このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2020年09月10日

北陸の金融経済月報(2020年9月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和2年9月10日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2020年9月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、下げ止まっているものの、厳しい状態にある。

最終需要をみると、個人消費は、一部に持ち直しの動きもみられるが、力強さに欠けている。

住宅投資は、弱い動きとなっている。

設備投資は、弱めの動きとなっている。

公共投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。

当地製造業の生産は、下げ止まっている。
業種別にみると、化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
電子部品・デバイスは、緩やかに持ち直しつつある。
金属製品は、下げ止まっている。
生産用機械、繊維は、大幅に減少している。

雇用・所得環境は、弱い動きとなっている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、上昇している。
企業倒産は、件数は前年を下回ったものの、負債総額は前年を上回った。

金融面をみると、預金は、法人、個人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

景気ウォッチャー(令和2年8月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和2年9月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和2年8月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる。先行きについては、感染症の動向を懸念しつつも、持ち直しへの期待がみられる。」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から4.7ポイント悪化しました(全国平均は2.8ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):41.2(前回から2.9ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):38.2(前回から3.1ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 22:30| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

北陸経済調査(令和2年8月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和2年8月31日に、北陸経済調査として、
北陸経済調査(令和2年8月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況が続いているものの、一部では下げ止まりの動きがみられる。」とのことです。
前回判断が維持されております。

主要項目の判断も、前回判断が維持されております。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

北陸地域の金融経済の特徴

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和2年8月21日に、北陸地域の金融経済の特徴(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

(製造品出荷額等)
■北陸の製造品出荷額等は、@生産用機械(工作機械、建設機械、繊維機械等)、A化学(医薬品等)、B電子部品・デバイスの上位3業種で約4割を占めており、ウェイトも全国と比べて大きい。一方で、輸送用機械のウェイトは全国と比べて小さい。

(県内総生産)
■北陸3県の域内総生産(2017年度)は、12兆5,838億円(全国の約2.3%)。支出項目の構成比では、全国と比べて、民間最終消費支出の「交通」や「教育」、総固定資本形成の「企業設備」(民間)などのウェイトが大きい。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 20:57| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

景気ウォッチャー(令和2年7月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和2年8月11日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和2年7月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる。先行きについては、持ち直しへの期待がみられるものの、感染症の動向に対する懸念が強まっている。」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から2.9ポイント改善しました(全国平均は2.3ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):45.9(前回から2.9ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):35.1(前回から14.3ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

北陸の金融経済月報(2020年7月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和2年7月16日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2020年7月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、新型コロナウイルス感染症の影響などから、大幅に悪化している。
企業の業況感は、製造業、非製造業ともに大幅に悪化している。

最終需要をみると、個人消費は、下げ止まっており、一部に持ち直しの兆しもみられるが、その持続性には不透明感が強い。
住宅投資は、弱い動きとなっている。
設備投資は、弱めの動きとなっている。
公共投資は、増加している。

当地製造業の生産は、減少している。
業種別にみると、化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
電子部品・デバイスは、弱い動きとなっている。
生産用機械、金属製品、繊維は、大幅に減少している。

雇用・所得環境は、弱い動きとなっている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格を中心に、下落している。

企業倒産は、件数は前年並みとなったものの、負債総額は前年を上回った。

金融面をみると、預金は、法人、個人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

景気ウォッチャー(令和2年6月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和2年7月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和2年6月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる。先行きについては、感染症の動向を懸念しつつも、持ち直しが続くとみている。」とまとめられております。
全国の改善幅は、比較可能な2002年1月以降で最大です。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から33.5ポイント改善しました(全国平均は23.3ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):43.0(前回から33.5ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):49.4(前回から16.2ポイントの改善)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

北陸の金融経済月報(2020年6月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和2年6月10日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2020年6月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、新型コロナウイルス感染症の影響などから、一段と悪化している。

最終需要をみると、個人消費は、新型コロナウイルス感染症の影響により、大幅に減少している。
住宅投資は、弱い動きとなっている。
設備投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
公共投資は、増加している。

当地製造業の生産は、弱さが増している。
業種別にみると、化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
電子部品・デバイス、金属製品は、弱い動きとなっている。
生産用機械は、減少している。
繊維は、一段と減少した状態が続いている。

雇用・所得環境は、弱い動きとなっている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格を中心に、下落している。

企業倒産は、件数・負債総額ともに前年を下回った。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 05:46| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

北陸経済調査(令和2年5月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和2年5月28日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(令和2年5月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、弱まっており、一部では極めて厳しい状況にある。」とのことです。
前回判断が下方修正されております。
個人消費は4か月連続の悪化です。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、新型コロナウイルス感染症の影響により、弱まっており、一部では極めて厳しい状況にある。
●住宅建設は、弱含んでいる。
●生産は、弱含んでいる。
●雇用情勢は、有効求人倍率は高水準ながら低下傾向にあるなど、弱い動きがみられる。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 06:35| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

北陸の金融経済月報(2020年5月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和2年5月15日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2020年5月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、新型コロナウイルス感染症の影響などから、悪化している。

最終需要をみると、個人消費は、新型コロナウイルス感染症の影響により、大幅に減少している。
住宅投資は、一部に弱めの動きがみられている。
設備投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
公共投資は、増加している。

当地製造業の生産は、弱い動きとなっている。
業種別にみると、化学は、緩やかに増加している。
電子部品・デバイス、金属製品は、弱い動きとなっている。
生産用機械は、減少している。
繊維は、足もと一段と減少している。

雇用・所得環境は、弱めの動きがみられている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、財やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、件数・負債総額ともに前年を上回っている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 20:57| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

北陸経済調査(令和2年3月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和2年4月27日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(令和2年4月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、弱い動きとなっており、足下ではさらに下押しされ、厳しい状況にある。」とのことです。
前回判断が下方修正されております。総括判断に「弱い」との表現が入るのは2008年10月以来、11年6カ月ぶりです。
個人消費は3か月連続の悪化です。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、新型コロナウイルス感染症の影響により、弱い動きとなっている。
●住宅建設は、弱含んでいる。
●生産は、弱含んでいる。
●雇用情勢は、改善しているものの、一部に弱い動きがみられる。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

景気ウォッチャー(令和2年3月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和2年4月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和2年3月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、極めて厳しい状況にある。先行きについては、一段と厳しさが増すとみている。」
とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から14.0ポイント悪化しました(全国平均は13.2ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):14.7(前回から14.0ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):13.3(前回から3.0ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

北陸の金融経済月報(2020年4月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和2年4月7日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2020年4月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、新型コロナウイルス感染症の影響などから、弱めの動きとなっている。
企業の業況感は、製造業、非製造業ともに悪化している。

最終需要をみると、個人消費は、新型コロナウイルス感染症の影響により、弱めの動きとなっている。
住宅投資は、一部に弱めの動きがみられている。
設備投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
公共投資は、増加している。

当地製造業の生産は、弱めの動きとなっている。
業種別にみると、化学は、緩やかに増加している。
電子部品・デバイス、生産用機械、金属製品は、弱めの動きとなっている。
繊維は、減少している。

雇用・所得環境は、改善に向けた動きが一服している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、財やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、低水準で推移している。

金融面をみると、預金は、法人、個人を中心に増加している。

貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 05:57| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

北陸経済調査(令和2年3月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和2年3月30日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(令和2年3月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「足踏みの状況にあり、足下では、新型コロナウイルス感染症の影響がみられる。」とのことです。
前回判断が下方修正されております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、足踏みの状況にある。
●住宅建設は、足踏みの状況にある。
●生産は、弱含んでいる。
●雇用情勢は、改善しており、依然として人手不足感が強い状況にある。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

景気ウォッチャー(令和2年2月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和2年3月9日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和2年2月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「新型コロナウイルス感染症の影響により、急速に厳しい状況となっている。先行きについては、一段と厳しい状況になるとみている。」
とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から9.2ポイント悪化しました(全国平均は14.5ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):28.7(前回から9.2ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):16.3(前回から23.1ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

北陸の金融経済月報(2020年1月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和2年2月13日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2020年2月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、引き続き拡大基調にあるが、その速度は一段と緩やかになっている。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資、設備投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
公共投資は、増加している。

当地製造業の生産は、弱めの動きとなっている。
業種別にみると、化学は、緩やかに増加している。
金属製品は、横ばい圏内の動きとなっている。
電子部品・デバイス、生産用機械、繊維は、弱めの動きとなっている。

雇用・所得環境は、着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、財やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、個人向け、法人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 23:50| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

景気ウォッチャー(令和2年1月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和2年2月10日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和2年1月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「このところ回復に弱い動きがみられる。先行きについては、新型コロナウイルス感染症の拡大等に対する懸念がみられる。」
とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から0.2ポイント悪化しました(全国平均は2.2ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):37.9(前回から0.2ポイントの悪化)
先行き判断DI(各分野計):39.4(前回から2.4ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:15| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

【都道府県別:北陸】18歳人口・進学率・残留率の推移 2019年

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

リクルート進学総研は、令和2年1月30日に、レポート・調査18歳人口・進学率・残留率の推移として、
【都道府県別:北陸】18歳人口・進学率・残留率の推移 2019年を公表しました。
全文PDFファイル


*****(以下、「地元残留率の推移(全体:北陸:2010〜2019年)」の抜粋)*****

大学は、2010年29.9%→2019年34.4%(4.5ポイント上昇)
短期大学は、2010年68.8%→2019年74.1%(5.3ポイント上昇)

・大学で上昇率が高いのは、石川県(2010年39.6%→2019年48.2%、8.6ポイント上昇)。
・短期大学で上昇率が高いのは、富山県(2010年60.6%→2019年69.5%、8.9ポイント上昇)

*****(以上、「地元残留率の推移(全体:北陸:2010〜2019年)」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

北陸経済調査(令和2年1月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、令和2年1月30日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(令和2年1月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「拡大に向けたテンポが緩やかになっている。」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、緩やかに拡大しつつある。
●住宅建設は、持ち直しの動きに一服感が見られる。
●生産は、横ばいの状況にある。
●雇用情勢は、着実に改善しており、依然として人手不足感が強い状況にある。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

北陸の金融経済月報(2020年1月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和2年1月10日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2020年1月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、引き続き拡大基調にあるが、その速度は一段と緩やかになっている。
最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資、設備投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
公共投資は、増加している。

当地製造業の生産は、弱めの動きとなっている。
業種別にみると、化学は、緩やかに増加している。
生産用機械は、高水準ながら弱めの動きとなっている。
金属製品は、横ばい圏内の動きとなっている。
電子部品・デバイス、繊維は、弱めの動きとなっている。

雇用・所得環境は、着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、財やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、法人、個人を中心に増加している。
貸出は、個人向け、法人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする