このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2011年03月05日

「農業産業化支援について−基本的考え方と方向性−」のとりまとめについて

みなさま、おはようございます。
石川県で地域活性化のお手伝いをしている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域資源や地域ブランド等に関する情報をお届けします。

経済産業省は平成23年2月22日に
「農業産業化支援について−基本的考え方と方向性−」のとりまとめについてを公表しております。
【概要】農業産業化支援についてー基本的考え方と方向性ー(PDFファイル)
【要約】農業産業化支援についてー基本的考え方と方向性ー(PDFファイル)
【本文】農業産業化支援についてー基本的考え方と方向性ー(PDFファイル)

とりまとめのポイントは以下の通りです。

1.農業産業化支援の基本的考え方
  ○農業産業化に向け、事業経営を支援する中小企業政策の活用を促進
  ○製造業などの技術や経営改善のノウハウを導入
  ○急拡大するアジア市場等への輸出拡大へ、輸出促進策を抜本的に強化


2.農業産業化支援の方向性
(1)農業への「経営」の導入
  ○全国約3000の中小企業支援機関(商工会議所等)のネットワーク活用
  ○中小保険と農林水保険の連携等、公的信用補完制度による切れ目のない金融支援
  ○農水省や関係機関とともに、事業強化のためのファンド出資を促進

(2)消費者と農業をつなげる
  ○地域をよく知る「地域プロデューサー」の育成・強化と組織化
  ○小売業(スーパー・百貨店・商店街等)との継続的マッチングの推進

(3)技術革新や「カイゼン」ノウハウ等を農業へ導入する
  ○ITを活用し、絶え間なく農業の生産性や収益の向上を図る

(4)生産現場で利益が出る体質を作る
  ○農地集約に資するよう合同会社(LLC)などの活用推進
  ○肥料や農業機械などのコスト引き下げ

(5)地域を世界につなげる
  ○国内生産から海外販売までを切れ目なくカバーする輸出促進策を実施する。
  (マーケティング支援、流通の高度化、輸出関連情報のワンストップ化、
  海外リスクの低減、海外事業の障害除去、日本食のブランド化)

(6)産業界との連携・協力の強化


3.制度環境の整備など(抜本的な制度環境の整備について)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック