このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2021年03月05日

制度改正による家計の負担構造の変化から見える課題―低所得層が恩恵を受ける制度設計を―

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、令和3年3月4日に、経済財政・税制として、
制度改正による家計の負担構造の変化から見える課題―低所得層が恩恵を受ける制度設計を―を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「要旨」の抜粋)*****

本稿では、児童手当の見直しなど先行きの制度改正の方向性がすでに示されている2022年までを含めた直近5年間における税や社会保障等に関する制度改正が、家計の負担に与える影響を推計した。

また、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、休業者・失業者の増加や、賞与(ボーナス)の減額を中心とした賃金の減少を通じて、家計の雇用所得環境は悪影響を受けている。こうした事情も踏まえ、制度改正の今後の在り方についても展望したい。

*****(以上、「要旨」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

緊急事態宣言再延長に伴う経済への影響〜一都三県の2週間延長で失業増は+15.1万人から+17.3万人に修正〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和3年3月3日に、マクロ経済情報日本経済情報として、緊急事態宣言再延長に伴う経済への影響〜一都三県の2週間延長で失業増は+15.1万人から+17.3万人に修正〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

● 一都3県の緊急事態宣言が2週間延長されると仮定すると、家計消費の減少額が▲3.4兆円から▲3.9兆円に修正されると試算される。
GDPの減少額も▲2.9兆円から▲3.3兆円(年間GDP比▲0.5%)に修正される計算になる。
一都3県で緊急事態宣言が2週間延長されれば、緊急事態宣言発出に伴う半年後の失業者の増加規模は+15.1万人から+17.3万人に上方修正となる。

*****(以上、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

LOBO調査2021年2月結果

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は、令和3年2月26日に、調査・研究として、
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2021年2月結果(PDFファイル)

業況DIは、「緊急事態宣言の影響続き、一進一退。先行きは、不透明感続くも、持ち直しを見込む」です。

*****(以下、ニュースラインの抜粋)*****

2月の全産業合計の業況DIは、▲46.8(前月比+2.7ポイント)。
中国向けの生産増が続く自動車関連やデジタル投資の増加を背景に需要が伸びている半導体・電子部品関連の製造業のほか、巣ごもり需要により飲食料品や家具家電の売上が堅調な小売業が全体を押し上げた。
一方、10都府県における緊急事態宣言の延長に伴う営業時間の短縮やGo Toキャンペーンの一時停止により、客足が落ち込む外食産業や観光産業では苦戦が続く。
同業種でも扱う商材などにより好不調が分かれる状況もうかがえるほか、新型コロナウイルス感染対策のコスト増加による収益圧迫などもあり、中小企業の景況感は足元で鈍い動きが続いている。

*****(以上、ニュースラインの抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

中小企業への補助金は効果があるか:ヨーロッパの研究の紹介

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和3年2月25日に、コラム・寄稿特別コラムとして、中小企業への補助金は効果があるか:ヨーロッパの研究の紹介を公表しました。

*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

全体としては、企業の存続、雇用、有形固定資産、売上高についてはポジティブな効果がある傾向にあるが、労働生産性やTFPに対しては効果があるとするものとないとするものが混在しているとしている。
このような結果に対する解釈として、生産手段の増加に比例して売上高が伸びる場合には生産性は上昇しないので、生産性の伸びは見られにくいのではないかとしている。
たとえば、補助金を利用して雇用者数が10%増えても、売上高の伸びが10%であれば、売上高を雇用者数で割った労働生産性に変化はないことになる。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

1月の中小企業月次景況調査(令和3年1月末現在)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、令和3年2月25日に
1月の中小企業月次景況調査(令和3年1月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

1月のDIは全指標が悪化。
新型コロナウイルス拡大の影響により、各種GoToキャンペーン事業が中断されたことに加え、1月より大都市圏を中心に緊急事態宣言が再発出された。
発出地域に加え、それ以外の地域においても生産活動や消費活動が停滞することになり、幅広い業種で影響を受けている。経済との両立を図って対応することが求められるが、動き出した経済活動にブレーキがかかりつつあり、10月以降、特に主要3指標に影響が出ている。
業種を問わず、新型コロナウイルスの影響が長引くにつれ、人員削減や廃業を検討する企業も見られ、先行きを不安視している声も増えている。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 22:54| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

緊急事態宣言の再発出を受け、全業種で悪化となった小規模企業景況(1月期調査結果)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、令和3年2月25日に、小規模企業景気動向調査[令和3年1月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】回復基調から一転、大幅な悪化に転じた製造業
【建設業】回復基調から一転、売上DIが大幅に悪化した建設業
【小売業】一部を除き、軒並み悪化となった小売業
【サービス業】緊急事態宣言等の影響で、再び危機的な状況に陥ったサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

全国小企業月次動向調査結果(2021年1月実績、2021年2月見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和3年2月22日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2021年1月実績、2021年2月見通し)(PDFファイル)


1月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、12月(▲61.1)からマイナス幅が11.0ポイント縮小し、▲50.1となりました。
2月は、▲54.0とマイナス幅が拡大する見通しです。

1月の採算DIは、12月(▲40.2)からマイナス幅が8.3ポイント縮小し、▲31.9となりました。
2月は、▲30.3とマイナス幅が縮小する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

パンデミックの使者、コウモリに要注意 早くも危惧されるコウモリ由来の次の感染爆発

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和3年2月19日に、コラム・寄稿特別コラムとして、パンデミックの使者、コウモリに要注意 早くも危惧されるコウモリ由来の次の感染爆発を公表しました。

*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

残念ながら危険なウイルスを体内に保有しているのはキクガシラコウモリだけではない。
マークすべきウイルスもコロナウイルスだけではないようだ。

新型コロナウイルスの収束にいまだ目途が立っていない現在、次のパンデミックの話をすることは心苦しいが、オランダを拠点とする「医薬品アクセス財団」は1月下旬、「次のパンデミックのリスクは、死亡率が最大で75%とされる『ニパウイルス』の中国での感染爆発である」との警告を発している。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

月例経済報告 令和3年2月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は令和3年2月19日に月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(令和3年2月)(PDFファイル)

今月の判断は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるなか、持ち直しの動きが続いているものの、一部に弱さがみられる。」です。

*****(以下、先行き部分の抜粋)*****

先行きについては、緊急事態宣言の解除後も感染拡大の防止策を講じつつ、社会経済活動のレベルを引き上げていくなかで、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、持ち直していくことが期待される。
ただし、内外の感染拡大による下振れリスクの高まりに十分注意する必要がある。
また、金融資本市場の変動等の影響を注視する必要がある。

*****(以上、先行き部分の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

地震発生で強まる自動車製造の半導体不足に既視感

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、令和3年2月15日に、ナレッジ・インサイトコラムとして、
地震発生で強まる自動車製造の半導体不足に既視感を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

これには、非常に強い既視感がある。
ちょうど10年前の東日本大震災の際に、車載用半導体世界大手だったルネサスエレクトロニクスが国内8工場で被災し、稼働を停止した。特に茨城県ひたちなか市にある主力の那珂工場は、車載用マイコン全体の約25%を生産しており、その影響は深刻だった。
那珂工場は約3か月間操業を停止し、自動車の生産に甚大な被害をもたらしたのである。
那珂工場の操業停止を受けて、10年前の経験を思い起こした向きは少なくないだろう。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

緊急事態宣言部分解除に伴う経済への影響〜愛知・岐阜・福岡の来週解除で失業増は+15.9万人から+14.8万人に下方修正〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和3年2月10日に、マクロ経済情報日本経済情報として、緊急事態宣言部分解除に伴う経済への影響〜愛知・岐阜・福岡の来週解除で失業増は+15.9万人から+14.8万人に下方修正〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

●愛知・岐阜・福岡3県の緊急事態宣言が延長後1週間で解除されると仮定すると、家計消費の減少額が▲3.6兆円から▲3.3兆円に修正されると試算される。
GDPの減少額も▲3.0兆円から▲2.8兆円(年間GDP比▲0.5%)に修正される計算になる。
3県で緊急事態宣言が延長後1週間で解除されれば、緊急事態宣言発出に伴う半年後の失業者の増加規模は+15.9万人から+14.8万人に下方修正となる。

● 3県が先行解除されても、緊急事態宣言に伴う悪影響の抑制効果は限定的。
雇用調整助成金の特例措置が、宣言延長に伴い4月末まで延長され、5月以降に縮小されることになっているが、雇用環境の悪化が夏場にかけて顕在化する可能性があることからすれば、状況次第では再延長も必要になってくるだろう。
家賃支援給付や持続化給付金についても、状況次第では追加支援が必要になってくるかもしれない。

*****(以上、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 21:24| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

景気ウォッチャー(令和3年1月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和3年2月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和3年1月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、このところ弱まっている。先行きについては、感染症の動向に対する懸念がみられる。」とまとめられております。


北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から4.8ポイント悪化しました(全国平均は3.1ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):32.8(前回から4.8ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):42.7(前回から6.0ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

景気動向指数(2020 年12 月) 〜1月分では、緊急事態宣言発令にもかかわらず基調判断上方修正の可能性あり〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和3年2月5日に、マクロ経済情報日本経済情報として、景気動向指数(2020 年12 月)〜1月分では、緊急事態宣言発令にもかかわらず基調判断上方修正の可能性あり〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

緊急事態宣言が出され、景気の落ち込んだとみられる月に基調判断が「上方への局面変化」に上方修正されるという奇妙な現象が起こりそうだ。
こうした事態が生じる背景には、CI一致指数の採用系列に製造業関連の指標が多いことがある。
今回の緊急事態宣言によって個人消費は大幅な悪化が予想される一方、製造業部門への影響は相対的に小さいとみられている。
結果的に、CI一致指数では今回の緊急事態宣言の悪影響は反映されにくいということになる。
以前から、景気動向指数の採用系列は製造業関連に偏り過ぎているとの批判はあったが、今回のことをきっかけに、そうした議論が再び盛り上がる可能性もあるだろう。

*****(以上、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 20:16| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

緊急事態宣言地域延長に伴う経済への影響〜10都府県1ヶ月延長で失業者数の増加は+15.9万人に拡大の可能性〜

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和3年2月1日に、マクロ経済情報日本経済情報として、緊急事態宣言地域延長に伴う経済への影響〜10都府県1ヶ月延長で失業者数の増加は+15.9万人に拡大の可能性〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

●緊急事態宣言の延長により10都府県の不要不急消費が3月7日まで2/3程度に減ると仮定すると、2月7日までの最大▲1.8兆円に▲1.7兆円が加わり、計▲3.6兆円の家計消費が減ることになる。
GDPベースでは2月7日までの最大▲1.5兆円に▲1.5兆円が加わり、計▲3.0兆円(年間GDP比▲0.5%)の損失が生じる計算になる。

●10都府県で緊急事態宣言が3月7日まで延長されることにより、何も対応が無ければ、2月7日までの+8.1万人に+7.8万人が上乗せされ、計+15.9万人程度の失業者(失業率+0.3%pt)が半年後に発生する計算になる。

*****(以上、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

LOBO調査2021年1月結果

みなさま、おはようございます。。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は、令和3年1月29日に、調査・研究として、
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2021年1月結果(PDFファイル)

業況DIは、「緊急事態宣言再発令の影響により悪化。先行きも懸念拭えず、厳しい見方広がる」です。

*****(以下、ニュースラインの抜粋)*****

1月の全産業合計の業況DIは、▲49.5(前月比▲3.4ポイント)。
企業のデジタル投資や5G向けの需要増を背景に受注が伸びている電子部品関連や、中国・米国向けの輸出が増加している自動車関連が好調なほか、巣ごもり需要に下支えされた飲食料品関連の製造業が堅調に推移した。
一方、新型コロナウイルス感染再拡大の影響から、11都府県における緊急事態宣言の再発令やGo Toキャンペーンの一時停止により、客足が減少した飲食・宿泊業や小売業では業況感が悪化した。
売上低迷に直面している外食産業を中心に、需要回復を見通せない中、先行き不透明感を指摘する声が多く、中小企業の景況感には弱さが見られる。

*****(以上、ニュースラインの抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:44| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月31日

緊急事態宣言下でも製造業は回復を維持 〜電子部品・デバイスと資本財の輸出が下支え〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、令和3年1月29日に、経済・政策レポート経済分析・政策提言リサーチ・アイとして、緊急事態宣言下でも製造業は回復を維持 〜電子部品・デバイスと資本財の輸出が下支え〜 を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

足許では、世界的なシリコンサイクルと設備投資循環がともに上向きであり、先行きも生産押し上げに作用する公算大。
半導体など電子部品・デバイスは、テレワークや5G関連で需要増加が続く見込み。
資本財輸出は、中国で産業構造の高度化を目指した投資が拡大するとみられ、わが国が競争力を有する高機能な生産設備や半導体製造装置などへの需要は底堅く推移する見込み。

さらに、今回は、昨年春の感染第1波の際に生じたような世界的な耐久財消費の急減はみられず。
新型コロナの感染拡大を受け活動制限が一段と強化された欧州で、自動車販売が下振れる可能性はあるものの、国内自動車生産に占める欧州向けのシェアは1割程度と小さいことから、マイナス影響は限定的となる見通し。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 06:25| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴い、回復から横ばいへ転じた小規模企業景況(12月期調査結果)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、令和3年1月27日に、小規模企業景気動向調査[令和2年12月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】回復傾向が続くも、今後に不安が残る製造業
【建設業】7カ月連続の改善も、懸念材料が残る建設業
【小売業】小幅な回復が継続するも、業種・事業者間で回復度合いに差がみられる小売業
【サービス業】GoToトラベルの停止・忘年会需要の激減等により、悪化に歯止めがかからないサービス業


*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

全国小企業月次動向調査結果(2020年12月実績、2021年1月見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和3年1月22日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2020年12月実績、2021年1月見通し)(PDFファイル)


12月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、11月(▲47.0)からマイナス幅が41.1ポイント拡大し、▲61.1となりました。
12月は、▲56.1とマイナス幅が縮小する見通しです。

12月の採算DIは、11月(▲25.5)からマイナス幅が14.7ポイント拡大し、▲40.2となりました。
1月は、▲37.1とマイナス幅が縮小する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

月例経済報告 令和3年1月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は令和3年1月22日に月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(令和3年1月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるが、持ち直しの動きがみられる。」です。

*****(以下、先行き部分の抜粋)*****

先行きについては、感染拡大の防止策を講じるなかで、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、持ち直しの動きが続くことが期待されるが、内外の感染拡大による下振れリスクの高まりに十分注意する必要がある。
また、金融資本市場の変動等の影響を注視する必要がある。

*****(以上、先行き部分の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

リープフロッグの経済学〜中小企業の飛躍を考える〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和3年1月13日に、マクロ経済情報日本経済情報として、リープフロッグの経済学〜中小企業の飛躍を考える〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の抜粋)*****

コロナ禍では、企業がテクノロジーを利用して、一気に成長加速することへの期待感が強い。
カエル跳び=リープフロッグへの期待である。
対面活動が制約されるから、デジタル化に活路を見出そうとする動機が働く。
また、テレワークの解禁をみて、コロナ禍の危機感が変革を促すと直感した人も多い。
その中で、中小企業こそが後発性のメリットを享受できるという見方もある。

*****(以上、要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする