このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2021年02月28日

どれを使う?4つのイノベーション・フレームワークとその違い

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に情報をお届けします。

株式会社日経リサーチは、令和3年2月25日に、日経リサーチレポートとして、どれを使う?4つのイノベーション・フレームワークとその違いを公表しました。

*****(以下、本文の一部の抜粋)*****

今回、取り上げる4つの手法は大きく2つに分けることができます(図1)。
1つはまず「世の中にないもの」を考え、その後で、その制約の中で「顧客にとって便益があるもの」を検討し、デザインしていく方法です。
「ブルー・オーシャン戦略」と「SHIFT」がこれにあたります。これを新規性起点のフレームワークと呼ぶことにします。

もう1つはまず「顧客にとっての便益」を考え、その中から「顧客にとって新規性があるもの」を検討し、デザインしてく方法です。
「ジョブ理論」と「N1分析」におけるアイデア抽出のプロセスがこれにあたります。
これを便益起点のフレームワークと呼ぶことにします。以下、個別にみていきましょう。

*****(以上、本文の一部の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:25| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする