このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2016年06月30日

2016年版中小企業白書のポイント

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

日本政策金融公庫中小企業事業は、平成28年6月28日に経営情報として、
2016年版中小企業白書のポイント(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、概要の一部抜粋)*****

今回の中小企業白書の第1部では、最近の中小企業の動向に加え、中小企業の生産性について分析を行っています。
第2部では、中小企業の「稼ぐ力」に着目し、生産性向上のためのIT活用、売上拡大のための海外展開、稼ぐ力を支えるリスクマネジメントについて分析を行っているほか、こうした取組みを支える金融や中小企業の経営力についても分析しています。
今回は、その中から、中小企業の動向、IT活用、海外展開、リスクマネジメントに焦点を当てて、ご紹介します。

*****(以上、概要の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。














posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

建設業の悪化及び震災による観光業への影響により、悪化を示した小規模企業景況

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、平成28年6月28日に景気動向調査5月期結果を公表しました。
景気動向調査5月期結果(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】業種ごとの動きはみられるものの、方向感のない動きとなった
【建設業】人件費・原材料の高騰による採算悪化がより深刻となり、大幅悪化となった
【小売業】わずかながらの改善を示すが、依然低迷が続く
【サービス業】熊本地震による観光業への影響が大型連休に響き、大幅悪化となった

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

地方創生と起業環境−大学発ベンチャーデータを用いた鶴岡における地域イノベーション進展過程の分析−

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けいます。

文部科学省科学技術・学術政策研究所は、平成28年6月27日に、STI Horizon(エスティーアイ ホライズン)誌2016夏号として、地方創生と起業環境−大学発ベンチャーデータを用いた鶴岡における地域イノベーション進展過程の分析−を公表しました。

*****(以下、概要の抜粋)*****

国・地方自治体は以前から地域イノベーションを活性化させるための施策に取り組んできたが、全国一律施策により十分に地域性を引き出すに至らなかったなどの反省点が指摘されている。

一方で、最先端の研究拠点形成を指向すると同時に、域内外との連携を活発に行うことで、地域の独自性を発揮した地域イノベーションを結実させつつある一部の地域も存在する。本稿ではこの地域として、域外大手企業と積極的な連携関係を構築している研究開発型大学発ベンチャーの創出や、ユネスコ食文化創造都市認定などの地域性を生かした街づくりを進展させ、成功事例として認識されている鶴岡市に着目した。

他方、鶴岡市においても統計上、人口減少問題の解決の兆しは現れていない。そこで、鶴岡市の地域イノベーションの進展フェーズごとに、産学官金のそれぞれの寄与を明らかとすることで地域イノベーションにおける重要因子の特定を試みると同時に、大学発ベンチャー情報を基点に、地域イノベーションの兆しを観測できるような手法を試行的に取り入れて分析を行った。

*****(以上、概要の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

仮面ライダーゴーストショー

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日、家の近くのスーパーで仮面ライダーゴーストショーが開催されていました。

前日に情報をキャッチしたため、開演20分前くらいに会場に行きましたが、既に席取りがはじまっており、3列目くらいでした。
息子の幼稚園のお友達が何名かいたらしく、
「○○組の◎◎くん」と息子が言ってました。さすがにご近所のスーパーです。

ハイテンションなお姉さんのアナウンスのもと、ショーが始まりました。
息子は意外と素直にリアクションして、「ゴースト」「ガンバレー」「はつらつ」(※オロナミンCのイベントです)などと叫んでました。
途中のクイズでは、スペクターの参加をにおわす発言があり、その後、期待に応えてスペクターも登場しました。

KIMG1195.JPG

最後はお決まりの握手会をして終わりです。

スペクター好きな息子にとって、大満足な時間でした。





posted by 佐々木 経司 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

古くて新しい課題「リーダー育成」

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。


今日は経営に役立つ情報をお届けします。

デトロイト トーマツ グループは、平成28年6月22日に人事・組織コンサルティング ニュースレター Initiativeとして、
古くて新しい課題「リーダー育成」を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

まず、組織を率いるリーダーに求められる資質はどのように変化してきたであろうか。
これを、日本の企業がおかれた環境の変遷の観点から、I. 安定成長期からバブル期(〜1990)、II. 失われた20年(1991〜2010)、III. これから(2011〜)の大きく3つの時期に分類し、それぞれの時期の「経営テーマ」「求められるリーダー像」そして「コミュニケーションツール」の観点で考えてみたい(図表2)。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。



posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

イギリス進出の日本企業は1,380社 〜 「金融・保険業」は159社進出、「離脱」の影響避けられず  〜

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

株式会社帝国データバンクは、平成28年6月24日に、TDB Watchingとして、イギリス進出企業実態調査を公表しました。
詳細(PDFファイル)

*****(以下、「はじめに」の抜粋)*****

2016年6月24日(日本時間)、イギリスで欧州連合(以下EU)からの離脱の是非を問う国民投票で、イギリス国民は「EUからの離脱(Brexit)」を選択した。「リーマン・ショック級」とも言われるBrexitの影響は欧州にとどまらず、日本においても「円高・株安」として表れることが見込まれ、イギリスに進出する日本企業においても大きな影響をもたらすことが懸念される。

帝国データバンクでは、2016年6月時点の企業概要データベース「COSMOS2」(約146万社)および信用調査報告書ファイル「CCR」(約170万社)などをもとに、現地企業への出資、現地法人および関係会社・関連会社の設立・出資、駐在所の設置などを通じて、イギリスに進出していることが判明した日本企業を抽出し、業種別、規模別、本社所在地の都道府県別に集計・分析を行った。なお、イギリス進出企業を対象とした調査は今回が初めて。

*****(以上、「はじめに」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

2016年、参院選を控えた「アベノミクス」の成果と課題

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社大和総研は、平成28年6月23日に、コラムとして、
2016年、参院選を控えた「アベノミクス」の成果と課題を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

筆者は、今後のアベノミクスの課題は、「成長か分配か」という不毛な政策論争を超えて、「成長と分配の二兎を追う」ことだと考えている。

アベノミクスは、開始から3年半程度が経過して、「成長」一本槍から、「分配」にも一定の目配りを行うステージへと移行する必要があることは間違いない。具体的には、非製造業、中小企業、地方の所得や資産が少ない方々、若年層、子育て世代などへの所得再分配を強化していくことが課題となる。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

政府の要請は企業行動を変えるか? -「下請取引等実態調査」を用いた建設企業の賃金引き上げの実証分析 -

みなさま、こんばんは
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

京都大学経済研究所は、平成28年6月22日に、ディスカッションペーパー【邦文版】として、
政府の要請は企業行動を変えるか? -「下請取引等実態調査」を用いた建設企業の賃金引き上げの実証分析 -(PDFファイル)を更新しました。

*****(以下、要旨の一部抜粋)*****

このような問題意識のもと、国土交通省が実施している「下請取引等実態調査」の個票 データを用い順序ロジットモデルにより分析を行った結果、政府の取組みに対する認知の違いは賃金の引き上げの有無に強い影響を与えていることが明らかとなった。
また、この結果は経営面での余力に乏しいと考えられる小規模な事業者のみを対象とした場合においても同様であり、地域の労働需給の変化による影響と比較しても、政策認知により企業が賃金を引き上げる確率の変化は小さなものではない。
これらの結果は、政府による企業の内発的動機付けへ働きかける政策の有効性を示唆するものであり、建設業におけるこれまでの政府の取組みが一定の効果を上げてきたことを示している。

*****(以上、要旨の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

5月の中小企業月次景況調査(平成28年5月末現在)

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

全国中小企業団体中央会は、平成28年6月21日に
12月の中小企業月次景況調査(平成27年12月末現在)を発表しました。
月別・業種別DI値・図表等(PDFファイル)
情報連絡員からの報告コメント(PDFファイル)


*****(以下、概要の抜粋)*****

5月のDIは、9指標中8指標が悪化。主要3指標に関しても売上高DIは前月比で4.8ポイントも下落し、景況ならびに収益状況も依然として好転せず、引き続き悪化する結果となった。
継続する為替不安や熊本地震による被災等によって、国内の景況感・消費性向が大幅に減退していることに加えて、年初来の円高基調に起因する外需不振や内外の価格競争もデフレ動向に一層拍車をかけており、中小企業の先行き不透明感は依然として増大している。

*****(以上、概要の抜粋)*****

情報連絡員からの報告コメントにおける石川県からの報告は以下の通りです。

17.<石川県 織物業>
円高や原油価格の下落で織物製造の原材料価格は下がっているが、中国経済の不安や中東の財政悪化、国内では少子高齢化の影響等から消費は低価格志向が強く、受注が減少しており、厳しい採算で推移している。

59.<石川県 一般産業用機械・装置>
熊本地震復旧のため、耐震部材の生産を開始。自動車はVWや三菱・スズキなどの不正問題やトヨタのライン停止などの影響がある。産業機械は建機低迷と工作機械の落ち込みが拍車をかけている。輸出は円高・中国をはじめとする新興国経済の減速から低迷。

107.<石川県 片町>
新幹線が開通以来、来街者数こそ概ね維持しているが、購入単価の下落傾向も感じられる。消費動向や景気は後退しており、盛り上がりにかけるのが現状である。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

全国小企業月次動向調査(2016年5月実績、2016年6月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

日本政策金融公庫総合研究所は平成28年6月20日に
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2016年5月実績、2016年6月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が拡大

5月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、4月(▲18.0)からマイナス幅が2.3ポイント拡大し、▲20.3となりました。
6月は、▲12.6とマイナス幅が縮小する見通しです。

5月の採算DIは、4月(3.0)から5.1ポイント低下し、▲2.1となりました。
6月は、1.9と改善する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

子供の学習への意欲

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

息子が通っている幼稚園は読み書き計算以外のことに力を注いでおり、読み書き計算は家庭でお願いしますというスタンスです。

昨日、書店で数字のドリルを購入しました。
二冊目です。

取組み始めるとテンポよく進みます。
ヤル気を出させるマジックワードは「お父さんも○○で勉強してるんだよ〜」です。
そうすると「○○○ちゃんも、勉強するー」って小さい机に座ります。
まだまだ、親のマネをしたい年頃の様で、なかなか効果的です。

小中学校になったら、何で学習意欲を出そうかなぁ…。





posted by 佐々木 経司 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

町会の親睦会

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨晩、町会の佐々木家が所属する班の親睦会がありました。
お酒もそこそこにお話しできました。
ただ、反省点は、近所の方としかお話しできなかったことです。
もっと、先輩たちとお話しすべきでした…。

子供たちは元気いっぱいに遊んでました・・・・



posted by 佐々木 経司 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

最近考えていること

みなさま、こんにちは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

最近、「地域として中小企業を支援すること」について思いを巡らせています。

個々の中小企業を支援するという意味でもなく、産業集積にある中小企業を支援するという意味でもなく…。
支援者も中小企業診断士単体ではなく、商工会・商工会議所単体でもなく、行政や金融機関等も巻き込んだ連携体というか…。

最近、こんなことに思いを巡らせております。







posted by 佐々木 経司 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域として中小企業を支援する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

月例経済報告 平成28年6月

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成28年5月23日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成28年6月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。」です。
3カ月連続で基調判断を据え起きました。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復に向かうことが期待される。
ただし、海外経済で弱さがみられており、中国を始めとするアジア新興国や資源国等の景気が下振れし、我が国の景気が下押しされるリスクがある。
こうしたなかで、海外経済の不確実性の高まりや金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。
また、平成28年(2016年)熊本地震の経済に与える影響に十分留意する必要がある。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

日本再興戦略2016

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

首相官邸日本経済再生本部は、平成28年6月2日に日本再興戦略2016(PDFファイル) を閣議決定しております。

ローカルアベノミクスの進化させる取り組みは以下の通りです。

◆サービス産業の生産性向上
◆中堅・中小企業・小規模事業者の革新
◆攻めの農林水産業の展開と輸出力の強化
◆観光立国


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

個人消費低迷長期化の謎を探る−構造的要因による下押し圧力が作用−

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、平成28年6月14日に湯元健治の視点として、
個人消費低迷長期化の謎を探る−構造的要因による下押し圧力が作用−(PDFファイル)

筆者は、個人消費の長期低迷の背景には、政策要因と景気循環的要因、さらには構造的要因が複合的に作用しているとし、6つの要因を挙げている。

@2015年4月以降、軽自動車税が増税(年間7,200円→10,800円、50%増)されたことと、消費税率引き上げに伴う住宅着工の落ち込みが自動車、家電などの耐久消費財の落ち込みにつながったこと
A大雨、台風、寒波などの天候要因
B株価下落の影響
C実質賃金の低迷
D高齢化の進展、人口減少や年金改革に伴う構造的な要因
E可処分所得の伸び悩み


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

若年層の消費実態(2)−食料費や被服費の減少と住居費の増加、薄まる消費内容の性差

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、平成28年6月13日に消費者行動として、
若年層の消費実態(2)−食料費や被服費の減少と住居費の増加、薄まる消費内容の性差を公表しました。

*****(以下、要旨の抜粋)*****

「若年層の消費実態(2)」では、総務省「全国消費実態調査」における30歳未満の単身勤労者世帯の消費支出の主要項目の変化を確認する。
男女とも「食料」や「被服及び履物」はおおむね減少、「住居」や「光熱・水道」は増加している。

1989年と2014年を比べると、男女とも「食料」の支出は約3割減少しており、男性では外食費、女性では個別品目の全体的な減少が影響している。
また、「被服及び履物」は男女とも約6割も減少しているが、個別品目を見ても全体的に減少している。

一方、「住居」は増加しているが、若者が住環境にこだわるようになったというよりも、調査対象の変更や景気低迷による企業の福利厚生制度の縮小等により「家賃」への支出が増えた影響と考えられる。

消費支出主要項目の男女差を見ると、「食料」や「教養娯楽」を除くと、おおむね女性の方が多い。
また、1989年と2014年の支出の男女差を比べると、主要10項目のうち7項目で男女差が小さくなっており、若年単身勤労者世帯では消費内容の性差が薄まっている可能性がある。

*****(以上、要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

むすこの記憶力

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日、息子とトミカを買いに行きました。
はじめはゴミ収集車(なぜ?)を目的に行きましたが、行った店には無く、別のを探してました。
息子がヴェルファイアを見つけ「これ秋田に行くときに乗ったやつ」と言って、買うことにしました。

確かに、去年の1月に緊急で秋田に行く際にヴェルファイアをレンタルしました。
大雪だったため4DW車で行こうということになり、レンタカー屋を色々探しましたが、連休中のスキー客の需要があり、なかなか見つけられず、最終的に見つけたのがヴェルファイアでした。

よく覚えているものです。
まぁ、そろそろそういう年齢に達したのかな…。







posted by 佐々木 経司 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

平成27年度「新・地域再生マネージャー事業」報告書

みなさま、こんにちは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域活性化に関する情報をお届けします。

一般財団法人地域総合税日財団は、平成28年5月31日に、平成27年度「新・地域再生マネージャー事業」報告書を公表しておりました。

*****(以下、概要版の一部抜粋)*****

●外部人材を活用する効果・意義
@ 第3者視点での気づきの提供
A 人材発掘や人材育成による「持続可能性」の向上
B 出口を見据えた商品開発による「ビジネス性」の向上

●外部人材を活用する際の留意点
@ 支援期間後も地域住民が主導して事業を継続できる体制を構築する
A 当事者意識を欠かさずに、協働して取り組む
B 事業開始当初から地域での資金循環を意識して取り組む
C 関係主体との連携を意識し、外部人材と協働で地域を主導、盛り上げる

*****(以上、概要版の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

なぜ、サービスの生産性は低いのか

みなさま、こんにちは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、平成28年6月9日に日本経済レポートとして、
なぜ、サービスの生産性は低いのか(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、要点の抜粋)*****

就業者1 人当たりの所得を増やすには、1 人が稼ぎ出す収益を増やさなくてはいけない。
現状、サービス産業は3 人に1 人の就業者を占めているが、その生産性は年々低下する傾向を辿っている。
雇用を吸収していく医療・福祉・介護分野の生産性をどうやって引き上げていくかは、課題の中核問題となっている。

*****(以上、要点の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする