このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2021年07月08日

ポストコロナを見据えた持続可能なスポーツライフの在り方

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていたただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人笹川スポーツ財団は、令和3年7月7日に、ポストコロナを見据えた持続可能なスポーツライフの在り方(PDF)を公表しました。


*****(以下、本文の一部抜粋)*****

新型コロナウイルスの感染状況の変化が、運動・スポーツ実施などに及ぼす影響を把握するため、2020年6月、10月および2021年2月の3回、4ヵ月ごとに調査を実施した。
ウォーキングなどの自宅やその周辺でできるエクササイズ系種目とゴルフなどスポーツクラブや施設を利用する種目では実施率の推移は異なり、後者はスポーツクラブや施設の休業・再開が影響した1年であったといえる。

またスポーツ観戦では、調査を重ねるにつれ、消毒液の設置など日常的な感染対策より入場者数の制限や誘導、応援の仕方に関する注意喚起や制限といった、スポーツイベントだからこそ必要な対策を求める人が増加している。
東京2020オリンピックでは、各種目収容定員の50%以内で1万人を上限に、開会式では関係者を含め2万人が来場すると言われている。
人々が安心して観戦できるよう来場者ごとの入退場時間の指定など、試合前後の人の動きの分散させる仕組みの導入についても期待したい。

*****(以上、本文一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。



posted by 佐々木 経司 at 23:48| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: