このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年04月30日

マイナス金利政策下における地域金融機関の経営戦略─生き残りをかけた広域化戦略と深掘り戦略─

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

農林中金総合研究所は、平成30年4月27日に、農林金融として、マイナス金利政策下における地域金融機関の経営戦略─生き残りをかけた広域化戦略と深掘り戦略─を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「要旨」の抜粋)*****

日銀の金融緩和政策の長期化や金融機関間の金利競争を受け,地域金融機関の利益水準は低下傾向にある。
また,地域経済に目を転じてみると,大都市圏への人口集中(地方部の人口減少),後継者不足による中小企業の廃業率の高まりといった要因も経営環境をいっそう厳しくしている。
こうした状況のなか,近年の地域金融機関(地方銀行,第二地方銀行,信用金庫,信用組合)は大別して,営業地域の広域化を図り,顧客基盤を強化するとともに多様な金融サービスを提供する「広域化戦略」と,限られた営業地域にこれまで以上に密着する「深掘り戦略」によって生き残りを図っている。
本稿では2 つの戦略を概観した後,地域金融機関の今後の経営戦略のあり方を検討する。

*****(以上、「要旨」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする