このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年07月08日

ランキングによる都市の持つ「成長可能性」の可視化 〜地方創生の成功の鍵はどこにあるのか〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、平成29年7月5日に、NRIメディアフォーラムにて、ランキングによる都市の持つ「成長可能性」の可視化 〜地方創生の成功の鍵はどこにあるのか〜(PDFファイル)を公表しました。
国内100都市を対象に成長可能性をランキング

*****(以下、「本日お伝えしたいこと」の抜粋)*****

地方創生の一つの理想像は、地方都市が、大都市に依存せず、自立して世界と結びつき、外貨を獲得できる「ローカルハブ」になること。

NRIでは、各都市の強み・弱みを明らかにし、ローカルハブとしてポテンシャルの高い都市を見極めるため、都市圏の人口規模等を考慮して選定した国内100都市を対象に、「産業創発力」の現状及び将来のポテンシャルを評価した結果をランキング。

海外におけるローカルハブの成功事例を分析し、評価の視点として、 「@多様性を受け入れる風土」、「A創業・イノベーションを促す取組」、「B多様な産業が根付く基盤」、「C人材の充実・多様性」、「D都市の暮らしやすさ」、「E都市の魅力」の6点を設定。

分析した結果、福岡市をはじめ、地方部にも、さまざまな強みを持ち、ローカルハブになる可能性を有した都市が多数あることが分かった。

各都市が、限られた国内市場を奪い合うのではなく、自らの強みを活かし、他の都市と差別化を図りながら、「ローカルハブ」となって世界と結びついていくことで、日本が総体として成長していくことができる。

*****(以下、「本日お伝えしたいこと」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする