このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年05月09日

企業パフォーマンスにおける仕入先、販売先の非対称性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、令和元年5月8日に、ノンテクニカルサマリーとして、企業パフォーマンスにおける仕入先、販売先の非対称性を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

シンプルな中間財を使う企業のモデルを考えると、仕入先数、販売先数共に売上や利益に正の影響を与えるが、その経路は異なる。
仕入先数の増加は企業の限界費用を下げ(生産性が上がる)、その結果需要弾力性が1より大きければ売上は増加する。
一方販売先の増加は生産性は変化させず、売上だけ上昇する。
理論的に販売先数の売上に対する弾力性は一定なのに対し、仕入先数の弾力性は規模が大きくなるにつれて上昇する。
このような理論インプリケーションをデータを使って検証した。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする