このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2021年03月26日

日本の地域金融と工場の退出

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和3年3月22日に、ノンテクニカルサマリーとして、日本の地域金融と工場の退出を公表しました。
ディスカッションペーパー(英語)


*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

本研究は、都市銀行の貸付シェアが高い都道府県で、1990年代半ばに工場の生存率が大きく低下したことを示した。
また、苦境に陥った都市銀行が工場に対する融資を停止せざるを得なかった地域で、1990年代後半および2000年代前半に工場数と雇用数が回復することはなく、逆に生き残った工場の間でも生産性やマークアップが低下する傾向があったことを示した。
地方銀行や信用金庫が、バブル崩壊後に貸し出しを減らさなかったことは、その後の地方経済の動向に少なからず影響を与えたものと考えられる。
これらの結果より、経済危機の際に、企業の新規参入があまり期待できない状況では、財務状況が逼迫した生産者を退出させることは、地域の将来の成長と生産性にとって必ずしも有益ではない可能性が示唆された。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする