このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年06月14日

日本政策金融公庫による小規模事業者向け融資の特徴と融資効果に関する分析

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成30年6月12日に、日本政策金融公庫論集として、日本政策金融公庫による小規模事業者向け融資の特徴と融資効果に関する分析を公表しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

その融資効果については、融資企業(国民生活事業が2014年に融資を行った企業)と非融資企業について融資から 3 年後の状況を比較することで、次の 3 点が指摘できる。

@ 融資企業の多くは、業歴が短く成長過程にある企業や、業績を改善する必要性に迫られている企業である。したがって、「新たな顧客層の開拓」など、規模を拡大したり業績を改善したりするための取り組みを融資後に実施することが多い。
こうした取り組みによって、融資企業の設備投資額対売上高比率は非融資企業よりも高い。
これは国民生活事業による融資効果である。

A 業績改善の取り組みによって、融資企業の売上高増加率は非融資企業よりも高く、公庫以外の金融機関からの借入残高も融資企業は非融資企業よりも増加額が多い。これらも融資効果だといえる。

B 一方で、融資企業の収益性や安全性に関する財務指標が向上するという成果は 3 年程度では得られていない。
このため、非融資企業と比べると、民間金融機関からの借り入れが容易になったとはいえない。
これらの指標が改善し、民間金融機関からの借り入れが容易になるまでは、国民生活事業をはじめとする政策金融によってサポートすることが求められるだろう。

*****(以上、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:43| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: