このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2016年03月31日

日本企業に今求められる新セグメント創造のイノベーション

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

株式会社大和総研が、平成28年3月30日にコンサルティング重点テーマレポート <実践>イノベーション経営として、日本企業に今求められる新セグメント創造のイノベーション(後編)を公表しました。
前編

*****(以下、前編のサマリーの一部抜粋)*****

◆カテゴリー創出型イノベーションとみられる業種も規模も多様な7つの日本企業の事例を分析すると、いずれもこれまでの固定観念を否定するところから新たなマーケットを発見していった。
すなわち、「一段広い視野」で物事を観察した結果を基に、「一段高い視座」から自分たちの志を明確にすることで、これまでの常識を超えた「一段大きい価値」を実現した、という一連のプロセスをたどっている。

*****(以上、前編のサマリーの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

コーチングによる指導

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、経営に役立つ情報をお届けします。

国立大学法人産業能率大学は、平成28年3月29日に、【連載コラム】強い組織をつくるために人材育成ができることとは?として、コーチングによる指導を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

行動を引き出すポイントは「考えや思いを、行動に移せるようにサポートする」ことです。
物事の上達や目標の達成のために、日々前に進んでいくことが必要不可欠です。
コーチングの成果は「行動を起こしたかどうか」で測られるとも言えるでしょう。
コミュニケーションを通じて知り得た相手の考えや思いを、一緒に整理して、今からできる行動に変えていく。
コーチはいわば思いをカタチに変える「翻訳者」です。
そうやって見出した行動を起こせるように、あとはそれを応援する、支援する、協力する。
コーチは時にマラソンの伴走者に例えられますが、走るのは本人です。
本人が自らの意志で、目指す姿に向かって、走っていけるようにサポートしていくことがコーチに求められるのです。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。










posted by 佐々木 経司 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営に役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

日本にシリコンバレーが生まれていない6の理由−第1回 シリコンバレーの制度的基盤を検証する−

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

キャノングローバル戦略研究所は、平成28年3月28日にコラム・メディア掲載として、
日本にシリコンバレーが生まれていない6の理由−第1回 シリコンバレーの制度的基盤を検証する−を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

シリコンバレーの特徴については、夥しい量の研究がある。
多くの研究で指摘されてきたものを抽出すると、表1の第一列に示した11の特徴としてまとめることができる。
これらの特徴を支えるものとして次の6つの制度的要因を考えることができる。
すなわち、(A)高リスクのベンチャーに資金を提供する金融システム、(B)質が高く、多様で、流動性の高い人材を供給する人的資本の市場、(C)革新的なアイデア、製品、ビジネスを絶え間なく創出する産官学の共同、(D)既存大企業と小規模スタートアップが共に成長する産業組織、(E)起業家精神を促進する社会規範および(F)スタートアップの設立と成長を支える専門家群である。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。










posted by 佐々木 経司 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

いつもと違う日曜日

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日はいつもとちょっと違う日曜日でした。

まず、昼から町会の総会に出席しました。
子供の安全という観点から、佐々木家では町会に協力的でありたいと考えてます。
まぁ、まだまだ不十分ですが。
総会では、夜回りについて喧々諤々の議論となりました。
町会が担うべき機能と施策を見直すと解決しそうだなぁと考えながら聞いてました。

午後からは息子とお出かけです。
バスに乗って金沢駅まで行って、駅構内で息子が好きなパンをおやつに食べて、駅地下のイベント広場で吹奏楽を聞きながら走りまくって、北鉄に乗りました。
自宅の最寄りの駅から、自宅近くの公園までそこまで遠くなく、息子も歩き通しました。

公園では、ジャングルジムの登頂(?)に成功し、満足げな息子でした。

動き回って疲れたのか、夜はソファで親子でうとうと…。

こんな日曜日もいいですね。





posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

「地方創生」をいかに成功させるか

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。
株式会社大和総研は、平成28年3月25日にコンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生として、
「地方創生」をいかに成功させるかを公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、サマリーの一部抜粋)*****

◆地方創生の主役である地方において、地域活性化が進む自治体や集落には、共通する成功パターンがある。

◆若い世代を中心に高まっている地元志向・ローカル志向は、地方創生を実行するにあたって、ポジティブな要因となる。

◆ローカル志向という時流を追い風に、成功モデルを創り上げるための地方の前向きな取組と、人材面・財政面など国の的確な支援とをリンクさせることが、地方創生を成功させるポイントである。

*****(以上、サマリーの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

債務返済条件変更の決定要因と企業パフォーマンスへの影響

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

独立産業法人経済産業研究所は、平成28年3月25日にディスカッション・ペーパー(英語) 2015年度として、
日本語タイトル:債務返済条件変更の決定要因と企業パフォーマンスへの影響を公表しました。

*****(以下、概要の一部抜粋)*****

本研究は、2014年に経済産業研究所が実施した「金融円滑化法終了後における金融実態調査」の個票データを用いて、企業と金融機関との間における債務返済条件の変更に係る需要・諾否・形態の決定要因と経済的な帰結を実証的に分析したものである。
特に、条件変更の一定程度を占める「暫定的な条件変更」(temporary debt restructuring:TDR)の決定要因とその経済的な帰結に注目した分析を行う。

*****(以上、概要の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

業況堅調な小規模事業者とはC  −時代の変化を捉えた「強い想い」から「イノベーション」の実現へ−

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

信金中金 地域中小企業研究所は、平成28年3月25日に産業企業情報として、業況堅調な小規模事業者とはC −時代の変化を捉えた「強い想い」から「イノベーション」の実現へ−を公表しました。

****(以下、要旨の抜粋)*****

●小規模事業者は、どちらかといえば成長拡大よりも経営の質を高めることに軸足を置くところが多い実態がみられるなか、中小企業政策の軸足も「小規模事業者」の活性化に移りつつある。

●小規模事業者が業況堅調な経営を維持するうえでのキーワードは、「イノベーション」といえよう。
「イノベーション」とは、必ずしも“新発見”とか“業界の概念が変わる”というような大きなインパクトを
持つ取組みに限らない。
日常的で身近なことであっても、昨日よりも今日のほうが少しでも改善するよう取り組むことも
立派な「イノベーション」である。
また、「イノベーション」は、“一回取り組んだら終わり”という性質のものではなく、“トライ&エラー”の精神で、都度修正を繰り返しながら改善を図っていくことでより精度を上げていくものといえよう。

●業況堅調な小規模事業者に対する今回の取材を通じて、それぞれの代表者の「強い想い」を感じることができた。
これら代表者の時代の変化を捉えた「強い想い」が、すべての経営基盤の土台となり、「イノベーション」により枝葉を芽吹かせ、「業況堅調な小規模事業者」という名の“雄健な花”を咲かせ続けることができるので
はないだろうか。

****(以上、要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

月例経済報告 平成28年3月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は平成28年3月23日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(平成28年3月)(PDFファイル)


今月の判断は、「景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。」です。
前月からの変化を示す現状判断は5カ月ぶりに下振れしました。

先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復に向かうことが期待されます。
ただし、海外経済で弱さがみられており、中国を始めとするアジア新興国や資源国等の景気が下振れし、我が国の景気が下押しされるリスクがあります。
こうしたなかで、海外経済の不確実性の高まりや金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

北海道新幹線の可能性と課題

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。
株式会社大和総研は、平成28年3月22日にコンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生として、
北海道新幹線の可能性と課題を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、概要の一部抜粋)*****

◆新幹線開業によって、観光入込客の増加が期待できるなど、多くの可能性を秘めている。今後は、北関東、東北、海外からの誘客に青函圏一体となった取組を行うともに、沿線自治体や事業者が連携して、地域の魅力をさらに向上させる取組が必要であろう。

◆一方で東京と函館との所要時間が航空機利用との境目といわれる4時間の壁を切れなかったことや沿線地域の人口減少、並行在来線の経営など、今後の検討課題が多くあるのも事実である。速度向上、並行在来線の活性化、早期の札幌延伸が望まれる。JR北海道の経営に与える影響にも注視する必要がある。

*****(以上、概要の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

【人口減少社会・国内市場の縮小】現状を変えるヒントは「消費者の心を掴む商品価値」にあり!

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、平成28年3月19日にレポート暮らしとして、
【人口減少社会・国内市場の縮小】現状を変えるヒントは「消費者の心を掴む商品価値」にあり!を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

このことは、既存の、ともすれば縮小傾向にあるような市場においても成長を実現する鍵は、既存の用途といった枠を超えて商品に新たな意味を付与することで消費者の心をつかみ、支持を得られるような市場をカタチづくることができるかどうかにあることを示している。
発想の転換を促す柔軟な思考が求められているといえよう。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。







posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

経営診断学ってのがありました。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

連休最終日は、夕食時以外は職場にいました。

仕事をしつつ、わけあって、コンサルティング論的な学問について調べてたところ、経営診断学という学問をみつけました。
日本経営診断学会のサイト
同学会のキャッチフレーズは、「経営診断における理論と実践の融合」です。

診断士になって6年が過ぎましたが、こんな学会と学問があることを初めてしりました。
恥ずかしいです。

ちょくちょく学会のサイトを覗いてみたいと思います。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

息子の新しい好物とは…。

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

昨日、息子の保育所のお別れ会でした。
フェイスブックにも書きましたが、胸いっぱいでした。

3月に入ってから、土曜日の夜は早めに帰って、家族で食事をとるようにしています。
これまで毎週土曜日は晩酌デイだったので、それは継続してます。
もちろん刺身は欠かせません。
息子の前で刺身を食べるようになってから、息子にも少し食べさせてます。

息子のお気に入りはサーモンです。
子供ってサーモン好きですよね。
食べるとニッコリわらって、「うまい」と柏手を打ちます。

酒飲みになりそ〜。



posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

格差拡大、成長に悪影響?

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成28年3月21日に新聞・雑誌等への寄稿として、
格差拡大、成長に悪影響?を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

これらの研究結果は、格差是正と経済成長についての従来の常識を覆す面がある。
これまでは、格差を是正するために再配分政策を手厚くすると、税が高くなることなどを通じて、経済活動が悪化し、成長が引き下げられる、と考えられてきた。
つまり、格差是正と経済成長はトレードオフの関係にあると思われてきた。
ところが、OECDやIMFの研究は、この通念が誤りである可能性を強く示唆している。「格差是正は適切に進めれば経済成長を阻害しない(むしろ経済成長率を高める)」可能性が、データから示されたのである。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

全国小企業月次動向調査(2016年2月実績、2016年3月見通し)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は日本の経済情報についてお届けします。

日本政策金融公庫総合研究所は平成28年3月18日に
全国小企業月次動向調査結果を発表しました。
全国小企業月次動向調査結果(2016年1月実績、2016年2月見通し)(PDFファイル)

[概況] 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小

2月の売上DI(全業種計、季節調整値)は、1月(▲13.9)からマイナス幅が5.3ポイント縮小し、▲8.6となりました。
3月は、▲3.9とマイナス幅がさらに縮小する見通しです。

2月の採算DIは、1月(4.4)から2.4ポイント上昇し、6.8となりました。
3月は、14.5とさらに改善する見通しです。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

「民泊サービス」のあり方について(中間整理)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域活性化に関する情報をお届けします。

厚生労働省は、平成28年3月16日に、「民泊サービス」のあり方に関する検討会中間整理(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、検討する上での3つの基本的な視点)*****

@衛生管理面、テロ等悪用防止の観点から、宿泊者の把握を含む管理機能が確保され、安全性が確保されること。

A地域住民とのトラブル防止、宿泊者とのトラブル防止に留意すべきこと。

B観光立国を推進するため、急増する訪日外国人観光客の宿泊需要や、空きキャパシティの有効活用等地域活性化などの要請に応えること。

*****(以上、検討する上での3つの基本的な視点)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。











posted by 佐々木 経司 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

成長戦略の成果はなぜ見えないのか

みなさま、こんばんは
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします、

株式会社大和総研は、平成28年3月16日に日本経済 経済・社会構造分析レポートとして、
成長戦略の成果はなぜ見えないのかを公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、サマリーの一部抜粋)*****

◆進捗していると評価されたKPIの中には、単なる景気循環要因による成果とみられるものもあり、制度・規制改革による改善とは評価できないものが含まれている。
進展が見られたKPIについても、新規的で構造的な成果が得られた段階にはまだないものが少なくない。
構造的改善を伴ってKPIが進捗していくか、引き続き注視する必要がある。

*****(以上、サマリーの一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

いよいよ始動

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

次のステージにむけて、いよいよ始動です。
このステージは人生のラストステージの入り口のようなものです。

なんだか、まどろっこしい言い方になってます。

小出しになりますが、学生時代の夢(?)を叶えるためのステージです。
まぁ、ど・ストレートの夢ではないですけど、本質的なところはそうです。

まわりの支えがあって、ここまで来れました。



posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

息子の成長

みなさま、おはようございます。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

うちの息子は、むっちゃ人見知りです。

昨日の午前中に、とある太鼓教室の見学に行ってきました。

生徒が集まり始める前は、そこそこ調子が良かったのですが、生徒が集まり始めると、やはり、ひっこんでしまいました。

途中で、みんなが演奏しているのに耳をふさいだり、眠いと言ったり、ちょっと情けなかったので、気合を入れてみました。
そうすると、最後の方では、生徒の礼にあわせて一緒に声を出せるようになったり、一緒に演奏(真似事ですが)するようになりました。
以前は、だっこだっこでべったりでしたが、息子の成長を感じました。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

グローバル化と人口減少下における地域創生の課題

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

独立行政法人経済産業研究所は、平成28年3月11日にシンポジウム日本経済を新たな成長軌道へ:エビデンスに基づくグランドデザイン(配付資料)として、
グローバル化と人口減少下における地域創生の課題(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、政策的含意の抜粋)*****

1.イノベーションの国際競争力をけん引する大都市の集積の不経済を軽減する。
子育ての機会費用の軽減する技術革新。本社機能の分離で東京の機能の高度化。

2.産業集積の頑強な空間的秩序と整合的な産業政策。企業誘致競争のムダを排し、育成しようとする産業の自然な地理範囲と整合的な自治体連携。

3.移出産業の育成とともに域内経済の商取引と資金循環の活性化が必要。地域金融機関、中小企業、商店街の役割が重要。

4.イノベーションを支える企業のネットワークを強化するインフラ整備。中小企業のクラスター化やクラスター間をつなぐハブ企業の機能も重要。

5.質の高いイノベーションのためには都市の新陳代謝が重要。容易に代替できない基幹部品を供給するモノづくりを続けている地方企業を含むサプライチェーンの強靭化は地域経済を強くする。

*****(以上、政策的含意の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

国家戦略特区の概要と論点

みさなま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化についてお届けします。

国立国会図書館は、平成28年3月10日に調査と情報-Issue Brief-2016年刊行分として、
国家戦略特区の概要と論点(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、概要の抜粋)*****

●第2次安倍晋三内閣の成長戦略で創設された「国家戦略特区制度」について、先行の特区制度との比較、創設の経緯、制度の概要を概観した後、特区に指定された各区域における取組、今後の課題等を示す。

●これまでに10区域が国家戦略特区に指定され、農業委員会の改革、医学部の新設、外国人家事支援人材の受入れなどの規制改革が実現したが、実現していないものも多い。

●国家戦略特区制度の論点としては、@評価指標の設定、A先行の特区制度との連携、Bシェアリングエコノミー(民泊、ライドシェア等)への対応、C近未来技術(遠隔医療、自動飛行、自動走行等)実証の推進等が挙げられる。

*****(以上、概要の抜粋)*****


お時間がございましたら、佐々木が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする