このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年07月23日

地方創生に対する地域金融機関の営業現場の取り組みの現状と課題 ―2017年・RIETI支店長アンケートの結果概要―

みなさま、おはようございます。

石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせてい頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成29年7月20日に、ディスカッション・ペーパー(日本語)として、
地方創生に対する地域金融機関の営業現場の取り組みの現状と課題 ―2017年・RIETI支店長アンケートの結果概要―を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)*****

本調査の最大の特徴は、地域金融機関の本部ではなく、実際に顧客と接触している営業現場の責任者である支店長の方々を調査の対象にしている点である。
そして、現在、金融庁が提唱し、多くの金融機関が推進している事業性評価や地方創生への取り組みの妥当
性を裏付ける結果が得られた。
たとえば、「地元のために働ける」という意識が強くなった人ほど、現在の仕事に対する「やりがい」を強く感じているし、事業性評価にしっかりと取り組めている支店ほど、職員にとってやりがいのある職場となっている。
さらに、目利き力を重要な資質・能力として評価している金融機関の方が、職員の目利き力が向上している。
ほとんどの支店長が地方創生を金融機関の使命だと考えているが、同時に、国や地方自治体と協働して顧客企業を支援する際に様々な障害を経験しており、協働を進めるために改善の余地が残っている。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック