このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2020年09月19日

全国小企業月次動向調査結果(2020年8月実績、2020年9月見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和2年9月18日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2020年8月実績、2020年9月見通し)(PDFファイル)


8月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、7月(▲55.4)からマイナス幅が1.1ポイント拡大し、▲56.5となりました。
9月は、▲55.3とマイナス幅が縮小する見通しです。

8月の採算DIは、7月(▲33.8)からマイナス幅が0.9ポイント拡大し、▲34.7となりました。
9月は、▲36.2とマイナス幅が拡大する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

経済政策の優先課題は何か?〜次の首相に求められるもの〜

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和2年9月11日に、マクロ経済情報日本経済情報として、経済政策の優先課題は何か?〜次の首相に求められるもの〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

次の首相には、政策の優先順位を考えて、高順位のテーマから取り組んで欲しい。
具体的には、日本経済を建て直すために、コロナ収束、需要不足への対処、雇用対策、新産業育成、投資促進のための規制緩和、の順位を考える。
また、安倍政権の政策には負の遺産も大きい。
それを無視しての「アベノミクスの継承」は成り立たない。
財政再建と金融政策の正常化にも考えを示して欲しい。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

アベノミクス総点検〜雇用創出で最も成果を上げた経済政策〜

なさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和2年6月29日に、マクロ経済情報日本経済情報として、アベノミクス総点検〜雇用創出で最も成果を上げた経済政策〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

●アベノミクスは「三本の矢」から構成され、第一の矢が「大胆な金融緩和」、第二の矢が「機動的な財政政策」、第三の矢が「民間投資を促す成長戦略」であった。
個人的には第一の矢はやれることはほぼやったが、第二の矢は早めに引き締めすぎたことで失敗し、第三の矢は道半ばという評価である。

●アベノミクスのうち最も効果を発揮したのは、第一の矢である。
大胆な金融緩和の効果としては、それまでの極端な円高・株安の是正が進んだ。
株価は3倍になり、円安・株高に連動する形で輸出や設備投資も増えた。特に設備投資は将来の収益期待が高まると増加するため、アベノミクスは外需だけでなく内需に大きな効果があった。
経済政策の最大の目標である雇用の増加にも効果が出た。

●第二の矢の効果が出たのは、最初に公共事業を増やしたときだけである。
アベノミクスで個人消費も増え、家計の金融資産も増え、就労も増え始めてきた2014年4月に拙速な消費増税を行ったことで、せっかくの効果を帳消しにしてしまった。
公共事業も消費増税のタイミングで減らした。2019年10月の消費増税も結果的に景気後退のタイミングで実施したことで、経済の悪循環を増幅させたことも失敗。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 20:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

LOBO調査2020年8月結果

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は、令和2年8月31日に、調査・研究として、
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2020年8月結果(PDFファイル)

業況DIは、「感染拡大の影響から足踏み。先行きも強い警戒感から、慎重な見方続く」です。

*****(以下、「ニュースライン」の一部抜粋)*****

日本商工会議所が31日に発表した8月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、全産業合計の業況DIは▲59.0(前月比+0.3ポイント)。
新型コロナウイルスの影響による在宅時間の増加に伴い、飲食料品のほか、家具・家電などの需要も伸びている小売業や、公共工事に下支えされた建設業が堅調に推移した。
一方、主に都市部を中心に感染が拡大する中、消費者のマインド低下や帰省・旅行の自粛、一部の自治体における飲食店への営業時間短縮の要請などが下押し要因となり、観光関連の業況は厳しい状況が続く。
これまで経済活動の再開に伴い、持ち直しの動きがみられたものの、足元では感染拡大の影響から足踏みとなった。中小企業の景況感は依然として厳しく、回復に力強さを欠く。

*****(以上、「ニュースライン」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:50| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

月例経済報告 令和2年8月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は令和2年8月27日に月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(令和2年8月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるが、このところ持ち直しの動きがみられる。」です。
「持ち直しの動きが見られる」と前月判断を維持しております。

*****(以下、先行き部分の抜粋)*****

先行きについては、感染拡大の防止策を講じつつ、社会経済活動のレベルを引き上げていくなかで、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、持ち直しの動きが続くことが期待されるが、感染症が内外経済に与える影響に十分注意する必要がある。
また、金融資本市場の変動に十分留意する必要がある。

*****(以上、先行き部分の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

7月の中小企業月次景況調査(令和2年7月末現在)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、令和2年8月25日に
7月の中小企業月次景況調査(令和2年7月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

7月のDIは全9指標中、8指標が改善。
新型コロナウイルスの発生により、2月以降、DIは大きく悪化していたが、緊急事態宣言の解除による経済活動の再開により、6月以降上向き傾向が見られる。
各種補助金や緊急融資の効果、各地域での独自の対策やキャンペーンによる効果が聞こえてきている。ただし、DI数値は引き続き停滞しており、足元の感染者が増加していることから、再び経済活動が停滞する懸念もある。
業種を問わず、新型コロナウイルスの影響が長引くにつれ、経営が圧迫され、先行きを不安視している声も増えている。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:46| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

「人口縮小社会」という未来−持続可能な幸福社会をつくる−

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

日本学術会議は、令和2年8月24日に、提言として、「人口縮小社会」という未来−持続可能な幸福社会をつくる−(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

(3) 持続可能な社会の働き方
1) 働くことが報われる
誰もが働いてよかったと思えるよう、最低賃金を引き上げ、フルタイムで働けば少なくとも生活保護基準を超えるように設定し、所得税制をより累進的にするべきである。

2) 男女がともに、働き、生きる
男女がともに働き、生活することを前提にした社会構築のために、「キャリア継続」の観点から、働き方、職場慣行の見直しが必要である。
介護については、ICT技術等の革新技術による介護インフラの整備と並行して、働き方の変革を推進すべきである。

3) 働く人を育て、活かす
企業主導の人材開発から、個人が自律的にキャリア開発を行う、という観点からの人的資源開発のあり方を、社会的に検討すべきである。

4) 多様な人とともに働く
すべての人を包摂し、すべての人が主体的に関わる社会づくりには、属性による格差や不平等の解決、支援制度の確立が急務である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 22:27| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

全国小企業月次動向調査結果(2020年7月実績、2020年8月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和2年8月21日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2020年7月実績、2020年8月見通し)(PDFファイル)


7月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、6月(▲64.3)からマイナス幅が8.9ポイント縮小し、▲55.4となりました。
8月は、▲56.6とマイナス幅が拡大する見通しです。

7月の採算DIは、6月(▲37.7)からマイナス幅が3.9ポイント縮小し、▲33.8となりました。
8月は、▲34.6とマイナス幅が拡大する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 20:54| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

「孫疲れ」のない夏―帰省・滞在の中止・減少で気づくこと―

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和2年8月20日に、ライフデザイン研究情報ライフデザインレポートとして、「孫疲れ」のない夏―帰省・滞在の中止・減少で気づくこと―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

例えば、今回の新型コロナウイルスの感染拡大では、移動や対面接触をともなうリアル帰省に代わり、オンラインを介してコミュニケーションを行う「オンライン帰省」も話題となった。
電話やメール、画面を介したオンライン帰省であれば、子や孫を迎える準備や支援の負担は軽く、シニア女性に「孫疲れ」が生じる可能性も低い。
夏休みや年末年始には子や孫が必ず訪れて滞在したり、ふだんから孫育てを頼られることが多く、それらを断り切れずにいたシニア女性のなかには、感染予防のために子や孫と会うことを自粛したり、帰省の中止・延期が続いたことで、自分が「孫疲れ」を感じない日々を送っていることに後になって気づく人もいるかもしれない。

また、そのようなシニア世代を含めて、コロナ禍以降、子や孫などの家族や友人・知人と、直接会ってコミュニケーションをかわす機会が減ったことを残念に感じ、直接会って一緒に過ごす時間をもちたいと感じている人もいるだろう。
このなかには、直接会って一緒に過ごす時間に代えて、家族や友人・知人に健康を気づかう気持ちを伝えたり、元気を出してもらえるような物を贈り合うことを通じて、「つながり」を感じた人も少なくなかったと思われる。
今回のコロナ禍にともなう対面接触の自粛やオンラインコミュニケーションの広がりは、オンラインでもできることの多様な可能性とともに、リアルでなければできないことや、リアルで行いたいことをこれまでより多くの人が改めて考える契機になったのではないだろうか。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

歴史的長期政権はコロナショックを機に経済政策の大幅転換を

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、令和2年8月19日に、ナレッジ・インサイトコラムとして、
歴史的長期政権はコロナショックを機に経済政策の大幅転換を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

コロナショックを機に経済政策は、需要増加を目指す金融・財政政策から、経済の効率性を高める構造改革へと、一気に比重を移すべきではないか。
コロナショックという逆風をいわば逆手にとって、経済の効率を高め、国民生活をより豊かにすることは可能だ。
その一例となるのが、サービス業の生産性向上である。

コロナショックで最も打撃を受けている小売業、飲食業、宿泊業、アミューズメント関連などのサービス業種は、中小・零細企業によって支えられる側面が強く、また、国際比較で日本の生産性が著しく低い、と長らく指摘されてきた代表的業種と全く重なるのである。
低生産性の主な要因には、過剰雇用の体質もあるのではないか。

感染リスクへの警戒が長期化することで、消費者はこうした分野での消費水準を従来よりも低下させるだろう。
いわば消費行動の変容である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

緊急事態宣言解除後の品目別消費解析〜リベンジ消費の起きた品目、宣言解除後も戻らない品目は何か?〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和2年8月7日に、日本経済として、緊急事態宣言解除後の品目別消費解析〜リベンジ消費の起きた品目、宣言解除後も戻らない品目は何か?〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の抜粋)*****

○緊急事態宣言解除後の6月の消費について、品目別にその動向を確認した。
特徴としては、@外食・旅行・イベント関連などの支出は依然平時を大きく下回る、
A食材や酒などへの支出は引き続き平時より多い。
コロナの影響は解除後も継続。
B衣料品・家具・家電などで平時なみないしは平時を上回る消費増。
いわゆるリベンジ消費が発生した模様。

〇消費が戻っていることはポジティブなニュースであるが、家計向け給付金が最も影響が深刻な対人サービス業ではないところを中心に回っている、という別の課題も見えてくる。
目下、再度の感染拡大に伴って各地方自治体が外出抑制を再強化する動きがみられる。
外食、イベント、観光といったコロナ打撃が深刻な業態にとって、厳しい状態が続くこととなろう。

*****(以上、要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

「東京一極集中の是正」を掲げる「地方創生」戦略

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、令和2年8月5日に、日本経済として、「東京一極集中の是正」を掲げる「地方創生」戦略を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

ただ足元では、その流れに変化が生じている。
総務省が6月30日に公表した5月の住民基本台帳人口移動報告によると、他道府県から東京都への人口移動は、集計に外国人を加えた2013年7月以来初めて、人口流出を意味する▲1,069人となった。
人為的な政策では効果の薄かった「東京一極集中の是正」が、新型コロナウイルスという自然の脅威によって強制的に行われた形だ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:32| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

全業種で改善も、最悪に近い水準にとどまった小規模企業景況(6月期調査結果)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、令和2年7月29日に、小規模企業景気動向調査[令和2年6月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】全DIが改善も、業種間で差の見られる製造業
【建設業】公需・民需ともに回復基調にはあるが、先行き不安な建設業
【小売業】耐久消費財を中心にも、全体的には厳しい状況が続く小売業
【サービス業】改善に転じるも、宿泊業を中心に回復には程遠いサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 22:53| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

6月の中小企業月次景況調査(令和2年6月末現在)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、令和2年7月27日に
6月の中小企業月次景況調査(令和2年6月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

6月のDIは全9指標中、8指標が改善。
新型コロナウイルスの発生により、2月以降、ほとんどのDIは大きく悪化していたが、緊急事態宣言の解除による経済活動の再開により、上向き傾向が見られる。
また、各種補助金や緊急融資の効果も寄与しているものと思われる。
ただし、DI数値は引き続き停滞しており、回復とは言い難く、足元の感染者が増加していることから、再び経済活動が停滞する懸念もある。
業種を問わず、新型コロナウイルスの影響が長引くにつれ、経営が圧迫され、先行きを不安視している声も増えている。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:47| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

ブラックボックス化した家庭 ―休校・休園中の家庭で、何が起きていたのか―

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和2年7月22日に、ライフデザイン研究情報ライフデザインレポートとして、ブラックボックス化した家庭―休校・休園中の家庭で、何が起きていたのか―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

サービスやツールなどによって環境を整えるということは、手段を揃えたに過ぎない。
まずは、この自粛期間において家庭で何が起きていたのかの実態を明らかにした上で、どこにどういった支援が必要だったのか検証することが必要ではないだろうか。

「在宅勤務であれば、家庭で子どもの世話をして当然」という重圧や責任感で、本来の業務ができないことや業務評価で不利になるのではないかという不安を吐露することもできない状況であるなら、なおさら深刻だ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:26| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

全国中小企業動向調査結果(2020年4−6月期実績、7−9月期以降見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和2年7月22日に、景況に関する調査結果として、
全国中小企業動向調査結果(2020年4−6月期実績、7−9月期以降見通し)(PDFファイル)を発表しました。


4〜6月期の小企業の業況判断DIは、▲73.7と1〜3月期の▲44.4からマイナス幅が29.3ポイント悪化しました。
来期7〜9月期の小企業の業況判断DIは、▲77.0とマイナス幅が縮小する見込みです。

4〜6月期の中小企業の業況判断DIは、▲58.7と1〜3月期の▲24.4からマイナス幅が34.3ポイント悪化しました。
来期7〜9月期の中小企業の業況判断DIは、▲57.5とマイナス幅が若干縮小する見込みです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 06:19| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

月例経済報告 令和2年7月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は令和2年7月22日に月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(令和2年7月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるが、このところ持ち直しの動きがみられる。」です。
「持ち直しの動きが見られる」と前月から上方修正しております。

*****(以下、先行き部分の抜粋)*****

先行きについては、感染拡大の防止策を講じつつ、社会経済活動のレベルを段階的に引き上げていくなかで、各種政策の効果もあって、持ち直しの動きが続くことが期待されるが、感染症が内外経済に与える影響に十分注意する必要がある。
また、令和2年7月豪雨等の経済に与える影響や金融資本市場の変動に十分留意する必要がある。

*****(以上、先行き部分の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:16| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

全国小企業月次動向調査結果(2020年6月実績、2020年7月見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和2年7月21日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2020年6月実績、2020年7月見通し)(PDFファイル)


6月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、5月(▲70.5)からマイナス幅が6.2ポイント縮小し、▲64.3となりました。
7月は、▲61.7とマイナス幅が縮小する見通しです。

6月の採算DIは、5月(▲58.9)からマイナス幅が21.2ポイント縮小し、▲37.7となりました。
7月は、▲39.8とマイナス幅が拡大する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 06:04| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

〜博報堂DYメディアパートナーズ「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」を実施〜新型コロナウイルスの感染拡大を受けたメディアライフの変化。注視すべきは「時間」ではなく、「情報態度」と「利用行動」

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社 博報堂DYメディアパートナーズは、令和2年7月7日に、研究開発として、〜博報堂DYメディアパートナーズ「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」を実施〜新型コロナウイルスの感染拡大を受けたメディアライフの変化。注視すべきは「時間」ではなく、「情報態度」と「利用行動」を発表しました。
詳細データ(PDFファイル)

*****(以下、「ニュースリリース」の一部抜粋)*****

A変化したのは時間ではなく、メディアや情報への態度。「向き合う」「確かめる」「なごむ」

新型コロナウイルスの危機の中で「新型コロナの情報は積極的に集めた」という率は60.2%。
自由回答でも、メディアの情報のみならず、「記者会見を確認」「各種SNSを駆使」「信頼を求めて様々な場所にちらばる情報を丹念に追跡」など、メディアや情報に「向き合う」​傾向が強まった。

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%、「情報の真意や鮮度に気をつけるようになった」47.5%​など、メディアや情報の質を「確かめる」傾向が見られた。

*****(以上、「ニュースリリース」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

感情分析AIの衝撃―人の気持ちを数値化するテクノロジー―

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和2年7月3日に、ライフデザイン研究情報ライフデザインレポートとして、感情分析AIの衝撃―人の気持ちを数値化するテクノロジー―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

対面で行われる会議は、参加者の表情や態度から雰囲気を把握することが可能だが、小さなパソコンの画面を通じたビデオ会議では、臨場感が足りず、表情や変化に気づきにくい。
感情分析AIは、この課題を解消すべく、相手の感情を認識する1つの方法として登場したテクノロジーである。
感情分析AIは、電話による音声やインターネットを介した顔の動画を分析し、人の心理状態を定量化する。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 19:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする