このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2018年04月08日

「黒田2.0」の不都合な「3つの断絶」と「7つの提言」 〜有事から平時への移行でレジーム転換も視野に〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

みずほ総合研究所株式会社は、平成30年4月6日に、調査リポートとして、「黒田2.0」の不都合な「3つの断絶」と「7つの提言」〜有事から平時への移行でレジーム転換も視野に〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「まとめ」の一部抜粋)*****

○黒田日銀はアベノミクスと一体でバブル崩壊後の大きな課題であった超円高と資産デフレの悪循環を断ち切った。
物価目標達成は依然展望できないものの、資産デフレは改善し、需給ギャップのプラス化から、経済状況は有事から平時モードに移行

○黒田新体制「黒田2.0」は、不都合な「3つの断絶」に留意
@アベノミクスと一体だった5年に対し、今後はポストアベノミクスも視野に政策を遂行
A米国中心に追い風だった5年の環境が今後は逆風に転じ円高に晒される可能性
B今後5年は金融機関収支の深刻な状況を迎える懸念も含めた副作用拡大に

*****(以上、「まとめ」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:35| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする