このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年07月14日

「地方分権・広域行政・道州制に関する意見〜地域の自立と繁栄の多極化に向けて〜」の取りまとめについて

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益社団法人関西経済連合会は、平成30年7月13日に、
「地方分権・広域行政・道州制に関する意見〜地域の自立と繁栄の多極化に向けて〜」の取りまとめについて(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

これまでの地方創生政策は、人口減少への自治体の危機感を高め、地方の活性化が政策課題となったことや、人材や情報など多岐に渡る支援が継続して実施されていることは評価できる。
しかし、国の号令のもと、すべての市町村に策定が求められる地方創生総合戦略や、国が各自治体に提案させて国が交付先を選定する地方創生推進交付金など、推進の手法はむしろ中央集権的であるとの声がある。
地方の側も、採択された他地域の事業を参考にしながら申請事業を考えるようになっており、真の意味で創意工夫や独自性を活かすための政策
としては限界がある。
真の地方創生、繁栄の多極化を実現するには、計画策定の時期や手法も含め、各地域が主体的に戦略を描いて実行していくという地方分権の考え方に基づくアプローチが必要である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:37| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

日本経済中長期展望、3メガトレンドと3課題達成で1%成長に

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

みずほ総合研究所株式会社は、平成30年7月13日に、リサーチTODAYとして、
日本経済中長期展望、3メガトレンドと3課題達成で1%成長に(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

このなかで、通説的かつ悲観的な見方に対し、「3つのメガトレンドと3課題克服で日本は1%成長」という議論を展開している。
下記の図表にまとめたのは、日本経済を取り巻く3つのメガトレンドである。
国際情勢は米中の覇権争いの複雑な様相を抱えるが、日本にとって最もサポートになるのが、アジアの人口ボーナスを中心とした中間層の発展が日本の産業に追い風に働くことだ。
また、経済・金融環境としては「低賃金・低インフレ・低金利」が続き、企業の一人勝ち状況になりやすい。
2020年代の日本を巡る内外の状況は人々が一般的に認識するよりも良く、2020年代は日本にとって最後の改革のチャンスであり、この恵まれた環境をいかに活用できるかが日本経済の持続的成長のカギとなる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

北陸の金融経済月報(2018年7月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成30年7月12日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2018年7月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、拡大している。
企業の業況感は、製造業、非製造業ともに改善している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。
設備投資、公共投資は増加している。

当地製造業の生産は緩やかに増加している。
業種別にみると、電子部品・デバイスは増加している。
化学は緩やかに増加している。
はん用・生産用・業務用機械は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。

貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

漁協と商工会の連携によるハモのブランド化

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社農林中金総合研究所は、平成30年7月10日に、農中総研 調査と情報2018年07月号第67号に、漁協と商工会の連携によるハモのブランド化を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

このようなスムーズな連携の実現は、杵築市が漁協と商工会の双方の調整・ファシリテーター役をし、補助金などのアドバイザー役として機能していることが大きな一因として挙げられる。
ほかにも県が漁協と商工会の橋渡しをしたことや、漁協と商工会の双方の目標が「ハモの販売」という方向で一致していたこと等もある。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

景気ウォッチャー(平成30年6月)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成30年7月9日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成30年6月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。
先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から0.8ポイントの改善となりました(全国平均は1.0ポイントとの改善)。

現状判断DI(各分野計):47.8(前回から0.8ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):49.6(前回から0.2ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

合宿の準備、着々と

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

息子の大冒険である合宿の準備を着々と進めています。

スクールでの練習は週1回だったので、練習着も1セットだけでした。
合宿では洗濯無しのようですので、3セットが必要とチラシに書かれてました。
内履きも必要で、現在持っているシューズをにらめっこして、体育館用のサッカーシューズを買うこととしました。
最近大活躍のメ○○リで購入です。

夏合宿だけでなく、7月中旬に幼稚園のイベントでツエーゲンのサッカー教室があること、夏休み中に半日の強化練習があること、秋の大会をひとつの区切りとしていること等から、朝練をパワーアップさせるために、マーカーコーンを買いました。

息子は、公文を通じて地道な練習の重要性を実感しているものの、実践(今のとことスクールでのミニゲーム)ですぐ使えそうな練習の方が楽しいようです。

がんばれ、息子よ。


posted by 佐々木 経司 at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

地方で輝くベンチャー企業−地方都市のベンチャー生態系作り

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、平成30年7月6日に、基礎研REPORT(冊子版)7月号[vol.256]として、地方で輝くベンチャー企業−地方都市のベンチャー生態系作りを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

ベンチャーを取り巻く環境を表す言葉として、よく「生態系(エコシステム)」という言葉が使われる。
活力あるベンチャー、イノベーションを生み出すためには、この生態系が厚みを持つことが重要である。
動植物で溢れる豊かな森林の生態系のように、大学や研究機関、自治体、金融機関、ベンチャー・キャピタル、事業会社等が共存共栄し、次々とベンチャー・イノベーションが芽吹くことが理想だ。
豊かな生態系では、夢破れたベンチャーも、その経験・人材等は新しい芽を生む種・養分となる。
数少ないベンチャーを大事に守り育てるのも大事だが、次々とベンチャー・イノベーションが生まれる(良い意味での)多産多死の環境を作ることが重要だ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:44| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

なぜ消費は活性化しないのかー活性化を阻む6つの理由

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、平成30年7月6日に、基礎研REPORT(冊子版)7月号[vol.256]として、なぜ消費は活性化しないのかー活性化を阻む6つの理由を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

消費が活性化しない理由には、
(1)消費者全体で経済的不安が広がっていること、
(2)消費額が少ない高齢世帯が増えていること、
(3)消費社会の成熟化でお金を出さなくても質の高い消費生活を送ることができること、それに伴う
(4)価値観の変容、
(5)消費者の暮らし方が変化する中でニーズの強い領域に商品やサービスの不足感があること、そして、
(6)統計上の課題があげられる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

親バカやけど、息子に拍手したい。

みなさま、こんばんは
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

年長の夏に、息子は何かを求めて大冒険をすることにしたようです。

何かというと、サッカースクールの夏合宿に参加することにしました。
一泊二日ですが、年長さんには大冒険です。

いつものお友達でいっぱいの楽しいお泊り保育とは違います。
同じスクールの幼稚園児が恐らくいないこと(同じスクールの先輩はいます)、楽しみにしていた町内の夏祭りよりも夏合宿を選んだこと、厳しい練習が待っていること…。

バックアップ体制は万全なスクールでの合宿なので、何かあった時の心配はしていませんが、それは親のみぞしること。
不安はあるが挑戦するのか、いい意味でそこら辺が鈍感なのか…。

最近、公園での朝練習を経て、実際はそれほど上達はしていないけど、練習しているという事実から得た自信のお陰で、スクールではかなりアグレッシブに動けるようになりました。
素人である父親からみてもまだまだ精進が必要な状態であるものの、チェックポイントはいくつか通過しているかなという状況です。

サッカーの実力はともかく、年長なのに、仲良しなお友達がいない合宿への参加を決めた息子のチャレンジ精神に、素直にリスペクトします。

元気に過ごすにせよ、ホームシックで辛い思いをするにせよ、合宿参加の決断したこと自体に拍手を送りたい父親なのでした。




posted by 佐々木 経司 at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

内需主導へのシフトが進むわが国経済: 企業部門で芽生えた自信が好循環メカニズムを後押し

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成30年7月5日に、経済・政策レポート日本経済として、内需主導へのシフトが進むわが国経済: 企業部門で芽生えた自信が好循環メカニズムを後押し (PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要点」の一部抜粋)*****

以上のように、外需のけん引力は低下するものの、内需中心のより足取りのしっかりとした景気回復が実現する見込み。
結果として、2018年度の成長率は+1.3%と高めの成長が持続する見通し。
2019年度は、10月の消費増税実施に伴う個人消費の下振れで成長率は鈍化するものの、消費の大幅な落ち込みは避けられるため、1%程度の成
長ペースは維持。
物価面でも、値上げと賃上げが同時に実現する「望ましいデフレ脱却」に向けた動きが徐々に広がる見通し。

今後のわが国経済は、安倍政権が発足時に掲げた「第1の矢(大胆な金融政策)」と「第2の矢(機動的な財政政策)」を通じた需要創出策が不要な経済状況に変化。
政府は、需要対策に投入してきた政策資源を成長戦略に振り向けることで、潜在成長率の引き上げに本格的に取り組む必要。

*****(以上、「要点」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

地域金融機関によるクラウドファンディングの活用が進む:期待が高まる「ローカルイノベーション」の実現に向けた取組み

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成30年7月4日に、レポート・コラム金融・証券市場・資金調達として、地域金融機関によるクラウドファンディングの活用が進む:期待が高まる「ローカルイノベーション」の実現に向けた取組みを公表しました。
本文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

CFと金融機関等との協業は、既存金融機関側の関与の仕方によって、@既存のCF事業者に案件を紹介する「仲介型」、A既存のCF事業者に出資又はライセンスを購入しCFプラットフォームを利用する「出資・ライセンス購入型」、B金融機関等が単独ないしは既存のCF事業者や既存企業と共同でCFプラットフォームを設立する「設立型」に大別できる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

世界3位と世界61位の闘い

みさなま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

感動しました。
仕事を終えてから自宅で前半の15分くらいから見てました。

ベルギーの猛攻に耐え、隙あらばせめて少ないチャンスをものにするという展開にハラハラドキドキしました。

後半、2点差ついてからベルギーベンチが動いて、その後展開を固唾をのんでみていました。
本田が投入されてからの香川との連携は心に残りました。
試合には負けましたが、久しぶりに熱くなりました。

この試合は学ぶことが多かったです。



posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

びっくりな記録!!

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日は、健民海浜プールのプール開きのお手伝いをさせいてただきました。

30度をこえることが予報されていたこと、日曜日だったこと、入場料も駐車料も無料であったことから、とても多くのお客様でにぎわっていました。
本日、関係者に話を伺ったところ、8月の土日並みの入場者数だったとか。
ありがたいことです。

今年も大きな事故等が無く終わりますように。

posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

がんばれ息子!!

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は暑かったですねー
午前にプール開きのお手伝いをしてから、午後はいつも通りにお休みを頂きました。

夕方から息子と一緒にセントラルパークでサッカーの練習です。
暑い中、少し練習をやりすぎた感がありましたが、
その後に偶然見つけたサッカースクールの先輩に混ざって、ボールをマーカーの間をめがけて蹴って通すというゲームに参加しました。
それほど難易度が高くないステージを3回連続で通したら、ボール一個分か少し広いぐらいの幅を通すチャレンジに挑戦というやつです。
がんばった結果、ボールが他のお兄ちゃんおねえちゃんより小さいこともあって、2位になれました。
本人は、「銀メダル」と嬉しそうでした(#^.^#)

少しずつサッカーが上手になってきており、自信もついてきたようです。

がんばれ、息子!!



posted by 佐々木 経司 at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする