このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年05月31日

なぜ今、地域銀行の「地域商社化」か

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

みずほ総合研究所株式会社は、令和元年5月30日に、リサーチTODAYとして、
なぜ今、地域銀行の「地域商社化」か(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

地方では公共投資や工場誘致といった外からの経済活性化策が限界にきており、今日必要なのは、地域資源を活用した産業を自ら起こし、商品やサービスを域外に販売して儲ける「地産外商」である。
今回、議論したいのは、日本の地域金融機関の戦略としての「地域商社」の在り方だ。
超低金利下で既存の商業銀行モデルが通用しなくなったなか、地域銀行は地域のプライベートエクイティファンドのように、地域企業の力を活用して地域の収益性や潜在力を高めていかざるをえない。
地域銀行にしてもいかに地域のエコシステムを実現できるビジネスモデルへ転換できるか、持続性のあるビジネスモデルを描くことができるかが課題となる。
地域創生ブームのなか自治体主導で地域商社を設立して地域貢献を行うという次元にとどまらず、積極的に企業価値を高めるファンド的な発想が重要になる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:28| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする