このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2023年05月06日

人手不足は2030年時点で約700万人に ─ 省力化投資・人的資本投資による生産性向上が課題 ─

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

みずほリサーチ&テクノロジーズは、令和5年4月28日に、オピニオンみずほリポートとして、人手不足は2030年時点で約700万人に ─ 省力化投資・人的資本投資による生産性向上が課題 ─を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、要旨の抜粋)*****

■企業の人手不足感が強まっている。
先行きは人口減少ペースが加速する中、女性・高齢者・外国人労働力を活用しても人手不足がさらに深刻化すると予想する。
2030年時点の人手不足は、約700万人の規模に達すると推計。

■2023年春闘賃上げ率は約30年ぶりの高水準となった。
今後の注目点は、今年の賃上げを契機に持続的な賃金上昇が実現するか。
これまでは中高年層の人件費削減等が平均賃金の上昇を抑制してきたが、こうした賃金カーブフラット化圧力は2020年代後半にかけて弱まる見通し。
今後は人手不足下において賃金が上がりやすい環境になる可能性がある。

■賃金が持続的に上昇していくためには、@企業が賃上げ等によるコスト上昇分を適切に価格転嫁できる環境、AロボットやAI、ソフトウェア等省力化投資による生産性向上、B労働者のリスキリングと人材の再配置が不可欠である。
政府にはこれらをサポートする取り組みが求められる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック