このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2020年05月26日

中小企業の廃業がマクロ経済に与える影響

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和2年5月25日に、日本政策金融公庫論集として、中小企業の廃業がマクロ経済に与える影響(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)*****

最初に、アンケート結果を基に、中小企業を事業承継の見通しごとに四つに類型化したところ、後継者が決まっており後継者本人も承諾している「決定企業」は12.5%にとどまり、後継者が決まっていない「未定企業」が22.0%、自分の代で事業をやめるつもりである「廃業予定企業」が52.6%あることがわかった。
このほか、自分がまだ若いので決める必要がないと考える「時期尚早企業」が12.9%みられた。

推計は、まず廃業予定企業について行った。
その結果、200.2万件の廃業によって、従業者数704.3万人、付加価値額25.1兆円、売上高110.3兆円が失われることがわかった。
さらに、決定企業の7.2%、未定企業の12.8%が最終的には廃業する可能性があることを示し、決定企業と未定企業の廃業による影響を加えて推計したところ、214.4万件の中小企業が廃業し、919.5万人の雇用、44.2兆円の付加価値額、195.1兆円の売上高が、喪失するとの結果が得られた。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:05| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: