このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2016年12月31日

今年の佐々木の一年を象徴する感じは「転」です。

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

財団法人日本漢字能力検定協会が毎年定めている今年の漢字は、
「金」でした。

この漢字が選ばれた理由の概要↓
リオ五輪に沸き、東京五輪に希望を託した「金」(キン)と、政治と「金」(カネ)問題に揺れた年
スポーツ界に新たな金字塔、マイナス金利初導入、シンガーソングライターの金色衣装などにも注目集まる。

私の今年の漢字一字は「転」です。
昨年の漢字は「変」でした)

今年は、私と息子にとって人生の転換点にあたる年になるかもしれません。
2人とも4月から生活が変わりました。
私は次のステージに進むために、
息子は保育園から幼稚園に変わりました。

4月以降、これまでの仕事と新しい取り組みとバランスを取りながら何とか頑張っています。
息子は幼稚園に入っていろんなことに挑戦して達成し、自信がついてきたようです。
こんな二人を支えている妻に感謝です。

来年は次のステージが少し見える年です。
悔いが残らないように全力を尽くします。

今年も残すところあと16時間半。
それでは、みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。





posted by 佐々木 経司 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

今日は餅つきでした。

みなさま、こんにちは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

午前は妻の実家で餅つきでした。
KIMG1644.jpgKIMG1648.jpgKIMG1651.jpg

ご飯を写真の蒸篭(?)で蒸してから餅つき機でつくります。
途中焼き芋を食べたり、お昼につきたてのお餅をいっぱい食べました。

年末年始は食べ過ぎに注意しないと…

今年の業務も残りわずか。
気合入れて頑張ります。



posted by 佐々木 経司 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

商工会議所LOBO(早期景気観測)平成28年12月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は平成28年12月28日に
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
商工会議所LOBO(早期景気観測)−2016年12月調査結果−(PDFファイル)

LOBO調査は、商工会議所のネットワークを活用して、各地域の「肌で感じる足元の景気感」を全国ベースで毎月調査しているものです。

調査日は12月13〜29日です。

業況DIは、「3カ月連続改善。先行きは不透明感強く、横ばい圏内の動き」です。

*****(以下、結果のポイントの一部抜粋)*****

12月の全産業合計の業況DIは、▲21.7と、前月から+1.2ポイントの改善。
冬の観光需要が堅調な宿泊業・飲食業に加え、運送業、ソフトウェア業などが下支えし、サービス業の業況感が広く改善した。
また、卸売業から農産物の価格高騰の影響が和らいだとの声や、建設業から住宅など民間工事の堅調な動きを指摘する声が多く聞かれた。
他方、消費低迷が続く中、人手不足による受注機会の損失や人件費の上昇が中小企業のマインドを下押ししており、業況改善の動きは依然として力強さを欠いている。

先行きについては、先行き見通しDIが▲21.5(今月比+0.2ポイント)とほぼ横ばいを見込む。
冬の賞与増、株高進行による個人消費の伸びや設備投資の増加、海外経済回復に期待する声が聞かれる。
他方、消費低迷の長期化、人手不足の影響拡大、次期米国大統領の政策の影響など、先行き不透明感を懸念する声は多く、中小企業においては慎重な姿勢を崩していない。

*****(以上、結果のポイントの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

北陸新幹線金沢開業による観光活性化が石川県内に及ぼす経済波及効果 〜交流がもたらす経済波及効果は678億円〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本政策投資銀行は、平成28年12月27日に地域・海外レポート(北陸)として、
北陸新幹線金沢開業による観光活性化が石川県内に及ぼす経済波及効果 〜交流がもたらす経済波及効果は678億円〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

2015 年 3 月 14 日に北陸新幹線が金沢まで開業した。
利用者数は開業前の約 3 倍となる926 万人と、当初予想を大きく上回っている。
この勢いは開業 2 年目となる 2016 年度になっても衰えておらず、利用者数は開業前を大きく上回る水準で推移している。
当初懸念されていたストロー現象もみられず、逆に北陸地域にオフィスを移す等の動きもみられる。
それに併せ、当地の設備投資動向は高水準で推移しており、特に旺盛な観光需要を反映して、ホテル関連投資が活発である。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

新潟における“食”関連産業の発展可能性 −「米等加工品」産業を成長エンジンとする地域経済構造の強化−

みなさま、こんばんは
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせいて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

日本政策投資銀行は、平成28年12月27日に地域・海外レポート(新潟)として、
新潟における“食”関連産業の発展可能性 −「米等加工品」産業を成長エンジンとする地域経済構造の強化−(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

IV 新潟県の食関連産業が今後も継続的に成長していくため、現状打開のための5つの方向性を示しています。
@組み合わせ型から「すり合わせ」型への構造変化
A地域経済サイクルの好循環化
B品種や製品改良による差別化
C技術革新による競争力強化
D機能性表示によるバリューアップ

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

年末年始にやることいっぱい

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

年末年始はデスクワーク一掃期間と考えているのですが、とりあえずなんでもかんでも年末年始に押し付けてしまいます。

今年も一週間を切ったところで、年末年始のやらなきゃいけないリストを作成してみるのですが…。

頑張って毎日こなしたいです。


posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

サンタがくれたプレゼント

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、クリスマスですね。

息子はサンタが気になっていたようで、夜中に目を覚ましてました。
息子が夜中に目を覚ますことなんて、今まで記憶にありません。
かなり気になってたみたいです(笑)

プレゼントは息子のリクエスト通りでした。

むっちゃ嬉しそうでした(^O^)
posted by 佐々木 経司 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

今年もサンタを追跡しましょう

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今年もサンタを追跡しましょう。
NORAD Tracks Santaのサイト
あと10時間ほどでサンタがプレゼントを配りはじめます。


今夜は家族でクリスマスです。


posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

6次産業化の概念の変化と、地域での連携の重要性

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人流通経済研究所は、平成28年12月22日に流通オピニオンコラムとして、
6次産業化の概念の変化と、地域での連携の重要性を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

6次産業化が唱えられ続けている一方で、農商工連携という概念もある。
農商工連携とは、第1次・第2次・第3次の産業の壁を取り払って企業が連携し、生産現場から消費者までをつなげようという考えである。
近年の6次産業化は、農商工連携に近い考え方になってきている印象だ。
他産業に進出して利益を取ってくるよりも、他産業と連携して地域で利益と雇用を創出する取組みが注目されているのだ。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

月例経済報告 平成28年11月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成28年12月21日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成28年12月)(PDFファイル)

今月の判断は、「一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。」です。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復に向かうことが期待されております。
ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

DMOは地方創生の救世主となるか

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

大阪産業経済リサーチセンターは、平成28年12月20日に、自主研究として、
DMOは地方創生の救世主となるか(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

例えば、交付金や補助金を受けるための組織づくりが先行し、地域経営戦略の策定が後回しになっているケー
スです。
とりわけ、先にも指摘したように、PR活動の基礎となるはずのマーケティング機能が脆弱です。
地域の具体的な将来像を描いた上で、
@地域内外の人材・ノウハウの取り込み、
Aデータの収集・分析、
Bブランド力の向上、
Cプロモーション
を優先すべきです。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****

お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

全国小企業月次動向調査(2016年11月実績、2016年12月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

日本政策金融公庫総合研究所は平成28年12月20日に
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2016年11月実績、2016年12月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小 〜12月もマイナス幅が縮小する見通し〜

11月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、10月(▲17.9)からマイナス幅が4.2ポイント縮小し、▲13.7となりました。
12月は、▲5.0とマイナス幅がさらに縮小する見通しです。

11月の採算DIは、10月(3.2)からほぼ横ばいの3.4となりました。
12月は、12.0とさらに改善する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

短かった腸炎??

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

土日と家族で腸炎(?)に罹ってました。
息子が幼稚園からもらってきたらしく、妻が土曜日に苦しみ、私が日曜日に苦しみました。
今回の腸炎は軽い症状で済みました。

posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

高質な田舎で豊かに働く 〜人口減少最先端『秋田』からの提言〜

みなさま、おはようございます。
秋田県出身の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人北海道東北地域経済総合研究所は、平成28年12月16日に
「人口減少社会における地域の雇用・労働のあり方〜秋田県域において〜」研究会報告書(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「はじめに」の一部抜粋)*****

秋田県の政策において「高質な田舎」のコンセプトが打ち出され(2)、金銭的な豊かさ以上に心の豊かさの重要性が追及されていることは、おそらく正しい。
人口減少を伴う社会の成熟は、人々の心を、高度成長時代のごとき量的な拡大よりも、「豊かに働く」質的充実に向けさせており、秋田県の示すビジョンはそうした「生き方」の変化に応えているからである。日本社会全体を見ても、生産額(=所得額=消費額)の増加が豊かさの指標となる時代が終わり、人々が「真の豊か
さ」とは何か、いかに生き、いかに働くべきかを真剣に考える時代となりつつある。
人口減少の最先端を行く秋田県は、その政策においても最先端を行っているのである。

*****(以下、「はじめに」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

むすこと二人の夜

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨晩、妻が会社の忘年会で不在だったため、恒例の男二人だけの夜でした。
仕事を15時で上がって、幼稚園にお迎えに行って、さっと家事をして、セントラルパークで遊んで、県庁の展望台にのぼって、ココス行って、お風呂に入って寝ました。

セントラルパークでは、足跡が無い雪原の上を二人で爆走しました。
サッカーボールを持っていったらよかったかなぁ。


posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

ワークブック『「地域の力」診断ツール〜地域資源を活かしたコミュニティの内発的な発展に向けて〜』

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人CSOネットワークは、ワークブック『「地域の力」診断ツール〜地域資源を活かしたコミュニティの内発的な発展に向けて〜』を編集・発行しております。
全文(PDFファイル)

*****(以下、「共通項の四つのポイント」の抜粋)*****

第一に、地域資源を活かし、それに新たな光をあてて暮らしに根ざした中小規模の仕事(生業)を発展させ、雇用を増やしていることである。
第二に、民間・農協・森林組合・自治体と所属はさまざまだが、地域に根づいた、そして前例にとらわれない発想とセンスをもち、独走はせずに仲間を引っ張っていくリーダーの存在である。
第三に、よそ者(Iターン)と出戻り(Uターン)が多いことである。多くは都会育ちのよそ者は第一次産業の復権や環境保全という価値観のもとに地域の魅力を発見し、全国に伝えている。それがまた新たな人を惹きつける。
第四に、メインとなる仕事で現金収入を得ながら、自らの食べるものをつくり、自給的部門を大切にしている人たちが多いことだ。彼らは、安全な食べものをつくる農の担い手でもある。それが過度の商品経済の浸透の防波堤となり、そこそこの現金で暮らせる生活のベースを形づくっている(拙著『地域の力――食・農・まちづくり』はじめに)。

*****(以上、「共通項の四つのポイント」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

地域経済牽引企業を軸とした「地域未来への投資」の促進に向けて

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

経済産業省の産業構造審議会 地域経済産業分科会は、平成28年12月14日の第13回会議にて、
地域経済牽引企業を軸とした「地域未来への投資」の促進に向けて(案)を公表しました。
全文(PDFファイル)


*****(以下、「はじめに」の一部抜粋)*****

この度、産業構造審議会地域経済産業分科会では、近年の社会経済環境の変化を踏まえた地域経済産業の活性化施策について検討を行うとともに、企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律(以下、「企業立地促進法」という。)が2007 年の施行から9年が経過したのに当たり、同法の評価等を行うなど、今後の地域経済産業政策のあり方について審議を行った。
本分科会での議論の結果を踏まえ、本報告書にて、今後の地域経済産業政策のあり方を取りまとめ、提言するものである。

*****(以上、「はじめに」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

地方自治体職員から見た地方創生の現状と課題−産業振興行政担当者に対する意識調査の概要−

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成28年12月13日に、ノンテクニカルサマリーとして、
地方自治体職員から見た地方創生の現状と課題−産業振興行政担当者に対する意識調査の概要−
を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

本調査によると、たとえば、地域活性化を図るパートナーとして、とりわけ重要度が高いと考えられているのが、「商工会議所・商工会」と「指定金融機関」、および「それ以外の民間金融機関」となっており、地域金融機関に対する期待が大きいことがわかる。
また、金融機関と自治体が協働するうえでの障害として、圧倒的な割合を占めているのが「自治体の職員の側に、金融に関する知識が乏しい」との回答であり、自治体職員の金融知識不足が障害の主たる要因になって
いると認識されていることがうかがえる。
また、町村では「協働したことがない」という回答が、他の自治体に比べて目立って大きな値を示しており、自治体の規模によって、金融機関と自治体の協働を行う際の障害に差がある可能性も指摘できる。
金融機関との協働による地方創生を実現していくためには、国や都道府県などが基礎自治体の事情に合わせた支援を行うことが不可欠である。

*****(以上、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

景気ウォッチャー(平成28年11月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は平成28年12月8日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成28年11月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「着実に持ち直している。先行きについては、海外情勢の不透明感への懸念がある一方、設備投資や求人増加の継続等への期待がみられ」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から2.3ポイントの改善となりました(全国平均は3.2ポイントの改善)。

現状判断DI(各分野計):53.1(前回から2.3ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):54.9(前回から2.7ポイントの改善)



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

地方創生の基盤となるファミリービジネスのニュービジネス化加速

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益社団法人 日本ニュービジネス協議会連合会は、平成28年12月9日に、地方創生の基盤となるファミリービジネスのニュービジネス化加速(PDFファイル)を公表しました。

4つの提言は以下の通りです。

提言1.リスク資金改革:地方のFBのニュービジネス化加速のリスク資金改革
提言2.事業承継と経営人材:成長事業の承継加速・経営人材の育成・番頭派遣制度
提言3.地方活性化のための多様な人材の確保:若者・留学生・女性・アクティブシニアの確保と子育て世代優遇
提言4.成長のためのグローバル化:海外進出段階別の促進支援のエコシステムの構築


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする