このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2017年06月29日

平成 28 年度製造基盤技術実態等調査 (ものづくりベンチャーと製造業の連携等に関する調査) 報告書

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

経済産業省は、平成29年6月28日に、委託調査報告書 平成28年度 委託調査報告書 HP掲載一覧(PDFファイル)として、平成28年度製造基盤技術実態等調査(ものづくりベンチャーと製造業の連携等に関する調査)報告書(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「調査目的・概要」の一部抜粋)*****

■「メイカーズ」、「3Dプリンタ」のブームが起こった2012年以降、モノづくりで起業する、いわゆる「ハードウェア・スタートアップ」の存在が注目されるようになった。
それらのブームの後押しや、様々な事業環境の変化が影響し、今では個人や少人数のチームで製品開発に取り組む人々は着実に増加しており、そこから起業して事業化に成功した事例も少なからず登場している。

■これら「ハードウェア・スタートアップ」は、大胆なアイデアや先鋭的な技術を、スピード感を持って事業化するポテンシャルを有しており、ものづくりの分野における「イノベーション」の重要な担い手、ひいては、わが国経済の牽引役になり得るとして期待されている。

■一方で、個別のハードウェア・スタートアップの状況に目を移すと、彼らを取り巻く環境は決して易しいものではない。
資金、技術、設備、人材など、あらゆる要素が不足しており、事業化にたどり着けず失敗に終わるケースは後を絶たない。
また、日本以外の国々において、強力なハードウェア・スタートアップが次々に登場しており、手をこまねいていると日本がハードウェア・スタートアップの世界的な潮流から取り残され、大きなビジネスチャンスを失うという事態も起こりかねない。

*****(以上、「調査目的・概要」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする