このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年10月03日

第二期地方創生の課題:地域経済の中心都市振興の重要性

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社みずほ総合研究所は、令和元年10月2日に、調査リポートみずほリポートとして、第二期地方創生の課題:地域経済の中心都市振興の重要性(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

骨太方針における地方創生の変遷をみると、国は個性を生かした地域戦略の策定と都市機能の集約・自治体間の連携における短期的な成果が見込みにくいため、東京圏への転入抑制や地方圏での海外活力の活用に力点を移すとともに、中長期の政策効果に期待する「現実路線」に変わりつつあるように思われる。

まず、女性のサービス業への就業志向や職住遊近接志向を考えると、若い女性を中心にサービス業が発展している地域経済の中心都市への人口集中は今後も続く可能性が高い。
製造業、建設業においても女性が働きやすい職場作りを進める必要があるが、世界に冠たる製造業を抱える名古屋圏でさえ若い女性の流出が進んでいることなどを考えると、こうした業種の振興で人口増加を図ることはかなり難しそうだ。

また、地方創生の枠組みを基礎自治体から経済圏単位に変更することも容易ではない。
経済圏単位でも多くで人口減少が進む中、近隣の自治体間で人口獲得競争が本格化しているため、人口集中が進む地域経済の中心都市とその周辺都市がwin-winの関係を築くことは簡単ではないからだ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: