このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2021年02月07日

景気動向指数(2020 年12 月) 〜1月分では、緊急事態宣言発令にもかかわらず基調判断上方修正の可能性あり〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和3年2月5日に、マクロ経済情報日本経済情報として、景気動向指数(2020 年12 月)〜1月分では、緊急事態宣言発令にもかかわらず基調判断上方修正の可能性あり〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

緊急事態宣言が出され、景気の落ち込んだとみられる月に基調判断が「上方への局面変化」に上方修正されるという奇妙な現象が起こりそうだ。
こうした事態が生じる背景には、CI一致指数の採用系列に製造業関連の指標が多いことがある。
今回の緊急事態宣言によって個人消費は大幅な悪化が予想される一方、製造業部門への影響は相対的に小さいとみられている。
結果的に、CI一致指数では今回の緊急事態宣言の悪影響は反映されにくいということになる。
以前から、景気動向指数の採用系列は製造業関連に偏り過ぎているとの批判はあったが、今回のことをきっかけに、そうした議論が再び盛り上がる可能性もあるだろう。

*****(以上、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 20:16| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: