このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年11月30日

北陸経済調査(平成29年11月)

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

北陸財務局は、平成29年11月28日に、北陸経済調査として、北陸経済調査(平成29年11月)(PDFファイル)を公表しました。


北陸財務局管内(石川、富山、福井県)の最近の経済動向は、「回復している」とのことです。
前回判断が据え置かれております。

主要項目の判断は以下の通りです。

●個人消費は、回復している。
●住宅建設は、回復のテンポが緩やかになっている。
●生産は、緩やかに拡大している。
●雇用情勢は、着実に改善しており、人手不足感が強まっている。

住宅建設が前月判断から下方修正されました。
それ以外は前月判断を維持しました。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

月例経済報告 平成29年11月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成29年11月28日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成29年11月)(PDFファイル)

今月の判断は、「緩やかな回復基調が続いている。」です。
前月の判断を据え置きました。
同じ表現は6か月連続です。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待されています。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:39| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

家計所得とOECDの四分類の下でのソーシャルキャピタル

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成29年11月27日に、ノンテクニカルサマリーとして、家計所得とOECDの四分類の下でのソーシャルキャピタルを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

分析の結果、社会関係資本と所得との間には相互に正の影響を与えていることが明らかとなった。
それは社会関係資本の4つすべての側面について見出せる。
そして、社会関係資本が所得に対して与える影響については、一定規模以上の人口規模の市町村に居住する回答者に限定して分析を行った場合にも確認された。
また、社会関係資本が所得に与える影響は、家計を支えている人ではない人においても見出される。
つまり、社会関係資本の効果は、家計における収入確保に主要な役割を果たしている人でなくても家庭全体の所得には正の影響を与えている。
このことは、家族内という社会の最小単位の中においても社会関係資本が外部性を発揮している可能性を示している。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

新しい遊び場

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日、小松空港の向かいにある、石川県立航空プラザに行ってきました。
13時30分頃到着しましたが、6台の駐車待ちでした。
何かイベントがあるのかと駐車場整理の係員の方に伺いましたが、大きなものはやっていないとのこと。
人気のスポットだと思い、期待が膨らみました。

2階の展示スペースから入りましたが、息子は相変わらずのスルー(笑)
私にとっては後でゆっくり見たいものばかりでした。

そして目当てのぶ〜んぶんワールドに入ると息子のテンションが上がりました。
「こりゃ〜、駐車場混むね。」と夫婦で納得。
トリップアドバイザーから、高評価を得た観光施設として「2017 Certificate of Excellence」 という認定を受けているようでした。
トリップアドバイザー航空プラザ紹介ページ

次の予定もあったので、ぶ〜んぶんワールドを1時間弱で切り上げましたが、
高速道路を使わないと自宅から1時間くらいかかってちょっと遠いけど、悪天候時にはお勧めの施設でした。






posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

「サービス産業の低い生産性を高めなければならない」に騙されてはならない

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成29年1月24日に、コラムとして「サービス産業の低い生産性を高めなければならない」に騙されてはならないを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

こんなことが次々と可能になってきたのだが、27年もの間、宅配便の生産性は向上してこなかった。
価格が据え置きだったからだ。
一人の社員が運ぶ荷物が増えた分は、向上したであろうが、サービス内容がいくら良くなっても、生産性とは関係ない。
というか、本当はデフレータの下落と認識されて実質生産性が上がったと言うべきだが、これがきちんと反映されてきたと聞いたことがない。
海外の同等サービスと内容を比較していると聞いたこともない。
生産性とは、あくまで金銭的価値で評価されるものなのだ。
筆者もそれなりに海外暮らしが長く、どこぞの国では、荷物の行方不明や、意味不明に長い輸送時間に、何度か苦しめられたが、そこでの輸送料金の方が高ければ、我が国のガラパゴス的宅配便を凌ぐ生産性を誇れることになる。

そして遂に、27年ぶりの値上げが行われて、突如として、宅配便の生産性は向上することになった。一体全体、この向上は、喜ばしいことなのか、それとも悲しむべきことなのか?

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

サービス事業者のグローバル化支援策のあり方に係る調査研究

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいてただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に関する情報をお届けします。

経済産業省は、平成29年11月24日に、委託調査報告書 平成28年度分(PDFの一覧)として、サービス事業者のグローバル化支援策のあり方に係る調査研究(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「1.背景・目的」の抜粋)*****

我が国が、「2020年までにGDP600兆円の達成」という目標を実現するためには、GDPの7割超を占めるサービス産業の強化が不可欠である。
そのためには、サービス価値・品質の見える化やブランド力の強化等、様々な方策が存在するが、商圏の拡大・新規顧客層への展開の観点から、サービス産業の国際競争力を高め、海外市場や訪日外国人によるインバウンドの需要を取り込むべく、グローバル化を進めていくことも重要な施策のひとつである。

しかしながら、我が国のサービス事業者は、金融・通信等の一部業種を除き、零細・中小企業が大宗を占め、資金や人材等、十分な経営リソースを有しておらず、知見や経験の不足から、十分なグローバル化が行われていない場合が多い。
質の高いサービス提供が可能なこれらサービス事業者のグローバル化の推進にあたっては、政策的支援が求められる。
支援にあたっては、成長ポテンシャルに加え、政策的観点から優先的に支援される業種、対象国等を勘案した上で、我が国サービス産業のグローバル化のあり方を示す包括的な戦略に基づき、施策を展開する必要がある。

具体的には、事業者の進出を重点的に支援する対象国・地域を抽出し、プライオリティ付けを行うとともに、
事業者のグローバル化の進展に向けた課題整理や、サービス産業の海外展開が進んでいる国の取組のベンチマークを通じた、より効果的な支援策の立案と実施が求められる。
当調査研究では、経済産業省商務情報政策局サービス政策課が特に海外展開支援を図っている業種(飲食、私費教育、理美容、フィットネス等の生活関連サービスが中心)を対象に、前述プライオリティ付け、課題整理等を踏まえ、支援の方向性を検討する。

*****(以下、「1.背景・目的」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

地域サービス企業と自治体の官民連携による地方創生 〜地方部有力企業740社に聞いたアンケート調査結果〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成29年11月21日に、経営コラムとして、
地域サービス企業と自治体の官民連携による地方創生 〜地方部有力企業740社に聞いたアンケート調査結果〜を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

・調査回答企業のうち7割強が「地域の状況が自社の主たる事業領域に影響を与える」と考えており、特に、人口減少による減収を危惧する意見が多い。

・調査回答企業のうち約7割が、「地域が衰退傾向になった場合でも現在の地域で事業を継続する」と考えている。

・「自社の主たる顧客が地域内の個人・企業」の企業ほど、地域が衰退傾向になった場合でも現在の地域で事業を継続し、地域活性化が必要であると考えている。
このことから、地域に根ざし地域内にサービスを提供している企業は、地域の現状に危機感を感じており、かつ状況が変化しても移転・撤退しない、地域にとって重要なプレイヤーであることが分かる。
本稿では、このような企業を「地域サービス企業」と呼ぶこととする。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧下さい。






posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

10月の中小企業月次景況調査(平成29年10月末現在)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成29年11月22日に
10月の中小企業月次景況調査(平成29年10月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

10月のDIは、9指標中4指標が悪化。
主要3指標に関しても、売上高ならびに収益状況DIは、ともに前月比−1.1ポイント下落に転じた。
連続した大型台風による全国的な需給不調に伴い、恒常品の価格高騰が長期化・拡大していることから、長引くデフレ基調も相俟って国内の消費動向が大幅に低迷しており、また好調な輸出関連にあっても、原材料や燃料費等の製造コスト上昇に拍車が掛かっていることに加えて、直近でも複数の大手製造メーカーによる不正が発覚する等、景気の下振れリスクが広範に内在している。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:43| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

「働き方改革」で克服すべきことは何か

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

学校法人産業能率大学総合研究所は、平成29年11月21日に、コラムとして、【SANNOエグゼクティブマガジン】「働き方改革」で克服すべきことは何かを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

一方で機能している組織は「働き方改革の指標」と「イノベーション指標(新規開拓、業務改革、新組織の機能化等)」との連動性を検証している(例:顧客との打ち合わせ時間短縮と成約率の検証等)。
「業績」と「時間」という結果指標ではなく、これら2つを両立させる本質的な指標を探究し、部下を段階的に育成している。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

全国小企業月次動向調査(2017年10月実績、2017年11月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、平成29年11月21日に、景況に関する調査結果として、
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2017年10月実績、2017年11月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が拡大〜11月はマイナス幅が縮小する見通し〜

10月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、9月(▲5.7)からマイナス幅が4.6ポイント拡大し、▲10.3となりました。
11月は、▲0.1とマイナス幅が縮小する見通しです。

10月の採算DIは、9月(9.5)から5.1ポイント低下し、4.1となりました。
11月は、13.6と上昇する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

小企業の従業員不足感は8年連続で上昇

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本政策金融公庫は、景況に関する調査結果の特別調査として、小企業の雇用に関する調査結果(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

○ 現在の従業員数が最近の営業状況と比べて「不足」と回答した企業割合は、36.2%と前回調査(2016年7−9月期)から3.3ポイント上昇した。
上昇は8年連続である。業種別にみると、全ての業種で従業員の不足感が上昇している。

○ 従業員の給与水準が1年前と比べて「上昇」と回答した企業割合は、30.8%となった。
上昇した背景をみると、「人材の定着・確保」と回答した企業割合が、69.7%と最も高くなっている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

昨日は息子の参観日

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日の午前は息子の参観日で夫婦で幼稚園に行ってきました。
ちょっと冷えて体育館での授業参観です(?)
先生と子供たちで迷路を作って親と遊んでから、子供は教室に戻って自由時間+担任と親だけの懇談会でした。

迷路を作っている間、親はおしゃべり無し、撮影無し、子供にちょっかい出すの無しで、ガチで見学。
はじまる前に放送でも、直接担任からもお話がありました。
しっかり見てください。と。
息子が通っている幼稚園はこういうメリハリがあって好きです。

園児用の平均台といった大きいものから、積み木やカプラといった小さいものまで、色々組み合わせて作ってました。
途中で、お寿司屋さんやたこ焼き屋、海や休憩スペース、「ここはゴールじゃありません。ざんねーん」と書いた行き止まり等、楽しい仕掛けも作ってました。
出来た後に、親も混ざって迷路で楽しみました。

懇談会では、参観日のテーマに「迷路作り」を選択するまでの園児と担任とのやりとり、「迷路作り」を選択してから今日までの経過を詳しく教えていただきました。

迷路のお絵かきからスタートして、机の上で個人で積み木で作ったり、教室全体にみんなで作ったり、金沢海みらい図書館に行って迷路の本で研究したり、1か月の物語を教えていただきました。
先生は基本見守る姿勢とのこと、子供たちの同士のやり取りを重要と考えていたようです。
ということもあって、最終的に「迷路作り」を選択した理由は、子供たちがお互いに主張したり、その主張同士の折り合いを探ったり、自由なアイデアを出したり、といったことが子供たちだけでやれそうだからとのことでした。

運動会や遠足や表現会といった大きなイベントだけでなく、隔月くらいであるお誕生日会等、色々していただいて、さらには、担任の先生が色々悩んで参観日のテーマを考えてくださって、とてもいい幼稚園に通わせていただいていると嬉しい気持ちになった午前中でした。




posted by 佐々木 経司 at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

生産性と賃金〜雇用拡大と生産性のねじれ〜

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、平成29年11月16日に、日本経済経済分析レポートとして、
生産性と賃金〜雇用拡大と生産性のねじれ〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

名目でみた生産性は2012〜2016年にかけて右肩上がりのトレンドを取り戻したように思える。
実質では、生産性上昇は名目よりもまだ鈍い。
これらを産業別にみると、労働集約型サービス以外では生産性が上昇しており、専ら労働集約型サービスが生産性の足を引っ張っていた。
生産性が上昇するセクターが雇用を減らしながら生産性を上昇させ、生産性を低下させている労働集約型サービスが雇用吸収するねじれが生じている。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

プロジェクト成功のためのコミュニケーション

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所は、平成29年11月16日に、『情報未来』No.56のなかで、
プロジェクト成功のためのコミュニケーションを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

各担当者間、各立場間で適切なコミュニケーションを実施していても、担当者間では解決、合意できない課題や問題等が発生する。
その場合、コミュニケーション管理ルールに規定されたエスカレーションルールに基づき対応・処理されるが、意思決定者や決裁者が判断するまでに時間がかかる、もしくは判断までのエスカレーションルートが長くタイムリーに意思決定が行われない事による進捗遅延が発生するパターンである。

問題は様々であるが、いずれにしてもコミュニケーションを通して問題を解決していかないとプロジェクトは不幸な結果へ向かって歩み始めることになる。(図1)

PMOとして、そういった事態に陥らないように各関係者のコミュニケーションに目配せしながら、必要に応じ手を差し延べてコミュニケーション不足やロスの発生を防止する活動が重要と考える。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

地方経済天気図11月分気図〜持ち直しの動きが広がる〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報についてお届けします。

一般社団法人全国地方銀行協会は、平成29年11月15日に、地方経済天気図として、
地方経済天気図11月分(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「北陸」の抜粋)*****

北陸の景況は、輸出が持ち直したものの、生産活動が横這い、観光が弱含むなど、全体では横這い圏内の動き。
個人消費は、乗用車販売が増加したほか、大型小売店販売も増加し、緩やかな持ち直し。
住宅建築は、持家が減少したものの、貸家、分譲住宅が増加し、一進一退。
設備投資は、非製造業で慎重姿勢がみられ、伸び悩み。
公共工事は、国、独立行政法人等が増加し、上向き。
輸出は、眼鏡枠・眼鏡などが増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、一般機械、電気機械が増加したものの、輸送機械、化学が減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、製造業、運輸業・郵便業で新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかに改善していくとみられている。

北陸の景況は、住宅建築が横這いとなったものの、個人消費が持ち直すなど、緩やかな持ち直し。
個人消費は、乗用車販売が増加したほか、コンビニエンスストア販売も増加し、緩やかな持ち直し。
住宅建築は、分譲住宅が増加したものの、持家、貸家が減少し、全体では横這い。
設備投資は、非製造業で慎重姿勢がみられるものの、製造業で投資を積み増す動きがみられ、全体では横這い。
公共工事は、県、市町村が増加したものの、独立行政法人等が減少し、全体では横這い。
輸出は、眼鏡枠・眼鏡などが増加し、緩やかな持ち直し。
生産活動は、鉄鋼、電気機械が増加したものの、輸送機械、金属製品が減少し、横這い。
観光は、温泉地、観光地への入込客が減少し、弱含み。
雇用は、建設業、製造業、運輸業・郵便業で新規求人数が増加し、改善。
先行きは、緩やかな持ち直しの動きが続くとみられている。

*****(以上、「北陸」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

イノベーションの考え方、スキル

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

みずほ情報総研株式会社は、平成29年11月14日に2017年のコラムとして、イノベーションの考え方、スキルを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

どういう事かと言うと、「Think Big」(大きく考える)の次に「Small Start」(小さく始める)となるのだが、この「小さく」がくせ者だ。
スタートアップは、「これで、世の中を変える第一歩を踏み出す」と考えた時に、資金やリソースの制約もあるのだが、実現したい世界から逆引きして、できるだけ小さく、かつ、尖がって、際立ったものにする。
尖がり際立たせるので、磨くというよりは、どんどん間引いて行くと考えた方が近い。
つまり、引き算だ。

一方、日本企業は、ヒアリングや社内議論などして磨くのであるが、丸く小さくしてしまうように感じられる。
尖がり際立ったことは、皆が「わからない」「判断できない」となるので、割り切りながら尖がった部分を削いでしまう。
つまり、割り切り=割り算となる。割り切れなければ、余りは丸めてしまう。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:44| Comment(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

北陸の金融経済月報(2017年11月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、平成29年11月13日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2017年11月)(PDFファイル)

*****(以下、概況の抜粋)*****

北陸の景気は、緩やかに拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。住宅投資は横ばい圏内の動きとなっている。設備投資は高水準となっている。公共投資は増加している。

当地製造業の生産は増勢が続いている。
業種別にみると、電子部品・デバイス、化学は増加している。
はん用・生産用・業務用機械は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品、繊維は横ばい圏内の動きとなっている。
雇用・所得環境は着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、法人、個人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。
貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、概況の抜粋)*****

全体判断の「緩やかに拡大している 」は7か月連続据え置きです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。




posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

ひさしぶりのあがた公園とかほくイオンとケンタッキー

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日は久しぶりに津端のあがた公園に行ってきました。
ふわふわドームが12月上旬までなので、それまでできる限り行こうということになってます。
サッカーのお友達とも途中から一緒になって、結局1時間ちょい、ふわふわどーむで遊んでました。

その後は、サンタさんにお願いするプレゼントに下見にかほくイオンへ、
いくつか欲しいものがあるらしく、結局決まりませんでした。

夜は、これまた久しぶりのケンタッキー
家族三人でかぶりつきました。

色々と久しぶりな日曜日でした…。




posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

拡大するネット消費の盲点とは?

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

株式会社大和総研は、平成29年11月9日に、リサーチ日本経済 経済・社会構造分析レポートとして、拡大するネット消費の盲点とは?を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、「サマリー」の一部抜粋)*****

◆また、高齢化や共働き世帯の増加といった社会的背景が、ネットショッピング需要の拡大に寄与すると一般に期待されている。
しかし、高齢化によってネット消費は増えるものの、共働き世帯の増加は、現状のままではネット消費にプラスの影響とはならない懸念がある。
なぜならば、現状の共働きが、世帯主の低い所得を補完する働き方であるケースが多く、世帯収入が十分に増えていないからである。

◆こうした状況が変わり、世帯主の所得補完を主たる目的としない共働き世帯が増加すれば、OECD諸国のように、共働き世帯の増加がネット消費割合の上昇に結びつく可能性がある。
そのためには、世帯主であることの多い男性賃金の引き上げに加え、男女の賃金差を縮小することが重要であり、それを妨げるような税制度等の見直しも必要だろう。

◆また、日本では共働き世帯の女性の余暇時間が短くなりがちだが、女性の余暇時間が長い地域(国)ほどネットショッピング割合が高い様子が見られる。
ネット消費拡大には女性が適度な余暇時間を確保できるよう、働き方はもちろん、家事・育児を簡素化するような工夫も必要と言えるだろう。

*****(以上、「サマリー」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:34| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

都道府県間人口移動の要因と影響〜産業構造、所得環境、生活コスト、住宅取得環境等の都道府県間格差から人口移動を考察〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、平成29年11月10日に、内外経済・金融動向にて、都道府県間人口移動の要因と影響〜産業構造、所得環境、生活コスト、住宅取得環境等の都道府県間格差から人口移動を考察〜(PDFファイル)しました。

*****(以下、「視点」の一部抜粋)*****

16年の都道府県間人口移動をみると、東京都の転入超過数が7.4万人に達するなど、地方の人口減少の一因として東京一極集中が問題視されている。
住民は、多様で豊富な雇用機会、高い所得水準、リーズナブルな物価水準・住宅価格、ゆとりのある住環境、
快適な通勤環境など、様々な要因を比較考量して居住地を選択し、地域間で 人口が移動するものと考えられる。
そこで本稿では、都道府県間の人口移動をもたらす地域の経済・社会構造を分析することで、都道府県間の
人口移動の要因を検討し、地方における人口流出に関する課題や問題点などについて考察する。

*****(以上、「視点」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:45| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする