このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年06月22日

5月の中小企業月次景況調査(平成30年5月末現在)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成30年6月20日に
5月の中小企業月次景況調査(平成30年5月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

5月のDIは、9指標中6指標が悪化。
主要3指標については、全て悪化した。
原材料価格や人件費が高騰するなど、経営コストの上昇圧力が強い環境下において、急激な原油価格上昇が経営を直撃したこと等により、中小企業の景況感は総じて悪化している。
広範な業種において労働力確保が困難な状況が続いており、中小企業にとって最重要課題の一つとなっている。
消費者の支出抑制が強まってきた傾向が多数報告されており、中小企業の先行きは引き続き注視していく必要がある。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

全国小企業月次動向調査(2018年5月実績、2018年6月見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成30年6月19日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2018年5月実績、2018年6月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が拡大〜5月はマイナス幅が縮小する見通し〜

5月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、4月(▲9.8)からマイナス幅が0.6ポイント拡大し、▲10.4となりました。
5月は、▲2.0とマイナス幅が縮小する見通しです。

5月の採算DIは、4月(9.0)からの横這いになり、9.0のままでした。
4月は、13.6と上昇する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

月例経済報告 平成30年6月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成30年6月19日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成30年6月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、緩やかに回復している。」です。
景気判断に同じ表現を使うのは6カ月連続です。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されています。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 20:11| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

景気ウォッチャー(平成30年5月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成30年6月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成30年5月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。
先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から2.7ポイントの悪化となりました(全国平均は1.9ポイントとの悪化)。

現状判断DI(各分野計):47.0(前回から2.7ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):49.8(前回から0.6ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

「人手不足等への対応に関する調査」集計結果について

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は、平成30年6月7日に、「人手不足等への対応に関する調査」集計結果を取りまとめて公表しました。
「人手不足等への対応に関する調査」集計結果全文(PDFファイル)

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

求める人材としては、「一定の経験を有した若手社員(第二新卒等)」が最も高く、次いで「即戦力となる中堅層、専門家」が続いた。

特に、「新規学卒者(高卒)」は昨年の調査結果と比較して約10ポイント上昇しており、若年層の人手不足が顕著になっていることが伺える。

一方、「一般職層・非専門的な人材(パート・アルバイト等)」は、昨年の調査結果と比較して約7ポイント減少している。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

LOBO調査2018年5月結果

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成30年5月31日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2018年5月結果(PDFファイル)

業況DIは、「緩やかな回復基調続くも、足元で一服。先行きは横ばい続く」です。

*****(以下、ポイントの一部抜粋)*****

5月の全産業合計の業況DIは、▲13.6と、前月から▲2.1ポイントの悪化。
ただし、「好転」から「不変」への変化が主因であり実体はほぼ横ばい。
燃料費・原材料費の上昇が広く業況の押し下げ要因となったほか、深刻な人手不足や、食料品・日用品に対する消費者の低価格志向を指摘する声が多く聞かれた。
他方、堅調な電子部品や産業用機械関連に加え、インバウンドを含めた観光需要は底堅く推移している。
中小企業の景況感は、総じて緩やかな回復基調が続いているものの、足元で一服感がみられる。

*****(以上、ポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

月例経済報告 平成30年4月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成30年5月23日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成30年5月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、緩やかに回復している。」です。
景気判断に同じ表現を使うのは5カ月連続です。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されています。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 23:47| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

4月の中小企業月次景況調査(平成30年4月末現在)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成30年5月21日に
4月の中小企業月次景況調査(平成30年4月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

4月のDIは、9指標中4指標が悪化。
主要3指標については、全て悪化した。
年度末需要の反動により売上高は減少。
原材料価格や人件費が高騰するなど、引き続き経営コストの上昇圧力が強いなか、最終財への価格転嫁が進展しないことから、中小企業の景況感は総じて悪化している。
広範な業種において人材確保が困難な状況が続いており、中小企業にとって労働力確保が最重要課題の一つとなっている。中小企業の先行きは引き続き注視していく必要がある。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

全国小企業月次動向調査(2018年4月実績、2018年5月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成30年5月21日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2018年4月実績、2018年5月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が拡大〜5月はマイナス幅が縮小する見通し〜

4月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、3月(▲6.7)からマイナス幅が3.1ポイント拡大し、▲9.8となりました。
5月は、▲2.0とマイナス幅が縮小する見通しです。

4月の採算DIは、3月(4.8)から4.2ポイント上昇し、9.0となりました。
4月は、13.4とさらに上昇する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:50| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

なぜ消費は活性化しないのか

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、平成30年5月7日に、暮らしのレポートとして、なぜ消費は活性化しないのかを公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)*****

さらに、(3)消費社会の成熟化の恩恵を受けて、支出を抑えても質の高い消費生活を送ることができ、それに伴う(4)価値観の変容もある。
シェアリングサービスの登場でモノを買わなくてもすむ環境が広がり、高級品への憧れやモノへの欲求が弱まっている。
ミニマリストが賞賛される向きもあり、若い世帯では消費性向が低下している。

(5)消費者の暮らし方が変化する中でニーズの強い領域に商品やサービスの不足感があることも指摘できる。
例えば、保育園待機児童問題やインフレ気味の子ども教育関連サービスの状況を見れば、需要と供給のバランスが取れていない領域もある。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

北陸経済調査(平成30年4月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成30年4月24日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(平成30年4月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「回復している」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、回復している。
●住宅建設は、一進一退の状況にある。
●生産は、緩やかに拡大している。
●雇用情勢は、着実に改善しており、人手不足感が強まっている。

住宅判断が前月判断を下方修正しました。
それ以外は前月を維持しております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

LOBO調査2018年4月結果

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成30年4月27日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2018年4月結果(PDFファイル)

業況DIは、「2カ月連続改善。先行きは慎重な見方残り、横ばい圏内の動き」です。

*****(以下、ポイントの一部抜粋)*****

4月の全産業合計の業況DIは、▲11.5と、前月から+4.3ポイントの改善。
電子部品や産業用機械関連を中心に製造業が全体を牽引したほか、インバウンドを含む春の観光需要を取り込んだ宿泊業・飲食業やレジャー関連業を中心とするサービス業の業況が改善した。
深刻な人手不足や原材料費・燃料費の上昇、食料品・日用品に対する消費者の低価格志向を指摘する声は依然として多いものの、中小企業の景況感は、総じて緩やかな回復基調が続いている。

*****(以上、ポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 21:38| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

前月から一転、建設業以外の3業種で業況が改善した小規模企業景況

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、平成30年4月26日に、小規模企業景気動向調査[平成30年3月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】金属製品・自動車関連部品とそれ以外とで二極化が見られる製造業
【建設業】一定の工事量は確保しつつも、地域により格差が見られる建設業
【小売業】一部で売上が改善するも、業種・地域は限定的な小売業
【サービス業】観光関連業種とそれ以外とで差が見られるサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

2018年版「中小企業白書」「小規模企業白書」

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

中小企業庁は、平成30年4月20日に2018年版「中小企業白書」「小規模企業白書」を公表しました。
2018年版「中小企業白書」全文
2018年版「小規模企業白書」全文



*****(以下、「2018年版中小企業白書・小規模企業白書の特色」の抜粋)*****

2018年版白書では、アンケート調査結果に併せて、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者の事例を豊富に紹介しています(昨年の倍以上となる113の事例を紹介)。下記のポイントを中心に、中小企業・小規模事業者に生産性向上に向けたヒントを提供することを目指す実践的な白書としました。

*****(以上、「2018年版中小企業白書・小規模企業白書の特色」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 04:54| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

3月の中小企業月次景況調査(平成30年3月末現在)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成30年4月20日に
3月の中小企業月次景況調査(平成30年3月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

3月のDIは、9指標中2指標が悪化。
主要3指標については、全て上昇したものの、12月の水準には回復していない。
年度末需要が売上高を押し上げたものの、資源価格上昇に伴う原材料価格上昇や運送単価高騰などの経営コスト上昇の影響が依然として強く、最終財への価格転嫁が進展しない状況であることから、収益の改善は限定的となった。
運輸業を始めとした広範な業種において人材確保が困難な状況が続いており、中小企業の先行きは引き続き注視していく必要がある。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 22:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

全国小企業月次動向調査(2018年3月実績、2018年4月見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成30年4月18日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2018年3月実績、2018年4月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小〜4月もマイナス幅が縮小する見通し〜

3月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、2月(▲12.7)からマイナス幅が6.2ポイント縮小し、▲6.5となりました。
4月は、▲2.5とマイナス幅が縮小する見通しです。

3月の採算DIは、2月(0.7)から5.1ポイント上昇し、5.8となりました。
4月は、12.2とさらに上昇する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 03:47| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

月例経済報告 平成30年4月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成30年4月16日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成30年4月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、緩やかに回復している。」です。
景気判断に同じ表現を使うのは4カ月連続です。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されています。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

景気ウォッチャー(平成30年2月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成30年4月9日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成30年3月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足、コストの上昇、海外情勢等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から5.1ポイントの改善となりました(全国平均は0.3ポイントとの改善)。

現状判断DI(各分野計):52.5(前回から5.1ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):52.9(前回から0.6ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

「黒田2.0」の不都合な「3つの断絶」と「7つの提言」 〜有事から平時への移行でレジーム転換も視野に〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

みずほ総合研究所株式会社は、平成30年4月6日に、調査リポートとして、「黒田2.0」の不都合な「3つの断絶」と「7つの提言」〜有事から平時への移行でレジーム転換も視野に〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「まとめ」の一部抜粋)*****

○黒田日銀はアベノミクスと一体でバブル崩壊後の大きな課題であった超円高と資産デフレの悪循環を断ち切った。
物価目標達成は依然展望できないものの、資産デフレは改善し、需給ギャップのプラス化から、経済状況は有事から平時モードに移行

○黒田新体制「黒田2.0」は、不都合な「3つの断絶」に留意
@アベノミクスと一体だった5年に対し、今後はポストアベノミクスも視野に政策を遂行
A米国中心に追い風だった5年の環境が今後は逆風に転じ円高に晒される可能性
B今後5年は金融機関収支の深刻な状況を迎える懸念も含めた副作用拡大に

*****(以上、「まとめ」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:35| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

転機を迎える日本経済

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、平成30年4月2日に、日本経済レポートとして、転機を迎える日本経済(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)*****

●経済成長率と鉱工業生産の関係に基づけば、今年1-3月期の経済成長率が9四半期ぶりにマイナス成長となる可能性もある。

●3年ぶりに上昇に転じた賃上げ率も17年ぶりの水準まで賃上げ率が上がった2015年には届かず、今年の実質賃金は前年比マイナスの可能性。

●2017年度の補正予算はアベノミクス指導以降では最小規模にとどまり力不足。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする