このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年07月05日

地方銀行合併の先にある現実─ 預金過剰の問題 ─

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、令和元年7月5日に、金融ITフォーカス2019年7月号として、
地方銀行合併の先にある現実─ 預金過剰の問題 ─を公表しました。
PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

来投資会議におけるこれまでの議論では、「銀行はシステム費用をはじめとする固定費の割合が高いため統合による経費削減余地は大きい」「経営統合によって生じる余力をもって金融仲介機能を維持する」など、合併による前向きな効果が前提とされていたが、過去の事例が示唆する教訓は、経費の削減余地は大きいものの、それが前向きな収益の拡大をもたらすとは限らない。
個別行においては、法制度の枠組みが整備されたとしても、これまで以上の経営努力が求められるといえよう。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする