このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年03月27日

所得格差の要因と2010年代における動向

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

独立行政法人労働政策研究・研修機構は、平成30年3月26日に、日本労働研究雑誌 2018年バックナンバーとして、2018年1月号(No.690)を全文掲載しました。
所得格差の要因と2010年代における動向(PDFファイル)

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

バブル崩壊以降,「格差社会」という認識が人々の意識の中で浸透してきているが,直近の経済統計によると,2000 年代半ば以降,格差の拡大は頭打ちとなり,その一方で全体的に所得が低下してきている。
本稿では,格差の拡大が続いていた 2000 年代までの所得格差の要因に関する先行研究を概観した。
そのうえで,「日本家計パネル調査(Japan Household Panel Survey:JHPS)」を用いて,いまだ研究蓄積の少ない 2010 年代における有配偶世帯の所得の状況を確認した。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****

お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: