このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2020年02月19日

オーバーツーリズム ―欧州諸国の事例と日本への示唆―

みさなま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化についてお届けします。

国立国会図書館は、令和2年2月18日に調査と情報-Issue Brief-として、
オーバーツーリズム ―欧州諸国の事例と日本への示唆―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

我が国においては、オーバーツーリズムが全国的に広く発生するには至っていないとされるが8、局所的にみれば、複数の地域で問題が生じていると報じられている9。
公益財団法人日本交通公社が地方自治体に対して行っているアンケートの結果によると、オーバーツーリズムが発生していると答えた都道府県の割合は約10%、市町村の割合は約17%である10。
最近では、SNS上で話題となった地域の観光客が突発的に増えた事例もある11。
このようにオーバーツーリズムはいつどこで発生しても不思議ではなく、対応が求められる。
その際、観光客の来訪を厳しく制限するという選択肢も採り得るが12、観光の経済効果13が期待されていることから、現実的には、観光客の流動(移動)を適切に管理することが重視されている。
例えば、日本総合研究所の高坂晶子主任研究員は、具体的な対応策を「分散」、「課金」、「規制」という枠組で整理している14。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、佐々木が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: