このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2023年09月10日

北陸地域の概要(2023年8月調査)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は北陸の経済情報についてお届けします。

一般財団法人北陸経済研究所は、令和5年9月8日に、景気ウォッチャー調査(街角景気調査)(解説動画付き)を公表しました。
北陸地域の概要(2023年8月調査)(PDFファイル)

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

先行き判断指数(DI)は前月から1.3 ポイント下落の50.1 となった。
「インバウンドの来店が増加傾向にあるため売上増加が期待できる。
新型コロナウイルス感染症によって中止されていた屋外イベントが今年は4年ぶりに開催される予定であり、来客数の増加が期待できる(商店街)」と明るい声があがる。
「秋の行楽や連休での外出需要は今後も見込める。
その一方で、今後も各種値上げが予想されるなかで、消費者は購入に対して更に吟味して商品の選定や絞り込みを行うなど、シビアな傾向が続く(その他小売[ショッピングセンター])」という節約志向の高まりや、「秋以降、少しずつ団体の問合せも増えており、予約は順調に推移しているが、働き手が足りないという受入れ態勢の問題があり、100%受入れしてよいのか迷っている(観光型旅館)」、「景気はこのままの状況を維持すると考えるが、サービス業は他の業界よりも人手不足が深刻になっており、売上への影響が出てくることを危惧している(美容)」と人手不足の影響が懸念材料としてあげられている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月09日

景気ウォッチャー(令和5年8月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和5年9月8日に、
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(令和5年8月)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「景気は、緩やかに回復している。先行きについては、価格上昇の影響等を懸念しつつも、緩やかな回復が続くとみている。」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から2.6ポイント改善しました(全国平均は0.8ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):54.8(前回から2.6ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):50.1(前回から1.3ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月08日

生成AIの普及は日本の人手不足解消につながるか−雇用のミスマッチ発生で人手不足は残り、新たな失業者も発生−

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、令和5年9月8日に、経済金融情報として、
生成AIの普及は日本の人手不足解消につながるか−雇用のミスマッチ発生で人手不足は残り、新たな失業者も発生−(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要旨」の抜粋)*****

企業の人手不足感はコロナ禍でいったん和らいだものの、経済活動の正常化が進むにつれて再び高まっている。
こうした中、ChatGPT を始めとした生成AIの登場によって人手不足が解消へと向かうのではないかと注目が集まっている。

雇用動向調査を基に試算すると、事務従事者の仕事全てが生成AIによって代替された場合、@同業務に関連する新規求人の停止に加え、A雇止めとなった有期雇用の事務従事者の転職が進むことで、人手不足数(未充足求人数)は133 万人から67 万人まで半減するも、解消には至らない。背景には雇用のミスマッチの存在があり、最大で160 万人の事務従事者が新たな職に就けなくなるほか、産業や職業によっては人手不足の解消が想定ほど進まない可能性もある。
生成AIに代替される可能性の高い職業に就く労働者を中心にリスキリングを積極的に進めていくことが求められる。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月07日

アフターコロナで変わる生活、解消されない孤独−3カ年の継続調査からみえてきたこと−

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、令和4年2月1日に、ナレッジ・インサイトレポートとして、
アフターコロナで変わる生活、解消されない孤独−3カ年の継続調査からみえてきたこと−を公表しました。
PDFファイル

*****(以下、概要の抜粋)*****

2021年に孤独・孤立対策担当大臣が誕生して以降、孤独・孤立が社会課題として注目されています。
NRIでは、20代〜60代以上の男女約2,200名を対象に、2021年から3カ年継続してインターネットアンケート調査を実施し、孤独を感じている人の属性や考えられる要因、解決策等について分析を行ってきました。

コロナ禍の昨年(2022年)は一昨年(2021年)と比較して孤独を抱える人の割合が増加しました。

アフターコロナと呼ばれる今年(2023年)、若者を中心に昨年(2022年)よりも孤独を感じる人の割合が減少した一方で、中高年では孤独を感じる人の割合が増加しました。

人々の孤独の状況を若者と中高年にわけて、それぞれのアフターコロナの生活の特徴を明らかにしながら考察を深めます。


*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月06日

学歴や職業にかかわらず、すべての女性が能力を発揮できる社会を実現するには──働く母親たちへの調査を通じて見えてきたこと

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域活性化に関する情報をお届けします。

パーソル総合研究所は、令和5年7月12日に、シンクタンクインタビュー・対談として、学歴や職業にかかわらず、すべての女性が能力を発揮できる社会を実現するには──働く母親たちへの調査を通じて見えてきたことを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

ワンオペ育児の悩みはより深刻だと思います。
現場で働く女性たちは、夫も建設業や運送業、製造業などの現場で働いているケースが多く、そのような職場では男らしさが重視される傾向が強いこともあり、夫が「育児は女がするものだ」という価値観を持ち続けているケースも珍しくありません。
彼女たちへの聞き取りを通して「子どもが泣いていても構わず、夫がスマートフォンのゲームをしている」といった話をあちらこちらで耳にしました。

大学を出て大企業で働く男性の場合、ダイバーシティやジェンダー平等についての教育を受ける機会に何かしら恵まれ、育児にも協力しようという意識がそれなりにあります。
ところが、そのような機会がないまま社会に出て働く男性は、自分が育った家庭環境が価値観のベースとなります。
《夫が稼ぎ、妻が家を守る》といった家庭で育った男性であれば、妻だけが家事や育児をしていることに疑問を持たないのだと思います。
「イクメン」という言葉が広まって、これだけ男性の育児参加が叫ばれている今でも、このような現実があることに私自身、大きな衝撃を受けました。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月05日

中小企業における収益向上と知的財産経営強みとなる経営資源の戦略的な獲得と活用

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、令和5年9月5日に、ライブラリコラムとして、
中小企業における収益向上と知的財産経営強みとなる経営資源の戦略的な獲得と活用を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

ここでドラッカーの整理に沿って、中小企業経営を捉えてみると、企業自らの価値を高く評価してくれる顧客を獲得していくためには、顧客を創造するという視点が不可欠であり、その観点からも、改めてマーケティングとイノベーション[ 4 ]の重要性が高まっていると言える[ 5 ]。
そしてマーケティングとイノベーションを通じて実現すべき目標を達成するにも「資源」が必要である[ 6 ]。
伝統的に経営資源とは、「ヒト・モノ・カネ」を指すと言われてきたが、今日的には知的資産を中心とする無形の経営資源の重要性が高まっており、第4の経営資源[ 7 ]と捉えられるようになっている[ 8 ]。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月04日

ガソリン支援の出口戦略を考える〜価格平衡操作への移行〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和5年9月4日に、経済分析レポートとして、
ガソリン支援の出口戦略を考える〜価格平衡操作への移行〜を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「要旨」の抜粋)*****

岸田政権は、ガソリンなどの価格補助について9月末の終了を、12月末まで延長する意向だ。
この政策は、しばらくは延長するのが妥当と考えられるが、脱炭素化にも反するので、いつか必ず終了しなくてはいけない。
出口戦略として、2024年以降は価格平衡操作の仕組みに移行することを考えたい。
この手法で、時間をかけて財政資金とCO2排出量を中立化できる。

*****(以上、「要旨」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月03日

祝・五輪出場!

みなさま、こんばんは。
高校ではバスケ部だった、中小企業診断士の佐々木経司です。

いや〜、五輪出場、本当に良かったです!

井上雄彦さんもむっちゃ喜んでいると思います!
私もうれしいです!



posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月02日

日本のインフレを予想以上に上振れさせるリスク要因は何か?

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

ソニーフィナンシャルグループは、令和5年9月1日に、グローバル経済・金利ウォッチとして、
日本のインフレを予想以上に上振れさせるリスク要因は何か?(PDFファイル)を発表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

や運転業務などの猶予対象の事業・業務について、2024年4月以降は猶予期間が終了する。
このため、物流業界や建設業界では、賃金上昇圧力が高まる可能性がある。
具体的には一人当たりの残業時間が減少することによる労働投入の低下に備えて、さらに人手を確保する必要性があり、労働需要が増す可能性がある。
その結果、賃金が押し上げられるということだ。
また、単純に残業時間の減少に伴う残業代の減少分を所定内給与の増加によって補う必要性もある。
建設業やトラック運送業などの物流業では中小企業の割合が多いため、残業時間上限規制の猶予期間終了は、中小企業の賃金に影響を及ぼす可能性がある。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月01日

LOBO調査2023年8月結果

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は、令和5年8月31日に、調査・研究として、
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2023年8月結果(PDFファイル)

業況DIは、「個人消費の回復鈍く、ほぼ横ばい。先行きは、人手不足の中、一層のコスト増への懸念高まる」です。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

全産業合計の業況DIは、▲8.9(前月比+0.9ポイント)。
小売業は、インバウンド需要の回復等で売上が好調な百貨店が牽引し、改善した。
サービス業は、夏休み需要で飲食・宿泊・観光業を中心に改善も、物価高や天候不順の影響で力強さを欠いた。
建設業は、資材価格の高騰によるコスト増が重荷となり、ほぼ横ばいとなった。
また、製造業は、エネルギー価格の高騰によるコスト増で悪化し、卸売業も、国内需要回復の鈍さから引き合いが減少し、悪化した。物価高で内需に力強さを欠く中、原材料・エネルギー価格のさらなる高騰でコスト増が続いている。
また、深刻な人手不足に加え、労務費等の上昇分までの十分な価格転嫁も行えておらず、中小企業の業況は横ばいに留まっている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする