このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年05月19日

変化に勝ち抜く企業の成長モデル〜“バックキャスティング”による長期環境ビジョン作成、新規事業創出〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、平成29年5月17日に、コンサルティングレポートとして、変化に勝ち抜く企業の成長モデル〜“バックキャスティング”による長期環境ビジョン作成、新規事業創出〜を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

従来、多くの企業で採用されてきた未来予測の手法は“フォアキャスティング”といって、過去の積み上げや事例をふまえて、新規事業のアイデアを創出するというものでした。
これに対して、“バックキャスティング”では、将来の目標や制約条件から未来の事業を創出していきます。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ものづくり中小企業による研究開発を事業化に結びつける20のポイント

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせいただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

中部経済産業局は、平成29年4月20日に、サポインマッチナビ中部で、「ものづくり中小企業による研究開発を事業化に結びつける20のポイント」を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

【図1】は、中部経済産業局で採択されたサポイン事業の「研究開発の計画達成度」と「事業化達成状況」を示しています。
これを見ると「研究開発の計画達成度」は、9割以上の案件が計画通りに達成している一方で、「事業化達成状況」は約5割の結果となっています。
「目標を立てて研究開発を予定通り実行する」ことと、「事業化を達成する」ことは必ずしも同じではありません。
研究開発で生み出した成果を事業化に結びつけるためには、設定した目標に向けた研究開発によって成果
を生み出すことだけでなく、事業化に結びつけるための工夫や取り組みが必要と考えられます。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

事業者のための法律相談〜中小企業・小規模事業者によくある法律問題は?〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成29年4月19日に、経営Q&Aとして、
事業者のための法律相談〜中小企業・小規模事業者によくある法律問題は?〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「Answer」の冒頭抜粋)*****

中小企業・小規模事業者から寄せられる法律相談で多いものとしては、@契約・取引に関するトラブル、A債権回収・債権保全、B事業再建・倒産、C損害賠償請求、D雇用・労務、Eクレーム対策などがあります。

*****(以上、「Answer」の冒頭抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

メンタルヘルス不調者を生む要因とその対策に不整合 -対策1位の「残業時間の削減」(69.4%)は、要因6位(23.9%)-

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

一般社団法人経営協会は、平成29年4月14日に、調査研究報告書として、組織のストレスマネジメント実態調査報告書を公表しました。
NOMA News Release(2017/04/14)

*****(以下、News Releaseの調査結果の概要の抜粋)*****

◎メンタルヘルス不調者が生まれる主な要因では上位ではなかったにもかかわらず、メンタルヘルス不調者を生まないために実施している取り組み(複数回答可)では「超過勤務(残業)時間の削減」(69.4%)が1位で、2位以下の項目と大きく差があります。
なお、2位には「従業員のハラスメントに対する知識と意識の向上」(44.2%)、3位には「ハラスメント防止・対策の強化」(35.5%)が続いており、労働安全衛生法の安全配慮義務等のコンプライアンスを意識した取り組みが上位にきています。

*****(以上、News Releaseの調査結果の概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

創造的新事業を立ち上げる人材は育てられるか

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成29年4月11日に、経営コラムオピニオンとして、
創造的新事業を立ち上げる人材は育てられるかを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

最近の脳研究とこれまでの創造的新事業を立ち上げた方々の足跡を鑑みると、こうした人材を育てるには、大きく2つの構造が脳内に形成されていることが望ましいと言えます。
一つ目は、「(1)ピンときて」、自然に「(2)情報が組み合わさって」得られた考えを、「(3)的確に実現に向けてアウトプット」できることです。
もう一つは、情報を組み合わせる際に「(4)明確な個人の価値観による方向付け」を行い、それを「(5)粘り強く繰り返す」ことです。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

幸福度の高い労働者ほど生産性が高いのか? 従業員の健康に関する企業の関心はエビデンスによって大部分が裏付けされている

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成29年3月1日に、From IZAとして、
幸福度の高い労働者ほど生産性が高いのか?を公表しました。

*****(以下、「本稿の主旨」の抜粋)*****

実験室の中での研究や実世界で得られるエビデンスはいずれも従業員の健康に注意を払うことは企業にとって有益であることを示している。
幸福感は努力を促し、質に影響を及ぼすことなく生産量を拡大し、生産性が向上するようである。
一時的な幸福感の上昇や根底にある幸福感の長期的な変化は生産性向上と関連している。
ほとんどのエビデンスは相関関係や実験研究を基にしているため、最終的な指針を示すにはさらに研究が必要である。
とはいえ、入手可能なエビデンスは、従業員の幸福度を向上するという方針を取り入れるべきだと示唆している。

*****(以上、「本稿の主旨」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

中堅・中小企業ののデジタルマーケティングとSNSの活用

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、平成29年2月14日に、コンサルティングレポートとして、以下の2つを公表しました。
@中堅・中小企業のためのSNS活用プロモーションの基礎解説/全文(PDFファイル)
A中堅・中小企業のためのデジタルマーケティングの基礎解説/全文(PDFファイル)

*****(以下、Aの一部抜粋)*****

まず、必ず自社で進める事項としては、目標の明確化だ。
サイトの目的や期待する効果を明確化することだろう。
ここがはっきりしないままでは最適な広告が打てない。
できる限り具体的な数値に落とし込むことが必要になる。
たとえば、ECサイトであれば購入者が何名であるとかサイトリピーターが何名など定量的な目標を設定しておくことが必要だ。

*****(以上、Aの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

脱!中小企業の「むだ会議」

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

中小企業基盤整備機構 J-net21は、平成28年12月5日に特集として、
脱!中小企業の「むだ会議」 を公表しました。

以下の項目についてまとめられております。

1.「よい会議」の基本パターンを知る
2.盛り上げて発言を促す
3.議事録作成
4.経営者が「会議スキル」を高める


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

消費者インサイト 〜本人が気づいていない本音を洞察する方法〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社富士通総研はコラムとして、
消費者インサイト 〜本人が気づいていない本音を洞察する方法〜を公表しております。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

実は、消費者は自分の行動のうち意識しているのは5%で、残りの95%は無意識に行われている、という調査結果があります。
例えば、コンビニエンスストアでの買い物では、新商品を吟味して意識的に購入することもありますが、多くの場合は商品を無意識に選択しています。
そんなとき、「なぜその商品を買ったのですか?」と聞いても、「なんとなく」と答えたり、後付で「パッケージが目に付いたから」といった理由を言うので本音は分かりません。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。







posted by 佐々木 経司 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

経営計画達成に向け、いま、取り組みを!

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、経営計画達成に向け、いま、取り組みを!という進捗管理のページを公開しております。

色々な場代でお話しさせて頂くのが、計画の実行についてです。
計画を検討時に実行性(実効性)が高くする仕組みは勿論、期中の進捗管理の実施が重要になります。

行動計画を丁寧に検討した場合、損益計画だけでなく、行動計画の実施が効果を上げているのかを検討することが重要です。


お時間がございましたら、私が所属している迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

成果をあげる管理者になるために必要なこと

みなさま、おはようございます。

石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

産業能率大学総合研究所は、平成28年8月18日にSANNO エグゼクティブマガジンとして、
成果をあげる管理者になるために必要なことを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

管理者は日ごろからどんなことに力点をおいて、仕事をすればよいでしょうか?それは自らの説明、説得をわかりやすくし、メンバーのモチベーションをあげられるような言葉遣いができるかどうかにかかっています。
最近、多くの管理者研修を実施するにつれ、管理者の「表現力」が低いことを感じます。
仕事の指示がわかりにくいと業務のやり直しが多くなり、業務効率が落ち、メンバーのやる気も低下してしまいます。
また、その仕事をメンバーに託す理由は何で、業務全体の中で何を実現する目的を持ったものなのか、それを語らず仕事を割り振っているため、メンバーのやる気も上がらないままになっています。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

ロジカルシンキングの落とし穴

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

株式会社野村総合研究所は、知的資産創造の5月号として、ロジカルシンキングの落とし穴(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

ところが、ロジカルシンキングで合意形成するのは、経営手法としては必ずしも適切なやり方とはいえない。
特に、戦略立案のように差別性の高いものを追求する場合には、ロジカルシンキングの有効性はかなり疑わしい。
なぜなら、ロジカルな議論で合意形成するほど、検討過程で角が取れてしまい、特徴のない丸みを帯
びた戦略に収斂してしまうからである。
似たような経営環境や、前提条件であることを起点に議論すれば、異なる企業であっても類似した戦略オプションが並ぶことになる。
誰が考えても「ロジカル」であるとは、そういうことなのである。
「どこの企業でも似たような戦略だ」と揶揄されることもあるが、それは「ロジカルシンキング症候群」のなせる業である。
「ロジカルなら正しい」という思い込みによって、落とし穴に落ちていく。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

古くて新しい課題「リーダー育成」

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。


今日は経営に役立つ情報をお届けします。

デトロイト トーマツ グループは、平成28年6月22日に人事・組織コンサルティング ニュースレター Initiativeとして、
古くて新しい課題「リーダー育成」を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

まず、組織を率いるリーダーに求められる資質はどのように変化してきたであろうか。
これを、日本の企業がおかれた環境の変遷の観点から、I. 安定成長期からバブル期(〜1990)、II. 失われた20年(1991〜2010)、III. これから(2011〜)の大きく3つの時期に分類し、それぞれの時期の「経営テーマ」「求められるリーダー像」そして「コミュニケーションツール」の観点で考えてみたい(図表2)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

企業における多様な人材の活用:女性人材・外国人材に着目して

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成28年6月10日にディスカッション・ペーパーとして、
企業における多様な人材の活用:女性人材・外国人材に着目してを公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、概要の抜粋)*****

人口減少・高齢化や厳しい国際競争に直面する企業は労働力の量的確保とともに、高度で多様な知識や経験・スキルをもつ人材の確保を急いでいる。
現在その中心に位置付けられるのが女性人材と外国人材であろう。本稿ではこれらの人材の活躍の阻害要因と促進要因について検討をした。

女性人材と外国人材はそれぞれが置かれている社会環境や前提、もしくは期待する職場の制度・慣行に違いがあり、活躍を阻害・促進する要因として共通する部分もあれば、相違する部分もあることが考えられる。
分析の結果、人事管理に関しては、男性従業員の勤続年数の長さが阻害要因として、また社内公募制度の導入が促進要因として、女性人材・外国人材の活躍に共通することが分かった。
働き方に関しては、硬直的な働き方が阻害要因として、柔軟な働き方を可能とする制度の導入が促進要因として共通する要因であることが分かった。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。










posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

『伝統ブランド』に学ぶリブランディング成功の法則

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、平成28年5月12日にコンサルティングレポートとして、
『伝統ブランド』に学ぶリブランディング成功の法則を公表しました。
前編前編全文(PDFファイル)
後編後編全文(PDFファイル)

*****(以下、前編の「はじめに」の一部抜粋)*****

市場には、「他とは異なる独自の存在として認識され、長きに渡って消費者に選ばれている商品やサービス」
がある。
今回、それを『伝統ブランド』と定義づけ、企業経営の観点からその重要性や有用性について、時代を超えて愛される『伝統ブランド』を有する企業10社へのヒアリング取材を行った。
事業分野、企業規模は異なるが、各社は製造業として自社の理念を体現する『伝統ブランド』製品について、
ブランドの本質的価値は守りながら、デザインやコンセプト、コミュニケーション方法をアップデートすることで長寿化を果たすだけでなく、継続的に事業の活性化に活用している点では、多くの共通点が見られた。

*****(以上、前編の「はじめに」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

「中小企業人材活用ハンドブック」

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

経済産業省は、平成28年5月2日に「中小企業人材活用ハンドブック」をまとめました〜好評いただいているハンドブックシリーズ第2弾!〜を公表しました。
ハンドブック全文(PDFファイル)

このハンドブックは、厚生労働省など広く政府の支援策を紹介した初めての冊子の様です。
「人材を探す」、「職場の魅力を伝える」、「仕事を続けやすい職場をつくる」、「人材を活用する」、「人材を育てる」の5つのカテゴリーで、中小企業・小規模事業者の人材活用を応援する支援策が紹介されております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

強い組織をつくるために人材育成ができることとは?

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

国立大学法人産業能率大学は、平成28年4月7日に、【連載コラム】強い組織をつくるために人材育成ができることとは?として、強い組織をつくるために人材育成ができることとは?を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

若手社員の育成で目指したいのは、若手社員一人ひとりが自立し、上司や先輩社員が指示したり、教えたりしなくても、主体的に仕事経験を通じて学び、成長する「自己成長力」を獲得させることです。
「自己成長力」を獲得させるためには、2つのポイントがあります。

1つ目のポイントは、若手社員に“経験学習”を実践させるということです。経験学習とは、仕事経験を学習の機会と捉え、振り返りを通じて気づき、成長する学習方法です。
この経験学習は、組織行動学者デービッド・コルブが「経験学習モデル」によって提唱しました。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。





posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

組織理念の存在意義〜経済実験が示すその効果とは〜

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社リクルートマネジメントソリューションズの組織行動研究所は、平成28年3月に研究レポートとして、組織理念の存在意義〜経済実験が示すその効果とは〜を公表しております。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

経済学における組織理念の意義は、何よりもまずその動機付け要因としての効果に求められる。
これは賃金をはじめとする外発的要因とは異なり、個人の心理に由来する内発的な動機付け要因である。
したがって、特に公共機関やNGO、福祉関係分野の企業など、強い金銭的インセンティブがなじまない組織に関連して論じられることが多い。

この種の議論で重視されるのは、メンバー個々人がもつ選好と組織理念とのマッチングである。
詳述は避けるが、いくつかの先行研究が、強い理念をもつ組織には、その理念にマッチする人材が集まり、またそうなった場合に初めて高いモチベーションが発揮されうることを報告している。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

コーチングによる指導

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

国立大学法人産業能率大学は、平成28年3月29日に、【連載コラム】強い組織をつくるために人材育成ができることとは?として、コーチングによる指導を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

行動を引き出すポイントは「考えや思いを、行動に移せるようにサポートする」ことです。
物事の上達や目標の達成のために、日々前に進んでいくことが必要不可欠です。
コーチングの成果は「行動を起こしたかどうか」で測られるとも言えるでしょう。
コミュニケーションを通じて知り得た相手の考えや思いを、一緒に整理して、今からできる行動に変えていく。
コーチはいわば思いをカタチに変える「翻訳者」です。
そうやって見出した行動を起こせるように、あとはそれを応援する、支援する、協力する。
コーチは時にマラソンの伴走者に例えられますが、走るのは本人です。
本人が自らの意志で、目指す姿に向かって、走っていけるようにサポートしていくことがコーチに求められるのです。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。










posted by 佐々木 経司 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

経営革新につながる製品・サービス創出へのヒント

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、平成28年3月9日に産業企業情報として、
経営革新につながる製品・サービス創出へのヒント(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の抜粋)*****

●2015 年版の中小企業白書によれば、イノベーションに取組む中小企業においては、その多くが成果を挙げて収益力向上を果たしている点が、大いに注目される。

●製造業や販売業など「モノ」を介した価値提供を行う業種のイノベーションでは、単にモノそのものの価値でなく、付随する様々なサービスも含め顧客がモノの利用時に感じるトータル価値を考えた取組みが、経営の革新・持続発展力のポイントとなっている。

●一方、「サービス」が商品の業種でも、顧客がサービスを消費する際に、コア部分の価値をさらに高める付加部分も含めたトータルでの価値の提供が、優位性を導く根源にある。

●いずれの業種でもヒントは日常活動にあり、「顧客の真の課題を解決するコト」を念頭に、付加すべき価値に気付き、その価値を顧客と共創することに経営革新へのカギである。

*****(以上、要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする