このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年02月24日

1月の中小企業月次景況調査(平成30年1月末現在)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成30年2月20日に
1月の中小企業月次景況調査(平成30年1月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

1月のDIは、9指標中全指標が悪化。
主要3指標も大きく落ち込み、特に売上高DIは前月比−12.3ポイントと下落幅が著しい結果となった。 記録的な大寒波と雪害に伴う物流・商流の混乱が全国的に発生し、生鮮品を中心とする価格の高騰や需給不調も一層拡大しており、消費動向が大きく下押しされていることに加えて、引き続き雇用難や製造コストの上昇にも拍車が掛かっているため、製造・非製造ともに経営環境は安定性を欠いている。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

月例経済報告 平成30年2月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成30年2月21日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成30年2月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、緩やかに回復している。」です。
景気判断を2か月連続で据え置きました。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されています。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

全国小企業月次動向調査(2018年1月実績、2018年2月見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成30年2月20日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2018年1月実績、2018年2月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が拡大〜2月は上昇する見通し〜

1月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、12月(▲2.7)からマイナス幅が8.0ポイント拡大し、▲10.7となりました。
2月は、0.4と上昇する見通しです。

1月の採算DIは、12月(8.4)から3.9ポイント低下し、4.5となりました。
2月は、12.5と上昇する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

東京への一極集中と集積の利益

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報とお届けします。

公益財団法人日本経済研究センターは、平成30年2月19日に、東京への一極集中と集積の利益を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

もちろん、東京への集中や集積に対して否定的な考え方もあります。
これまでも、東京への一極集中を排除し、地方へ分散を促すべきだとの観点から、様々な政策がとられてきました。
最近の例で言えば、東京都の23区内にある私立大学の定員増を抑制するということがこれに当てはまるでしょう。

また、都市経済学では、都市化が最適規模を超えてしまうという「過剰都市化」の傾向があることも指摘されています。

しかし、都市化の「イノベーション促進効果」は、今後も長期にわたって予想される高齢化や人口減少のことを考えると、とても貴重なもののように思われます。
もし、日本が直面する人口動態上の変化を食い止めることができないとするならば(そしてそれは当面、疑う余地のないように思われますが)、それらが日本経済の潜在成長率に及ぼす影響を相殺する手立てを考えなければなりません。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

この一年、中小企業の5割弱が売上増加。

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、平成30年2月15日に、「中小企業の生産性向上に関するアンケート調査」報告を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、結果の一部抜粋)*****

この一年、中小企業の5割弱が売上増加。

従業員を増やしている企群は、IT導入設備投資に積極的。

この一年、中小企業の7割強が人手を増やしていない。

*****(以上、結果の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のほーむぺーじもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

提言「経営者が日本の働き方を変える」 ―メンバーシップ型雇用から日本式ジョブ型雇用へ―

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

政策シンクタンンクPHP総研は、平成30年2月8日に、政策研究・政策提言として、提言「経営者が日本の働き方を変える」 ―メンバーシップ型雇用から日本式ジョブ型雇用へ―を公表しました。
全文(PDFファイル)


*****(以下、本文の一部抜粋)*****

● 日本社会への適合を図るため、メンバーシップ型雇用の利点である新卒採用と社内育成システムを取り入れた「日本式ジョブ型」への転換を提案する。

● 日本式ジョブ型雇用では、新卒を採用して一定レベルまで育成しながら適性評価を行い、育成期間終了後はジョブ型雇用へと切り替える。

● 「日本式ジョブ型雇用」を機能させる4 つの取り組み
@評価には社外(転職市場)で通用する客観的指標を採用すること
Aジョブとの適合・不適合をはじめ、個々の人材の適性を丁寧に評価し、本人に伝えることで主体的なキャリア形成を促すこと
B退出を促す際には、本人の適性に合致した転職先の探索・紹介を原則とすること
Cジョブ型雇用社会に適した教育システムを確立し、労働市場への入口を多層化すること

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

景気ウォッチャー(平成30年1月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成30年2月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成30年1月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「天候要因等により一服感がみられるものの、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から4.0ポイントの悪化となりました(全国平均は4.5ポイントとの悪化)。

現状判断DI(各分野計):49.7(前回から4.0ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):52.1(前回から2.7ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

LOBO調査2018年1月結果

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成30年1月31日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2018年1月結果(PDFファイル)

業況DIは、「緩やかな回復基調続くも、足元で一服。先行きはほぼ横ばい」です。

*****(以下、ポイントの一部抜粋)*****

1月の全産業合計の業況DIは、▲14.4と、前月から▲1.1ポイントの悪化。
電子部品や産業用機械、自動車関連を中心とした生産や、インバウンドを含めた観光需要は堅調に推移するものの、深刻な人手不足の影響に加え、鉄鋼、農産物などの仕入価格や燃料費の上昇による収益圧迫から、建設業や飲食・宿泊業などサービス業の業況感が悪化した。
ただし、「好転」から「不変」への変化も押し下げ要因となったことに留意が必要。中小企業の景況感は、総じて緩やかな回復基調が続いているものの、足元で一服感がみられる。

*****(以上、ポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

建設業・サービス業が景況感を引き上げるも、小売業の力強さが欠ける小規模企業景況(12月期調査結果)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、平成30年1月30日に、小規模企業景気動向調査[平成29年12月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】金属製品以外にも受注が拡がるも、人手不足や資金繰りに苦慮している製造業
【建設業】改善傾向が色濃くみられるも、人手不足により受注ロスが発生している建設業
【小売業】仕入れ単価上昇や節約志向が続き、回復の力強さに欠ける小売業
【サービス業】年末需要の増加が業況感を押し上げるも、個店ごとの明暗が分かれてきているサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

全国小企業月次動向調査(2017年12月実績、2018年1月見通し)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成30年1月24日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2017年12月実績、2018年1月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小〜1月も上昇する見通し〜

12月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、11月(▲7.9)からマイナス幅が5.2ポイント縮小し、▲2.7となりました。
1月は、0.2と上昇する見通しです。

11月の採算DIは、11月(8.8)から0.4ポイント低下し、8.4となりました。
1月は、14.3と上昇する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:44| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

なぜアベノミクスで賃金が上がらないのか

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

ダイヤモンド・オンラインは、平成29年12月29日、平成30年1月11、22日に、DOL特別レポートとして、なぜアベノミクスで賃金が上がらないのかを公表しました。
上:景気拡大なのに実質賃金が下がるアベノミクスの本質
中:「賃金抑制はいいことだ」と考えた企業経営者たちの失敗
下:労組が賃上げに失敗するのは時代遅れの経済理論に原因がある

*****(以下、上の本文の一部抜粋)*****

バブル崩壊前までは、物価上昇率を超えて名目賃金の上昇が達成され、実質賃金上昇率も高い伸びを示していました。

1991年のバブル崩壊は、日本の労使関係に大きな衝撃を与えたのですが、実際の賃金交渉パターンに影響を与えたのは、不良債権問題などで経済停滞する中で無理に「財政構造改革」を押し進めた1997年の経済失政と、その後の非正規雇用化の進展です。

物価は低下に転じ、平均賃金も低下する場合が出てきました。
ただし、実質賃金の上昇率はプラスを維持していたのです。

現在の第16循環で進行していることは、名目賃金上昇率に対し、物価上昇率が大きいということです。

*****(以上、上の本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

12月の中小企業月次景況調査(平成29年12月末現在)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成30年1月22日に
12月の中小企業月次景況調査(平成29年12月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

12月のDIは、9指標中7指標が上昇。
主要3指標も前月に引き続き好転し、売上高DIは前月比+2.8ポイント上昇した。
記録的な寒波と天候不順が防寒商材を中心とする冬物需要を全国的に上昇させていることに加えて、生鮮品価格の例年にない高騰が売上高を押し上げている一方、雇用難による労務費上昇や原材料コストの増大等にも一層拍車が掛かっており、供給減に伴う期待利益の逸失と相俟って、十分な収益改善までには至っていない。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

月例経済報告 平成30年1月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成30年1月19日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成30年1月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、緩やかに回復している。」です。
前月は、「緩やかな回復基調が続いている。」でした。
7カ月ぶり上方修正されました。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されています。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:43| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

実質賃金が増えない、どこがおかしいのか? 〜重要視されなくなった物価上昇率〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、平成30年1月19日に、マクロ経済情報・日本経済として、
実質賃金が増えない、どこがおかしいのか? 〜重要視されなくなった物価上昇率〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

しかし、生身の経済は、こうした想定とは異なっている。
どこが異なっているのかを考えると、企業が物価上昇分だけ賃上げを容認するという部分ではなかろうか。
例えば、コストプッシュ・インフレが起こったとき、企業は販売価格を上げて変動利益の圧縮を防ごうとする。
これは名目値の収益減少を防ぐだけである。
そのことだけで、企業収益は増えない。
確かに、最近の企業は仕入価格の上昇に対して、販売価格をスライドさせる転嫁力を高めている。
このことが、賃上げを後押しするかと言えば、別問題である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

景気ウォッチャー(平成29年12月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成30年1月12日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成29年12月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「緩やかに回復している。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から1.0ポイントの改善となりました(全国平均は0.2ポイントとの改善)。

現状判断DI(各分野計):53.7(前回から1.0ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):54.8(前回から0.2ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

全国お雑煮調査

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化をお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報をお届けします。

株式会社日本リサーチセンターは、平成30年1月11日に、NRCレポートとして、
全国お雑煮調査(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

調査データを見ると、餅の形態は東と西で分かれる傾向が出ています。
出汁はどこの地域も「かつお」が半数以上を占め、その後「昆布」や「小魚」が続いています。
なお、北海道は「昆布」を使う割合が半数を超しており産地の影響が強く出ています。
味付けはこい口、うす口の違いはあれど、しょうゆ味が多いのですが、関西と四国ではみそを使う割合が高くなっていました。
具材は、より地域性が強くなり、野菜をたくさん入れる地域もあれば、ブリやかきなどの魚介を入れる地域もあります。
基本的に海、山、里など地元で採れたものが使われています。
この辺りに、神様にお供えしたものを食べてきたという伝承を感じます。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****

佐々木家では、ゴボウと昆布だしと鶏肉とネギに四角い餅を入れます。
実家では、比内地鶏だったのかなぁ。
思い出せない(笑)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

企業は設備でなく企業に投資している

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、平成30年1月4日に、第一生命経済研レポート2018年1月号として、企業は設備でなく企業に投資している(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

財務省の「法人企業統計」によれば、内部留保の蓄積に相当する繰越利益剰余金は、2012年度末から2016年度末にかけて96.9兆円増加した。
これに伴って、大きく増えているのが、現預金(+42.6兆円)であり、それ以上に増加しているのが固定資産勘定の長期保有株式(+64.0兆円)である。
現預金に多くが流入していることは事実だが、株式にもそれ以上の額が流れている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:45| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

商工会議所LOBO(早期景気観測)平成29年12月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成29年12月28日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
商工会議所LOBO(早期景気観測)−2017年12月調査結果−(PDFファイル)

業況DIは、「改善続く。先行きは慎重な見方が残るも横ばい圏内の動き」です。

*****(以下、ポイントの一部抜粋)*****

12月の全産業合計の業況DIは、▲13.3と、前月から+1.6ポイントの改善。
電子部品や自動車関連の生産が引き続き堅調に推移した。
また、消費の持ち直しから小売業、サービス業を中心に売上が改善した。
株価上昇を背景に高付加価値品の売上が増えたほか、例年より早い気温の低下に伴う冬物商材の動きや、インバウンドを含む観光需要の拡大を指摘する声が聞かれた。
他方、深刻な人手不足に加え、鉄鋼、農水産物などの仕入価格や運送費の上昇、食料品・日用品に対する消費者の低価格志向を指摘する声が依然として多い。
中小企業の景況感は総じて緩やかな回復が続くものの、その動きには鈍さが見られる。

*****(以上、ポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

第170回全国中小企業景気動向調査(2017年10〜12月期実績・2018年1〜3月期見通し) 【特別調査 2018年(平成30年)の経営見通し】

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、平成29年12月27日に、中小企業景況レポートとして、第170回全国中小企業景気動向調査(PDFファイル) を公表しました。

2017年10〜12月期実績の業況判断のD.I.は、全国総合が1.2(前回:▲3.3、見通し:▲3.8)、北陸総合が▲1.9(前回:▲2.9、見通し:▲6.1)でした。

*****(以下、「2018年(平成30年)の経営見通し」の一部抜粋)*****

自社の業況が上向く転換点については、「すでに上向いている」とする回答割合が 3.9ポイント上昇し、17.9%となった。2002年の同調査開始以来の最高水準となった。
一方、「業況改善の見通しは立たない」とする回答割合は、前年から 0.6 ポイント低下の31.0%となり、4年連続で全体の3割以上を占めた。
従業員規模別にみると、従業員20人以上の階層では、軒並み「すでに上向き」が「業況改善の見通しは立たない」を上回っているものの、19人以下の階層では正反対の結果となっている。
業況改善は、規模による二極化の様相が大きいといえよう。

*****(以上、「2018年(平成30年)の経営見通し」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

人手不足や原材料高騰が重しとなり、わずかな改善に留まった小規模企業景況(11月期調査結果)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、平成29年12月26日に、小規模企業景気動向調査[平成29年11月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】年末年始の需要で売上が伸びる一方で、経費上昇のため収益確保に苦慮する製造業
【建設業】仕事量はあるものの、人手不足等により受注の取りこぼしが目立つ建設業
【小売業】売上減少が下げ止まるも、ネット通販に消費者が流れ厳しい状況が続く小売業
【サービス業】一部の観光関連では売上増がみられるも、原材料等の値上がりにより利益確保が難しいサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする