このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年06月21日

日本企業の「稼ぐ力」から見た賃上げ余力は?

みなさま、おはようございます。

石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成29年6月20日に、コラムとして、
日本企業の「稼ぐ力」から見た賃上げ余力は?を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

現実的には、付加価値額(除く人件費)の増加分を全て人件費に充てることができないため、ここでは増加分の30%、50%、70%を人件費に上乗せしていたと仮定して試算する。
その場合、2012年度から2015年度にかけての人件費の増加率は、それぞれ+1.7%、+2.3%、+3.0%となり、実績値の+0.7%から明確に押し上げられる。
つまり、近年の日本企業の付加価値額の伸びを踏まえると、さらなる賃上げ(≒人件費の増加)も可能であったと評価できる。

当然、付加価値額の配分は企業の経営方針などに依存する。
しかし、今後も企業が「稼ぐ力」を高める中で、付加価値額の増加分を今以上に賃上げにも振り向けることに期待したい。それにより、日本経済の好循環が再起動し、多くの人が景気回復を実感できるようになるだろう。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****

以上のものづくり(産業)、場づくり(観光)、人づくり(居住)は相互に関連することで、地域の経済に貢献することとなる。
そのための仕組みづくりも重要である。
まずは、地域の歴史などを見詰め直して、文化資源を認識し、将来に向けた基盤を整備することである。
文化・伝統を面的に捉えて地域のストーリーとすることにより地域のブランド化を目指す「日本遺産」が、文化庁によって認定(※2)されている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック