このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2020年02月06日

“あたらしもの好き”シニアの7割はスマホを所有している傾向

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

モバイル社会研究所は、令和2年2月5日に、レポートのシニアとして、“あたらしもの好き”シニアの7割はスマホを所有している傾向を公表しました。
本文(PDFファイル)

*****(以下、紹介文の抜粋)*****

シニアの所謂“新しもの好き”“欲しいものはすぐに購入する”と言ったようなライフスタイルと所有している端末の関係について調査を行った。結果は以下の通り

1. “あたらしもの好き”傾向のシニアの7割はスマホを所有している傾向
2. 欲しいものを“すぐに購入する”シニアでスマホを使っていないのは3割

モバイル社会研究所が2019年1月に行った一般向けモバイル動向調査において、シニア(60歳以上)の、いわゆる“あたらしもの好き”の度合いを示すイノベータ度(注1)と、“欲しいものをすぐに購入するか、慎重に検討するか”の度合いを示す即時傾向(注2)の二つのライフスタイル変数のそれぞれと、所有しているスマートフォンやケータイなどの端末の関係について分析を実施。

*****(以上、紹介文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする