このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年07月10日

「地域発食品メーカーのブランド戦略調査」

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

日本政策投資銀行は、令和元年7月9日に、調査研究レポート拠点レポート南九州として、
「地域発食品メーカーのブランド戦略調査」を公表しました。
PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

先ほどのパーチェス・ファネルで考えると、多くの商品がマーケットに存在する中でも一部の商品は、他商品よりも認知され、興味・関心を持たれている。
その結果、消費者は他の商品との十分な比較検討がなされないまま、購入するに至っている。
また、顧客から商品・企業に対して良いイメージや評価が持たれ、多くの人々に共有されるようになると、そのイメージによって、顧客が増えるという循環が生まれる。【図表2】

このように、認知から購入に至る経路が直線化され、かつこの流れが、顧客からの評価・イメージにより一層強化され、一定期間続いている商品や商品群に対して、「ブランドである」「ブランド力がある」と表現されていると考えてよいのではないか。

本レポートでは、「顧客からの評価・イメージによって、継続的に売れ続ける特権的な状況」を「ブランド」の状況とし、このような状況を作り出すために企業が実施する一連の施策を「ブランド戦略」と定義して、議論を進めていきたい。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: