このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2021年06月30日

経済活動の停滞やウッドショック等の影響で、伸び悩む小規模企業景況(5月期調査結果)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、令和3年6月29日に、小規模企業景気動向調査[令和3年5月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】   回復基調に戻るも、懸念材料が多い製造業
【建設業】   ウッドショックの等影響により、採算が大幅に悪化した建設業
【小売業】   好転材料が少なく、横ばいから悪化に転じた小売業
【サービス業】3カ月連続の改善から悪化に転じ、厳しさを増すサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月29日

地域産業政策のあり方と地域の未来

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

国立社会保障・人口問題研究所は、人口問題研究第77巻 第2号 (2021年6月刊)として、
地域産業政策のあり方と地域の未来(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

2020年6月26日時点で同意された基本計画は245にのぼった.
促進する分野ごとの内訳は,成長ものづくりが195件,観光・スポーツ・文化・まちづくりが135件,農林水産・地域商社が94件,第4次産業革命が87件となっていた.
しかしながら,現状では,「点」としての工場の増設や設備投資が中心で,「点」を「線」でつなぎ,「面」にしていくような動きは,あまりみられない.
問題は,個々別々の「地域経済牽引事業」をどのように関連づけて,地域全体の発展につなげていくかということである.
「基本計画」や「連携支援計画」に個々の事業を位置づけ,意図的に牽引事業の波及効果を大きくするような産業連関効果などの地域波及効果を大きくするような方向づけが必要になるだろう.
新しい産業立地政策は,地域経済の基盤産業のとらえ方に変更を迫るものといえ,ここでも経済基盤説の理論を発展させ,特定産業の誘致や産学官連携を柱にした従来の地域産業政策から多様な産業や機能の複合化,域内循環から広域連携へと政策の視野を拡げていくことが重要となろう.

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

「ニューノーマル時代の購買行動調査」レポート

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社博報堂は、令和3年6月25日に調査データとして、「ニューノーマル時代の購買行動調査」レポートを発表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

・ オンラインでの購入と店舗での購入についてそれぞれ当てはまるイメージやメリット を聞いたところ 、 オンラインでの購入では、「すぐに欲しいもの を見つけることができる」( 67.3%)、「安く購入できる」 61.0%)、「(他の店・ブランド・商品と)比較検討しやすい」( 60.0%)が 6割を超え、早さや安さ、手軽さをオンライン購入のメリットと感じているようです。

・ 一方、 店舗での購入は「安心感がある」が 72.9%でトップ。「友人・知人と一緒に商品を買える」 60.3%)、「返品交換がしやすい」( 51.7%)が続いています。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

日曜の午後は、家族でサッカー観戦が多いかな…。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

日曜日は午前中に事務所に行って、午後から家族との時間を過ごして、夜は自宅で仕事というパターンが何となく決まっています。

日曜の午後の過ごし方は、色々ですが、
最近は、家族でサッカー観戦というのが増えてきました。

観戦といってもスタジアムに行くのではなく、
DAZNで観戦です。

DAZNでACLがみれるようになりました。
日本のクラブチームのアジアでの試合がみれます。
今日は、川崎フロンターレの試合を家族で見て、大盛り上がりでした。

posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月26日

地域×スポーツクラブ産業研究会の第1次提言

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

経済産業省地域×スポーツクラブ産業研究会は、令和3年6月25日に、地域×スポーツクラブ産業研究会の第1次提言を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、ニュースリリースの一部抜粋)*****

地域スポーツクラブを軸にした、新しい社会システム像を実現するために、検討されるべき5つのポイントを提示しました。また、この「サービス業としての地域スポーツクラブ」の可能性は、トップスポーツ(プロ・実業団・大学等)の成長戦略と車の両輪として、より大きな「スポーツ産業」という視座で考える必要性を提言します。つまり、トップスポーツの興行の映像やチケットの販売、選手・チームのデータを駆使したゲーム等のエンタテイメント、Sports-Tech(スポーツテック)、フィットネス・ヘルスケア、スポーツ用品の開発・販売などが生み出す「大きなスポーツ資金循環」の中に「サービス業としての地域スポーツクラブ」を位置づけて考える必要がある、という問題意識を明確にしていきます。

*****(以上、ニュースリリースの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。






posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

5月の中小企業月次景況調査(令和3年5月末現在)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、令和3年6月25日に
5月の中小企業月次景況調査(令和3年5月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

5月のDIは、足踏み状態で、特に非製造業の低迷が続いている。
半導体・電子部品、自動車関連は引き続き改善基調にあるものの、これまで巣ごもり需要の恩恵を受けていた食料品、紙加工品関連の改善基調に翳りが見られる等、足踏み状態となった。
新型コロナウイルスの収束は依然として見えず、収益面や資金繰り面で悪影響が続いている。
新型コロナウイルスの影響を強く受けている業種はもとより、原材料高・部品の調達不安等により、先行きを不安視する声が引き続き多く寄せられており、廃業を検討する声も後を絶たない。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

傷だらけの東京五輪、経済的メリットは? 〜やるからには感染対策は確実に〜

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和3年6月23日に、日本経済として、傷だらけの東京五輪、経済的メリットは? 〜やるからには感染対策は確実に〜を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

もうひとつ、課題があるとすれば、五輪後・アフターコロナの成長戦略にもあるだろう。
当初、東京五輪が開催されれば、そこで東京が国際観光都市として飛躍するという期待感があった。
インバウンドを4,000万人にして、さらに6,000万人に増やすという勇ましい目標を語っていた人達がかつてはいた。
東京都も都だけのレガシー効果が17兆円にもなると、宣伝していた時期がある。

コロナでその目算が狂ったことは深刻なことだ。
そうした構想を批判するのは簡単だが、代替案を示すのは困難な課題だ。
問題の核心は、頓挫した構想の代替案をどのように描くかであろう。
従来、インバウンド戦略が、人口減少下での成長戦略の一翼を担っていたことは明らかだ。
コロナが終われば、自然にインバウンドも4,000万人に戻るという見解はあまりに脳天気だ。
具体的に何を成長戦略の核に据えて、インバウンド戦略を立て直すか、失った成長経路をどう回復させていくかは、菅政権やそれに続く政権の重たい課題である。
五輪が終わっても、巨大な費用をかけて実行したことが、次の成長への飛躍につながらなければ、本当の意味で何のための五輪だったかわからなくなる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

「軽トラ市」からはじまる商品開発と観光まちづくり

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいおります中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人日本交通公社は、令和3年6月22日に、コラムとして
「軽トラ市」からはじまる商品開発と観光まちづくりを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

意外だったのは出店したみかん農家の反応だ。
普段、農協や直売所にみかんを納めているが、消費者との直接の接点が薄いという。
自ら販売すると、美味しいとか、もっと小さいのが欲しいとか、酸っぱいのが良いとか、そうした消費者の声が新鮮で、生産のモチベーションが高まったという。
売り方も、1回目は軽トラの荷台に山積みの量り売りから、2回目は小袋包装、3回目にもなるとリボンとみかんの説明紙も入れて、付加価値を高めて販売する農家が現れはじめた。
実行委員たちが予想していなかった効果だ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

家計消費状況調査年報(令和2年)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

総務省統計局は、令和3年6月21日に、家計消費状況調査年報(令和2年)を発表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

2020年の二人以上の世帯におけるネットショッピングによる支出金額は,1か月平均16,339円と,前年に比べ14.0%の増加となった。

項目別に前年と比べてみると, 新型コロナウイルス感染症による外出自粛などの影響を受けた「旅行関係費」が51.7%の減少,「チケット」が54.2%の減少と大幅な減少となった。
一方で,これらを除く全ての項目で増加となり,「食料」及び「家電・家具」が共に55.9%の増加と最も増加率が高くなった(表T−2−1,図T−2−1)。

世帯主の年齢階級別に前年と比べてみると,全ての年齢階級で増加となり,特に70歳以上は23.4%の増加と最も増加率が高くなった(表T−2−2,図T−2−2)。

なお,二人以上の世帯における2020年のネットショッピング利用世帯当たりの支出金額は,1か月平均33,353円と,前年に比べ0.3%の減少となった(表T−2−1)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****

お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月21日

全国小企業月次動向調査結果(2021年5月実績、2021年6月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、令和3年6月21日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2021年5月実績、2021年6月見通し)(PDFファイル)


5月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、4月(▲10.7)からマイナス幅が拡大し、▲17.0となりました。
6月は、▲21.9とマイナス幅が拡大する見通しです。

5月の採算DIは、4月(▲23.0)からマイナス幅が拡大し、▲28.0となりました。
6月は、▲25.2とマイナス幅が縮小する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:50| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月20日

北陸の金融経済月報(2021年6月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和3年6月10日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2021年6月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、一部に下押し圧力が続いているが、総じてみると持ち直している。

最終需要をみると、個人消費は、一部に下押し圧力が続いており、持ち直しのペースが鈍化している。
住宅投資は、減少している。設備投資は、弱めの動きとなっている。
公共投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。

当地製造業の生産は、持ち直している。
業種別にみると、電子部品・デバイスは、増加している。
化学は、横ばい圏内の動きとなっている。
生産用機械は、持ち直している。
金属製品、繊維は、低水準で横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は、弱い動きとなっている。

消費者物価(除く生鮮食品)は、下落している。

企業倒産は、件数は前年を上回ったものの、負債総額は前年を下回った。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかに低下している。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 20:52| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月19日

ひさしぶりのツエーゲン

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日、いつも通りに仕事を終えてから、ツエーゲン金沢のナイターゲームを観戦してきました。
微妙な天気でしたが、ホームタウンサンクスデーとあって、バックスタンドは程よい感覚で座れるくらいの来場者でした。
アウェイのお客様のご来場が禁止されていました。
コロナ禍なのでしょうがないとえばそうなのですが、ちょっと寂しい感じがしました。

声出し応援は禁止なので、拍手のみの応援です。
選手の声が良く聞こえて、別の楽しさがありました。
posted by 佐々木 経司 at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツと地域のリレーション、未来を見据えて前向きに

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

財務省は、令和元3年6月18日に、「ファイナンス」令和3年6月号として、
スポーツと地域のリレーション、未来を見据えて前向きに(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

C.R.Oの役割の一つとして、地域との関係作りがあります。
Jリーグには元々「地域密着」という理念がありますが、これからはさらにどう地域を発展させていくかにクラブももっと深く関わっていく必
要があると思っています。
クラブもホームタウンの鹿嶋市や行方市と地方創生事業に関する包括連携協定を締結し、移住政策の推進やまちづくり等に参画していますし、私もいかに地域と共に歩いていくかということは常に意識をしています。

私はスイスのバーゼルFC等にも在籍していましたが、ヨーロッパのクラブは100年位の歴史がある中で、親子何代で地元のチームを愛してい
る事が感じ取れます。
またスタジアムにはショッピングセンターがあったり、老人施設があったり、そこを中心に街が形成されたりしています。カシマスタジアムでもクラブが指定管理者となることでスタジアムコンコースで火を使った美味しいグルメを提供できるようにしたり、スポーツジムやミュージアム、敷地内にチームドクターが診察するクリニックも開設しています。
こういった活動で、地域の皆さんにとってスタジアムがより身近なものになり、地域の一つのシンボルのような、そんな存在になっていけたらと思っています。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月18日

「観光産業の魅力の向上に向けた取組内容及びその方法に関する調査」

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は北陸の経済情報をお届けします。

北陸経済連合会は、令和3年6月17日に観光委員会の2021年度の活動としてとして、
報告書「観光産業の魅力の向上に向けた取組内容及びその方法に関する調査」結果についてを公表しました。

*****(以下、報告書の本文の一部抜粋)*****

そんな中、 新型 コロナ が 感染拡大 する 前より、単なる 観光旅行ではなく 、 テーマ性の強い新しいタイプの体験型旅行 等 が「ニューツーリズム」として 大きく 注目 を浴び るようになり 、変化 ・多様化する 旅行スタイルのニーズを満たす トレンド として定着してきた。

「ニューツーリズム 」 には「エコツーリズム」「グリーンツーリズム」「文化観光」「ヘルスツーリズム」 、さらには 「産業観光」 など各種の形態がある 。 単に地方を訪れるだけでなく、 その地域の歴史的・文化的価値のある地場産業 や伝統 技術を学んだり、 地域の昔からのモノづくり体験や 農作業体験 など アクティビティ を通じて 、 地元の人と 心触れあ う 交流を重ねることで 、 都会には無い地方の魅力に触れることができる 。

これらが人気を高めてきた理由を 整理すると、 従来からある観光資源を表面的にたどるだけとは異なり、地域の 「本当の姿」「ありのまま の姿 」 に新しい価値を見出し、魅力として 捉えられている ところが共通項として浮かび上が ってく る。
このことこそが、これからの観光産業 も含めた「持続可能な地域づくり」にもつながるキーポイント ではないか。

*****(以上、報告書の本文の一部抜粋)*****

お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 22:26| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

MICEという出会い空間とその作り方〜昭和世代・X世代・Z世代の相違〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいおります中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人日本交通公社は、令和3年6月17日に、コラムとして
MICEという出会い空間とその作り方〜昭和世代・X世代・Z世代の相違〜を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

新型コロナウイルス感染症は世界のMICE産業にも多大な影響を与え続けている。
開催予定だったMICEは中止や延期、あるいはオンライン開催やリアルと併用のハイブリット型開催を余儀なくされた。
しかし今年に入り英米ではワクチン接種が進み、リアル回帰の動きが見られる。
MICEは世界中から各界の専門家やビジネスマンが一堂に会するイベントだ。
運営にはいち早く先端技術を活用し、誘致活動から施設自体の運営、建設の助言まで関わる幅広いノウハウが集約された産業と言えるが、根底にあるのは「出会いの空間づくり」の発想だ。
本文ではMICEの歩みを振り返りながら、次代に継ぐポストコロナの「出会いの空間」とは何かを考える。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月16日

市場の競争環境、結果を左右 最低賃金引き上げるべきか

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和3年6月15日に、コラム・寄稿新聞雑誌等への寄稿として、市場の競争環境、結果を左右 最低賃金引き上げるべきかを公表しました。

*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

その結果、10年代前半までの製造事業所という限定付きながら、以下の3点が明らかになった。
第1に最低賃金上昇は平均的には雇用を減少させ、労働市場集中度が高まるとその減少幅は小さくなる。
だがその効果は大工場と中小工場で異なる。最低賃金上昇により中小工場では雇用が減り、大工場では雇用が増える。

第2に最低賃金上昇により非正規労働者は大工場でも中小工場でも減少する。

第3に最低賃金が上がることにより事業所退出率も上がる。
最低賃金が上がると、競争的労働市場では集中度が高い労働市場に比べて大きく退出率が上がる。

これらの結果は、@大規模事業所の正社員は集中的労働市場、それ以外の社員は競争的な労働市場に直面しているA平均的には最低賃金上昇が雇用を減らし事業所退出率を高める――ことを示す。
つまり労働者と使用者の二項対立ではなく、大企業と中小企業、正規労働者と非正規労働者の間で、最低賃金上昇の効果が異なる可能性がある。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月15日

ふるさと納税で地域のファンをつくろう

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

大和総研グループは、令和3年6月14日に、レポート・コラムコラムとして、ふるさと納税で地域のファンをつくろうを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

そして、こうした関係人口を増やすために、ふるさと納税が使えないだろうか。
ふるさと納税は、現状モノ(返礼品)目当ての寄付も少なからずあるだろうが、農業体験や移住体験といった体験型などのコト消費を活用することで、地域のファンを増やし、関係人口を増やせないだろうか。
既にふるさと納税の体験型プログラムはあるが、先行研究(※2)によると、体験型プログラムを実施する事業者と寄付者では継続的な関係が構築されているが、自治体と事業者、自治体と寄付者の間に継続的な関係を構築するには至っていないようである。
事業者と寄付者との間の継続的な関係はもちろん、自治体が事業者とも協力して寄付者に地域の魅力を発信するなど寄付者の再訪を促すことで、寄付者と地域の持続的な関係を築き、関係人口を構築していくことが重要ではないかと思う。
これまで、ふるさと納税については返礼品目当ての寄付になってしまっているといった批判も多いが、こうした関係人口を構築していく活用法であれば、応援したい地域の力になれるというふるさと納税の意義により合致するのではないか。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

「自治体・観光関連事業者等における観光危機管理推進のための手引書・教材・講師用手引書」

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

観光庁は、令和3年6月14日に、
「自治体・観光関連事業者等における観光危機管理推進のための手引書・教材・講師用手引書」を作成いたしました!を公表しました。

*****(以下、「トピックス」の一部抜粋)*****

今般、観光庁と国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所では、観光危機管理*を各地に普及・浸透させることを目的として、観光危機管理の基本要素とされている4つの“R”「[1]減災=Risk Reduction」、「[2]危機対応への備え=Readiness」、「[3]危機への対応=Response」、「[4]危機からの復興=Recovery」の各フェーズにおける国内外の危機対応グッドプラクティスの収集・分析・整理を行い、「自治体・観光関連事業者等における観光危機管理推進のための手引書」等を作成いたしました。

本手引書等を参考に、観光危機に備えて観光危機管理計画等を作成していただくことにより、危機に対する地域の観光の強靱性の向上につながることを期待しています。

*観光危機管理:観光客や観光産業に甚大な影響をもたらす危機を想定し、被害を最小限にするため、減災対策や危機発生時の対応策等をあらかじめ計画・訓練して組織としての備えをしておくことで、観光地のレジリエンスを向上させるもの。

*****(以上、「トピックス」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 22:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

いまさらですが…。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今晩、妻の実家でお食事を頂いてきました。

帰り際に獲れたての玉ねぎを見つけました。
で、衝撃(?)だったのが、玉ねぎって玉の上の部分が長ネギ見たくなっているということを、初めて知ったことです!
長ネギっぽい所の一部が切られて、干す前の状態だったようです。

いや〜、いまさらで、恥ずかしかったです…。
posted by 佐々木 経司 at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月12日

ものづくり補助金の効果分析:事業実施場所と申請類型を考慮した分析

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和3年6月11日に、ノンテクニカルサマリーとして、ものづくり補助金の効果分析:事業実施場所と申請類型を考慮した分析を公表しました。
ディスカッションペーパー(PDFファイル)


*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

DID分析では、生産額、出荷額、付加価値額、給与額(それぞれ総額と一人当たり)をアウトカム変数とし、補助金への受給の効果を推定した(下図参照)。
その結果、補助金受給事業者の総生産額、総出荷額、現金給与総額に、統計的に正で有意な差(0.8-3.4%のアウトカムの高まり)がみられた。
一人当たりの指標では、給与額のみが有意だった。
その一方で、生産性の指標として重視される付加価値額については、総額も一人当たり指標も、補助金受給事業者と非受給事業者の間で、統計的な有意差は認められなかった。

分析から明らかになった総額と一人当たりアウトカムの結果の対照性は、採択事業者ほど補助金受給後に従業員数を増やし、一人当たり指標が高まらなかったことを反映している。
受給事業者では、ものづくり補助金で設備投資を行い、生じた余剰資金で従業員を雇ったものの、期待されたようには労働生産性が高まらなかった様子がうかがえる。
また、補助金の受給が一人当たり付加価値額(労働生産性)を高める効果を生まなかった一方で、受給後に一人当たり給与額や現金給与総額が上昇していた事実は、補助金事業前後(2013年前後)の労働需給のひっ迫を背景に、補助金受給事業者において労働分配率が上昇していたことを反映している可能性がある。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする