このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年09月13日

北陸の金融経済月報(2017年9月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年9月12日に、北陸の金融経済月報として、北陸の金融経済月報(2017年9月)(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、【概況】の抜粋)*****

北陸の景気は、緩やかに拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。

公共投資が増加しているほか、住宅投資は振れを伴いつつも、基調としては増加している。

設備投資は高水準となっている。

当地製造業の生産は増勢が続いている。
業種別にみると、電子部品・デバイスは、高水準ながら横ばい圏内の動きとなっている。はん用・生産用・業務用機械は着実に増加している。
化学は増加している。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、【概況】の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:44| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

北陸経済調査

みなさま、おはようおございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成29年8月28日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(平成29年8月)(PDFファイル)を公表しました。



北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「回復している」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、回復している。
●住宅建設は、緩やかに回復している。
●生産は、緩やかに拡大している。
●雇用情勢は、着実に改善しており、人手不足感が強まっている。

全ての項目において、前月判断が据え置かれております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

北陸経済調査と石川県内経済情勢

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成29年8月1日に、
北陸経済調査7月(PDFファイル)石川県内経済情勢7月(PDFファイル)を公表しました。

北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向をみると、回復しているようです。
但し、総括、主要項目の判断は6月から据え置かれております。

石川県経済も回復しているとのことです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 23:39| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

景気ウォッチャー(平成29年4月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成29年5月11日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成29年4月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「持ち直しが続いているものの、引き続き一服感がみられる。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注や設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から1.4ポイントの改善となりました(全国平均は0.7ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):51.6(前回から1.4ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):49.4(前回から1.5ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

北陸地域の経済は、改善している(「平成29年1- 3月期地域経済産業調査」(北陸地域))

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていたあぢております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

中部経済産業局は、平成29年4月28日に、地域経済産業調査を公表しました。
「平成29年1- 3月期地域経済産業調査」(北陸地域)(PDFファイル)

*****(以下、「1.全体の動向」の抜粋)*****

北陸地域の経済は、改善している。
製造業では、「電子部品・デバイス」は、自動車向けが好調、中国を中心にスマホ向けも堅調。「化学」は、後発医薬品などが好調。「はん用・生産用・業務用機械」は、建設機械で、中東向けが伸び悩んでいるものの、付加価値の高い機種が国内を中心に伸びている。半導体製造装置は引き続き海外からの受注が好調。
「繊維」は、衣料は中東向けを中心に堅調に推移しているものの、国内向けは低調。
一方、産業資材の一部に堅調な動きがみられる。「金属製品」は、住宅用建材は住宅着工で貸家の比率が高まり、相対的に床面積の伸び率が小さくなっていることなどから伸び悩み。
非製造業では、「百貨店・スーパー」は、気温影響などから衣料品を中心に季節商材が振るわなかったものの、バレンタインなどの催事効果がみられた。
「自動車販売」は、新型車に加え、環境や安全に対応した車の販売台数が伸びている。「観光」は、北陸新幹線開業効果が一巡し、国内観光客は伸び悩んでいるものの、外国人観光客が引き続き増加しており、アジアに加え、欧米からの来訪も増えている。
先行きについては、製造業では、為替による影響や海外経済の先行きを懸念する声も聞かれるものの、電子部品・デバイスは自動車関連で受注が増加、化学も後発医薬品などが引き続き好調に推移すると見込まれる。非製造業では、外国人をはじめとする観光客の増加が期待される。

*****(以上、「1.全体の動向」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

景気ウォッチャー(平成29年3月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成29年4月10日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成29年3月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「持ち直しが続いているものの、引き続き一服感がみられる。先行きについては、引き続き受注等への期待がみられる一方、人手不足やコストの上昇に対する懸念もあ」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から0.4ポイントの改善となりました(全国平均は1.2ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):50.2(前回から0.4ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):47.9(前回から4.2ポイントの悪化)



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

北陸地域における雇用情勢

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年4月10日に、北陸のさくらレポートとして、北陸地域における雇用情勢(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

・北陸地域の有効求人倍率は、上昇を続けており、足もとでは1.79倍(17/2月)と全国(同、1.43倍)対比でみても高水準となっている【図1】。
―― 足もとの有効求人倍率は、バブル期のピーク(90/8月:2.17倍)には及ばないものの、リーマン・ショック前のピーク(07/1月:1.36倍)を大きく上回っている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

景気ウォッチャー(平成29年2月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成29年3月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成29年2月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「持ち直しが続いているものの、引き続き一服感がみられる。先行きについては、海外情勢への懸念が和らぐ中、引き続き受注や求人増加等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から0.3ポイントの悪化となりました(全国平均は1.2ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):49.8(前回から0.3ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):52.1(前回から1.7ポイントの悪化)



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

北陸の金融経済月報(2017年2月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年2月10日に、北陸の金融経済月報(2017年2月)(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、【概況】の抜粋)*****

北陸の景気は、着実に回復している。
最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善に加え、マインド面の好転も寄与して、着実に持ち直している。
住宅投資が増加しているほか、設備投資は着実に増加している。
公共投資は振れを伴いつつも、基調としては増加している。
当地製造業の生産は増加している。
業種別にみると、繊維は弱めとなっているが、電子部品・デバイス、化学は増加している。
はん用・生産用・業務用機械、金属製品は持ち直している。
雇用・所得環境は着実に改善している。
消費者物価の前年比(除く生鮮食品)は、0%程度となっている。
金融面をみると、預金は、法人、個人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、低下幅は幾分縮小しつつも、低下が続いている。

*****(以下、【概況】の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

景気ウォッチャー(平成29年1月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成29年2月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成29年2月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「持ち直しが続いているものの、一服感がみられる。先行きについては、引き続き受注や求人増加等への期待があるものの、海外情勢への懸念の高まりがみられ」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から4.4ポイントの悪化となりました(全国平均は1.6ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):50.1(前回から4.4ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):53.8(前回から0.7ポイントの悪化)



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

北陸地域における観光マーケティングの必要性

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は北陸の経済情報をお届けします。

日本政策投資銀行は、平成29年1月31日に地域・海外レポート(北陸)として、
北陸地域における観光マーケティングの必要性(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、概要の一部抜粋)*****

一方、実際に北陸地域を訪問した人に聞くと、満足した項目では「日本料理」「ご当地グルメ」等もともと北陸地域旅行希望者の期待が高い料理系分野が上位に並ぶ。
ただし、同じ雪国の北海道と異なり、「雪景色」が期待することの上位に入っておらず、また、他地域よりも優位性があると予想される「温泉」「日本酒」「伝統工芸」の割合も多くはなかった。
つまり、北陸地域として“得意”なことや”売り“にしたいこととの間にギャップが生じていると言える。

*****(以上、概要の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

経営者の景気見通し(平成28 年12 月調査)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

北陸経済研究所は平成29年1月25日に定例調査として、
経営者の景気見通し(平成28 年12 月調査)(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、【総括】の抜粋)*****

◎景気動向は反転の兆しが見られるものの、海外に不安要因が多い
今回の業況判断BSI は▲4.8 であった。過去4年間(8回)の調査で6番目の数値であり、BSI がマイ
ナス(「悪くなった」と答えた企業が多い)であることから、景気は悪くなっていると言える。ただ、前
回と比べて数値は大きく上昇しており、反転の兆しも見られる。米国のトランプ大統領の就任や中国経
済に対する懸念など海外を中心に不安要因が多く、北陸の企業は難しいかじ取りを迫られている。今回
の調査結果は今後に対する不安感が反映された結果であると考えられる。

*****(以上、【総括】の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

北陸の金融経済月報(2017年1月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年1月13日に北陸の金融経済月報(2017年1月)(PDFファイル)を公表しました。

全体判断は、2015年4月以降現状維持です。
今月は生産が「緩やかに増加している 」に上方修正されました。

*****(以上、「概況」の一部抜粋)*****

北陸の景気は、回復を続けている。
最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善に加え、マインド面の好転もあって、持ち直している。
住宅投資が増加しているほか、設備投資は着実に増加している。
公共投資は振れを伴いつつも、基調としては増加している。
当地製造業の生産は緩やかに増加している。
業種別にみると、繊維は弱めとなっているが、化学は増加している。電子部品・デバイスは、基調としては緩やかに増加している。
はん用・生産用・業務用機械、金属製品は持ち直している。
雇用・所得環境は着実に改善している。

*****(以上、「概況」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

北陸新幹線金沢開業による観光活性化が石川県内に及ぼす経済波及効果 〜交流がもたらす経済波及効果は678億円〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本政策投資銀行は、平成28年12月27日に地域・海外レポート(北陸)として、
北陸新幹線金沢開業による観光活性化が石川県内に及ぼす経済波及効果 〜交流がもたらす経済波及効果は678億円〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

2015 年 3 月 14 日に北陸新幹線が金沢まで開業した。
利用者数は開業前の約 3 倍となる926 万人と、当初予想を大きく上回っている。
この勢いは開業 2 年目となる 2016 年度になっても衰えておらず、利用者数は開業前を大きく上回る水準で推移している。
当初懸念されていたストロー現象もみられず、逆に北陸地域にオフィスを移す等の動きもみられる。
それに併せ、当地の設備投資動向は高水準で推移しており、特に旺盛な観光需要を反映して、ホテル関連投資が活発である。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

北陸3県最低賃金改定に関する企業の意識調査

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

株式会社帝国データバンクは、平成28年10月28日に北陸 2016 景気・経済動向として、北陸3県最低賃金改定に関する企業の意識調査を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、「調査結果」の一部抜粋)*****

5 今後の消費回復への効果について、「ある」と考える企業は10.0%にとどまる一方、「ない」は50.6%と半数を超えており消費回復に対しては懐疑的な見方をする企業が多数を占める


*****(以上、「調査結果」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。





posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

景気ウォッチャー(平成28年5月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成28年6月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成28年5月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、引き続き弱
さがみられ、熊本地震によるマインド面の下押し圧力が未だ残っている。先行きについては、販売価格が引き上げられない中で原材料価格が上昇する等、物価動向への懸念がある一方、熊本地震からの復興、夏のボーナスや設備投資増加への期待がみられ」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から2.3ポイントの改善となりました(全国平均は1.9ポイントの悪化)。
一方、同家計動向関連は、前回から3.3ポイントの悪化となりました(全国平均は0.5ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):43.4(前回から3.3ポイントの悪化)
現状判断DI(家計動向関連):42.7(前回から1.8ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):46.6(前回から0.4ポイントの改善)
先行き判断DI(家計動向関連):45.4(前回から0.2ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

2016年北陸3県社長分析調査

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

株式会社帝国データバンクは、平成28年2月5日にTDB Wacthing(地域別)として、
2016年北陸3県社長分析調査を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、調査結果(要旨)の抜粋)*****

1.社長交代率は富山4.02%、石川3.48%、福井3.43%。富山が全国7番目、石川、福井は全国平均3.88%を下回る。

2.社長の平均年齢は、富山59.6歳、石川58.6歳、福井59.2歳、富山が全国平均を上回る。3県平均で59.1歳となり、過去最高。

3.業種別の平均年齢を見ると3県ともに不動産業が最も高く、次いで製造業が続く。不動産業の高齢化が際立つ。

4.年商規模別の平均年齢では「500億〜1000億円未満」が3県ともに最も高く、「100億   〜500億円」が富山と石川で続き、福井では「1億円未満」が2番目に高くなった。

*****(以上、調査結果(要旨)の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

北陸の金融経済月報 (2016年12月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。
日本銀行金沢支店は、平成28年2月12日に北陸の金融経済月報を公表しました。
2016年2月(PDFファイル)

*****(以下、【概況】の抜粋)*****

北陸の景気は、回復を続けている。
最終需要をみると、個人消費や住宅投資が持ち直しているほか、設備投資
は着実に増加している。
一方、公共投資は減少傾向にある。
当地製造業の生産は高水準で推移している。業種別にみると、電子部品・デバイスは緩やかに増加し
ている。
化学は高水準で推移している。
繊維は横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品は下げ止まっている。
はん用・生産用・業務用機械は弱含んでいる。
雇用・所得環境は着実に改善している。
物価は前年比0%程度となっている。
金融面をみると、預金は個人を中心に前年を上回っている。
貸出は個人向けを中心に前年を上回っている。
貸出約定平均金利は低下している。

*****(以上、【概況】の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

北陸の金融経済月報 (2015年11月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。
日本銀行金沢支店は、平成27年11月12日に北陸の金融経済月報を公表しました。
2015年11月(PDFファイル)

*****(以下、【概況】の抜粋)*****

北陸の景気は、回復を続けている。
最終需要をみると、個人消費や住宅投資が持ち直しているほか、設備投資は着実に増加している。一方、公共投資は減少傾向にある。

当地製造業の生産は高水準で推移している。業種別にみると、電子部品・デバイスは緩やかに増加している。化学は高水準で推移している。繊維は横ばい圏内の動きとなっている。金属製品は下げ止まりつつある。はん用・生産用・業務用機械は弱含んでいる。

雇用・所得環境は着実に改善している。

物価は前年比0%程度となっている。

金融面をみると、預金は個人を中心に前年を上回っている。貸出は個人向けを中心に前年を上回っている。

貸出約定平均金利は、低下基調にあるが、下げ止まり感も窺われている。

*****(以上、【概況】の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

景気ウォッチャー(平成27年9月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成27年10月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成27年9月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、中国経済に係る動向の影響等がみられるが、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、プレミアム付商品券への期待等がみられるものの、中国経済の情勢や物価上昇への懸念等がみられ」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計の前回から2.2ポイントの悪化となりました(全国平均は1.8ポイントの悪化)。
一方、同家計動向関連も前回から2.5ポイントの悪化となりました(全国平均は1.8ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):50.8(前回から2.2ポイントの悪化)
現状判断DI(家計動向関連):50.8(前回から2.5ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):48.9(前回から4.6ポイントの悪化)
先行き判断DI(家計動向関連):50.4(前回から3.6ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする