このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年02月15日

地方経済天気図〜持ち直しの動きが広がる〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

一般社団法人全国地方銀行協会は、平成30年2月14日に、地方経済天気図として、
地方経済天気図2月分(PDFファイル)を公表しました。
地方経済天気図1月分【北陸】(PDFファイル)

*****(以下、「北陸」の抜粋)*****

北陸の景況は、住宅建築が横這いとなったものの、個人消費が持ち直し、設備投資も上向くなど、緩やかな持ち直し。
個人消費は、大型小売店販売が増加し、全体では緩やかな持ち直し。
住宅建築は、分譲住宅が増加したものの、持家、貸家が減少し、全体では横這い。
設備投資は、製造業で投資を積み増す動きがみられ、上向き。
公共工事は、国、県が増加し、上向き。
輸出は、一般機械、自動車が増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、電気機械、電子部品・デバイスが増加したものの、化学、金属製品が減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、製造業、運輸業・郵便業において新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかな持ち直しの動きが続くとみられている。

*****(以上、「北陸」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:47| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

北陸の金融経済月報(2018年2月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成30年2月13日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2018年2月)(PDFファイル)

*****(以下、概況の抜粋)*****

北陸の景気は、拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。
設備投資、公共投資は増加している。

当地製造業の生産は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
業種別にみると、電子部品・デバイス、化学、はん用・生産用・業務用機械は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、個人向け、法人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、概況の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。





posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

地方経済天気図〜持ち直しの動きが広がる〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

一般社団法人全国地方銀行協会は、平成30年1月17日に、地方経済天気図として、
地方経済天気図1月分(PDFファイル)を公表しました。
地方経済天気図1月分【北陸】(PDFファイル)

*****(以下、「北陸」の抜粋)*****

北陸の景況は、設備投資が横這いとなったものの、個人消費、輸出が持ち直すなど、緩やかな持ち直し。
個人消費は、大型小売店販売が減少したものの、軽乗用車販売が増加し、全体では緩やかな持ち直し。
住宅建築は、分譲住宅が増加し、上向き。
設備投資は、非製造業で慎重姿勢がみられるものの、製造業で投資を積み増す動きがみられ、全体では横這い。
公共工事は、県が増加し、上向き。
輸出は、一般機械、医薬品が増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、一般機械、化学が増加したものの、電気機械が減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、卸売業・小売業、製造業において新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかな持ち直しの動きが続くとみられている。

*****(以上、「北陸」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

北陸地方創生と国際化・イノベーション 〜世界経済の成長をいかにして地域経済に取り込むか〜(議事概要)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成30年1月15日に、シンポジウムとして、北陸地方創生と国際化・イノベーション 〜世界経済の成長をいかにして地域経済に取り込むか〜(議事概要)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

RIETI、ジェトロ・アジア経済研究所、福井県立大、北陸AJECは2015年から、「北陸地方創生と国際化・イノベーション」に関する共同研究を実施してきた。
それによると、北陸の企業は地方の中でも国際化率が高いにもかかわらず、そのメリットが比較的享受されていないことが分かった。
本シンポジウムでは、世界経済の成長を北陸経済に取り込むために、地方の現状と課題を明らかにした上で、国際化とイノベーションの推進に向けてとるべきアクションについて、多方面から探った。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームぺージもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

北陸の金融経済月報(2018年1月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成30年1月12日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2018年1月)(PDFファイル)

*****(以下、概況の抜粋)*****

北陸の景気は、拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。
設備投資、公共投資は増加している。

当地製造業の生産は増勢が続いている。
業種別にみると、電子部品・デバイスは増加している。
化学、はん用・生産用・業務用機械は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、概況の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

北陸地域における「多様な働き方」を促す仕組みづくり−学童保育の利用者ニーズは多様化−

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

株式会社日本政策投資銀行は、平成29年1月9日に、拠点レポート(北陸)として、
北陸地域における「多様な働き方」を促す仕組みづくり−学童保育の利用者ニーズは多様化−を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、概要の抜粋)*****

北陸地域の女性就業は、3世代同居や製造業での安定した雇用といった「家庭」「企業」の要素等を背景に、高い労働力率を維持してきました。
しかし、3世代世帯の減少、第3次産業への雇用の場のシフトや女性の活躍領域の拡大等、こうした背景に変化が現れ始めています。
今後は働き方の多様化が進むなか、女性を始め、働きたい人誰もが柔軟に働ける環境整備の必要性が高まってくると考えられます。

 当レポートでは、「多様な働き方」を促す対応策のひとつとして、学童保育をテーマに北陸地域の動きを取り上げました。
今後の北陸地域の就業を取り巻く環境の変化と、それにともなう働き手ニーズの多様化を捉えた「地域の仕組みづくり」について考察しています。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

北陸の金融経済月報(2017年12月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年12月15日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2017年12月)(PDFファイル)

*****(以下、概況の抜粋)*****

北陸の景気は、拡大している。
企業の業況感は、製造業、非製造業ともに改善している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。設備投資、公共投資は増加している。

当地製造業の生産は増勢が続いている。
業種別にみると、電子部品・デバイスは増加している。
化学、はん用・生産用・業務用機械は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、概況の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

地方経済天気図11月分気図〜持ち直しの動きが広がる〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

一般社団法人全国地方銀行協会は、平成29年12月13日に、地方経済天気図として、
地方経済天気図12月分(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「北陸」の抜粋)*****

北陸の景況は、生産活動が横這いとなったものの、公共工事が上向き、輸出が持ち直すなど、緩やかな持ち直し。
個人消費は、軽乗用車販売が増加するなど、緩やかな持ち直し。
住宅建築は、分譲住宅が増加したものの、持家、貸家が減少し、一進一退。
設備投資は、非製造業で慎重姿勢がみられるものの、製造業で投資を積み増す動きがみられ、全体では横這い。
公共工事は、県、市町村が増加し、上向き。
輸出は、眼鏡枠・眼鏡などが増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、一般機械、輸送機械が増加したものの、電気機械、電子部品・デバイスが減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、卸売業・小売業において新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかな持ち直しの動きが続くとみられている。

*****(以上、「北陸」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

景気ウォッチャー(平成29年11月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成29年12月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成29年11月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「緩やかに回復している。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から2.0ポイントの改善となりました(全国平均は2.9ポイントとの改善)。

現状判断DI(各分野計):53.0(前回から2.0ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):54.7(前回から3.4ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

北陸経済調査(平成29年11月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成29年11月28日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(平成29年11月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「回復している」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、回復している。
●住宅建設は、回復のテンポが緩やかになっている。
●生産は、緩やかに拡大している。
●雇用情勢は、着実に改善しており、人手不足感が強まっている。

住宅建設が前月判断から下方修正されました。
それ以外は前月判断を維持しました。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

地方経済天気図11月分気図〜持ち直しの動きが広がる〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

一般社団法人全国地方銀行協会は、平成29年11月15日に、地方経済天気図として、
地方経済天気図11月分(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「北陸」の抜粋)*****

北陸の景況は、輸出が持ち直したものの、生産活動が横這い、観光が弱含むなど、全体では横這い圏内の動き。
個人消費は、乗用車販売が増加したほか、大型小売店販売も増加し、緩やかな持ち直し。
住宅建築は、持家が減少したものの、貸家、分譲住宅が増加し、一進一退。
設備投資は、非製造業で慎重姿勢がみられ、伸び悩み。
公共工事は、国、独立行政法人等が増加し、上向き。
輸出は、眼鏡枠・眼鏡などが増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、一般機械、電気機械が増加したものの、輸送機械、化学が減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、製造業、運輸業・郵便業で新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかに改善していくとみられている。

北陸の景況は、住宅建築が横這いとなったものの、個人消費が持ち直すなど、緩やかな持ち直し。
個人消費は、乗用車販売が増加したほか、コンビニエンスストア販売も増加し、緩やかな持ち直し。
住宅建築は、分譲住宅が増加したものの、持家、貸家が減少し、全体では横這い。
設備投資は、非製造業で慎重姿勢がみられるものの、製造業で投資を積み増す動きがみられ、全体では横這い。
公共工事は、県、市町村が増加したものの、独立行政法人等が減少し、全体では横這い。
輸出は、眼鏡枠・眼鏡などが増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、鉄鋼、電気機械が増加したものの、輸送機械、金属製品が減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、製造業、運輸業・郵便業で新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかな持ち直しの動きが続くとみられている。

*****(以上、「北陸」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

北陸の金融経済月報(2017年11月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年11月13日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2017年11月)(PDFファイル)

*****(以下、概況の抜粋)*****

北陸の景気は、緩やかに拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。設備投資は高水準となっている。公共投資は増加している。

当地製造業の生産は増勢が続いている。
業種別にみると、電子部品・デバイス、化学は増加している。
はん用・生産用・業務用機械は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。
雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、法人、個人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、概況の抜粋)*****

全体判断の「緩やかに拡大している 」は7か月連続据え置きです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

景気ウォッチャー(平成29年10月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成29年11月9日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成29年10月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「着実に持ち直している。先行きについては、人手不足や海外情勢に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から0.1ポイントの改善となりました(全国平均は0.9ポイントとの改善)。

現状判断DI(各分野計):51.0(前回から0.1ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):58.2(前回から6.2ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

陸経済調査(平成29年10月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成29年10月24日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(平成29年10月)(PDFファイル)を公表しました。



北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「回復している」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、回復している。
●住宅建設は、緩やかに回復している。
●生産は、緩やかに拡大している。
●雇用情勢は、着実に改善しており、人手不足感が強まっている。

全ての項目において、前月判断が据え置かれております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

地方経済天気図10月分気図〜持ち直しの動きが広がる〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

一般社団法人全国地方銀行協会は、平成29年10月18日に、地方経済天気図として、
地方経済天気図10月分(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「北陸」の抜粋)*****

北陸の景況は、輸出が持ち直したものの、生産活動が横這い、観光が弱含むなど、全体では横這い圏内の動き。
個人消費は、乗用車販売が増加したほか、大型小売店販売も増加し、緩やかな持ち直し。
住宅建築は、持家が減少したものの、貸家、分譲住宅が増加し、一進一退。
設備投資は、非製造業で慎重姿勢がみられ、伸び悩み。
公共工事は、国、独立行政法人等が増加し、上向き。
輸出は、眼鏡枠・眼鏡などが増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、一般機械、電気機械が増加したものの、輸送機械、化学が減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、製造業、運輸業・郵便業で新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかに改善していくとみられている。

*****(以上、「北陸」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

北陸の金融経済月報(2017年10月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年10月29日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2017年10月)(PDFファイル)

*****(以下、概況の抜粋)*****

北陸の景気は、緩やかに拡大している。
企業の業況感は、製造業を中心に高水準を保っている。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
公共投資が増加しているほか、住宅投資は振れを伴いつつも、基調としては増加している。
設備投資は高水準となっている。

当地製造業の生産は増勢が続いている。業種別にみると、電子部品・デバイス、はん用・生産用・業務用機械は、高水準で横ばい圏内の動きとなっているほか、化学は増加している。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。
消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。
企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、法人、個人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、概況の抜粋)*****

全体判断の「緩やかに拡大している 」は6か月連続据え置きです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 05:59| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

北陸新幹線金沢開業の整理と敦賀延伸に向けた課題

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は北陸の経済情報をお届けします。

北陸経済連合会は、平成29年9月22日に調査・報告書として、北陸新幹線金沢開業の整理と敦賀延伸に向けた課題(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

石川県においては、金沢開業前後に(2014年10月〜2016年10月末)、金沢市内に支店や営業所を新設した県外企業が60社超となっている。
また、2011年にはコマツが創業の地(小松駅隣接地)に本社機能の一部(人材育成部門)を移転するとともに、一般開放エリア「こまつの杜」をオープンしている。
小松市は新幹線未開業であるが、雇用と賑わいの両面において周辺地域に大きな効果が生じている。

また、2019年秋ごろには、東京国立近代美術館工芸館が金沢市の兼六園周辺文化の森に移転・整備されるが、日本海側初の国立美術館として大いに期待されている。

これらの事例のように、企業から見ると自社内、取引先等との効率的な移動や人材の確保等において、新幹線沿線地域は魅力的な選択肢の一つとなる。
地方創生に向け様々な施策を展開している国や地方自治体にとっても、新幹線延伸が後押しする企業の地方回帰は双方の利害が一致するため、積極的に連携して取り組むべきこととして今後は有力になると思われる。
北陸新幹線開業前に懸念されていた、北陸の営業拠点の統廃合などストロー現象は、現時点で目立って生じていない。

*****(以上下、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:45| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

北陸の金融経済月報(2017年9月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年9月12日に、北陸の金融経済月報として、北陸の金融経済月報(2017年9月)(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、【概況】の抜粋)*****

北陸の景気は、緩やかに拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。

公共投資が増加しているほか、住宅投資は振れを伴いつつも、基調としては増加している。

設備投資は高水準となっている。

当地製造業の生産は増勢が続いている。
業種別にみると、電子部品・デバイスは、高水準ながら横ばい圏内の動きとなっている。はん用・生産用・業務用機械は着実に増加している。
化学は増加している。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、【概況】の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:44| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

北陸経済調査

みなさま、おはようおございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成29年8月28日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(平成29年8月)(PDFファイル)を公表しました。



北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「回復している」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、回復している。
●住宅建設は、緩やかに回復している。
●生産は、緩やかに拡大している。
●雇用情勢は、着実に改善しており、人手不足感が強まっている。

全ての項目において、前月判断が据え置かれております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

北陸経済調査と石川県内経済情勢

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成29年8月1日に、
北陸経済調査7月(PDFファイル)石川県内経済情勢7月(PDFファイル)を公表しました。

北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向をみると、回復しているようです。
但し、総括、主要項目の判断は6月から据え置かれております。

石川県経済も回復しているとのことです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 23:39| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする