このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年05月12日

地域の自主性、地方分権

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今週、以下の様なふたつの記事を読みました。

政府は「人口減少」に無関心?地方創生が地方を壊す未来がやってくる
日本をじわじわ蝕んでいる「静かなる有事」に気づいてますか

元旦の記事の中で、今年の仕事面の目標として、「@早期に、次のステージへの進み方を決める。」をあげてました。

次のステージとは、個である中小企業だけでなく、面である地域経済活性化支援のスキームを作ってそれを全国的に広めることです。
上の2つの記事を読んで早期に実践する必要性を感じました。

職業柄、企業支援から人口問題、地域の活性化に貢献したいと考えておりますが、上の記事で言われている「ある種の問題のすり替え(人口から産業へ)」に対するアプローチもありうります。
ものづくりのイメージが先行する産業ではなく、コミュニティビジネスというか、社会的企業というか、人口問題の解決につながる活動の集まりを支援することもあると考えています。

どのような産業や企業の集まりを支援するかはおいといて、やっぱり、地域の自主性というか、地域発の施策が必要です。
地域は地理的歴史的背景により多様であり、成功例を他の地域に当てはめることが勿論できません。
各地域に、中小企業支援センター、商工会・商工会議所、地域金融機関等、似たような組織はありますが、各組織が同じ能力をもっているわけでもありません。

などと考えつつ、40歳を目の前にして、残り30年くらいでどこまで貢献できるかを考えている今日この頃です。


posted by 佐々木 経司 at 08:26| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: