブランド調査2009を実施!!

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

株式会社ブランド総合研究所は平成21年6月1日に
地域ブランド調査2009を実施を発表しました。

この調査は、全市・エントリーした町村・取組みが注目される町村を対象に、インターネット上で63項目について調査し、地域ブランドへの取組みを評価するものです。

●調査項目
@各対象地域に対する評価(魅力度、認知度、情報接触度、情報接触経路)
A観光・居住・産品に対する評価(各対象地域の観光意欲度、訪問目的、居住意欲度、産品購入意欲度)
Bイメージ・地域資源に対する評価(各対象地域のイメージ、地域資源)

この調査の大きな特徴は、過去のデータと比較することによりブランド評価の変化を把握することができる点です。

また、本調査の集計・分析結果をまとめた報告書には以下の特長があります。
1.県内順位、全国の順位がわかる
2.ブランドが誰から評価されているかわかる
3.何が評価されているかわかる
4.ブランド力の伸び率がわかる
5.調査データを加工して独自の分析ができる


昨年の調査では、「もっとも魅力的な市」の第1位が3年連続で札幌市となっています。
なお、昨年の調査では金沢市が10位にランクインしております(一昨年は9位)。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


2009年06月01日

秘密のケンミンSHOWと地域資源

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

みなさん、秘密のケンミンSHOWという番組をご存知でしょうか。

昨日、時間が取れたので録画していたのを見ました。
この番組にはよくご当地グルメの情報が出てきます。
実際、インターネット上でも秘密のケンミン館というサイトがあり、
ご当地グルメやご当地アイテムのお取り寄せができます。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。