このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年12月31日

私の2019年を象徴する感じは「滞」です。

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

財団法人日本漢字能力検定協会が毎年定めている今年の漢字は、
「令」でした。

この漢字が選ばれた理由↓
新天皇即位による新元号決定が、新たな時代の幕開けを告げた一年。「令」という漢字一字が持つ意味に、明るい新時代を願う国民の思いが集約された。
「令」和は初めて日本の古典を出典とする元号であり、日本の伝統文化を再認識する機会となった。
法「令」改正による消費税増税、芸能界の不祥事など法「令」順守に対する意識の高まりや、災害による警報発「令」、避難命「令」もあった一年。


私の今年の漢字一字は「滞」です。
昨年の漢字は「進」でした

今年は、昨年とほぼ真逆に近く、進んでいるのか、進んでいないのか…、停滞感満載の1年でした。
3歩進んで2歩下がるまでは言いませんが、去年3歩進んで今年は次の一歩目が出ないって感じです。

通常業務は滞ってないのですが、
職業人としてというか、研究者としてというか…。
「何かを変えなければ今の殻は破れないなぁ」というのが最近思うところです。

息子のサッカーもそうです。
自主練を始めたころは、ものすごいスピードで伸びましたが、今は伸びが緩やかです。
去年、10点満点中2点から6点に伸びたのに、今年は6点から7点までしか伸びなかったという感じです。


今年も残すところあと14時間半。
それでは、みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。





posted by 佐々木 経司 at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする