このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2016年07月31日

久しぶりの飲み会

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨晩、久しぶりに外で飲んできました。
グローバルな飲み会でした。

別の団体は、全員海外からの観光客の方でした。
いろんな言葉がとびかってました。


posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

インバウンド需要拡大の波及効果 〜 非耐久消費財輸出や関連産業での設備投資が増加 〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成28年7月29日に、リサーチ・アイとして、
インバウンド需要拡大の波及効果 〜 非耐久消費財輸出や関連産業での設備投資が増加 〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

(3)既往のインバウンド需要の拡大を背景に、輸出や設備投資ではプラスの波及効果が顕在化。
まず、輸出についてみると、中国・アジア新興国を中心に、世界的に設備投資が減速するなか、主力の資本財
輸出が低調に推移する一方、非耐久消費財を中心とした、訪日外国人の購入率が高い「インバウンド関連品目」の輸出は、アベノミクス始動後、大きく増加(図表3)。
わが国製品の品質に満足した訪日旅行者が、帰国後に母国で製品を購入する、「リピーター」需要が拡大したことを示唆。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

2016年 世界製造業競争力指数

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

デロイト・トーマツは、平成28年7月27日に2016年 世界製造業競争力指数を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

「2016年 世界製造業競争力指数」(参照 下表)では、現在最も製造業競争力が高い国は中国だが、今後5年間では第2位に下がると予想されている。
米国は2020年までに中国から第1位の座を奪うと予想され、ドイツは現在の第3位の座を盤石にすると見込まれている。日本は2013年は10位だったが、今調査では4位、2020年においても4位と予想されている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

大企業の管理職がベンチャーに学ぶもの

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成28年7月26日に経営コラム・レポートとして、
大企業の管理職がベンチャーに学ぶものを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

年齢的にも若者からの距離的にも、大企業の管理職に相当する立場にあるのがベンチャーの経営者です。
彼らは、明確な目標をかかげ、自らをモチベートし、積極的に判断し、若者に想いを語り、共に現場に出かけ、社外でも積極的に時間を共にしようとしています。
ベンチャーの事業内容以上に、そうした姿勢が若者にエネルギーを与えているように思うのです。
大企業の管理職にベンチャーにはない制約があるのは確かですが、その中でも、何ができるかを問い続けるべきなのでしょう。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

何に満足すると顧客はコンビニエンスストアのファンになる?

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

みずほ情報総研株式会社は、平成28年7月26日に2016年のコラムとして
何に満足すると顧客はコンビニエンスストアのファンになる? を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

当社では昨年度、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、雑貨店の各4社、計12社を対象とした消費者調査を実施した。ここではその際に実施したコンビニエンスストアに関するロイヤルティ分析結果の一部を紹介する。

顧客のロイヤルティ形成に大きな影響を与える要素がわかれば、その要素を強化することで顧客ロイヤルティを高められる。統計的な手法を活用することで、どのような要素がロイヤルティに影響を与えるのかを分析することができる。ここではコンビニエンスストアのロイヤルティを、行動面と態度面に分けて、16の満足度項目(*3)の影響力の分析結果(*4)を示す。

行動的ロイヤルティに最も大きな影響を与えていた要素は「自分がよくいる場所(自宅、勤務先、学校など)からの近さ」、すなわち店舗の立地に関する要素であった。小売業では立地を非常に重要な要素として考えており、今回の調査結果と一致する。

一方、態度的ロイヤルティに最も大きな影響を与えていたのは「経営方針」であった。他社と差別化した、そのコンビニエンスストアならではの特徴的でユニークな経営方針を顧客に感じてもらえれば、態度的ロイヤルティが高まるのである。

今回のロイヤルティ分析結果から、(1)顧客に立地の良さを感じてもらうこと、(2)経営方針に共感してもらうこと、の2つの要素の向上に成功すれば、真のロイヤル顧客を増やせることが明らかになった。


*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

業況堅調な小規模事業者とは(総括編) −堅調な事業基盤の“継続”を目指して−

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、平成28年7月25日に産業企業情報として、
業況堅調な小規模事業者とは(総括編) −堅調な事業基盤の“継続”を目指して−(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、視点の抜粋)*****

近年、中小企業のなかでもとりわけ規模の小さい「小規模事業者」をあらためてクローズアップする機会が増えている。
こうしたなかで、信金中央金庫 地域・中小企業研究所では、2015年度を通じて「業況堅調な小規模事業者とは」を調査テーマのひとつに掲げ、継続的に調査レポートを発信してきた。

本稿は、それらの総括版として、これまで十分にカバーしきれなかった“事業継続”という観点をひとつの軸としながら、「業況堅調」と「事業承継」という2つのキーワードからあらためて考察するとともに、小規模事業者にとって身近な金融機関である信用金庫へ期待される役割などについても概観してみた。

*****(以上、視点の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

月例経済報告 平成28年7月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成28年7月25日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成28年7月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。」です。
4カ月連続で基調判断を据え起きました。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復に向かうことが期待される。
ただし、海外経済で弱さがみられており、中国を始めとするアジア新興国や資源国等の景気が下振れし、我が国の景気が下押しされるリスクがある。
また、英国のEU離脱問題など、海外経済の不確実性の高まりや金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。
さらに、平成28年(2016年)熊本地震の経済に与える影響に十分留意する必要がある。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

爆走する息子

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日、夕方になってから息子と一緒に若宮公園に行ってきました。
自転車を乗れるようになった息子は、喜々として芝生公園の周りを爆走してました。
芝生公園は広いので、妻と二手に分かれて見守ってました。

それにしても、スマホ片手に歩いてる大人が多かったなぁ。

posted by 佐々木 経司 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

幼稚園の夏祭り

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

夕方前から、幼稚園の夏祭りでした。
ヨーヨーすくい、ボール投げ、輪投げ、読み聞かせ、飲食と園舎いっぱいでした。
最後には園庭で盆踊りです。
盆踊り後には暑さを吹き飛ばすためにみんなで気合を入れ、夏休みに入りました。
こういう行事があるのっていいですね。



posted by 佐々木 経司 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

6月の中小企業月次景況調査(平成28年6月末現在)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成28年7月22日に
6月の中小企業月次景況調査(平成28年6月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

6月のDIは、9指標中4指標が悪化。主要3指標に関しては、景況DIが前月比0.2ポイント上昇と横這いだったが、売上高ならびに収益状況DIは引き続き悪化する結果となった。
英国のEU(欧州連合)離脱が外需不振・グローバルリスクの拡大と円高圧力に一層の拍車をかけており、慢性的な実需不足に天候不順による需給不調等も相俟って、中小企業の先行きは海外市場の動向を含めて予断を許さない状況にある。

*****(以上、概要の抜粋)*****

情報連絡員からの報告コメントにおける石川県からの報告は以下の通りです。

55.<石川県 一般産業用機械・装置>
コマツ関連の低迷やVWや三菱・スズキ等の不正、トヨタのライン停止などの影響が継続。輸出は円高と中国や新興国経済の落ち込みが影響している。また英国のEU離脱・アメリカ大統領選挙等のリスク要因もあり、経営者マインドを悪化させている。

65.<石川県 機械金属、機械器具>
全体としては「やや低調」といったところだが、円高による輸出産業の不振により、今後はさらに受注量が減少する懸念がある。

88.<石川県 事務機・事務用品>
イギリスのEU離脱、急激な円高・株安が大きく報道された。ユーザー先の製造業を中心に警戒感が漂い、商談が頓挫・保留も出ており、引き続き厳しい状況である。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

全国小企業月次動向調査(2016年6月実績、2016年7月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

日本政策金融公庫総合研究所は平成28年7月21日に
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2016年6月実績、2016年7月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小

6月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、5月(▲20.3)からマイナス幅が6.5ポイント縮小し、▲13.8となりました。
7月は、▲13.6とマイナス幅が縮小する見通しです。

6月の採算DIは、5月(▲2.1)からマイナス幅が0.7ポイント縮小し、▲1.4となりました。
7月は、3.6と改善する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

人口減少社会・地域編 〜地域の中小企業を育てよう〜

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域活性化に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命研究所は、平成28年7月20日に日本経済レポートとして、
人口減少社会・地域編 〜地域の中小企業を育てよう〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要約の一部抜粋)*****

地域で起こる人口減は、以前は都市への人口移動(社会減)が主であった。
ところが、最近は人口の自然減のペースが大きくなり、それが景気を下押しすることで社会減が加速するというネガティブ・フィードバックも働き始めている。
地域の中小企業を成長させることで需要を喚起して、この悪循環を断ち切ることがより重要になっている。

*****(以下、要約の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

地方版総合戦略は地方の持続可能性を高めるのか

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成28年7月19日に環境・社会・ガバナンス(ESG) ESGレポートとして、地方版総合戦略は地方の持続可能性を高めるのかを公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、サマリーの抜粋)*****

◆都道府県の地方版総合戦略はすべて2015年度中に策定された。
大枠はいずれも似ているが、類似性は地方に地方創生を取りこぼすことなく実施してもらうために国が行った策定支援策の結果であり、一定の意義がある。

◆成長産業としてみている分野としては、ヘルスケア及び環境・エネルギー分野や航空・宇宙関連も広く共通認識となっている。
これらが地域の中核的な産業に育つようであれば、地方創生に大きく貢献するだけに、地方の本気度が試されるところである。

◆地方版総合戦略は“戦略”とはいえ政策運営の“計画”であり、位置づけとしては既存の上位の政策運営計画と合せて一体と整理する傾向が見られる。

◆地方創生であれ地域活性化であれ、重要なことは、地方の持続可能性が高まるような施策を自らが編み出し実行できることである。
国と自治体には、長期に亘ってそれぞれの地域住民の“希望”がかなえられるよう一層の取組に期待したい。

*****(以上、サマリーの抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

息子の誕生日

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、午後から息子の誕生日プレゼントを買いに行き、夜は久しぶりに回転寿司の金沢御三家に行ってきました。
誕生日は今週の平日ですが、両親ともに忙しいため、休日にしてます。

誕生日プレゼントは、半年以上ぶれずにがまんした某ヒーローの変身セットと武器でした(笑)
帰ってからも起きてからもず〜っと遊んでます。
返信のマネっこもしてます。結構、上手ですヽ(^。^)ノ
効果音がちょっとうるさいかも。ご近所さんごめんなさい

金沢御三家の回転寿司に行ったのは10年ぶりくらいです。
いつもは、100円かそのちょっと上の価格帯のお店に行ってます。
そのぎゃっぷのせいもあってか、むっちゃ美味しかった。
息子もいつも以上に食べてたし、一貫丸々口にほおばってました(笑)

息子はもうすぐ四歳です。
大きくなりました。





posted by 佐々木 経司 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

創業塾スタート!!

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日から、七尾商工会議所で創業塾がスタートしました。
佐々木は後半の実践コースの講師を担当させて頂きます。

20名程度の受講生がいらっしゃいますが、七尾市外の住所が目立ってました。
ぱっとみたら3〜4割は市外だったような…。
中には県外の方もいらっしゃいます。

色んな受講生が集まって、楽しみです!





posted by 佐々木 経司 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

地域における成長産業と『稼ぐ力』が強い産業を探る

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をおとどけします。

信金中金 地域・中小企業研究所は、平成28年7月6日に内外経済・金融動向として、
地域における成長産業と『稼ぐ力』が強い産業を探る(PDFファイル)を公表しております。

*****(以下、「視点」の抜粋)*****

日本は国全体としても人口減少時代に突入しており、人口の東京一極集中や低出生率が続いていることから、地域経済の持続可能性が危ぶまれている。
『地方創生』が喫緊の課題になっており、人口減少下において、如何にして雇用を創出し、域外から所得を獲得する『稼ぐ力』を高められるのかという地域経済の活性化策に関して各地で検討・実施がなされている。
そこで本稿では、各都道府県はどの産業で雇用創出力の優位性が高いのか、所得水準が高い市町村はどのような就業構造の特徴があり、どの産業の『稼ぐ力』が強いのかを考察することで、地域経済を活性化させる方策のヒントを提供することを目的としている。

*****(以上、「視点」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。















posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

新産業創出・育成に向けた、金融機関が果たす役割

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

産学管連携ジャーナルは、平成28年7月15日に産学官連携ジャーナル2016年7月号として、
新産業創出・育成に向けた、金融機関が果たす役割を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

また、支援体制の業績評価にも工夫が必要である。大学や地域金融機関がマッチング件数を競うのはある程度しょうがないが、本来の業績は「ありがとう」と言われた蓄積量のはずである。

近年、各地で目立つのは、国や自治体の補助金の申請を手伝う件数による業績評価である。
これを否定するわけではないが、国の財政状況が将来もこのパターンを許容するか否かという視点が求められている。
実は、地域中小企業から100万円の共同研究費を頂くと、研究者側はプレッシャーを感じる。
手抜きの共同研究者に対して、地域企業は「あの先生は駄目だ」と判断し、その厳しい評価は地域に拡散する。
大学経営上は、同じプレッシャーを受けるなら国の千万円単位以上の研究費を取る方が効率がよい。
そのような現実の中で、大学も金融機関も「ありがとう」と言われる長期的蓄積量を意識できるかが問われている。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

国家戦略特区の第1回評価と今後の課題

みなさま、こんばんは。

石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成28年7月14日に経済・政策レポートとして、
国家戦略特区の第1回評価と今後の課題(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要点の一部抜粋)*****

◆初回レビューの結果について、特区の重要事項を調査審議する国家戦略特区諮問会議(以下、諮問会議)は「各事業がスピーディに進捗していると、総じて評価できる」として、高い評価を与えている。
しかしながら、各特区について詳しくみると、以下のように、レビューの内容と実態との乖離が大きいという問題が指摘できる。

@初回レビューは計画通りに特区の事業が進捗している点を評価しているが、実態は着手したばかりか、あるいは未着手の事業が相当数にのぼる。
進捗状況が計画通りである理由は、着手時期が計画後期に後ろ倒しで設定されたためであり、ロケットスタートを目指すという特区の趣旨からは大きな乖離がある。
特区法が2018年までの時限法であることを考えると、客観的な進捗速度は十分とは言い難い。

A初回レビューは規制の特例措置の活用事例を高く評価しているが、それによって経済・社会に多大なインパクトのある成果がもたらされたケースは、今のところ見られない。

*****(以上、要点の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

息子が補助輪無しで自転車に乗ってます。

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

火曜日に、もうすぐ4歳になる息子が補助輪無しで自転車に乗りました!

日曜の午前に自転車を購入し昼に練習しました。
妻と息子が二人で買いに行ったのですが、早く乗りたかったらしく、目当ての青が無くても白を購入しました。

ストライダーに乗ってたんではじめから補助輪無しに挑戦!

はじめは静止してる時に両輪に足をのせようとしてうまく行かず
支えて勢いつけてからは直ぐに乗れてました。

乗り出しが課題になったけど、坂を使ったり軽く支えたりで意外とアッサリクリアー(^O^)

ストライダーに乗ってて良かった!



posted by 佐々木 経司 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

「まち・ひと・しごと」の創生と観光 ―「地方創生」のジレンマと本特集の構成―

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

公益財団法人日本交通公社は、平成28年7月11日に観光地における雇用環境を考える(観光文化 230号)として、
「まち・ひと・しごと」の創生と観光 ―「地方創生」のジレンマと本特集の構成―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

2014年度補正予算として閣議決定された地方創生先行型の交付金は、1700億円規模。
続く、地方創生加速化交付金には1000億円、1/2補助ながら地方創生推進交付金は1000億円......などの財政支援、そして「地域おこし協力隊」や「地方創生人材支援制度」......などの人的支援、まち・ひと・しごと創生本部による手厚い情報提供や情報共有、ノウハウの共有......などの情報支援は、これまでのやり方から一歩踏み出した異次元のフレームで進められようとしている。
つまり、地方がやりたい政策や事業の提案を受け、そこに国が予算と人、そして情報を提供していくという新しいスタイルである。
補助金ではなく、交付金という言葉からもその趣旨は理解できるが、まだ“国が主導する地方創生”というジレンマは依然として残されている(図2)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする