このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2022年01月13日

景気ウォッチャー(令和3年12月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和3年1月12日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和3年12月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響は残るものの、持ち直している。先行きについては、持ち直しが続くとみているものの、コスト上昇等や変異株をはじめ内外の感染症の動向に対する懸念がみられる。」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から3.2ポイント悪化しました(全国平均は0.1ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):53.3(前回から3.2ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):46.4(前回から6.2ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月23日

北陸の金融経済月報(2021年12月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和3年12月13日に、北陸の金融経済月報を公表しております。
北陸の金融経済月報(2021年12月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、持ち直している。

企業の業況感は、改善している。

最終需要をみると、個人消費は、持ち直している。
住宅投資は、持ち直しの動きがみられている。
設備投資は、持ち直しつつある。
公共投資は、弱めの動きとなっている。

当地製造業の生産は、持ち直している。
業種別にみると、電子部品・デバイス、生産用機械は、増加している。
化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は、低水準で横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は、緩やかに持ち直している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、上昇している。

企業倒産は、件数・負債総額ともに前年を上回った。

金融面をみると、預金は、個人、法人、公金いずれも前年を上回ってい
る。
貸出は、個人向けの増加から前年を上回っている。
貸出約定平均金利は、緩やかに低下している。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。





posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月14日

奥能登における地域経済のサステナビリティ向上に向けた取り組み― 産学金官の連携による取り組み動向と成果、今後の課題 ―

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和3年12月13日に、ほくりくのさくらレポートとして、奥能登における地域経済のサステナビリティ向上に向けた取り組み― 産学金官の連携による取り組み動向と成果、今後の課題 ―(PDFファイル)を公表しております。

*****(以下、要旨の抜粋)*****

■ 奥能登(珠洲市、輪島市、能登町、穴水町の2 市2 町)は、1980 年以降40 年間で人口が半減し、今後25 年間で更に人口が半減する可能性が指摘されている過疎地域。
こうした問題に対応すべく、同地域では産学金官連携を通じた課題解決への取り組みが、市町単位を中心に進められてきた。

■ 創業・企業成長支援を中心に枠組整備が進むもとで、移住や創業の事例も散見されるなど、一部に成果もみられるが、人口減少ペースの減速には至っていない。
各種アンケートや関係者へのヒアリング調査を踏まえると、雇用面の対応のほか、移住者・移転企業の活動場所を確保するための遊休不動産の活用や交通インフラ整備等に対する関心やニーズが強く、こうしたニーズへの対応は重要。

■ 具体的な課題について、各取組主体からの指摘や意見等を踏まえると、➊雇用創出面では、相応の雇用規模を確保できるビジネスが成長すること、➋移住者・移転企業の活動場所(住居・企業誘致場所等)の確保面では、潜在的空き家等の遊休不動産の流動化を促進すること、➌インフラ整備面では、移動手段を持たない高齢者の増加や移住者・交流者のニーズも踏まえた交通インフラを整備すること等が、特に重要と考えられる。

■ また、各市町で類似の課題を有する場合には、地域の枠を越えて、有益なアイデアを共有することや、必要に応じて関係者が顔を揃えた議論のテーブルを持つことが、奥能登全体のサステナビリティ向上に繋がる可能性。
足もとにおいて、広域連携の動きが広がりつつあるが、今後、こうした活動の深化が課題解決の契機になることを期待したい。

*****(以上、要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。





posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月30日

北陸経済調査(令和3年11月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和3年11月29日に、北陸経済調査として、
北陸経済調査(令和3年11月)(PDFファイル)を公表しました。

北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、一部に足踏みがみられるものの、持ち直しつつある。」とのことです。
前回判断が据え置かれました。

主要項目の判断において、すべてが前回判断が据え置かれています。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日

景気ウォッチャー(令和3年10月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和3年11月9日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和3年10月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響は残るものの、緩やかに持ち直している。先行きについては、コスト上昇等や内外の感染症の動向を懸念しつつも、ワクチン接種の進展等によって持ち直しが続くとみている。」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から16.6ポイント改善しました(全国平均は13.4ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):58.3(前回から16.6ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):56.3(前回から3.4ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月28日

北陸経済調査(令和3年10月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和3年10月27日に、北陸経済調査として、
北陸経済調査(令和3年10月)(PDFファイル)を公表しました。

北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、一部に足踏みがみられるものの、持ち直しつつある。」とのことです。
前回判断が据え置かれました。

主要項目の判断において、住宅建設が上方修正されました。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月21日

北陸地域におけるテレワークの現状〜企業行動に関する意識調査から〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本政策投資銀行は、令和3年10月21日に、調査研究レポートとして、北陸地域におけるテレワークの現状〜企業行動に関する意識調査から〜を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、紹介文の抜粋)*****

新型コロナウイルス感染症拡大を機に、多くの企業でテレワークが導入されました。
当レポートでは、DBJが6月に実施したアンケート「企業行動に関する意識調査」の結果から、北陸に本社を置く企業のコロナ禍におけるテレワークの取り組み状況を整理し、テレワークの定着に向けたポイントについて考察しています。

*****(以上、紹介文の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月15日

石川県の経済見通し(年央改定・試算)について/2021年度(年央改定)・2022年度(参考試算)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

公益財団法人中部圏社会経済研究所は、令和3年10月14日に中部社研経済見通しとして、石川県の経済見通し(年央改定・試算)について(全文PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

2021 年度(年央 改定)
石川県経済は、 前年度からは持ち直しているものの、回復のペースは鈍く、新型コロナウイルス感染症以前の水準には戻らず、前年度比 +3.8%
家計部門では、全国的に新型コロナウイルス感染症の拡大と緊急事態宣言が繰り返される中で、県内消費の前年度における歴史的な落ち込みからの回復ペースは鈍いものとなる。
住宅投資の増加も小幅にとどまる。

企業部門では、前年度における県内企業の利益急減からの業績回復と、製造業を中心とした国内経済の緩やかな回復見込みを背景に設備投資が増加する。

その結果、2021 年度の石川県の実質経済成長率は、前年度比 +3.8 %と2年ぶりのプラス成長 となるが、前年度の落ち込み(-4.8 %)を全て回復するには至らない。
各需要項目の寄与度は 、民間最終消費支出、民間企業設備が それぞれ 1.5 ポイント、0.9 ポイント、外需等は 0.8 ポイントと、内外需ともにプラス寄与となる。

*****(以上、調査一覧のまとめ抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月14日

北陸の金融経済月報(2021年10月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和3年10月13日に、北陸の金融経済月報を公表しております。
北陸の金融経済月報(2021年10月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、一部に下押し圧力が続いているが、総じてみると持ち直している。

企業の業況感は、改善している。

最終需要をみると、個人消費は、一部に下押し圧力が続いており、持ち直しのペースが鈍化している。

住宅投資は、下げ止まっている。
設備投資は、持ち直しつつある。
公共投資は、弱めの動きとなっている。

当地製造業の生産は、持ち直している。
業種別にみると、電子部品・デバイス、生産用機械は、増加している。
化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は、低水準で横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は、弱い動きとなっている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、下落している。

企業倒産は、件数は前年を下回ったものの、負債総額は前年を上回った。

金融面をみると、預金は、個人、公金、法人いずれも増加している。
貸出は、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかに低下している。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。





posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月10日

景気ウォッチャー(令和3年9月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和3年10月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和3年9月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる。先行きについては、内外の感染症の動向を懸念しつつも、ワクチン接種の進展等によって持ち直しが続くとみている。」とまとめられております。


北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から7.1ポイント改善しました(全国平均は7.4ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):41.7(前回から7.1ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):59.7(前回から12.1ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 06:04| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

北陸経済調査(令和3年9月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和3年9月30日に、北陸経済調査として、
北陸経済調査(令和3年9月)(PDFファイル)を公表しました。

北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、一部に足踏みがみられるものの、持ち直しつつある。」とのことです。
前回判断が据え置かれました。

主要項目の判断において、全てが据え置かれております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月11日

景気ウォッチャー(令和3年7月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和3年8月10日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和3年7月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直している。先行きについては、感染症の動向を懸念しつつも、ワクチン接種の進展等によって持ち直しが続くとみている。」とまとめられております。


北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から4.0ポイント改善しました(全国平均は0.8ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):52.5(前回から4.0ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):47.9(前回から9.2ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

北陸の金融経済月報(2021年7月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和3年7月12日に、北陸の金融経済月報を公表しております。
北陸の金融経済月報(2021年7月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、一部に下押し圧力が続いているが、総じてみると持ち直している。

企業の業況感は、改善している。

最終需要をみると、個人消費は、一部に下押し圧力が続いており、持ち直しのペースが鈍化している。
住宅投資は、減少している。
設備投資は、持ち直しつつある。
公共投資は、弱めの動きとなっている。

当地製造業の生産は、持ち直している。
業種別にみると、電子部品・デバイスは、増加している。
化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
生産用機械は、持ち直している。
金属製品、繊維は、低水準で横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は、弱い動きとなっている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、前年並みとなっている。

企業倒産は、件数・負債総額ともに前年を上回った。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかに低下している。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。


posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月23日

経営者の景気見通し(2021 年6 月調査)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は北陸の経済情報についてお届けします。

一般財団法人北陸経済研究所は、令和3年7月21日に
北陸経済研究8月号として、
経営者の景気見通し(2021 年6 月調査)(PDFファイル)を公表しました。


*****(以下、本文の一部抜粋)*****

2021 年上期(1〜6 月)の業況について2020 年下期(7〜12 月)との比較で、「良くなった」31.7%、「変わらない」35.5%、「悪くなった」32.8%となり、業況判断BSI(良くなった割合から悪くなった割合を差し引いた数値)は▲1.1 となった。
20 年下期BSI▲13.2 から12.1 ポイントの上昇(図表1、3)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月10日

景気ウォッチャー(令和3年6月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和3年6月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和3年6月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直している。先行きについては、感染症の動向を懸念しつつも、ワクチン接種の進展等によって持ち直しが続くとみている。」とまとめられております。


北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から3.5ポイント改善しました(全国平均は9.5ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):48.5(前回から3.5ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):57.1(前回から3.2ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月03日

北陸経済調査(令和3年6月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和3年6月28日に、北陸経済調査として、
北陸経済調査(令和3年6月)(PDFファイル)を公表しました。

北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、一部に足踏みがみられるものの、持ち直しつつある。」とのことです。
前回判断が据え置かれました。

主要項目の判断において、生産が上方修正され、他は据え置かれております。
「持ち直している。」→「弱い動きとなっている。」


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月20日

北陸の金融経済月報(2021年6月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和3年6月10日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2021年6月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、一部に下押し圧力が続いているが、総じてみると持ち直している。

最終需要をみると、個人消費は、一部に下押し圧力が続いており、持ち直しのペースが鈍化している。
住宅投資は、減少している。設備投資は、弱めの動きとなっている。
公共投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。

当地製造業の生産は、持ち直している。
業種別にみると、電子部品・デバイスは、増加している。
化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
生産用機械は、持ち直している。
金属製品、繊維は、低水準で横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は、弱い動きとなっている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、下落している。

企業倒産は、件数は前年を上回ったものの、負債総額は前年を下回った。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかに低下している。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 20:52| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月04日

北陸経済調査(令和3年5月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和3年5月27日に、北陸経済調査として、
北陸経済調査(令和3年5月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、一部に足踏みがみられるものの、持ち直しつつある。」とのことです。
前回判断が据え置かれました。

主要項目の判断において、すべてが据え置かれております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

北陸の金融経済月報(2021年5月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和3年5月17日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2021年5月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、一部に下押し圧力が続いているが、総じてみると持ち直
している。

最終需要をみると、個人消費は、一部に下押し圧力が続いており、持ち
直しのペースが鈍化している。
住宅投資は、減少している。
設備投資は、弱めの動きとなっている。
公共投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。

当地製造業の生産は、持ち直している。
業種別にみると、電子部品・デバイスは、増加している。
化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
生産用機械は、持ち直している。
金属製品、繊維は、低水準で横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は、弱い動きとなっている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、下落している。

企業倒産は、件数は前年を下回ったものの、負債総額は前年を上回った。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかに低下している。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 23:46| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月14日

景気ウォッチャー(令和3年4月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和3年5月13日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和3年4月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさが残る中で、持ち直しに弱さがみられる。先行きについては、感染症の動向に対する懸念が強まっている。」とまとめられております。


北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から4.7ポイント悪化しました(全国平均は9.9ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):48.9(前回から4.7ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):45.2(前回から7.8ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする