このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年04月21日

課題を抱える日本企業の採用

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成31年4月19日に、コラムとして、課題を抱える日本企業の採用を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

筆者は、長年日米のビジネススクールで教鞭をとった経験があるが、日米の社会人学生が採用に関する見方が大きく異なることに気が付いた。
例えば、1000万円の価値を確実に生み出す候補者A(堅実な人材)と、50%の確率でそれぞれ2000万円とゼロの価値を生み出す候補者B(リスキー人材)のどちらを採用するか問うと、米国のMBA学生は約8割がリスキーなBを選ぶ。
ところが日本のMBA学生は約8割が堅実なAを選択する。何故か?

この違いを体系的に捉えるため、表2を見て頂きたい。
意思決定には常に2種類の正しい決定と間違いがある。
例えば、Aさんを採用すべきか採用しない方が良いかという問題を考えよう。
事前には分からないが、現実は、Aさんは採用されたら会社に貢献するか貢献しないかの2つの可能性がある。
この時、会社に貢献する人を採用し、会社に貢献出来ない人を採用しないというのが正しい意思決定である。
間違いにも同様に、会社に貢献しない人を採用するという間違いと(第1種の間違いと呼ぶ)、会社に貢献する人を採用しないという間違いがある(第2種の間違いと呼ぶ)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 18:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする