このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年12月25日

中小企業と大企業の生産性 〜感情論抜きで中小企業を考える〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命研究所は、平成29年12月25日に、日本経済経済分析レポートとして、
中小企業と大企業の生産性 〜感情論抜きで中小企業を考える〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

とかく中小企業は政策的に優遇されがちである。理由は、雇用者数の大半が中小企業に集まっているか
らである。
政治的に多くの人にアピールできた方が良いという配慮が働いているのだろう。しばしば中小企業は弱者だから保護政策が正当化されるという主張も行われる。
筆者は、この主張に関しては、少し感覚的だと思う。
財務データでみる限り、中小企業の業績はかなり改善してきている。
中小企業のグループ内での業績格差は常に存在するので、中小企業の中の業績が低迷している先への配慮はある程度必要という意見には必ずしも反対していない。
その場合でも、中小企業全体を保護すべき対象として扱う必要はないと考えられる。
本稿では、多くの人が素通りして考えている中小企業の捉え方について、大企業と対置しながら、何が違っているのかを生産性という尺度を使って考えてみたい。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: