このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2019年06月19日

月例経済報告 令和元年6月

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済の情報をお届けいたします。

内閣府は令和元年6月18日に
月例経済報告を発表しました。
月例経済報告(令和元年6月)(PDFファイル)

今月の判断は、「景気は、輸出や生産の弱さが続いているものの、緩やかに回復している。」です。
景気判断は、2か月連続で据え置かれました。

*****(以下、先行き部分の抜粋)*****

先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待される。

ただし、通商問題の動向が世界経済に与える影響に一層注意するとともに、中国経済の先行き、海外経済の動向と政策に関する不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。

*****(以上、先行き部分の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

大企業におけるオープンイノベーション〜 生きた出島戦略 〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社野村総合研究所は、令和元年6月17日に、NRIパブリックマネジメントレビューとして、大企業におけるオープンイノベーション〜 生きた出島戦略 〜を公表しました。
全文PDFファイル

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

壊的イノベーションを提唱したクレイトン・M・クリステンセン教授は 1997 年に『イノベーションのジレンマ』の中で、イノベーションマネジメント先進企業研究を基に、既存事業の持続的イノベーションにおいて有効な「プロセス」と「優先順位」は破壊的イノベーションでは失敗をもたらすため、破壊的イノベーションを起こすには、既存組織の「資源」の一部を利用しながらも、既存組織とは異なる「プロセス」と「優先順位」を持つ体制が必要であることを示している(図表 3)。
つまり、日本企業に限らず、既存企業が破壊的イノベーションを起こすには、経団連が提言する出島戦略のように、既存事業マネジメントを中心とする会社本体とは独立した形で新規事業マネジメント体制を整備する必要がある。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 05:23| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

これからのイノベーション:日本産業衰退の原因は何か

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

世界経済評論IMPACTは、令和元年6月17日に、国際ビジネスとして、これからのイノベーション:日本産業衰退の原因は何かを公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

地域社会の風土の中でのAI進化

 AI技術は,自然環境とその人間の地域社会の思考,歴史,風土,複雑な環境のもとで,いろいろなデータを基にして進化するものであるが,AI技術は,実験をしながら,その地域社会における人間のおぼろげな暗黙知を形式知にして,現実に有用なものにする。これまでの技術のように,世界標準としてある技術が世界共通の装置,仕組みになるものは少ない。
従ってこれまでのように,ある国が開発した技術を真似してそれに従うというのでは,その国の発展はない。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。


posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

じじの日?のお食事会

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、妻の実家でお食事会でした。

妻が父の日のプレゼントを購入した時に、息子が提案したアイテムにしたので、
父の日だけれども、孫が提案したプレゼントだったので、「じじの日」になりました。

お食事の後は毎度のウノ大会!


いっぱい頂いて、いっぱい笑った日曜の夜でした。


posted by 佐々木 経司 at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

政府系金融機関と地域金融機関との連携状況について

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

財務省は、令和元年6月14日に、「ファイナンス」令和元年6月号として、政府系金融機関と地域金融機関との連携状況について(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

地域金融機関の抱える課題やその地域におけるニーズによって事例は様々であったが、日本公庫等との連携について地域金融機関が感じるメリットは、概ね以下に分類される。

ア 公庫の全国ネットワークを生かしたイベントの開催や情報提供等による支援
イ 勉強会等を通じた、職員のノウハウや融資スキルの向上
ウ 協調融資によってリスクの分散が図られること等による、単独支援が困難な先への支援の実施
エ 協調融資商品の創設等による、より顧客のニーズに沿った提案の実施

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

持続可能な観光先進国に向けて

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせて頂いております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

観光庁は、令和元年6月12日に、「持続可能な観光先進国に向けて」を公表しました。


*****(以下、【とりまとめの概要】の抜粋)*****

〇我が国における現状
・ 主要な観光地を抱える自治体は、訪問する旅行者の増加に関連する課題の発生を認識しており、特に近年では混雑やマナー違反に関する個別課題を強く意識する傾向にある。さらに、当該地方自治体の多くがこれらの課題に対する様々な対応策を講じ始めている。
・ 他方、全国的な傾向としては、現時点においては、他の主要観光国と比較しても「オーバーツーリズム」が広く発生するには至っていないと言える。

〇今後の取組の方向性
・ 京都等の代表的な観光地において、関係自治体と協力して、混雑やマナー違反対策等に関するモデル事業等を実施し、観光庁で収集した国内外の先行事例とともに、全国に横展開していく。
・ 各自治体や観光地域づくり法人(DMO)が多面的な現状把握の結果に基づき持続可能な観光地経営を行うよう、国際基準に準拠した「持続可能な観光指標」を開発・普及していく。
 ※ このほか、「持続可能な観光の推進に向けた先進事例集」において、国内外の先進事例を紹介。

*****(以上、【とりまとめの概要】の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:52| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

北陸の金融経済月報(2019年6月)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお届けします。

日本銀行金沢支店は、令和元年6月12日に、北陸の金融経済月報を公表しました。
北陸の金融経済月報(2019年6月)(PDFファイル)

*****(以下、「概況」の抜粋)*****

北陸の景気は、緩やかに拡大している。

最終需要をみると、個人消費は、雇用・所得環境の着実な改善が続くもと、着実に持ち直している。
住宅投資、公共投資は、増加している。
設備投資は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。

当地製造業の生産は、高水準ながら弱めの動きとなっている。
業種別にみると、化学は、緩やかに増加している。
生産用機械は、高水準で横ばい圏内の動きとなっている。
金属製品は、横ばい圏内の動きとなっている。
電子部品・デバイス、繊維は、弱めの動きとなっている。

雇用・所得環境は、着実に改善している。

消費者物価(除く生鮮食品)は、エネルギー価格やサービス価格を中心に、上昇している。

企業倒産は、総じて落ち着いた動きとなっている。

金融面をみると、預金は、個人、法人を中心に増加している。
貸出は、法人向け、個人向けを中心に増加している。

貸出約定平均金利は、緩やかな低下が続いている。

*****(以上、「概況」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもごらんください。



posted by 佐々木 経司 at 05:54| Comment(0) | 北陸の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

2019年版ものづくり白書(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づく年次報告)

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報をお届けします。

経済産業省は、令和元年6月11日に、2019年版ものづくり白書(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づく年次報告)を公表しました。
プレスリーリース

*****(以下、「総論」の一部抜粋)*****

2018 年版ものづくり白書においては、第四次産業革命が到来する中、我が国のものづくり企業が直面する課題はより本質的で深刻であることを指摘した。
そうした大規模な環境変化の中で変革に対応するに当たり、企業経営者が下記の4つの危機感を持つことが重要であると述べている。

*****(以上、「総論」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 05:45| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

人口動態と地方行政−懸念される大規模自治体の財源不足

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社日本総合研究所は、令和元年6月11日に、経済・政策レポートとして、
人口動態と地方行政−懸念される大規模自治体の財源不足(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

この結果、各自治体の財源不足はどうなるか。30年までに局面IVに移行する市町村を対象に、歳出・歳入の両面で国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口を基に財政のシミュレーションを行うと2、財政力の弱い自治体と強い自治体とで影響の出方が正反対になる(図表4)。まず、財政力の弱い自治体(町村などの小規模自治体)では、歳出の減少額が税収の減少額を上回ることで財源不足が縮小し、自力で財政運営できる度合いが高まることになる。例え
*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

景気ウォッチャー(平成31年5月)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、北陸の経済情報をお伝えします。

内閣府は令和元年6月10日に
景気ウォッチャーを発表しました。
景気ウォッチャー(平成31年5月)(PDF)

全国的な動向として、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は、「このところ回復に弱さがみられる。先行きについては、海外情勢等に対する懸念がみられる。」とまとめられております。

北陸の現状判断DIの各分野計は、前回から1.4ポイントの改善となりました(全国平均は1.2ポイントの悪化)。

現状判断DI(各分野計):47.4(前回から1.4ポイントの改善)
先行き判断DI(各分野計):45.7(前回から2.4ポイントの悪化)


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 23:41| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする