このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年09月27日

30歳代の住宅ローンが急増したのはなぜか

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていたただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成30年9月27日に、経済・政策レポートとして、30歳代の住宅ローンが急増したのはなぜか(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要点」の一部抜粋)*****

30歳代世帯(二人以上)の住宅ローン残高が増加傾向にある。
こうした動きは、伸び悩んでいる家計の所得・消費水準の動きからみて特筆すべき動きである。
本稿では、住宅ローン残高が増加している背景と、わが国経済に与える影響について分析する。

住宅ローン残高が増加した背景として、以下の2点を指摘できる。
第1に、30歳代の持家率の上昇である。
住宅ローン税制の拡充や金融機関の貸出積極化などが若年層による住宅取得を可能にし、持家取得のタイミングを早期化させた。
第2に、1世帯当たり住宅ローン借入額の増加である。
金利低下により借入可能額が増加したため、家計はマンション価格の上昇に応じて、借入を拡大させることができた。

*****(以上、「要点」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: