このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年05月14日

地方創生のために必要なこと〜人口は地方創生にとって決定的要素ではないかもしれない〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地位経済活性化に関する情報をお届けします。

参議院は、調査室資料経済のプリズム第176号(令和元年5月)として、
地方創生のために必要なこと〜人口は地方創生にとって決定的要素ではないかもしれない〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

ただ、ここで、回帰式のxの係数に注目したい。
xの係数は 1955〜1970 年度には3.16、1975〜1990 年度も 2.09 と1を超えており、これは、就業者の増加が効果的に実質県内総生産の増加へと結び付いていたことを示している(言い換えれば、就業者1人当たりの生産という意味での労働生産性の上昇率も高かったということである)。
ところが、2001〜2015 年度は係数が 0.55 と1を下回り、就業者が1%増加しても県内総生産は 0.5%程度しか増加しない、つまり、就業者が増えても県内総生産は大して増えない結果となっている。
しかも、回帰式の決定係数R2は 0.25 と、それより前の時代に比べて小さくなっており、就業者の増加と県内総生産の増加の関係性も統計的に見れば弱まっている。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。












posted by 佐々木 経司 at 05:17| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: