このブログは、@地域企業の経営支援A地域活性化事業の支援を両輪とした地域活性化のお手伝いをさせていただく中小企業診断士 佐々木経司がお届けします。

 テーマは、
 1.景気をはじめとする北陸の経済情報
 2.日本の経済情報
 3.経営に役立つ情報
 4.地域資源や地域ブランドなどの情報
 5.地域活性化に関する情報
 6.所属する迅技術経営の近況
 7.日記
 です。

 みなさま、お時間の許す限りご覧になってください。

2020年07月06日

「新型コロナウイルス感染症による旅行市場への影響」調査より 国内宿泊旅行の需要の変化

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

リクルートライフスタイルは、令和2年7月3日に、「新型コロナウイルス感染症による旅行市場への影響」調査より 国内宿泊旅行の需要の変化を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

旅行を希望する人は、男性20代で夏休み前から夏休み中の早い時期を希望する割合が高い。
男性60歳以上や女性50代では2020年の秋から年末、また女性では「わからない・感染状況による」が高い。

希望する旅行スタイルでは、夏休み前は「居住する都道府県内の旅行」「ひとり旅」、夏休み中は「キャンプ」「家族連れ」などが他の時期より高い。
一方「宿泊施設にとどまり外をあまり出歩かない旅行」は夏休み頃まで高いが秋以降は下がる。
「自家用車で移動する旅行」は時期を問わず需要が高い一方「飛行機で移動する旅行」は2021年以降に大きく伸びる。

旅行目的は夏休みは「テーマパーク」が増加、「温泉や露天風呂」「名所、旧跡の観光」は秋以降、「買い物、アウトレット」は2021年以降増加する。

*****(以上、【本文の一部抜粋)*****



お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。









posted by 佐々木 経司 at 05:03| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

感情分析AIの衝撃―人の気持ちを数値化するテクノロジー―

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和2年7月3日に、ライフデザイン研究情報ライフデザインレポートとして、感情分析AIの衝撃―人の気持ちを数値化するテクノロジー―(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

対面で行われる会議は、参加者の表情や態度から雰囲気を把握することが可能だが、小さなパソコンの画面を通じたビデオ会議では、臨場感が足りず、表情や変化に気づきにくい。
感情分析AIは、この課題を解消すべく、相手の感情を認識する1つの方法として登場したテクノロジーである。
感情分析AIは、電話による音声やインターネットを介した顔の動画を分析し、人の心理状態を定量化する。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。







posted by 佐々木 経司 at 19:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

アフターコロナを見据えた観光の姿〜ブランディング観光とワーケーションの推進〜

みなさま、おはようございます。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関する情報をお届けします。

株式会社NTTデータ経営研究所は、令和2年7月3日に、『情報未来』No.64(2020年7月号)として、アフターコロナを見据えた観光の姿〜ブランディング観光とワーケーションの推進〜を公表しました。


*****(以下、本文の一部抜粋)*****

今回のコロナ禍を経て、ツーリズムが、これまでの不特定多数の短期的な来訪を前提としたサービスから、一定のエリア内に長期的に滞在するような比較的高単価型のサービスにシフトすることが考えられる。
いわゆる「厳選消費」、さらには観光地とともに観光客も価値を生み出す「コ・クリエーション(価値共創)」へのシフトだ。
例えば、仕事(ワーク)と余暇(バケーション)を両立させる「ワーケーション」にひとつの萌芽的なモデルを見ることができる。
これは、仕事や学びの活動と、バケーション、ツーリズムを両立させる発想のもので、長期間の滞在が価値の源泉となる。

「ワーケーション」の具体的なイメージはこうだ・・・

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。






posted by 佐々木 経司 at 05:55| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

ディズニー再開初日に感じたエンタメ業界の今後‐ウィズ・コロナのエンタメ界と我々にできること‐

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社ニッセイ基礎研究所は、令和2年7月2日に、消費者行動として、ディズニー再開初日に感じたエンタメ業界の今後‐ウィズ・コロナのエンタメ界と我々にできること‐を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

東京ディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドにとっても、まだまだ先行きの見えない手探りの運営になると思われる。
前述した通り、ゲストによる想定外の動きによって「密」が生まれてしまうことが当面の課題であると筆者は考える。
しかし、これは、消費者である我々の課題でもある。
コロナ禍でエンターテインメントが制限されていた反動で、「我先に」、「周りがやっているから」、「わたしだけでも」といったつい自身の欲求を満たそうと行動してしまいがちである。
筆者自身が様々なカテゴリーを嗜好するオタクだからこそ、その気持ちは痛いほどわかる。
しかし、熱心なディズニーファンの一人とされるジャニーズ事務所の風間俊介が、6月29日に日本テレビ系の「ZIP!」で「夢と魔法の王国にコロナウイルスを持ち込まない」とコメントした通り、ディズニーに限らず多くのエンターテイメントが自粛を強いられ、少しずつ復活に向かって動いている中で、我々消費者の一人一人の意識もエンターテインメントを維持していくために不可欠なのである。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。

posted by 佐々木 経司 at 23:56| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

緊急事態宣言解除も、引き続き最悪に近い水準となった小規模企業景況(5月期調査結果)

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

全国商工会連合会は、令和2年6月29日に、小規模企業景気動向調査[令和2年5月期調査]を公表しました。
全文(PDFファイル)

*****(以下、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****

【製造業】食料品関係の一部が好調も、全体では発注元の休業、生産調整で厳しい状況が続く製造業
【建設業】工事中止等の影響で、民需、公需共に悪化した建設業
【小売業】取り扱い商品により、新型コロナウイルスの感染症の影響の明暗が分かれた小売業
【サービス業】緊急事態宣言解除も、先月に引き続き過去最悪の水準となったサービス業

*****(以上、業種ごとの結果の要旨の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。
posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

LOBO調査2020年5月結果

みなさま、おはようございます。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいている中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済情報についてお届けします。

日本商工会議所は、令和2年6月30日に、調査・研究として、
商工会議所LOBO(早期景気観測)を発表しました。
LOBO調査2020年6月結果(PDFファイル)

業況DIは、「新型コロナウイルスにより一段の悪化。先行きも影響長期化への懸念から厳しい見方続く」です。

*****(以下、「ニュースライン」の一部抜粋)*****

日本商工会議所が30日に発表した6月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、全産業合計の業況DIは▲62.8(前月比+3.0ポイント)。
緊急事態宣言の解除を受け、営業を再開した小売業・飲食業などで客足が戻りつつあるほか、中断していた公共工事に再開の動きが出始めるなど、一部で下げ止まりの兆しがみられる。
一方で、依然として遠出を避ける消費者が多く、宿泊業をはじめとする観光関連では低調な動きが続く。
また、製造業では、取引先の過剰在庫や生産調整に伴う受注減に加え、緊急事態宣言下の営業自粛によるビジネスチャンスの喪失など、前月に増して悪影響が拡大しているとの指摘も多く聞かれており、中小企業の景況感は持ち直しの兆しはみられるものの、厳しい状況が続く。

*****(以上、「ニュースライン」の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページをご覧ください。




posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」

みなさま、こんばんは。
石川県で地域経済活性化のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、地域経済活性化に関するをお届けします。

経済産業省は、令和2年6月30日に、2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」を選定しましたを公表しました。
2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」 選定企業一覧(PDFファイル)

石川県からは3社選ばれていました。

大同工業株式会社
土肥研磨工業株式会社
株式会社白山


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 23:57| Comment(0) | 地域活性化に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

"新常態"は経済にどう作用するか?〜懸念される格差の固定化と少子化加速〜

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせていただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本経済に関する情報をお届けします。

株式会社第一生命経済研究所は、令和2年6月29日に、マクロ経済情報日本経済情報として、"新常態"は経済にどう作用するか?〜懸念される格差の固定化と少子化加速〜(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、本文の一部抜粋)*****

また、コロナショックを受けて、人の移動が抑制されることにより、新常態下では産業構造の変化は不可避となろう。
そうなると、経済成長には労働市場の流動性が大きくかかわってくることになるが、残念ながら日本の労働市場の流動性は低い。
そして、その根本にあるのが、新卒一括採用、年功序列、定年制を象徴とした、同じ会社で長く働けば長く働くほど恩恵を受けやすいという就業構造があり、この部分を段階的に変えていかなければ、経済構造の転換期の対応に後れを取ることになろう。
そういう意味では、雇用維持策だけでなく、業態転換しやすい規制緩和やデジタル化に対応できるような就業支援の重要性が増してくるだろう。

このように、コロナショックに伴うデジタル化が生み出す問題は、所得格差の拡大が固定化しやすくなることだろう。特に、若年層での所得格差の固定化は家族形成にも影響を与える可能性がある。実際、厚労省の調査では、男性は正規労働者に比べて非正規労働者の未婚率が高い。こうした状況下でコロナが長期化すれば、若年層の雇用不安定化に加えてデジタル化に伴う人の接触低下により、未婚率がさらに上昇して少子化が加速し、長期的なダメージが大きくなることも懸念されよう。

*****(以上、本文の一部抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。








posted by 佐々木 経司 at 23:49| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

草むしりと、カエル獲りと、親子サッカーと…。

みなさま、こんばんは。
石川県の中小企業診断士の佐々木経司です。

週末、息子が所属するチームで、畑の草むしりをしました。
チームの代表ご家族が準備された農園です。
「サッカー×食育×農業」というテーマで、選手家族もお手伝いしながら一緒に育てます。

草むしりの後にカエル獲りをしたり、簡単に親子サッカーをしました。
草むしりの中は、勿論手を動かしながら、親同士の交流もできるので、いいですね。


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

最低賃金引上げの中小企業の従業員数・付加価値額・労働生産性への影響に関する分析への影響に関する分析

みなさま、こんばんは。
石川県で企業経営のお手伝いをさせいただいております中小企業診断士の佐々木経司です。

今日は、日本の経済に関する情報をお届けします。

内閣府経済社会総合研究所は、令和2年6月26日に、ESRI Research Noteとして、最低賃金引上げの中小企業の従業員数・付加価値額・労働生産性への影響に関する分析への影響に関する分析(PDFファイル)を公表しました。

*****(以下、「概要」の抜粋)*****

本研究では、近年の日本の最低賃金引上げが中小企業の雇用、付加価値額、労働生産性に与える影響について、CRD協会の中長期の企業データ(2005年から2017年)を用いて構築された地域別・業種別パネルデータを活用し、分析を行った。

推計の結果、雇用については、全体として明確な負の影響はみられず、最低賃金近傍で働く労働者の割合が多い業種や地方では正の影響もみられた。
付加価値額および労働生産性への影響については、業種別・地域別で明確に異質性が確認された。業種別では、製品・サービスの価格転嫁がしやすい業種において相対的に大きな正の影響がみられた。
一方で、消費者向けサービス業など価格決定力の弱い業種において相対的に小さな正の影響または、負 の影響がみられた。
地域別(中央最低賃金審議会が定める地域ランク別)では、産業集積の度合いが相対的に低く、ローカルな市場を相手にしているDランク地域において正の効果がみられた。

近年の日本の中長期的データを踏まえれば、最低賃金引上げは、必ずしも雇用削減や企業収益減につながるわけではなく、業種や地域の生産物市場や労働市場の状況によって影響は様々である。
より広い業種・地域において、最低賃金引上げが経済にプラスとなるには、労務費上昇の価格転嫁や労働生産性向上の取組が重要となる。

*****(以上、「概要」の抜粋)*****


お時間がございましたら、私が所属する迅技術経営のホームページもご覧ください。





posted by 佐々木 経司 at 22:55| Comment(0) | 日本の経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする