このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2021年09月08日

【緊急覆面座談会】学生は企業の何を見ているのか?―【特集】対求職者コミュニケーション 第3回

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社マイナビは、令和3年9月7日に、マイナビ採用サポネット人事採用(新卒)にて、
【緊急覆面座談会】学生は企業の何を見ているのか?―【特集】対求職者コミュニケーション 第3回を公表しました。

*****(以下、本文抜粋)*****

― 記事では学校名も社名も伏せていますが、皆さん有名大学から有名企業へと就職されますよね。
一方、皆さんのような人材は規模にかかわらず採用したいと考えている企業も多いと思います。
中小企業から受けたアプローチで印象的なものはありましたか?

Bさん: サービス業界の新興企業から受けたアプローチは強烈でした。
社長が有名大学の学生にどんどんご飯をおごって、いろいろな話をするんです。
豪華な接待という感じですね。
結果として今、有名国立大学の学生をどんどん採用しています。

学生にとって、就活中に接触する社員と会社への印象はほぼイコールになりますから、入社後も面白いことが起こるのでは?と期待できてしまいますよね。

Aさん: 中小企業だと、人的リソースの問題でウェブサイトの作り込みや情報発信が大企業ほどはできないことは理解していますので、個別のコミュニケーションでこちらを深く理解していることが伝わってくると、グッと志望度が上がります。

私が内定を受諾した企業はエンタメ業界では決して大企業ではないのですが、私の高校時代に少し関係があったことも織り交ぜた上で、私のプロフィールをしっかりと読み込んで連絡してくださったんです。

定型文じゃない、私のことを本当に理解した上で書いている文章だと伝わってきて、志望度が高くなり、結果として内定を受諾しました。

Cさん: Aさんのおっしゃるように、なぜ僕を採用したがってくれているのかが伝わってくると、大手と中小の情報や、こちらが抱いている印象の格差を超えて志望度が高まることは実際にあると思います。

学生側は、自分が社会で何をできるのかがまだまだ分かりませんので、こちらを深く理解した上での明確なスカウトがあると好感度が高いですね。


*****(以上、本文抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする