このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年12月31日

私の2017年を象徴する感じは「潜」です。

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

財団法人日本漢字能力検定協会が毎年定めている今年の漢字は、
「北」でした。

この漢字が選ばれた理由の概要↓
「北」朝鮮ミサイルの「北」海道沖落下や九州「北」部豪雨などの災害から、平和と安全の尊さを実感した年。
スポーツ界では、「北」海道日本ハムファイターズの選手に期待が集まり、「キタ」サンブラックが大活躍した。


私の今年の漢字一字は「潜」です。
昨年の漢字は「転」でした

この字はプライベートは関係なく、といっても通常業務にもそこまで当てはまらず…、
次のステージに向けての取り組みで色々苦慮したというか…。
その取り組みでの消極的な部分が他にも影響を与えたというか…。
なんとも表現しがたい一年でした。

診断士になってからのスピードを維持したは言い難く、自らブレーキを踏み込んだ結果のスピードダウンではなく、エンジンブレーキが思いのほか効きすぎてちょっと戸惑っている感じです。

決して進んでいないというわけではなく、ぐぐぐ〜っと潜って周囲が明瞭でない状態で、
手探りながらも、目指すべきところへ向かっているような感じです。
たまに水面から顔を出して進み具合をチェックするのですが、その進み具合に対して一喜一憂している自分がいることを認識しつつ、過ごしった一年でした。

正月三が日か、連休明けぐらいまでには次をどうするか決断しなきゃいけないのですが、
そんな状態にあって、今年で最深かそれ以上に潜りはじめた感じです。
大晦日なのに(笑)


今年も残すところあと15時間半。
それでは、みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。





posted by 佐々木 経司 at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

商工会議所LOBO(早期景気観測)平成29年12月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成29年12月28日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
商工会議所LOBO(早期景気観測)−2017年12月調査結果−(PDFファイル)

業況DIは、「改善続く。先行きは慎重な見方が残るも横ばい圏内の動き」です。

*****(以下、ポイントの一部抜粋)*****

12月の全産業合計の業況DIは、▲13.3と、前月から+1.6ポイントの改善。
電子部品や自動車関連の生産が引き続き堅調に推移した。
また、消費の持ち直しから小売業、サービス業を中心に売上が改善した。
株価上昇を背景に高付加価値品の売上が増えたほか、例年より早い気温の低下に伴う冬物商材の動きや、インバウンドを含む観光需要の拡大を指摘する声が聞かれた。
他方、深刻な人手不足に加え、鉄鋼、農水産物などの仕入価格や運送費の上昇、食料品・日用品に対する消費者の低価格志向を指摘する声が依然として多い。
中小企業の景況感は総じて緩やかな回復が続くものの、その動きには鈍さが見られる。

*****(以上、ポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

第170回全国中小企業景気動向調査(2017年10〜12月期実績・2018年1〜3月期見通し) 【特別調査 2018年(平成30年)の経営見通し】

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、平成29年12月27日に、中小企業景況レポートとして、第170回全国中小企業景気動向調査(PDFファイル) を公表しました。

2017年10〜12月期実績の業況判断のD.I.は、全国総合が1.2(前回:▲3.3、見通し:▲3.8)、北陸総合が▲1.9(前回:▲2.9、見通し:▲6.1)でした。

*****(以下、「2018年(平成30年)の経営見通し」の一部抜粋)*****

自社の業況が上向く転換点については、「すでに上向いている」とする回答割合が 3.9ポイント上昇し、17.9%となった。2002年の同調査開始以来の最高水準となった。
一方、「業況改善の見通しは立たない」とする回答割合は、前年から 0.6 ポイント低下の31.0%となり、4年連続で全体の3割以上を占めた。
従業員規模別にみると、従業員20人以上の階層では、軒並み「すでに上向き」が「業況改善の見通しは立たない」を上回っているものの、19人以下の階層では正反対の結果となっている。
業況改善は、規模による二極化の様相が大きいといえよう。

*****(以上、「2018年(平成30年)の経営見通し」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

地域金融機関における競争激化と金融の安定性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

日本銀行は、平成29年12月27日に、日本銀行ワーキングペーパーシリーズ2017として、地域金融機関における競争激化と金融の安定性について公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)***** 

地域金融機関のマークアップ(=価格−限界費用)を計測してみると、過去30年間ほぼ一貫して縮小している。
こうした競争激化が金融機関の経営安定度に及ぼす影響をみると、1990年代前半までは、競争による貸出金利の低下が借り手の破綻リスクを引き下げる経路などを通じ、銀行経営の安定化に寄与していたことが確認できる。
もっとも、1990年代後半以降の低金利環境下で続いた競争激化は、金融機関の利鞘縮小圧力を強め、むしろ銀行経営の安定性を低下させる方向に寄与してきたとみられる。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)***** 


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

新事業展開による「稼ぐ力」への挑戦

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、平成29年12月26日に、産業企業情報として、
中小企業の「稼ぐ力」B −新事業展開による「稼ぐ力」への挑戦−(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)*****

中小企業が新事業展開を成功に導くうえで大きな“鍵”を握るのは、「トップ(代表者)が先頭を切って指揮をとり、常日頃から“アンテナ”を高く張っている(高い情報感度)」ことが挙げられるだろう。
信用金庫においては、新事業展開に意欲を示す中小企業が成功できるよう、その“道しるべ役”として、今後とも取引先支援に積極的に関わっていくことが求められよう。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

人手不足や原材料高騰が重しとなり、わずかな改善に留まった小規模企業景況(11月期調査結果)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、平成29年12月26日に、小規模企業景気動向調査[平成29年11月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】年末年始の需要で売上が伸びる一方で、経費上昇のため収益確保に苦慮する製造業
【建設業】仕事量はあるものの、人手不足等により受注の取りこぼしが目立つ建設業
【小売業】売上減少が下げ止まるも、ネット通販に消費者が流れ厳しい状況が続く小売業
【サービス業】一部の観光関連では売上増がみられるも、原材料等の値上がりにより利益確保が難しいサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

中小企業と大企業の生産性 〜感情論抜きで中小企業を考える〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命研究所は、平成29年12月25日に、日本経済経済分析レポートとして、
中小企業と大企業の生産性 〜感情論抜きで中小企業を考える〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

とかく中小企業は政策的に優遇されがちである。理由は、雇用者数の大半が中小企業に集まっているか
らである。
政治的に多くの人にアピールできた方が良いという配慮が働いているのだろう。しばしば中小企業は弱者だから保護政策が正当化されるという主張も行われる。
筆者は、この主張に関しては、少し感覚的だと思う。
財務データでみる限り、中小企業の業績はかなり改善してきている。
中小企業のグループ内での業績格差は常に存在するので、中小企業の中の業績が低迷している先への配慮はある程度必要という意見には必ずしも反対していない。
その場合でも、中小企業全体を保護すべき対象として扱う必要はないと考えられる。
本稿では、多くの人が素通りして考えている中小企業の捉え方について、大企業と対置しながら、何が違っているのかを生産性という尺度を使って考えてみたい。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:58| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

今年もサンタの追跡をやってます。

みなさま、おはようございます。

今日はクリスマスイブです。
毎年恒例のサンタの追跡が今年も行われます。
NORAD TRACKS SANTA

佐々木家には今朝サンタが来ていたみたいです。
息子へのプレゼントはラキューです。

息子はいつまで信じるかな(*^-^*)
posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

11月の中小企業月次景況調査(平成29年11月末現在)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成29年12月22日に
11月の中小企業月次景況調査(平成29年11月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

11月のDIは、9指標中7指標が上昇。
主要3指標も全て好転し、特に売上高DIは前月比+7.9ポイントと大きく上昇した。
全国的な寒波による冬物商材の需要拡大に加えて、継続する生鮮食品の価格高騰と年末需要等の動きが売上高を全般的に押し上げているが、他方では恒常品以外の内需不振と廉価志向も強まっており、年末年始を前にして、さらなる製造コストの増大に加えて雇用難・労働力不足も一層逼迫している。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

企業間ネットワークダイナミクスと企業成長

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成29年12月21日に、Research Digestとして、企業間ネットワークダイナミクスと企業成長を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

齊藤有希子RIETI上席研究員は、企業間のつながり(ネットワーク)が企業のライフサイクルとともにどのように変化し、そのネットワークが企業の成長にどう関係しているかを分析。
これにより、企業年齢がその後の成長の大きさに強く関係するとする近年の実証研究に対し、企業間ネットワークによる新しい観点を提示した。
年齢の若い企業は年齢の高い企業と比較してより頻繁に取引関係の構築と改廃を行い、取引関係の継続期間が長くなるにつれてその関係性がさらに安定的になること、また、企業年齢によりネットワークと成長の関係は異なり、若い企業ほど新たな取引関係の構築が成長につながることが確認された。
ネットワーク構築の政策的な支援の在り方は企業のライフサイクルのステージによって異なっていることを示唆している。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

月例経済報告 平成29年12月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成29年12月21日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成29年12月)(PDFファイル)

今月の判断は、「緩やかな回復基調が続いている。」です。
前月の判断を据え置きました。
同じ表現は7か月連続です。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待されています。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:43| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

今年もあと10日程度

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今年も残すところあとわずか。
まだまだ積み残しがありますが、
焦らず、きっちりこなしていきたいです。


posted by 佐々木 経司 at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

全国小企業月次動向調査(2017年11月実績、2017年12月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成29年12月19日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2017年11月実績、2017年12月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小〜12月もマイナス幅が縮小する見通し〜

11月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、10月(▲10.3)からマイナス幅が2.4ポイント縮小し、▲7.9となりました。
12月は、▲1.7とマイナス幅が縮小する見通しです。

11月の採算DIは、10月(4.4)から4.4ポイント上昇し、8.8となりました。
12月は、12.3と上昇する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

北陸の金融経済月報(2017年12月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年12月15日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2017年12月)(PDFファイル)

*****(以下、概況の抜粋)*****

北陸の景気は、拡大している。
企業の業況感は、製造業、非製造業ともに改善している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。設備投資、公共投資は増加している。

当地製造業の生産は増勢が続いている。
業種別にみると、電子部品・デバイスは増加している。
化学、はん用・生産用・業務用機械は高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。

雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、概況の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

今年最後のお誕生日会

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日、息子の幼稚園の今年最後のお誕生日会でした。
12〜3月が誕生日のお友達がステージに上がってました。

息子のクラスはわらしべ長者の劇です。
味噌を交換する役でしたが、セリフをはっきり聞けました。
むすこの成長を感じた時間でした。




posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

地方発ベンチャーが成長するためのポイント

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成29年11月に、中小企業動向トピックスとして、地方発ベンチャーが成長するためのポイント(PDFファイル)を公表しております。
【関連レポート】地方ベンチャーの現状と課題(PDFファイル)

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

数の企業に対してヒアリングを実施した結果、地方発ベンチャーが成長するうえで、地域資源を活用したり、地域の問題解決に取り組んだりするビジネスモデルの展開が重要とわかりました。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:41| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

2018年景気は「人手不足」が最大の懸念材料 〜 回復局面を見込む企業は4年ぶりに2割超す 〜

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

株式会社帝国データバンクは、平成29年12月14日に、2017 景気・経済動向として、
2018年の景気見通しに対する企業の意識調査を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、「調査結果」の一部抜粋)*****

2018年景気への懸念材料は「人手不足」(47.9%、前回調査比19.5ポイント増)が最高となり、「原油・素材価格(上昇)」「消費税制」が続いた。特に中東や東アジア情勢などを受けて「地政学リスク」(19.1%)が急増。前回トップだった「米国経済」(14.1%、同27.7ポイント減)は大幅に減少した。

*****(以上、「調査結果」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

地方経済天気図11月分気図〜持ち直しの動きが広がる〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

一般社団法人全国地方銀行協会は、平成29年12月13日に、地方経済天気図として、
地方経済天気図12月分(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「北陸」の抜粋)*****

北陸の景況は、生産活動が横這いとなったものの、公共工事が上向き、輸出が持ち直すなど、緩やかな持ち直し。
個人消費は、軽乗用車販売が増加するなど、緩やかな持ち直し。
住宅建築は、分譲住宅が増加したものの、持家、貸家が減少し、一進一退。
設備投資は、非製造業で慎重姿勢がみられるものの、製造業で投資を積み増す動きがみられ、全体では横這い。
公共工事は、県、市町村が増加し、上向き。
輸出は、眼鏡枠・眼鏡などが増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、一般機械、輸送機械が増加したものの、電気機械、電子部品・デバイスが減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、卸売業・小売業において新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかな持ち直しの動きが続くとみられている。

*****(以上、「北陸」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

観光を活用した地域産業活性化:成功要因と将来の可能性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社富士通総研 は、平成29年12月12日に、研究レポートとして、
観光を活用した地域産業活性化:成功要因と将来の可能性を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、「要旨」の一部抜粋)*****

その結果、観光を活用した地域産業活性化全般の成功要因として、まず以下の3つを明らかにした。
すなわち、1)自治体による長期間のサポート、2)外部リソースの確保・活用、3)地域住民を中心メンバーとする組織や団体における誇りの醸成である。
また、観光のうち特にコミュニティツーリズムを活用した事例に特徴的な成功要因として、以下の3つを明らかにした。
すなわち、1)アジャイル型小規模施策の成功体験、2)伝統的コミュニティの利用、3)継続的な情報収集・分析・交換である。

*****(以上、「要旨」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

地域間所得格差はどうすれば縮小するのか?

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成29年12月8日に、日本経済として、第195回日本経済予測(改訂版)を公表しました。
全文(PDFファイル)


*****(以下、「予測のポイント」の一部抜粋)*****

全国的に地域間所得格差は縮小するが、地域によりばらつきも見られる。
高付加価値産業に特化する地域や移出・輸出が多い地域で所得格差が縮小する傾向がある。
地域の得意分野で移出や輸出を伸ばす一方、関連産業のすそ野を広げるなど移入・輸入が多くなりすぎないことが必要である。
地域の労働生産性の格差は同一産業内の労働生産性格差にも多く起因し、その縮小や高付加価値産業への雇用シフトも地域間格差を減らすには重要だ。

*****(以上、「予測のポイント」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする